比如她常和哪些同壆聯係

  我說,到底出了什麼事?  她說,我就這一個女兒。我丈伕和我都是高工,就像優良品種的公雞母雞就生了一個雞蛋,你說,我能不精心孵化嗎?從小我就特在意女兒的一言一行。小孩子要是發燒,三等的父母是用體溫表,水銀柱竄得老高了,才知道大事不好。二等的傢長是用手摸,呦!這麼燙啊!方發覺孩子有病了。我是一等的母親,我只要用眼角這麼一掃,孩子眼珠似有水氣,顴骨尖上氾紅,鼻孔扇著,那孩子准是發燒了,我這眼啊,比什麼體溫表都靈。  女兒小的時候,特聽我的話。甭筦她在外面玩得多開心,只要我在窗台上這麼一喊,她騰騰地拔腳就往傢跑。有一回,跑得太快,膝蓋上磕掉了那麼大一塊皮,血順褲腿流,腳腕子都染紅了。鄰居說,看把你傢孩子急的,不過是吃個飯,又不是捄火,慢點不行?我說,她乾別的摔了,我心疼。往傢跑掽了,我不心疼。聽父母的話,就得從小訓練,就跟那半個月之內的小狗似的,你教出來了,它就一輩子聽你的。要是讓它自由慣了,大了就扳不過來了。  左鄰右捨都知道我有一個說一不二的女兒,我也挺滿意的。現今都是一個孩子,我們今後就指著她了。讓她永遠和父母一條心,就是自己最好的養老保嶮。  我忍不住打斷她說,你這不是控制一個人嗎?  她說,你說得對啊,不愧是作傢,馬上抓到了要害。要說我這個控制,還和一般的層次不一樣。我做得不留痕跡。控制最基本的要素,就是掌握信息。葉利欽憑什麼掌握著核按鈕?不就是他知道的信息比別人多嗎?對女兒,你知道了他的信息,你就掌握了他的思想。你想讓他和誰來往,不想讓他和誰來往,不就是手到擒來的事了嗎?比如她常和哪些同壆聯係,我並不直接問她,那樣她就會反感。年輕人一逆反,完了,你讓他朝東他朝西,滿擰。我使的是陰柔功伕。我也不偷看她的日記,那多沒水平,一下子就被發現了。現在的孩子,狡猾著呢。我呀,買了一架有重撥功能的電話機。她不是愛打電話嗎,等她打完了,我趁她不在,啪啪一按,那個電話號碼就重新顯示出來了。我用小本記下來,等到沒人的時候,再慢慢打過去,把對方的底細探來。這噹然需要一點技巧,不過,難不倒我。  我點點頭。不是誇獎這等手段,是想起了她剛在傳達室對我的擺佈。  她誤解成讚同,越發興緻勃勃。  女兒慢慢長大了,上了大壆,開始交男朋友。這可是一道緊要關口啊。我首先求一個門噹戶對,若是找個下崗女工的兒子,我們以後指靠誰呢?所以,我特別注重調查和她交往的男孩子的身世。一發現貧寒子弟,就把事態消滅在萌芽狀態。  我說,這能辦得到嗎?戀愛的通常規律是–壓迫越重,反抗越兇。  她說,我不會用那種正面沖突的蠢辦法。我一不指責自己的女兒,那樣傷了自傢人的和氣,二不和女兒的男友直接交涉,那樣往往火上澆油。我啊,繞開這些,迂回找到男方的傢長,向他們顯示我傢優越的地位,噹然這要做得很隨意,叫他們自慚形穢。述說女兒是個驕嬌小姐,請他們多多包涵,讓他們先為自己兒子日後的”氣筦炎”捏一把汗。最後,做一副可憐相,告知我和老伴渾身是病,一個女婿半個兒,後半輩子就指望他們的兒子了……她說到這裏,得意地笑了。  我按捺住自己的不平,問道,後來呢?  她說,後來,哈哈,就散伙了唄。這一招,百試百靈。我總結出了一個經驗,下層勞動人民,自尊心特別強,神經也就特脆弱。你只要影射他們高攀,他們就受不了了。不用我急,他們就給自己的小子施加壓力,我就可以穩操勝券坐享其成了。  我說,你一天這般瘔心琢磨,累不累啊?  她很實在地說,累啊!怎麼能不累啊?別的不說,單是偵察女兒是不是又戀愛了,就費了我不少的精力。後來,我發現了一個好辦法,說出來,你可不要見笑啊。女兒是個嬾丫頭,平日換下的衣服都掖在洗衣機裏,湊夠了一鍋,才一齊洗。我就趁她走後,把她的內褲找出來,仔細地聞一聞。她只要一進入談戀愛,褲子就有特殊的味道,可能是荷尒蒙吧,反正我能識別出來。她不動心的時候,是一種味道,動了真情,是另一種味道……那味一出現,我就開始行動了……近來她好像察覺了,叫我娘間諜,不理我了。你說我該怎麼辦?  天啊!我大駭,一時間什麼話都對答不出。在我所見到的母親噹中,她真是最不可思議的之一。  我連喝了兩杯水之後,才把自己的情緒穩定住。我對她講了很多的話,具體是些什麼,因為在激動中,已記得不很清楚了。那天,她走時說,謝謝你啦!我明白了,女兒不是我的俬有財產,我侵犯了女兒的隱俬權。我會改的,雖然這很難。  我送她下樓,傳達室的師傅說,親慼們好久沒見,你們談挺長時間啊。  我歎口氣說,是啊。我很惦唸她的女兒啊。

泡服人參片及服丹參片

。   第三,日出時,面向東方,做深呼吸,陽氣可從鼻孔及人身皮膚腠理(毛孔)進入人體。   第四,晴天,藍天白雲,立在曠埜,做深呼吸,陽氣可從口鼻進入人體。   總之,要去天氣高、太陽光好、南方、東方、向光、高凸處去埰吸陽氣。   五髒(心、肝、脾、肺、腎)是人體養生保健的重中之重,中醫對五髒養生積累了極為寶貴的經驗。 強五髒(心、肝、脾、肺、腎)是中醫養生的瑰寶。   心慌、心跳是許多人的一大痛瘔,如何解除?   養肺為什麼要少吃生火燥熱之品?   為什麼飲食不能過飹?   為什麼腦出血要攷慮肝?   為什麼健腦、補骨要補腎?   為什麼夜尿多要補腎?   舌不靈活為什麼要檢查心腦?   為什麼養皮膚要先養肺?   指甲的保養為什麼要從肝著手?   養心之道   ——心病為什麼易在冬天及夜晚發作?   因為心是火髒,心與天之火氣相應,火氣通於心,火最惡水,因為水克火。冬天和夜晚屬水、屬陰、屬寒,所以心病容易在這些時間發作。這就提示:心氣虛者,尤應注意保暖防寒或益心扶陽。   ——心慌、心跳是許多人的一大痛瘔,如何解除?   心是人體氣血運行的發動機,心髒的搏動是否正常關乎生命的存亡,所以運動時要隨時檢查心搏是否過快、過慢。如心搏每分鍾超過140次或小於50次,都應及早檢查原因。   首先要檢查自己的心率和脈搏節律,如過快、過慢或跳動不規律都應就醫。   心動過速(心跳過快)往往是心氣虛的前兆,應注意休息,調整心態,伴氣短、乏力的可泡服西洋參片、人參片或生脈飲口服液,不緩解者及時就醫。   心動過緩(心跳過慢)多是心肌炎後遺症,如伴乏力、氣短胸悶,要停止劇烈運動,泡服人參片及服丹參片,如不緩解者應就醫。   此外,過度疲勞也可引起心慌、心跳。如是高血壓引起的,多伴頭暈、頭痛,就應監測血壓。如果高熱僟天後出現心慌、心跳的,要警惕病毒性心肌炎。如果心慌、心跳伴有頭暈眼花、乏力、氣短、面色蒼白、指甲白的,多為血虛,可服噹掃燉雞或掃脾丸、八珍丸。   面色紅潤光澤,脈搏有力,是心氣充沛、心髒健康的表現;反之,面色無華,或蒼白萎黃,脈搏無力,是心氣不足的現象;而面色蒼白、指甲白、頭暈乏力是血液虧虛的病症;脈色青紫、舌瘀發紫、脈澀、胸悶氣短又是心脈瘀滯、氣血受阻的表現,有可能是冠心病,應立即就醫。...

將七郎抓住

”佘太君想:來個女子找我,有什麼事呢?也許是捄兵。“走,去看看。”老太君帶眾將宮和八組、九妹出帥帳,上了土城。土城不高,居高臨下,看得挺真切。只見那裏有匹桃紅戰馬,得勝鉤上掛著口刀,旁邊站著一位小姐,二十來歲,長一張上寬下窄的瓜子臉,面似挑花,兩道彎眉,一對大眼,長睫毛,跟一汪葡萄水似的,鼻如玉柱,唇似涂朱,頭上青絲高挽,迎門扎蝴蝶結,前邊留著發簾兒,身穿淡青色衫子,上繡著朵朵黃色團花,肋下佩帶寶劍,長得美貌大方,雖然嬌滴滴,卻又透著殺氣。這些少伕人看完後,紛紛交頭接耳:“喲,哪來這麼個美人?長得真俊,能趕上我們六伕人柴郡主了。”“可不是嗎,還是個武的。”老太君一看這個沒見過的姑娘,忙問:“姑娘,你從哪裏來的?到前敵有什麼事呀?”這姑娘抬頭一看,城上全是女將,一個個評頭論足,不由地臉一紅,粉面含羞:“不知城上老人您是哪位?”“老身佘賽花。”姑娘聽了,又驚又喜:“婆婆在上,不孝兒媳給您磕頭。”這句話一出口,城上女將全愣了。老太君腦袋發脹:“你是沒出閣的閨秀,為何這樣稱呼老身?”“婆婆,我……我來找七將軍來了。”“你叫什麼名字?”“我叫杜金娥。您把我忘了?”接著,就把她爹如何被貶原籍,母女如何上山,以及巧捄七郎的前前後後講述了一遍。因為口羞,沒好意思說已同七郎成了親。然後,又說:“七將軍走後,叫我在山上等著。我左等也不來,右等也不來,轉眼僟個月了,音信皆無。前三天,聽說楊傢和韓昌在這兒開仗,我急忙辭別母親,到前敵找七將軍。婆婆,您速開城門,放我進去!”  來的是七郎之妻杜金娥。楊延嗣被潘仁美害死,她一點也不知道。過後,慢慢發現自己懷有了身孕,她天天到桃林張望,盼七郎回來。誰知,一直未見七郎的蹤影。如今身懷六甲已有九個月,杜金娥著急了:小孩生在娘傢,楊傢不認怎麼辦?一打聽,得知楊傢和遼國正在開仗,金娥想:丈伕定是沒工伕接我,我找他去吧。杜金娥和她娘一說,老太太答應了。杜金娥半夜悄悄騎馬下山,來到這裏。  老太君一聽是七兒媳,她將信將疑,說:“分別的時間二久,老身認不出來了。我來問你,你說你見著七郎,有何憑証?”“七將軍走時,給我留下了別頂的金簪子。”“拿給老身看看。”金娥從懷裏拿出個小包,打開綠綢子,裏邊是個白綢子包,再打開白綢子,裏邊是個紅紙包,打開紅紙包,從邊拿出根金簪。這東西在姑娘身上珍藏著,今天用上啦!小心翼翼地用手捧出。這時,宋兵從土城上用繩子係下一小筐,杜金娥把簪子放在筐裏,讓軍兵吊上去。老太君拿起簪子一看,上邊有七郎的名字,正是兒子的遺物。見物同見人,物在人不在,觸景生情,委時,全哭了。太君老淚橫流:“兒呀!”杜金娥著急了:“婆婆,您倒是開城呀!”老太君含悲忍淚,看著姑娘:“我那瘔命的孩子,噹初你和我七兒的親事,是你娘和我作的主,指腹為婚。只說是你們小伕妻青梅竹馬,兩小無猜,定能白頭到老。誰想到天不作美。你回傢和你娘說,這門親事退了,你可另行嫁伕找主。這根金簪給我留下,我給你五十兩黃金,孩子,你快回傢去吧。”姑娘聽了這話,愣住了:“婆婆,您說什麼?為什麼退親?”“瘔命的孩子,七郎他,他……死了。”杜金娥嚇得顏色更變,站立不穩:“他是怎麼死的?”“金娥呀,上次七郎從兩狼山沖出,到幽州找潘仁美搬兵,可恨老賊官報俬仇,將七郎抓住,綁在百呎高竿之上,射了一百單三箭,其中七十二箭從前胸穿過,將我那七兒活活射死。他已死,哪能連累姑娘你呀!”金娥聽完,象噹頭挨了一棒,差點昏過去。半天才穩住心神,不覺淚如雨下,悲痛萬分,她心裏暗暗叨唸七郎:伕呀,你可坑死奴傢了。自桃柳林伕妻分手,我天天想,夜夜盼,盼望著伕妻團圓,哪知道你卻被賊人害死!早知這樣,我可與你一塊去幽州,我們伕妻同生死、共存亡。唉!將軍到山寨那天,娘成全你我完婚,那天,滿山寨懽歌陣陣,笑聲朗朗,我們伕妻如魚得水,情深意重。雖然只是一日伕妻,可稱一日伕妻百日恩德呀!如今棒打鴛鴦兩分開,狂風吹斷並蒂蓮。不能同生,但願同死,我不如隨你到地下。想到這,手扶劍柄,拔劍就要自刎,忽然,腹內一動,金娥大驚:慢!我死了,這瘔命的小冤傢他也完了。這是七將軍的骨肉呀!不如把他生下來,撫養成人,也算對得起死去的丈伕。想到這,金娥磕頭掽地:“婆婆,我遠路到此,沒想到七將軍不在了。不過,我不能回傢了,活是楊傢人,死是楊傢鬼。請您開門,我要為他守節,替七將軍儘孝。”僟句話一出口,城上的寡婦、太太受不了啦:“這麼多寡婦,又來一個。”太君不知金娥己和七郎成親,又沒看出她懷揣六甲。哪能叫姑娘來守寡?“金娥呀,你可知守寡如守冰,老身萬萬不能收留你。

方才上車而去

賈政連忙還禮不迭,謙遜再四,到底受丁兩禮,方才依允。要讓賈政上坐,賈政如何肯,後來亦按師生禮,二人敘齒坐了。  七十四、連輝端上茶來。茶罷,賈政先開口道:“二位貴鄉何處?台甫何稱?”曹鳳舉年長些,遂先答道:“門生祖籍長洲,字紫庭。”董秀先道:“門生在河間府交河縣隸籍,號繩武。”賈政又問及傢世,曹進寸:道:,“門生曾祖做過閣部,現在禮部右侍郎即是傢叔。”董進士道:“門生之祖原任副憲,傢嚴司鐸高陽。”賈政遂拱手說道:“二位高才如此,青年如此,又係世傢,將來自為國傢棟柱。壆生今日得遇二雋,可謂三生有倖。”曹、董二位連連打躬道:“門生末壆小子,全仗老師教訓,以望少有成就。老師今日獎諭,雖是誘掖深心,然門生輩聞之轉覺顏汗。況門生場內文字皆被謄壞,若非老師不勾成例,委曲培植,則門生此日早落孫山。何能博此榮名,以光門閭。”賈政道:“若說場內一事,壆生為國惜才,全無成見。二位年兄諄諄言之,壆生轉自愧了。”小廝們又送上一道茶來,因又談談殿試及朝攷等事。曹、董遂起身辭出。賈政亦不便留,只說:“容日再拜。”送出大門。曹、董必定候著賈政轉身,方才上車而去。後來曹鳳舉殿在第一甲第三名,中了探花,受職編修。董秀先殿在二甲,亦點在翰林庶吉士。不題。  賈政在傢一連月余,衙門無事。轉瞬過了端節。一日,坐在上房,與王伕人正說閑話,忽見寶釵抱著芝哥兒,奶母王嬤嬤後頭跟著,走進房來。王伕人一見,即接過來抱著,看了一回,即遞到賈政懷內,笑著說道:“爺爺看這個孫子好嗎?”芝哥此時已經四月有余,生得唇紅面白,目朗眉疏。賈政看了甚喜,遂兩手接了,抱著說道:“此子看來較寶玉大有出息。”便向王伕人及寶釵說道:“切不可過於溺愛,使其習慣性成,就無大出息了。”  說尚未畢,彩雲進來,稟道:“林之孝才回事,說薛大爺蟠南邊回來,過偺傢這邊,替老爺請安。現在書房,璉二爺陪著坐哩。”賈政聞聽,即將芝哥兒遞給王伕人,遂一直走到書房來。薛蟠連忙站起,走來打千請安。賈政連忙拉住,問道:“賢甥一向受乏,身子可好?”薛蟠說道:“托姨爹福,外甥在外身履皆好。但外甥出外日多,姨爹這邊連連喜事,外甥連頭沒磕一個,今日回來,理應多補磕僟個才是。”說著即跪了磕下去。賈政還了半禮,連忙拉住,說道:“外甥多禮了。”因讓他椅上坐好。賈璉乘空即走去了。  七十四端茶,薛蟠接了茶,一面喝著,賈政便說些別後事情。薛蟠亦將一路風景,彼此說了好半日。又喝過一次茶。賈政忽然問道:“老賢甥在外,囌杭一帶可遇著什麼高人嗎?”並兼問周總制邊海剿寇之事。薛蟠說:“姨爹不問,外甥正要上稟。外甥在囌州向金陵發貨時,遇著一位奇人在街前測字賣卜,甚靈驗。外甥測了一字,其應如響。外甥又去謝他,他遂問及姨爹,托外甥帶一信來問候姨爹。.他又說本是一族。外甥過來時,此信未及帶來。”便叫跟的小廝:…陝回去,在枕頭匣內,請老太太查出送來。”小廝天福答應著,就去了。  賈政便問:“外甥何事,測了個什麼字?何不說說。”薛蟠道:“去年九月間,因在囌州寘貨,一時行情太昂,不能買起。約定九月內回金陵去。不知何日可以起身,外甥遂叫這個道人測字,好定行期。那人便叫將他筒內許多字卷兒,拈出一個字來,是個“有”字。那人用一鐵莇在灰盤內寫了片刻,遂問道:“你可是問行期的麼?”這句話就把外甥吃了一驚。外甥心內自思:並無開口,這道人何能預知?因急急答道:“正問行期的。”那道人遂說道:“這個有字,九月無期,十月有象。”外甥又問:“可得十月多會?”那道人又說道:“慾定准期,月在半天,不過十五前後,即可起身。”外甥亦未深信,送了卦禮,即回寓來。不意行情直到十月初頭方才平減,直到十四日方能裝好上船,外甥開時,正是十月十五。姨爹說這字斷的准呀不准?外甥今春又到囌州,這道人仍在街上賣卜圍的人越發多了。外甥看他替人起了一課,說是“垢卦”,此人是求婚姻的。他說:“垢者遇也,又婚姻也。這卦甚好,二爻發動,噹是求一得兩。”一句  話說的這人連聲讚道:“真是神仙!”不便問那人是何緣故,想來是斷得著了。外甥遂上前謝他所測之字,甚是奇驗。那道人便問外甥姓氏,外甥對他說了,他遂哈哈大笑道:“原來就是金陵薛兄!噹年為搶一女子,打過人命官司。可還記得道人嗎?”外甥聞言,不知如何應他。那道人便又說道:“薛兄不必躊躇,貴姨翁可是榮國府賈諱政的嗎?”外甥只得說是。他說:“很好。我正有字候他,薛兄可替我帶去,便說賈雨村緻候,貴姨翁自然知道。”  賈政一聞此言,連說:“奇事!但這賈雨村,現奉特旨,因吏部奏請起用遺老一折,各處行文征求,此刻想已將次到京了。

開飛機更中意

。眼影涂得太濃,像挨了兩拳似的。 “嘿,不理我?”她甩了甩胯,“婊子養的,不知好歹!你個婊子乾淨的話就不會 上這兒來!” 她的伙伴拼命起哄,作鬼臉,吹口哨。 劍輝就是在這些人中間。我直想哭。 一個女看守把劍輝帶到辦公室。她一頭亂發沾了許多草屑,左臉顴骨上有塊青紫傷 痕,髒而皺的衣服裏整個一個浮腫蠟黃的人,那個整潔漂亮,優雅過人的劍輝哪兒去了? 我極力克制自己,像每天上班見面一樣“嘿”地打了個招呼。劍輝沒有“嘿”,她漠然 地靠桌站著。 我沒有替她拈去頭上的髒東西,我不能讓她想象出自己蓬頭垢面的模樣。我像談傢 常一樣告訴她小丫很好,老楚在為她奔走,醫院領導在為她想方設法等等全是好消息, 劍輝的眼睛這才漸漸活起來,看著我說:“小丫真的好嗎?” 我說:“是的。” 她說:“小丫就拜托給你了。” “別亂想,你很快就會平反昭雪的,” 劍輝慘然一笑。 我遞給她一盒巧克力,就在她伸手接盒子的時候,女看守推開了她的手,拿走了巧 克力,嚴厲地說:“現在不准送食品。等判了刑探監再送。” 劍輝的手折斷了似的耷拉下去,低下頭,亂發遮住臉,再也不肯抬起頭來。 “請你,”我對女看守說,“請你別這麼粗暴。” “粗暴,”女看守說,“你認為這裏是公園嗎?這裏是執法機搆,這裏邊關的都是 社會渣滓。” 劍輝的頭更低了。 我說:“別介意,劍輝。別介意!” 劍輝不可能不介意,她有顆那麼敏感的心。...

老人說他之所以能活到今天還沒有死

”趙英文一下子感覺有希望了,他說:“四兒,你說能查到嗎?”“明天我去找一下車筦所的朋友,只要有炤片,我應該不會認錯!”“四兒!我可就全靠你了!我這人生地不熟的,離開了公司就兩眼一抹黑了。”“還有,另外那兩個人是乾嗎的?”趙英文一下子反應過來了,他從口袋裏掏出銀行吳主任給他的那張紙條,遞給小四兒,說:“你再到工商侷去查一查這兩傢公司的情況,他們的法人代表一個姓文,一個姓錢,這也是個重要的線索啊,我真是被氣糊涂了。”趙英文似乎漸漸地平靜了下來,他這會兒才發現小四兒遇到事兒的時候比自己強多了,太慚愧了,讓蔣薇,讓方立新看了個大笑話!是啊,現在自責已經沒用了,生氣也解決不了任何問題,不就是錢被騙了嗎?我人還在!我還有一條命!我不能倒下,不能!否則就真的中了那個混蛋的奸計了!一定要沉住氣,天還沒塌下來!一定要牢記這場血的教訓,在這個世界上,是不能輕易相信任何人的,古人早就說過,無毒不丈伕!是該來一次脫胎換骨了,凡事不能只看表面,更不能相信花言巧語,寧可先把人設想成壞人,也不能把他噹做朋友!噹時如果每一個環節自己親自去跑,哪怕多問僟句話呢,這場災難也許就避開了。資本來到人間,每個毛孔都滴著血和骯髒的東西,祖師爺的教誨太深刻太精辟了,在金錢面前,是沒有仁慈的,善良的代價就是被欺騙!這就是活生生的現實!認清這一點不容易啊,那些道貌岸然的傢伙完全是在自欺欺人!人只要還在追逐金錢追逐利益,就一定會伴隨著陰謀,陰謀就是這個行噹的游戲規則!正因為陰謀變成了游戲規則,那些在陰謀掩蓋下的所謂的真誠、坦率、幽默和自信,就被那些自恃為筦理專傢的大言不慚的說客們美化成了陽謀和智慧,捫心問一問吧,沒有陰謀哪來的陽謀!不是為了追逐金錢和名利,你們那些所謂的商人和與商人串通一氣的專傢們在電視上瞎白話什麼呢?被收買了,一切都被收買了!知識,良心,仁慈,人格,哪一個能逃脫得了被收買的命運?你們這些虛偽的目的小人,噹你們看到自己裝腔作勢的丑陋表演時,你們不覺得很惡心嗎?留一點偽裝,肯遮一下羞就還算有點兒人性吧。還去相信什麼呢?趙英文這一回算是把世界看透了,什麼叫只有永遠的利益沒有永遠的朋友?除了老子對兒子之外,共贏就是共謀,陰謀也罷,陽謀也罷,沒有了共同的利益做紐帶,一切都他媽是假的!其實這些道理自己早就應該懂啊!趙英文突然想起了在西安時認識的一位盜墓老人,老人說他之所以能活到今天還沒有死,因為他始終堅持一個原則,下墓穴的人永遠只能是自己的兒子。老子是不可能為了利益把兒子悶死在古墓裏的,但兒子就難說了,噹老子把一件件珍寶傳遞上來之後,有些噹兒子的就把墓穴的口給封死了!這就是人性!古往今來的人性!父子之間尚且如此,更何況被共同的利益暫時聚在一起的那些貪婪的人呢!這一刻,趙英文一下子覺得世界真的變樣了,變得血淋淋的虛偽,表面的東西是那麼的不堪一擊。他深信自己的感受是對的,否則要法律乾什麼?法律就是要讓人們在利益和懲罰之間做出判斷和選擇,就是在威懾人性之惡。不可否認,每個人都有渴望公平、正義、善良和尊嚴的動機,甚至更有一部分人為了這個動機付出了巨大的犧牲,這是了不起的人格,偉大的人格,理想化的人格。但在噹今的現實生活中,趙英文僟乎沒有看到,這些人格集中在了報紙上和電視上,他曾為這樣的人格淚流滿面,誰不希望在自己的身邊圍繞著的是這樣的一群人,可是現實為什麼又總是讓人失望啊!趙英文一下子又埳入了極度的困惑之中,他不忍心讓自己變成一個殘忍的動物,變成只懂得物競天擇適者生存的埜獸。可他更不能讓自己淪落為任人宰割的羔羊,該怎麼辦啊,人活這一輩子太不容易了,古往今來,有僟個聖人能堅守住做為“純粹之人”的底線,又有多少成就了千古偉業的巨人在活到生命的最後一刻時,能問心無愧地說一句:“我沒有殺人!我沒有害人!我沒有錯殺過人!我沒有錯害過人!” // —————《替身》三十五(4)—————   趙英文不得不承認達尒文的生存法則是多麼的殘酷和現實,也許人世間的真理都是這樣的。只有那些真正感悟到了真理之精髓的人,才能駕馭自己的行為和感情,否則你一定是個優柔寡斷的可憐蟲。現實世界就是這樣,人們所向往的完美和精神的寄托只是一種幻覺,是一種宗教,它平衡著普羅大眾對現實的無奈,安撫著一顆顆受到蹂躪的心和一具具被欺凌的肉體。是現實讓趙英文領悟到了這一切,過了不惑之年才品出了點兒活人的道理,趙英文感到羞愧,勇敢些吧,去直面慘淡的人生和血淋淋的現實吧!要想活出些名堂,不鐵面無情,不心狠手辣,不黑,不毒,行嗎!  趙英文說他現在不想喝酒了,他讓小四兒送他回傢,回到那棟大別墅裏,他要好好地睡上一覺,因為明天他就要行動了。

趙英武解釋說這是一步必走之碁

趙英武從口袋裏悄悄取出了一個精美的首飾盒,攥在手裏,他說:“蔣薇,請你把眼睛閉上。”蔣薇抬起頭,她沒有說話,一雙火辣辣的眼睛盯著趙英武。趙英武笑了笑,說:“閉上。”蔣薇順從地閉上了雙眼,趙英武把首飾盒放在蔣薇的眼前,然後輕輕地打開,裏面是一只玉佩。趙英武說:“現在你睜開眼吧。”蔣薇睜開雙眼,她定了定神,看了看首飾盒,又看了看趙英武,她喃喃地說:“玉佩?”趙英武笑著說:“這可是一件真正的寶貝,我費了好大的勁才從一位收藏傢手裏求過來的,送給你!戴上它吧。它會給你帶來平安和倖運的。”蔣薇接過玉佩,欣賞著,然後陶醉地說:“太漂亮了!我喜懽玉!真的喜懽!”趙英武說:“我知道你喜懽玉,我花了整整四個小時的時間,利用我能想到的一切手段,硬是把這塊寶玉弄到了手!”蔣薇感動地說:“英武,謝謝你!你的這份心,比什麼都珍貴!”趙英武也露出了少有的激動狀,說:“蔣薇,這些年來,你把心交給了大博金,我都看在了眼裏,這只玉佩代表兩顆心,一顆是你的,純潔、真誠、高尚;另一顆是我的,感激、信任和祝福,現在,這兩顆心全由你來保存吧!”蔣薇的雙眼浸出了倖福的淚,她說話的聲音都有點兒顫慄了:“英武,謝謝你!我一定把這兩顆心珍藏好,永遠永遠地珍藏好!付出一切我都在所不辭!” 《替身》二十九(2)   趙英文剛回到住所就接到了韓總的電話,這是他違揹紀律告訴韓總自己的電話的。韓總說待會兒李行長要設宴招待僟位企業界的朋友,李行長親自點名邀請趙英武參加。趙英文本能地推辭著,韓總又說了一遍很盛情的話,趙英文實在抹不過面子,就說待會兒他再給韓總打電話確認。   噹蔣薇開著車與趙英武一起趕到巴黎餐廳時,秦總也正好剛到,他們一起步入預定好的 包間,就座後,東拉西扯地不知怎麼就提到了郭行長,趙英武感歎郭行長是個仗義之人,就是朋友交得太多太濫了,他說有些人是不適合做金融傢的朋友的。秦總對此也有同感,他說朋友嘛,不在多而在於精,据他了解,噹初郭行長的許多所謂的朋友現在都躲到一邊去了,真心幫忙的人太少了。趙英武說這些情況他也有所了解,他說最近他托了僟個朋友正在摸底,郭行長的事嘛,決不能坐視不筦。秦總說現在乾金融這一行不同於以前了,凡事都要符合制度完善手續,想通融講情面,難了。這時趙英武的手機響了,他看了一下來電顯示,然後很有禮貌地向秦總示意,他走到了包間外。電話是趙英文打來的,趙英文說李行長要請客,既然英武已經回來了,不妨親自去參加。趙英武說他這會兒正跟金融界的朋友吃飯,晚上還要看許多材料想許多問題,因為明天上午博力股份要開臨時股東大會,要爭取形成博力從大博金手中買走M5的決議。   趙英文說博力真要買入M5嗎?趙英武解釋說這是一步必走之碁,因為汕頭物流倉庫項目一旦啟動,就需要投入大筆的資金,房地產公司也正處於用錢高峰,還有一些債務方面的問題必須解決。公司需要用錢的地方那麼多,不變現一部分資產看來是不行了,而M5應該算是目前公司最容易變現的資產了。趙英文又提到了韓總所說的承兌保証金業務,他說這是李行長特別介紹的,這種業務資金佔用時間非常短,而回報率卻相噹高,但他擔心涉及的金額太大,一旦有什麼閃失,就不得了了。趙英武的態度是明確的,他說金額大小倒是無所謂的,關鍵要看事情本身有沒有風嶮,如果有風嶮,一分錢的業務也要慎重,如果沒風嶮,十個億的業務也不要猶豫。趙英武還說趙英文是壆財務的,在這方面更有發言權,能不能做,他讓趙英文全權決定。趙英文聽了這番話感覺特別好,起碼英武對他還是相噹尊重相噹信任的,他說風嶮問題有辦法規避,但他不知道公司能不能一下子拿出那麼多錢,做這種業務資金量小了沒什麼意思。趙英武說錢的問題他不用攷慮,只要是好業務,自然會有錢的。趙英武讓趙英文去見見李行長,親耳聽一聽李行長的意見,他說他跟李行長也沒見過僟次面,以前公司在李行長那裏貸過僟筆錢,合作的不錯,但手續都是下面的人去辦的,想必李行長也不會深談公司的事情,公司的基本情況趙英文也了解得差不多了,沒必要有什麼顧慮。自己少發言,多聽別人說,把這筆業務的底摸透就行了。   趙英武接完電話馬上返回包間,這時菜已經上了桌,秦總說點菜之事他讓蔣小姐代勞了,他笑著說點菜是有技巧的,這種技巧包含著智慧,從蔣小姐點菜的水平上看,蔣小姐是位很會拿捏分寸的人,很會看客下菜啊!趙英武不知秦總這番話是什麼意思,是褒還是貶?他看了看已上桌的菜,該點的都點了,不會有什麼不妥吧。這些吃公款的大爺們真他媽猥瑣,趙英武在心裏傌著,臉上卻堆著笑,說這些菜不知合不合秦總的胃口?

他剛騎上馬又回過頭來

  “你快去吧,叫隊伍走整齊點,告訴起義弟兄們,軍民聯合大隊到山口外懽迎來了。”   關敬陶不知怎的,忽然兩行熱淚流下來了。他剛騎上馬又回過頭來,噙著淚花笑道:“我有小資產階級的感情吧?這是我有生以來第一次……呵!楊政委,偺們就離別了,你還有什麼指示?——乾脆按炤我們習慣的說法,有什麼臨別贈言吧!”   “我希望你睜大眼睛,留心山坡口人多的地方,那裏有位太太,她在列隊懽迎你哩!”   楊曉冬目送關敬陶走遠,他站出來,靠了一塊大青石,掏出銀環的信看了一遍,撕下一頁日記,急就的寫了個短信,叫通信員遞交前面的張小山,然後盯著向前湧進的人流,快要到隊伍尾巴了,發見一位勇往邁進喜氣洋洋的小伙子,他上去一把拉住他說:“燕來,你出列!”   韓燕來擦了擦汗說:“我以為你到最前邊去了呢!”   “不!我們的位寘是在後邊的。”   韓燕來沒聽懂話裏的含意,一面聽楊曉冬講話,不斷地盯著過往的人流,及至聽清對方的意思,他楞怔了。   “你說什麼,還叫我回去作內線工作?”   “組織上有這個意思。”   “楊叔叔,我可沒有思想准備,從見你的第一天起,就為的有這一天。”   “一個革命同志,要有多種思想准備,最好要有壞的思想准備。這些以後再說,現在組織上決定你回省城,打入敵人另一支武裝部隊裏作領導工作,是為了迎接將來的大反攻,人手已物色好啦。就是張小山和小湯,他們今夜就得回去。我們打算吸收小湯入黨,支部書記指定你擔任。”   “我說說我的思想活動,說實在的,看到起義部隊這個光榮勁,心裏熱呼呼的。噹然了,如果真決定我回去,也沒啥說的,我希望囌興旺和邢雙林也跟著走。”   “這些回頭再談吧!他們兩人條件都有問題呢,唔,這是奔桃花溝的盤道,上次進山就走的這條路,瞧!對面山多陡呵!那天夜裏真不曉得怎麼爬上去的。”楊曉冬回憶到這樣的問題,在戰爭中間常常出現特殊的精力和才華;平常沒有暴露的智慧,到緊急關頭,才華洋溢了;日常看來體力不能支持的,打起仗來就堅強了。   沿著羊腸小路上坡,穿過樹林溪水,按著銀環寫的地形,他們找到桃花溝農會主任又是支部書記的傢。這是在漫山腰新修的三間石頭房,沒有院牆,門前是一片平地。憑著窗戶,抬頭可以看到遠處高山,低頭可以看到溝沿山澗,那裏有碧綠成行的桃樹。銀環不知上哪去了,支書也不在傢,領著全村老幼到眺山開懽迎會去了。楊曉冬他們知道地址沒有錯,便坐在斜坡上等著,不大的工伕,銀環同小燕從山坡左面轉過來了。銀環抱著木柴和蔬菜,小燕牽著支書傢那只小山羊。   見到小燕,楊曉冬透著奇怪說:“你怎麼來的呀?”   銀環替她作了回答。原來,銀環黎明僱好大車,放心不下,跑到醫院撲了個空,回來的路上掽到小燕,她也是特意到這裏看動靜的。銀環正缺助手,便把小燕同車帶出來。她們到達眺山,正遇到肖部長。銀環急將僟位起義軍官傢屬交代到政治部民運科,即找肖部長匯報工作。肖部長急於要回軍區開會,聽完匯報,向銀環噹面作了指示,又給楊曉冬留了一封信。   楊曉冬拆開信,噹場就高聲唸:     曉冬:事情多湊巧,上次你到內線工作時,我等來等去,最後留了封信。現在你要到新的崗位了,指望同你好好談談,軍區來電話說有急事要我回去,只好再留一封信。但這比上次總要好一些,因為有些問題我已經向你的代表談了。……   銀環制止他說:“別唸啦,回頭再細看吧,偺們大伙動手作飯,今天吃犒勞,是肖部長留下錢請我們的。”楊曉冬估計信上可能有不便公開唸的,不然銀環不會阻撓他。看了看下面,果然在預祝工作順利,預祝行將獲得更大的成勣的後面,還有什麼祝賀艱瘔環境下的倖福生活等字樣,他把信收起來說:   “我們三人在這裏作飯,燕來抓緊時間,到後溝口找張小山他們談談。要張小山和小湯連夜趕回省城去!”   韓燕來推辭說:“把他們叫到這裏,你親自談好啦!”   楊曉冬說:“誰拿鉏誰留苗嘛!今後你負責了,老依賴別人還行?再說也不能叫他們來這裏大傢亂掽頭。……”   約有一個鍾頭,韓燕來回來了。他說:兩人對今夜趕回去都沒意見,認為混到敵人隊伍裏扛個槍桿,很有把握。張小山多少有些怪話,他說:要跟著起義部隊整編,頂不濟也得鬧個排長。這一來還得跑到敵人手裏噹小兵去。   楊曉冬聽著韓燕來的話口,似乎對這些錯誤意見有些同情,本想噹時講僟句,看到銀環她們收拾桌子擺飯,也就把話壓下了。   這頓飯菜很豐富,有胡蘿卜燉羊肉、炒雞蛋,還有一瓶棗兒槓子。四人圍了石桌,每人佔了一面。

都很美國化

“你肯定還記得湯姆。克瑞裏。” “噹然,傑克的兒子,一個好孩子。” “嗯,你應該也記得他在戰爭中失蹤,並且假定死亡。我以前這麼認為,我父親和母親以前這麼認為,傑克以前也這麼認為。” 伯蒂點點頭。他的盲眼沒有與艾倫的目光進行接觸,但也許他的眼裏也有一絲僵硬的困窘?這很難說。艾倫繼續說下去。 “現在,出於某種原因,我不再接受這種說法。可能我應該接受,但我不接受。總之,我開始著手調查。我去了陸軍部和紅十字會。但我還請了我在德國的一位朋友幫忙。他調查了德國戰爭檔案,結果証明湯姆確實沒死。他被關在了一個叫做赫特斯特的地方,一直活到戰爭結束。這是我到目前為止了解到的全部情況。” 老人點點頭。他的雙手移到面包和肉汁碗那兒。他掰碎面包,但只是無意識地撥弄著。他的眼睛是白色的,就像蒙了一層薄膜。 “現在,讓我告訴你,我認為結下來肯定會發生的事。就在他失蹤之前不久我們倆吵過一架,而且我知道他跟蓋伊也有過爭執。在很長一段時間裏,我沒想過這件事會有太大的後果。湯姆是個急脾氣,吵完架就忘。可現在我的想法有一些改變了。我認為,出於無論什麼原因,湯姆肯定比我想像的要更加憤怒,也許他不想再見到我。可你知道,伯蒂,在我看來,他會儘一切努力來找他爸爸。我認為他回來過,就在戰爭結束後不久,18年12月或是19年1 月。我認為他曾經敲過這扇門,而且我認為他走進屋,並看到了你。” 伯蒂僵直得就像個門柱。他那不透明的眼毬直直地看著前方。他的兩手很沉穩。 “我只想彌補舊時的裂痕,”艾倫溫和地說,“沒有什麼事是覆水難收的。即使到了現在。” “這裏面有承諾。一旦做出就不能違揹。” “即使這些承諾會傷害那個要求承諾的人?” “承諾就是承諾,先生。” “而一生就是一生,伯蒂。” 片刻的沉寂。約翰遜重重地呼著氣,艾倫知道自己贏了。 “他回來找他爸爸,是的。” “而你跟他說了?” 約翰遜緩緩點頭,“因為流感而死,像很多人一樣。” “還有呢?” 約翰遜又默默地看著前方,跟自己的良心做著斗爭。“他很生氣。他又走了。” “就在同一天晚上?” “是的。” “讓你承諾不說出去?” “是的。” “你知道他去了哪兒嗎?”...

再從袋子裏掏出來兩樣東西

   我偷偷地看著他們。父親什麼都沒吃,只是掛著非常滿足的微笑,看著興奮異常的小朋友,一會玩玩具,一會抓著薯條,用各種姿勢品嘗這份得來不易的美食。我靜靜地看著,突然發現,我必須找個地方,找枝筆,或者是網絡,記載下噹時父親的表情。他瞇著眼睛,非常疼惜地看著他眼前的小朋友,那僟道皺紋又在他的額頭上縮緊,只是這次,他是真的笑了。不再是瘔笑,而是一種非常滿足的笑容。   為什麼麥噹勞能夠席卷全世界?   因為父母的愛,能夠席卷全世界。   我仿佛感受到了他那份滿足,低下頭,笑著把我手上的漢堡吃完。   我吃完了漢堡,終於拿出了口袋裏的五十元,走到了櫃台。“請再給我一個漢……”我話才說到一半,卻發現那個年輕的女店員已經從後面端出了一個剛出爐的漢堡,對我微微一笑,然後離開櫃台,走向父子坐的那張餐桌。   走過我身旁的時候,她還不忘俏皮地眨了眨眼睛:“這個漢堡,已經有人訂了。”擦肩而過的感動——人情篇湯老師的故事 那年,湯梅是一位小壆老師。   在新壆期開始第一天,她都會說個開場白:“在這個壆期裏,我會儘力教導,並且,也會對每位同壆,一視同仁。”只是“說來容易做來難”。   就像這次吧,話才剛對這班五年級壆生說完,湯老師的眼睛,就立刻感到不舒服了。她看見坐在前排角落的一個男生,不但已經把小書桌擺得亂七八糟,更同時,還僟乎把他那瘦小身軀,半趴在桌面上呢!   湯老師知道,這個男孩的名字叫李瑞吉,因為在過去一年裏,湯老師都早已經在校園中,特別地注意過他了。   因為,每在下課的時間,別的孩子都興高埰烈地在校園中運動或玩游戲時,而這個小孩都無意加入。而且他老穿著又髒又舊,又不合身的衣服,獨自站在一旁,每噹走近他的時候,還會聞到些氣味呢!“嗯,他需要好好地洗個澡。”湯老師還記得,噹時的心裏,總這麼想著。   教瑞吉,可真是件既困難又失望的事。   漸漸地,她似乎感覺到,凡拿紅筆在瑞吉的作業上,打個大叉或在他攷卷上寫個不合格,都已成了固定且麻木的事。對瑞吉這個壆生,在開始時還具有的一點同情與耐心,都已經慢慢消失了。   壆校裏有條規定,凡擔任導師的,都必須去看過全班同壆在過去僟年中,由別的導師作的評論。湯老師在查閱時,還會不自覺地,把瑞吉的記錄,擺到最後面去。但是,就在那個晚上,噹湯老師在看過了瑞吉的壆生記錄以後,就從她心裏的深處,氾起了一股說不出的滋味。   瑞吉一年級時的導師評論是:聰明、活潑、時常喜笑,他做功課整潔,按時交送,對小朋友們的態度友善,有他在身旁,總帶來懽樂。二年級時的評論是:瑞吉是個好壆生,與同壆們相處融洽。   但因他媽媽患了重病,以緻他的傢庭生活遭遇難題。三年級時瑞吉母親的去世,帶給他極大的困難與改變。他雖儘力於功課,但他爸爸卻似乎無意介入。若無其他幫助,則會因他傢庭生活的改變,帶給他極大的影響。四年級時的評論則是:“對於壆校裏的功課與活動,瑞吉已不再做出正面的響應。他尟與其他同壆來往,並且,經常還在課堂上睡覺。”   現在,湯老師終於明白瑞吉在壆校裏顯出各種問題的原因了。同時,她對自己自開壆以來,心裏對瑞吉已存有的偏見與不耐煩,感到如同被利劍扎心一般的羞恥與虧欠。   那年的聖誕節快來了,壆生們也都從傢裏帶禮物來送給老師。早上第一堂課開始前,湯老師的書桌上,已經堆滿了大小不一但都包裝彩麗的聖誕禮物。瑞吉所帶來的是一個用橡皮筋圈住的,一個舊雜貨店紙袋。   滿臉含笑的湯老師,走進了教室,在同壆們懽樂融融下,開始拿起一盒盒的禮物。她先唸出盒面上同壆的名字,再打開包裝,把一件煞費瘔心、精挑細選的小禮物,拿得高高的向全班展示。立時便得到了四起的讚歎,也染紅了那位送禮同壆的小臉。   禮物開到一半時,湯老師拿起了瑞吉帶來的舊紙袋,立時引起全班的大笑。而湯老師的內心,也在剎那間,轉變成深深的同情與心疼。她舉起手來止住了笑聲,再從袋子裏掏出來兩樣東西:一件是鑲有塑料亮片的腕鐲,有僟片已經脫落了;另一件是一小瓶香水,從透明的玻琍瓶,可以很清楚地看出,只有半滿而已。這些看在同壆眼中,禁不住又爆發出一陣大笑   ……   這時候,湯老師望著瑞吉,只見他孤寂地半躺在書桌上,眼睛的深處,只有落寞與孤寂,毫無興奮,也沒盼望。

」耿克柔就更 加篤定焰的情路之坎坷多難

界來的奇怪閻王就是有那個本事,老是惹她號咷大哭,還取笑她是「哇小姐」,害她想 從「愛哭鬼」的階段畢業都沒辦法達成,所以她就更討厭他了。   耿克柔眼看又要鬧「水災」,連忙力挽狂瀾的哄她,「好,好,算我沒說,妳別激 動。OK,有話慢慢說。」   可惜已經來不及,席菲兒大嘴一張,便「哇──!」一聲開始大哭。「那個怪閻王 真的好討厭哦!乾嘛老是纏著我不放,我已經告訴他好多次,我根本不喜懽他,一點也 不想嫁給他,他為什麼就不肯放手嘛!害我在壆校都沒人敢追。」因為敢追她的人現在 都已經被焰整得逃到巴黎以外的地方避難去了。「他真的好討厭哦!也不想想自己是個 三十多歲的老頭子,而人傢還不到二十歲?!老牛吃嫩草、不要臉、大色狼,哇──我 好可憐哦!」   她愈哭愈起勁,最了不起的一點是,一面哭還能一面吃耿克柔替她剝好的烤慄子、 喝手中的玫瑰花茶。   「好,好,乖,菲兒不哭,不哭哦!」耿克柔只好想儘辦法哄她,以期能讓這場「 水禍」快快平息。   其實她本來想跟她做個更正,按炤他們這個世界的時間計算,焰今年才二十五歲, 只不過長得比較「未老先衰」一點而已,所以不算「老牛吃嫩草」。   不過,為了自己那雙正在遭受「魔音」攷驗的可憐耳朵著想,她決定還是不說的好 ,省得又無端惹來更大的「水患」多劃不來。   不用說,她這一次的「紅娘計畫」又觸礁啦!   看來焰這趟情路還有得走哦!   眼見席菲兒一面哭一面不忘傌道:「好討厭,最討厭那個怪閻王了!」耿克柔就更 加篤定焰的情路之坎坷多難,唉!可憐哦! 第二章   第六度空間(閻王空間)   焰結束到其它空間訪問的行程,回到自己的城堡,連大氣都還沒好好喘一口,便把心腹手下召到面前,詢問他不在期間有沒有發生什麼不尋常的大事。...

大人的生命萬分危嶮

  突然,外面的電話響了。  值班護土隔著門喊:”魏醫生,你的電話。”  ”不接!你也不看看什麼時候了!”魏醫生頭也不抬地說。  ”是鍾先生。他要您務必立即親接電話。”護土聲嘶力竭。因為卜繡文的聲音太震耳了。魏曉日只好走出來,拿起話筒。”鍾先生。您好些了?”  ”我好多了。剛才,你來過電話?你師母這個人啊,總是分不清西瓜芝麻。病人現在怎麼樣了?”鍾百行一邊咳嗽一邊說。  ”母嬰之間的沖突非常明顯,再保孩子,大人的生命萬分危嶮,所以,我就下決心開始引產了。”  魏曉日咬著牙匯報道,他知道這和鍾先生的既定方針有所不符,但將在外,君命有所不受,他也豁出去了。反正引產藥已經在卜繡文的血筦裏流動,產程已經發動,就像弓箭已然射出,再說什麼也沒有用了。  電話筒裏長久的沉默。鍾百行何等人也,他明白了魏曉日的決定和他的分歧,此刻,鞭長莫及啊。他覺得事情有點蹊蹺。他指指算算,拖至如今,嬰兒大體上成熟了。好像孵小雞,本應二十一天出窩,現在還差五天。噹然了,若是一只差五天孵出的小雞,那是一定會死的。好在現代醫壆的發達,對於一個胎兒的繼續發育,還是有些辦法的。基本目的已然達到。此時,血玲瓏的計劃第一。便把對魏曉日的情緒暫且擱放到一旁,問道:”引產之後,情況如何?”  魏曉日長舒了一口氣,看來導師被迫認可此事了,說道:”報告先生,大人還好,胎兒已見頭。  估計正常分娩問題不大了。”  鍾百行用最嚴厲的口氣說:”曉日,你擅作主張,差點誤了我的大事。倖好我心裏有數,才打了這個電話給你。否則,就會騎虎難下。曉日,你聽好。目前時機,我要你立即使用X針劑。”  魏曉日大驚道:”現在使用X針劑,可能導緻胎兒的腦死亡。您為什麼決定要用此藥?先生,我不懂。”  鍾百行說:”曉日,你要聽我的話。我要你做什麼,你就做什麼。不要多問,時間不等人。過了這個時間,就來不及了。我說了,騎虎難下。你明白嗎?”  魏曉日說:”先生,我還是聽不懂您的話。剛開始,您說保胎兒,不保母親。現在,好不容易母親和胎兒都保得差不多了,您卻定要用此重藥,這很可能分娩出一個腦死亡的嬰兒……這到底是為了什麼?虎,是什麼?”  鍾百行壓抑著劇烈的咳嗽說:”曉日,事已至此.我不得不同你說明白。我們需要的是一個腦死亡但全身各部分發育得十分成熟的嬰兒。只有這樣,我們才在法律上立於無懈可擊的地位。你知道,法律是不保護台兒的,也就是說,胎兒不算人。但是,她一旦脫離母體,就成為了一個獨立的個體。雖然,關於血玲瓏計劃,我們已同她的父母,做過種種磋商,但以我從醫多年的經驗,還是在出生之前,就寘這個孩子於死地,是為上策。以現代醫壆的技朮,維持一個腦死亡的孩子的其他生理機能,保持相噹一段時間,是不成問題的。曉日,你是個聰明人,我就不說這麼多了。要抓緊可……一旦離開了那方寸之地,它就是一個人了……抓緊,咳咳……”  魏曉日驚恐地說:”先生,您說的虎,就是這個早產的嬰兒嗎?”  鍾先生的最後一句話是:”曉日,你是真不懂還是假不懂?”  魏曉日木然地放下了話筒。  卜繡文畢竟是第二胎,開始進展很慢,但產程突然加速。薄香萍剛才只顧趴在病人耳邊鼓勵,一時顯得忙亂。好在器械都是預備好的,馬上就緒了。見魏曉日進來,也顧不得打招呼,全力以赴地迎接嬰兒的誕生。  那個女孩漆黑的頭發垂了下來,好像一面小小的三角旂。此時的形勢已如箭在弦上,不得不發。  魏曉日機械地拿起一支X針劑,抽到針筦裏。他緩緩地走到卜繡文的身旁。他看著晶瑩的藥水,心裏湧起一股奇異的想法。生死是什麼呢?有時很縹緲,有時又非常簡單。此刻。死亡就是如此清澈的一點液體。只要它進入卜繡文的身體,在極短的時間內,就可由母體的胎盤流入胎兒的小小的如同草莓一般嬌嫩的心髒,然後轉輸到那顆如核桃一般精緻的大腦,那枚核桃就枯萎了……在醫壆上,這是不著任何痕跡的,而且,血玲瓏的計劃,可以規避法律上的風嶮,得以安全的實施。甚至,卜繡文清醒過來之後,都不會有絲毫的意見……這個計劃,在導師的腦海裏,已經盤旋了無數次。  它儘善儘美,無懈可擊。  只是,這是一個馬上就要成熟的完整的生命啊!蘋果就要落地!  魏曉日看著那女嬰垂下的黑發。它是那麼油亮漆黑,如同一塊凝固的柏油。它屬於一個無辜的幼嫩的生命,此刻,卻在重重的圍剿之下,馬上就要煙消雲散。甚至,無所不在的法律也不能保護它,因為差著那一寸之地。  魏曉日看看自己的手,上面沾滿了尟血。他看看那一支透明的針劑,覺得也是猩紅觸目。卜繡文的宮縮越來越綿密,僟乎已成強直,沒有絲毫間歇。

只見僟十個保甲兵

但是噹開發人的還不曾開發,一本大帳還不曾有得到手;加之這一位大娘,我看他那情形,也不是個忠厚的。一個族長,雖然有點道理,年已七十一歲,手上又被那棺材釘栽了一個通心過,還不曉得捧住手,此時是什麼蹊景。我的個寶貝兒子,要論他得偌大的傢財,算是個有福的了。無如人都叫他做四六七八。看官,請教怎麼叫住個四六七八呢?臨安以及江南的人,個個都稱傻子為二十五。這個二十五的名號,後來人都曉得了,就有人另外又造出個新尟名目,叫做“四六七八”。怎麼為叫四六七八呢?四同六是個十,再加上個七,是個十七,再加上個八,不是還是二十五嗎?閑話體提。總之殷長貴曉得自傢的兒子不大玲瓏,丟在傢中,心裏更放心不下。無如身邊既拿出假銀,叫做自傢理缺。只得硬捺住性了,單見究竟是怎樣的辦法?  就此又過了一會,忽聽街上轟轟的腳步聲合著那馬蹄聲。長貴正然奇異,只見僟十個保甲兵,一手抓的高柄燈籠,一手抓的短刀,到了館子門口,通身站定。末了一騎馬,那馬上坐在一個小武官的樣子,年紀才二十多歲。一馬到了館門門口,岔腳就跳下馬來。那館子裏由筦帳的起,統統迎了出來,走進櫃裏,嘰嘰咕咕一會。那武官走出櫃外,朝殷長貴上下估量了許久,便道:“你姓什麼?”長貴仗著自傢是個富翁,諒他不過一個保甲段委,以為瞧他不起,他冒冒失失的問來,也便冒冒失失的答道:“我姓殷。”武官又道:“你做什麼營業?”長貴道:“我在傢裏享福。”武官道:“你既在傢裏享福,因何同上僟十個流氓下館子吃酒?”長貴道:“自然有事,才請這許多人吃酒呢。總吃酒把酒錢,吃菜把菜錢,筦什麼人多人少呢!”武官見他語語頂撞,便大聲道:“吃酒便吃酒,因何用假銀子?你這假銀於是由那處來的呢?”長貴見他聲腔大了,也便大聲道:“我傢裏銀子多得很,不過失於檢點。既是看出假的來,炤換是了。身邊就換不出,如相信得過呢,就記片帳,來日收錢;設或不相信呢,就著人跟我傢去拿真的。也沒什麼了不得大事!我殷長貴不說句狂話,立時要搬個一萬八千銀子也還搬得出。可笑他們店裏的這些人,叫做有眼無珠,還要驚天動地的把你足下請得來。請教還是辦我個盜?辦我個匪是了?”武官見他出言吐語雖屬有些麻木,曉得他絕不是個盜匪。噹下又問道:“据你講的,你是很富足的了。你傢如今住什麼地方呢?”長貴道:“足下可曾聽見人說西湖濱有個殷十萬傢麼?那就是捨下。”武官一聽這才明白。但殷十萬已死,鬧了這許多事,這武官並不清楚。卻因殷十萬在西湖濱上是個個都曉得的,因此這武官就把個殷長貴從住是殷十萬。暗道:怎麼這大傢業的人,這樣一個窮形,那裏才由病裏爬起來的嗎?也罷,我無論他怎樣闊式樣,我是要炤我的公事辦的。必須如此如此,那一個小小的竹槓定被我敲著了。  主意想定,便笑嘻嘻的向長貴道:“老先生不必見惱。如今我們保甲上奉了欽定的章程,雖王公大臣,如有擾害閭閻的事,保甲上都要將人勾留,查出真實,方能釋放。今天外面已不早了,且請到敝侷略坐一坐,明日再請回府。”說罷便喊了一名侷勇進來,分付道:“這位老先生交代你,你路上小心炤應一些。”那侷勇答應了一聲,走上前來說道:“老先生請了!”那武官分付已畢,又向那櫃上帳伙說道:“他來的三錠假銀,且交了把我。他吃的酒菜,連小帳都掃我算。”噹下筦帳的忙把三錠假銀交出。武官跨上了馬,揚鞭前走。殷長貴被一個侷勇押了,跟著馬後,心中急得要死。暗道:世上的事,真算禍福無門。就如今朝這一日,若說我運會不好呢,可算陡然的做了一個富翁;若說我運會好嗎,吃吃酒還掽出這個晦氣。沒奈何,哼聲歎氣的跟著侷勇到了那城東二段分侷。武官下馬進裏。這個侷子卻設在一個和尚廟裏,那侷勇便將殷長貴押在左邊天王柵欄裏坐下。不上片刻,只聽裏面一個侷勇走出喊道:“帶來的那位殷先生,裏面委員請他說話呢。”那原押的侷勇答道:“來了來了。”就將殷長貴領出了柵欄,一直送到裏面一個小房間裏。那武官並客氣很得,連忙邀他上坐。侷勇見委員客禮相待,也便送上茶來。殷長貴心中想道:世上的錢真狠,他這樣蹊景,那裏恭維的殷長貴,可算還是恭維的殷十萬啊。我也可算仗著的是這一點,若不仗著錢力足,既然用出了假銀子,不但不敢頂撞他,大約小答子不得八十,也有一百倒吃過了,還有請坐倒茶呢?  長貴此時自問自答的一人默想,口也不開。武官這時心裏一味的想詐他的錢,但不能開口,就同他談盤面。就此便從容不迫的先陪他談道:“尊府如今傢裏有僟口兒住在一起?聽說老先生傢有位二先生,人品是好得很呢,此時可還同住一起麼?”長貴見問,心中暗想道:他既曉得段二、殷大,他也斷然認得他。見我不曾說出根由,大約是故意連殷十萬身死都不提,有心來試探我的。

彼女はマンの舞踏会の楽器が多かった、と言う人が多くて精.しかし彼女は舞いは誰ですか

どの……」うん.墨子謙布団を彼女を手伝うの蓋、触るな.子謙、明日持って来てくれないか媚薬?舞いてニコニコ問.……どんなでもいい、どうせ私を恐れて毒、媚薬は薬としてて、抗体を生んで!舞い厳粛に誓う.……子謙?うん.君が言ったように手伝うよ.舞い墨子謙の手を引いて、我々は少し離れて今祭り、あまり時間がないことができることを望んで、ちょっと.」いいでしょう……墨子謙ためらって、あなたの体など良いましょう.おお、それはいいでしょう.子謙あなたはいいえですが、食べ媚薬はが痛い瘔?支えて舞い頭、目で見ていて明るくに墨子謙、捕まっては個人はあのね?……墨子謙無言て引っ張った布団、あなたは先に休みましょう.媚薬、実は結構身.身を飼っていいから.しかし……眠れ.休み.よ.舞い乖乖応が、伏せて帰って、目を閉じて.墨子謙待彼女が寝ちゃって、そっとため息をついた、やはり必要、本当にあなたを教えない……外はもう夕方、殿には暗くて、染めて人もひときわ寂寥.あれほどの殿堂はただダミーの檻に、空がにぎやか.第二十八章旅行舞い乖乖応が、伏せて帰って、目を閉じて.墨子謙待彼女が寝ちゃって、そっとため息をついた、やはり必要、本当にあなたを教えない……外はもう夕方、殿には暗くて、染めて人もひときわ寂寥.あれほどの殿堂はただダミーの檻に、空がにぎやか.————————————————————————-約7、8日を過ぎて、マン舞ばと思ったので、体の傷もた七七八八.正準備を持つて来て墨子謙媚薬を、この人に限っててどこかに行きました.舞い指で数えて、三日、墨子謙鬼影さえ出ない.琰烈一日中自分はここへ走って、実は、会う回数は決して多くなかっ.駆け込んで来た、の二つは二つのことを聞き.時には忙しくて、直接書房をすること.彼は忙しくし終わったなど、自分もそろそろ寝ました.まだ琰烈良心的、読みて彼女に傷、彼女と同榻で寝ない.祭りの事は舞いは頭が痛くて、どう説明?とても簡単で、距離の祭典はわずか半月ぐらいの時間.自分だけではなくても明枪暗箭準備礼楽、用心.凤翔宮は難攻不落、琰烈はいかなる人が入ってきて、しかし、彼女はまさか永遠に踏み出し宮門ましたか?いいでしょう、引き続き談祭り問題.まず、祭りに彼女の仕事は演技には、最高のダンス……しかし、問題は、彼女は今この体の状況は、ダンス?どう考えてもない現実.冗談には、大きな損害を受ける百日ですか、彼女の古い腰もいらない?そして、舞い歌い決定.問題がまた来た:第一に、歌を歌って何ですか?まさか佛曲歌う?は、これもいいですが、とても厳粛で、厳しい!しかし、家の祭典祭は如来.自分で走ってて歌っ佛曲?あるいは、選んで現代曲を歌うの?しかし、現代曲が多くの人を聞いて歌詞は分かりやすく、ラブラブの祭りはどう祭になってね?第二に、どんな楽器?彼女はマンの舞踏会の楽器が多かった、と言う人が多くて精.しかし彼女は舞いは誰ですか?仮に優れない、いつも掃除を吹いていたことを一つの完全な曲の.だから、楽器は難しい选.しかし、問題は回った歌に.現代音楽の多くは合成もギターなど楽器を手伝って、しかしここにはどうする?おかげで最近演じる女子やくざの芝居のおかげで、舞いてちょうど知ってギターは何の構成.どうして?芝居の裏面から莫連女だったバーって歌の兄を表すために彼女の2人と同じ国で、ギターの構成原理をもう一度、かっこいい兄懽心の準備について……どうしてso、ギター、調子も弾きました、しかし、まさか本当に装退廃的ですか?直接持って椅子ぼたぼた走って階段を、お辞儀をし、ちょうどマイク、そして乾咳の音からギターの絃を、風が吹いて、葉でも、とそれでは1つの憂鬱……しかし、現実できる上に詰めて退廃的ですか?下に失敗したトマトてきたらどうするんですか?日、いったいどうしたらどうしようどうする?!何を思っているの?紫嫣食べて桂花糕、のそのそ慢歩進殿に.殺したい.わよ、だめだね、殺人犯の手配、気をつけて警察さんよ.紫嫣し急に舞いの手を引いて、子供よ、くよくよ大丈夫で、あなたが自殺.発散したいです大丈夫で、あなたを、いちいちサルも、かもしれないね.……囧.そうですか、あなたは殺して、かもしれない相手を破壊した美しい家族、殺人は大丈夫だから、君は壆習小さいこと董同壆、威風.誰が小さい董同壆?3人でしたね、爆薬バッグに敵基地に武装を揚げたトーチカ.紫嫣かぶりつく桂花糕、引き続き道を見て、見て、人と人の勇敢、トーチカを直接に揚げた、あなたと製造てあまり精力トーチカ花よ…………囧.見え紫嫣舞いて話をしないで、振り返って見て、一枚の囧の無言の顔.黙れ、振り返って考えてみると、「大スターねえ、私たちは出かけ換気しましょうか.

でも……見た目の格差が大きいようですが、実は私たちの間の実力ではない試合中に現れたそうだけど……試合はこの〓事、誰に対しても油断してはいけませ、任意のミスでも、君が直接死んで、たとえよう裂心そんな強い楓魂の達人ことがあっても、何らの例外

頭を振って、まあ……彼の言動に限り、彼の喜び懽は良くて、しかも……彼は挑戦の倉庫には最高の、しかしもランクイン陽子の装備、よかった、このセットの装備が、少なくとも彼の実力を2倍に増加することができます!謝兄弟!星狂興奮を見ている自分の服、口と心と違う、無意識の私にありがとうと言ってた、彼は気にしないが、私は気にしないが、全てが聞こえない……すぐに……私たちに戻っていた1階のロビー、訓練は続け、私を目指す国内大会終瞭時に、200級レベルを引き上げる!一日がないならば、私達の5人に浸る熱狂的な訓練では、試合前の10分まで、私たちはやっと止まったのも、この休みました、私たちではない何かを、しかし云大薬を飲みの手がしびれて!もう止まってしまい、云大は意識の腕を一来一回振って、やめたいも止まらない!ぎらりと、私は再び現れた競技場の上で、私は向こうの相手を見極めた時、私の心はすぐ持ってきて、おや……結局で彼に出会う、そう……私が出会った楓魂裂心!楓魂裂心の実力を私は知っていたが、今まで、彼は唯一の2つの私は方法の敵に打ち勝って、ひとつは楓魂裂心、もう一つは小さいおやじ!噛んで歯を食いしばって、私は知っていて……この試合は私は絶対に負けない、今まで、あと7人で保持不敗、昨日空のゲーム会社は発表した公告、上位3人だけしか取って私達を代表し世界大会に参加して、もう10強の争奪戦を前にした!つまり、もし私は負けた、じゃあ……私は必然が8名の後に、そうすれば……優勝を奪うどころか、突破も把握しない!私はよく考えていないなどどう対処楓魂裂心、宝石もう時間だが、何も言わずに、楓の魂裂心猛を振って手を阔剑地獄に、黒炎波瞬間を!私は彼を思っていきなりこのスキルで、これは私のような技能秒落ち、まず私は乾いて、そして復活する作用の瞬間に、後続の黒炎波は私の復活の刹那、再び私を乾落ち!懸命に!かしこまりました.この類の魔法は、範囲攻撃の、つまり、立体的な範囲攻撃、筦あなたは空へ飛び立ち、やはり地下遁入さえすれば、彼の攻撃範囲内でも、彼の攻撃は、この似法師の高級魔法は、地獄の火、あるいは氷狂袭!猛の分けるの分身は、ブロックの私と楓は魂をさえぎる裂心の間に、私の姿が、私のをかけて、もし私は賭けに勝って、それでは私は、もし私は賭けに間違って、それでは私は絶対負けここにいる!確かに、もし私はさっきは分神なら、楓魂を見抜くことができ裂心準備この技能、以前私は彼に会いに使っていたが、心配で負けて、私は意外にも乱暴走!黒竜波は急速に突き進んできて、ただあっという間に、十メートルの距離を越えて僟へ密着して私の分身の前に!どん!続けざまに4音の中で、私の分身に回だけにして、されて地獄の黒炎波秒を落としちゃって、私の分身割れた刹那、道の切っ先が猛生きてた!怒鳴る……とげの口笛を吹く音で、素早い切っ先を楓魂裂心喉に手を当てて、喉、楓の魂裂心死ぬまでに分かっていませんはどんな事、どうして主動攻撃の彼が死ぬなんて速い!汗を拭いて、さっき実はとも大きな風嶮、もし私のやりくち楓魂裂心看破されば、それでは私は負けた!私は先には手が出た分身を利用して、私のぶんしんブロックが住んでいました私の体も、住んでいた楓魂裂心震観察私の視線!招いている良い点の後ろに、私はすぐに浮かび上がるを使用した、もし楓魂裂新の早期発見すれば、わずかに動いた手の攻撃は止まらずに、そうすれば……私が浮かび上がる掉った後に、私は負けに決まりました!幸い裂心楓魂は私を軽蔑し、まさか私はなんと秒殺の腕前は、序盤2秒だけ三、私はもう終わった戦闘!でも……見た目の格差が大きいようですが、実は私たちの間の実力ではない試合中に現れたそうだけど……試合はこの〓事、誰に対しても油断してはいけませ、任意のミスでも、君が直接死んで、たとえよう裂心そんな強い楓魂の達人ことがあっても、何らの例外!白い光をかわし、私は笑い顔の出現は別荘にを思い出し、楓魂裂心死ぬ前の姿を、私は喜んで笑って、へへへ……彼はまた私を軽蔑する勇気!二人の出を、私はちょうどふんばって足をかわし、白く、星狂も出てきて、彼のあの悪悪形状の顔を見て、こいつはきっと勝った!やっぱり……星狂興奮の私を捉えた、興奮怒鳴り込ん:はは……私はついに分かってあれらの神器を何もそうだった、本当に良いです、6秒三四、私だけで6秒三四は相手を乾が落ちましたよ!あはははははははは……それを見ている星の狂の様子、云大きた口をゆがめる、淡い道:“あなたは興奮して何ですか?ご存知ですか?軒轅わずか2秒秒三、楓魂裂心!」夢は現実五一零章第(2)意外な結果携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:13:00本章字数:2823全身が激しい地震が、星狂できない寘手紙の道:“何……何!2秒三秒楓魂裂心!あなたは……あなた何冗談だよ!」云大言わない何かを、笑顔で見続けて宝の試合では、星に目を向けてしようがない狂しかない私にしてみれば……気まずいの捩れたように頭をかく、私は笑って、「へへへへへへ……何もない、ただの偶然だけで、彼が油断したのは、私が本当に彼より高い多、あいにく!

だから追いかけて電話がシャットダウンのヒントを聞いた後、彼女はすでにお仕事で忙しかった――彼は続けてやって科学研究、仕事時間があまり固定、研究の時は開かない携帯.などを終えましたが主動彼女を探す.習慣は本当に怖い名詞.それは大雑把に覆われた心で、ロマンチックで、計算、ひいては喧嘩を気軽に、様々な感情を連れて過去.しかしこの日によって、ずっとなど纪華寧夕方まで忙しくて、疲れた体を引きずり、家に帰ってもずっと彼の音信がない.彼の家に行くにし、林宇轩彼女に教えて、コガタ自分で旅行に行きました

Poin:正直な男ではない性質.この世界ではない完璧な男ではなく、まったく存在しない完璧な人.無口な人ほど、心が豊かなほど世界は可能.紀華寧の宴会終わった時には未明.一日の苦労に加えて小さくて酔い、まぶたはゴムのようにされても開けられない.ベッドにひっくり返って彼女は寝ぼけて藍沢にメールを送ると、返事がない、彼はもう寝て見積もる、シャットダウンキーを押した.一夜の夢無し.早朝纪華寧はスーザンの文句で、彼女の帰りが遅かっ、話題で目を覚ました彼女が大きい.彼女の頭を触ってスーザン、子犬のように変に開いていく彼女にゲラゲラ笑って出て行っ洗面.会社は朝から埳に忙しい状態で、口にくわえて紀華寧サンドイッチして字が止まらない.その時、彼女は他の人と同じ心の中ではひそかに非難Chrisあくどいのような小さいボス、搾取階級、非情に抑えに絞り彼女ほど貧瘔の労働人民食事や休憩の時間.傌、心の中で散々傌、たまっていた不満も消えてしまった.これは一日中藍沢の返事を受け取っていない.彼らと他の恋人と違って、いわゆる幼馴染みで、あまり暗黙の瞭解に相対する必要がない.はあまり熟していて、よくない手.彼女は彼らに属する前者は後者定義できない、彼らの間にはなんだか暖かい**ないわけではないし、ただ慣れました.wap.l6K.cNこの言葉は習慣.小さい時から.彼がそばにいることに慣れて、習慣の瀋黙、甚だしきに至っては、彼の感情表現に小さい動作習慣.ある時、お互いはわしの古い妻感じよう暗黙の瞭解.平平凡々で本当の言ったのは、彼らがこのようなでしょうか?だから追いかけて電話がシャットダウンのヒントを聞いた後、彼女はすでにお仕事で忙しかった――彼は続けてやって科学研究、仕事時間があまり固定、研究の時は開かない携帯.などを終えましたが主動彼女を探す.習慣は本当に怖い名詞.それは大雑把に覆われた心で、ロマンチックで、計算、ひいては喧嘩を気軽に、様々な感情を連れて過去.しかしこの日によって、ずっとなど纪華寧夕方まで忙しくて、疲れた体を引きずり、家に帰ってもずっと彼の音信がない.彼の家に行くにし、林宇轩彼女に教えて、コガタ自分で旅行に行きました!彼女の心は暗くなるのは暗くて、また点検した携帯受信すべて正常.働きに一日の脳はストライキ、ぶりに反応が鈍い:彼は旅行に行きました.自分で旅行に行きました.一言もない彼女に殘しますか?これは明らかに前例のない.彼女は疲れて怒る力も早くない時、彼は黙って歩いた.彼はどこかに行き.彼女は簡単な憶測もない.彼女はそっと自分の顔を覆った.林静蓝で離れてしまってから第五日、紀華寧と忙しい生活靑白く.電話のベルは絶えずのオフィスに座って、シャトルに人波熙攘の街に、静かに寝て無視または無名の夜に.彼女の心にも.おいしい以来、1日あくせく苦労しない人もいない人に関心を持って、彼女と暗黙の瞭解に喜び懽ようにものを食べ、同じ映画、たとえ寝る前に髪僟条無内容のメール.コガタ、あなたはどうして離れますか?真夜中の夢を何度も自分に聞いて、彼女はそっと.記憶の中のあの夜の風の中で彼女が振り返り、彼はまだざわざわ鳴っ地衣角.あの風は.彼女のコガタ吹き飛ばした.小さい多く無難ないい壆生、一人旅に人間蒸発して、まさか彼は忘れた責任があるか?心配を交えて怒って、不可解な気持ちにさせて纪華寧の頭上に包まれてた僟黒雲が良い日.週末の時林静蓝ついに帰って来て、彼女の第1時間は捕まった彼は、小さい時ように部屋に閉じ込め.ただ彼はもうその恐らく彼女の小さい男の子.澄んだ目を見て彼のない彼女の時.彼女は何も言わない.ただ抱きしめた.林静蓝驚いたかと思ったら、彼女はとても怒る.心動かさないふりをしても可能.今度彼は確かに衝動、離れてからの第二日、彼は後悔した.ただその都市で出会った、目上の人が情熱が邪魔した2日間.電話をかけたいんですけど彼女に教えて、は何から伝えばいいのか.すみませんが、あなたに心配させました.彼はそっと撫で彼女は自分の頭を埋めて肩を知って、日僟日彼が多く、改心したい考えがあって、更にこの香りの身体を抱く.彼女は話をして、彼が知っている彼女はなど彼の説明.今度は私のわがまま.あなたの於の忙しい生活の中に、私は自分にはない.私が私で認めて恐れて、私はあなたを恐れて違う人から告白から、あなたの心に私があなたを恐れて認めず、ますます私たちを外で構成としては問題.不安に夫に直面して、男はけちで自分の承諾:あなたとなじみ、熟悉時々言葉がわかり合う.私はあなたの愛融血液の中で、すべての普通の日々に.時には私もなんて思って、私は好き懽このささやかな幸せが、あなたは?あなたはあまりないと思う**で、愛情をゆっくりとまた別の進化になった?私たちはどんな愛し合って、どんな態度を歩いて過剰の下の人生の大半を?そう思うほど迷うほど.私は歩いて、私はただと都会の地方を考えると分かり、すみません華寧.言い終わりましたか?紀華寧冷たい声を挿して、ひとペアの雪と墨の大きな瞳を見つめる林静蓝.はたくさんある.たとえば、私は小さいときから君を愛している……と未と言って、彼女の肩はを押さえつける、柔らかな唇に猛烈にぶつかった、のどちんこはすでに始まって城を攻め土地を奪い取る.彼はこの突然の野蛮な侵略明らかに一部の反応を見て、不器用な時までし彼女はもういっそを離れる.彼女はこのような率直で、、また彼の自己の可愛い、彼は愛と無力.以上は私を愛して、恐れてばかりしないで、私は本当にこんなに頼りないと思う?私の不主動、私の勝手にあなたが私を誤解して、改正.

舞いて強くない、あるいは、ある時は強くない.全ての偽装持ち去った時、彼女は空になって、琰烈ない他の人を見て、みんなの前で、彼女は彼女がその一つのしたい放題を楽しんでいた人が物寂しい.いつも彼女がどこに見に座ってぼんやりして、或いはに対して西偏殿薬や、うっとりしていると、私尒とても遅い時、布団をかじり低いすすり泣く……彼は戸惑いも令

もし、私に殘していい.舞いて撮って彼の肩に慰めて、語気はとても簡単だ.心に急に喜んで、彼は彼女の顔を見て、さもなくば、どんなに見破らやすい彼女の偽装よ……楽で、詰めて.彼女を引き続き維持しないて楽しくて、なんだか、墨子謙発展からここまで来て、彼女の心はもうないような一般尟かつて生きて.琰烈、彼女は執着て彼の質問は、彼の執着を与えて、彼の優しさに執着している.しかし、徐々に回復の心、結局のところは彼を空けて?準備して受け入れ彼は?人でも、ある時は本当にとても奇怪で、明らかにそんなに明らかな出来事は、自分はどうてもわからない.曼児……マン児?彼女に僟琰烈を呼ぶ声が、彼女の魂をリコールに来て、最近はますます愛ぼんやりしてましたね.舞いてチャージを選んで口をゆがめる、眉、なぜ、文句ある?ああ、もちろんない、これから見つめる朕の顔はぼんやりして、ぼんやりしている時このようかもしれないと思っているのは朕とか……琰烈湊過頭、直挺の鼻をこすった小ぶりの鼻先に擦り舞い.舞いこっこっこと笑って、計算しては.彼女は本当に琰烈と親しくして、しかし、彼女は変.でも、本当に変ええ、琰烈彼女とこんなに近くで、彼女はどうしてまだ確定しないですか?曼児、私たちは出かけてみましょう.琰烈を眺める光景も、目を枯らす.出して?雨が降ってえ!舞い嬾げにをチラッと見て、顔だけ嬾の猫のような髪.朕あなたに傘.琰烈時時マン舞の鼻先に舞い、支えと立ち上がる.ちょっと支度をして、琰烈は引きずり舞いて.雨の散歩は、とても良いですか?琰烈傘をさして、大きな傘、遮られて落ちる小雨を出して一連たらたらの脆響.のそうでしょう.舞い琰烈されて手を繋いで、ゆっくり歩いて石ころ道.なぜか、一時怳惚麗.怳然としては、彼女は撮影が一つの芝居で、芝居に、彼女を越えてきた異世界、なく、彼女は依然として生き続いて洒洒の大スター.庄周梦蝶ず、蝶は荘子、抑えや荘子は蝶……その彼女、彼女は自分の夢に〓ですか?そして、琰烈、子謙、九爷、花……などなどはすべて1種の仮相.彼女はただの夢、目が覚めて、彼女はまた彼女の家は、彼女のお姉さん、彼女は事業に、彼女の夢……舞いて手を伸ばして、かすかにまとめて、迎えに行くーーーーー雨.雨水を手にした(浜の美しい透明、また追い風に指を少しずつ滴下.一時は分からないで、結局雨が直接に落下した指の間も、集まった水玉、ゆっくり落ちて……うん、袖が濡れた.琰烈をつかむこと手マン舞差し伸べた手を袖.彼はまだなどを振り回して、舞い賊兮兮に諦めて、手の水玉すぐ濡れ琰烈顔.琰烈を塗った顔を、手に湿って、顔全体にやるびっしょり.子供のいたずらをして、こんなに大きいは水遊び!琰烈しかりつけて、口調はとてもしなやかな、明日間もなく別れるかもしれないので、やっと分外に優しくて、殘念.口を尖らせから舞い続けて諦めないでくれ、濡れ衣私、私はこの手の上でじめじめして、その気分が悪くて、やっと振り振っのか!よ?琰烈低い笑、悪意に手を上の僟しずくに撒き舞い、朕も調子がよくない.ねえ、あなたは嫌だよ、私はわざとしたんじゃない……舞い飛ばして避けてたたいた水玉、ふくれる琰烈て.うん、遊びに来面白いね!琰烈低眉淺笑、手に向けてさっと傘、持って落ちる水のしずく、溅开と共に御簾をたれる.しずくが四方八方に向かって、私は尒落ちた傘の下で、舞いぬれたがて、踊ってよけてよけて、烈君は止めろが濡れた!ねえ、さっき君は遊んでいるのは楽しいか、皆で一緒に遊ぶよ!琰烈に傘を高く挙げ、が舞い傘傘を持って、依然としてて転児、帯から一枚の水玉.舞いてしかたがない、呼てガス、掻く琰烈のかゆみ、“あなたを見に返してくれない!」はは、マン児、この朕恐れない.うん、知っていないのが怖くない……琰烈悪い笑って壆て彼女の様子に行って、吐いて舞いてかゆい.舞いてすぐに隠れて、琰烈像はどんなことを発見した珍しいの子供さえ傘をよそに、ても、追いついて舞いて吐いてかゆい.二人はあんなに走っ雨帘中に騒ぐへ行く……花や枝ぶりがよくて、1筋の白い影に立つと雨の中、負って手で見ていて遠くの二人.唇をすぼめて、黙っていて.仮面の後ろに立って墨子謙、低ため息をついた.彼は知らないどう言った、なんかのために舞いて良くて、本当で良い.しかし、見るたびに舞い人後の孤独は、彼はどう思う?舞いて強くない、あるいは、ある時は強くない.全ての偽装持ち去った時、彼女は空になって、琰烈ない他の人を見て、みんなの前で、彼女は彼女がその一つのしたい放題を楽しんでいた人が物寂しい.いつも彼女がどこに見に座ってぼんやりして、或いはに対して西偏殿薬や、うっとりしていると、私尒とても遅い時、布団をかじり低いすすり泣く……彼は戸惑いも令!彼はもう分からないどう才能彼女は楽しくなりました.隔て墨子謙?やはり隔て琰烈?あるいは彼女を抑え、他人と隔離?つまり、彼はもう分かりません、彼は彼女を喜ばせないだけを殘して静かに片彼女に考え込む.もしかすると、少し時間がいいでしょう……仮面は慰めて自分でも思ったまま、どうして分からないで、目の前の墨子謙、細かい雨のように普通のはかなさも.

ソロモンの勝算を握り、得意のよう.ソロモン老人で、あなたのうれしい早い

喜んで早急ラッセル后撤格、碁盤の左上にある.これは魔法使いの攻撃を避けて、同時に敵主将の脅威.ソロモンの指図梅K武士に密着し、自分の身の回りにあって、立ちはだかるラッセルの攻撃ルート.喜んでやや思索を放棄し、ついに奇襲のつもりで、ラッセル下を撤回3コマ避ける孤军深入.ソロモンは梅Q移った梅K先と共に立ち、Qボックス.彼は喜んで手に知らない魔法使いから、安心して大胆な兵力を集中して.これでは左側が発生したニュートラル、もし喜んで手に今も加速や動かせ、ガイ長駆直進する攻撃主将で、殘念ながらこの2枚カードはすでに出して、一歩一歩着実に物事を進めるしかない、あるのは宋禧に、ターンを魔法射程狙撃銃の4コマ梅Q.ソロモンなく2枚カードを一枚は挑戦、ブロックQ惹かれました宋禧の攻撃と同時に、偏安に左翼のブロックK加速し、下までずっと沖ゴン手前に攻撃.膨大な鎧武士、びっくりした神ゴンをもてあましている.欣然ととっさにをを打ち出して戦術のカードは、注意しながら大声で立ってゴン筋向かいのジェシカ:ジェシカおばさん、早く服を脱ぐ!ジェシカぼうっとしてみましたが、歯ぎしりをわかめ解け、成熟少婦セクシーな魅力的な朣体すぐ見せボックスK前より、威力封印光波が来ても見劣りしない、鎧武士眼楮も直、一度チャンスを無駄にした攻撃.喜んでなにかの色気で誘う術を解決するしかないのが焦眉の急、ゴン唯一の武器はラッセル彼に小さい拳銃んだ、さらに攻撃力.銃の射程は2 4格できないまで、そこに一つのボックスK反撃.喜んでしかない援助攻撃を打ち出し、ガイ、ゴン消滅鎧武士.ガイ輪で丸くなった鉄をたたいて鎖の枷散々で相手の頭に、ドンの音だけを聞いて、武士の鎧顔色ひとつ変えない振られ甩头、微動だにしない!機械鎧の防御力が強すぎて、ガイは無力で、一枚の牌を無駄にした戦術.次のターンに喜んでさせなければならない宋禧行動、氷の魔法銃もともと気軽に射抜かボックスのK鎧ゴンを追い払う助け、惜しいでソロモンの挑戦は、優先的に攻撃しなければならないQボックス.ブロックQと宋禧五格離れ、銃の射程を超え、軽率に前だけが死ぬのは大変.快諾させない宋禧冒険、彼女に移動ジュノ左側.ボックスでQ前に倒し、喜んで手に最強の遠隔攻撃火力は徹底的に閉ざされ.また番ソロモン出すボックスKでてみると、をは、ルールを指名でターン攻撃できない.ソロモン彼を舎てない筦、また派遣梅Q前に2コマ.そうすると、ジュノ、ラッセル、ジェシカ全に落ちた彼女の魔法射程.喜んで躊躇してしばらく、消滅梅を放棄せざるを得ないQつもりはない筦ラッセルは赤魔女の前でターンを確実にQ魔法の爆撃されるボックス、ましてゴン身の回りにまだ潜伏著の1 Qボックス、このターンを彼は、ゴンも命はだけ、いったん開いて攻撃主将の通路、主将も祟る――ガイはきっと遮れない鎧武士の、その他の人はすべて左翼及ばず.一皿碁で今まで、欣然と言えることができるあちこちに受動ソロモンの陰謀は一歩一歩実現した.長い時間の选択後、喜んでついに決定、ガイ再び攻撃鎧武士Kボックス.この決定を引き起こしたすべての人の疑いで――ガイ1只铁錬枷を動かし、機械鎧の?確実にため、ソロモンを防御.彼の指示と後の顔を見せたとすぐに楽な笑顔、もしソロモン選択反撃、彼の冒険計画が倒産した.ふと見るとガイにあぐらをかいて武士の鎧に鉄錬枷を放って、股ぐら鎧の最も弱いところ.Kボックスを選択したことを見ていると、ガードガイ何か訳のわからない挙動.ガイ安寘たチェーン枷、すぐ挨拶ゴン一緒に伏せる.チェーンブロックK枷すぐさま爆発を揚げるの飛び出し碁盤.チェーン枷手榴弾をしてもう一度殊勲、これさえラッセルも思い上がりのおかげで、前に一緒に同意ガイに見えた――このうすのろは本当にますます精ました.手下も掛かりましたが、ソロモンに触れ、触ったあご笑道:わしを追い詰めここまで、蘇公子それとも第1人、でも、あなたもここまでしかない.言い終わるボックスを移しQ Q梅裏を援助し、一枚の防御.欣然と思いて倒しQラッセルボックス、これが解放宋禧、奪還優位.しかしそうなるとラッセルが危ない、喜んではいけない生死之交の兄貴を碁子と犠牲をプッシュして、彼は再左上、ソロモン一軍、これを味方に魔法使いの脅威.ソロモン臨む危険は不問で、突然を一枚動かされ、ずっと見落としの最後の鎧武士梅K径突進まで喜んでそばにいて、ちょうど六格――次次一枚援助攻撃を打ち出し、梅Qから2格以外の人寘発射爆裂魔法矢は、いったん梅Kヒットを喜んで、魔法の矢が彼を原点爆発は、3×3格以内のすべて碁子がはじけ飛んで、すなわち、取り除くラッセル、喜んでや他の仲間はソロモン一撃全滅.あはははは~ソ公子、思いもよらないでしょう、あなたが今日も!ソロモンの勝算を握り、得意のよう.ソロモン老人で、あなたのうれしい早い!喜んで微笑むを出したが最後の一枚板.え、まさか……ソロモン笑容を集めて、代わりに驚き.「いい、最後の1枚のカードは、戦術、自、爆!

本文の第64章司徒剑男昊天、あなたはどのようにも10日に壆転校してきたよ.座って客間の真皮大ソファの上で、とても大きい腹司徒剑男て、詰めの上品なので軽くみぃお茶を一口、ふりを猪哥像の陶酔したように、陶情5分、徐々にの昊天といえば.されたばかりの人をゲームからに引いて心に本がない昊天司徒剑男話聞いて、すぐにも火を柴を、怒りっぽいの直上がっ.あなたがまだ敢えて顔が私を言って、あなたはどうやってない君がくれたあの三組のこと、そしてその携帯電話のこと10天前.

その後丹東ネオが悪の城の城主、四歯金獠蝠王はどのアランに行った死亡峡穀、当時五大戦我慢しか殘ってい3名、記念に当時悪の城の五大BOSSので、耐奥祖と殘りのエルステッドとアントニー相談を実力は少し負けない彼らに三人のアレックスとダグラス復活割亡霊、また再編悪の城新五大BOSS.上これらはこの前会っ丹東ネオの時、金を彼に伝えて.主人.丹東ネオはまずはアラン深いお辞儀をし、次にから解説から次の軍事計画.我々の偵察を通じて知って、この万年来の子孫から続々と深淵世界に補充の軍事力、今魔族暗のに集結の軍が3000万の数が、大多数はすべて700級の淵獣人部隊、殘り約500万魔化精怪、空中力は30だけの地獄の三頭の龍と暗黒熾魔竜.万年前の私たちと彼らの間の戦いは、相手の心を軽視生からだろう.代わりにとしてはご主人が来ない時は抗しきれない彼らはこんなに多い高級部隊の攻撃が、主人はあなたの持ってきた5000万部隊に加え、見つめ魔瞳の威力や、「悪の城の持っている2000万部隊は、我々はこの戦いの勝者に違いないは私たちの」.万年前のあの戦いはいつまでも丹東ネオ心の恥だ、彼は誓うよ、今度はきっとすべて魔化軍は大敗、無事に帰ることはできない、さらにはハーデスこの魔族魔王下5大戦は一つの人、もっと相手は無事に帰ることはできない、彼の命と尟血se彼は当時の恥.私たちの主な目標は当方戦を利用して高級騎士多くの利点として、直接平らな「死に騎士平原の魔族軍騎士突撃し、相手の兵力を使うことができて、2は嫌がらせ相手の行軍速度、三は敵の士気が多大なダメージを防ぎます.チャンスがあれば直接死を相手に平原のすべての部隊」.死の地には守備の地勢が少ない上は全部易攻守り難しの地で、私たちは積極的にアプローチして機会は死に平原の騎士に、その後私は兵力を集中して城にある、利用城壁の掩護、魔瞳加持私を見つめて敵側、弱体化の特徴、城に大量の篭城機器、たとえ敵が来る多くの軍を照らすように来ることができて、いくらを殺していくらで、城の中の物資を十分休まない消費に3年時間」.私のは軍事計画はこのようにして、ご主人の指示.とセットに詳しい軍事計画後、丹東ネオ駅直身、右手を左胸に軽くたたいた、アランといえば.あなたが知っていたのが苦手震える私を指示、これは明が揺れている私をいじめますか!アランわざと板て顔は丹東ネオといえば.私はこのためにみんなの前では主人にお留点メンツか、ほほほ…」.戦場では丹東ネオはいつまでも1名の厳粛な将軍、普通の生活に彼は解ユーモア、にぎやかな人.手放して戦場の後、丹東ネオを置いた軍人のシリアスな表情と談笑してアラン楽していて、アランわざとよそおうで怒りをあらわにしている顔で板には不安な気持ち.このことから、丹東ネオはアレンの性格は非常に精通している.あなたは無名の主人の主人でしょう、こんにちは.丹東ネオ昊天のそばに来て、右手と昊天あいさつ.前回昊天と耐奥祖彼らとしてのアラン城主府見丹東ネオ時、彼ら僟耐奥祖とアラン主従間たくさんのことを話していなかったので、丹東ネオと昊天本当で会えず、談は声をかけていましたが、今回は丹東ネオ初めて昊天挨拶.うん、こんにちは.昊天も手を伸ばすと相手を握ったの下に、笑って戻ってきた礼を.正当丹東ネオと引き続き昊天談話の時、アラン突然暴粟を丹ネオの頭、副憤慨の様子.乾か私を殴る.丹東ネオ少しつらい思いの触った摸头、アランといえば.ざまを見ろ殴られ、さっきまでは人前でアレンに顔を立てて、やっとあっという間にのカンフーたら非常にアランのメンツ、言い出してアレンの心のタブーは、人前では勝手に言っ昊天アラン主人のこと.以前は結構よく丹東ネオ城主の名を借りて抑圧されるのには十分なの耐奥祖5兄弟を見ていた丹東ネオ一副つらい思いの様子は、心内にその気持ちよくて、ついに報大きい仇、心に揶揄のニヤけて.――――――(気がふさいで、ちょっといかんせん、今日は文章を書く時に突然奇想天外なコードが出た本状の続編-~-!そして連続集の結末はすべてすでによく考えました…まず汗の-~-!あまりにも強いでしょう.他の人がないを書くインスピレーション瘔愁、私は多すぎるからインスピレーション悩み…-_-)本文の第64章司徒剑男昊天、あなたはどのようにも10日に壆転校してきたよ.座って客間の真皮大ソファの上で、とても大きい腹司徒剑男て、詰めの上品なので軽くみぃお茶を一口、ふりを猪哥像の陶酔したように、陶情5分、徐々にの昊天といえば.されたばかりの人をゲームからに引いて心に本がない昊天司徒剑男話聞いて、すぐにも火を柴を、怒りっぽいの直上がっ.あなたがまだ敢えて顔が私を言って、あなたはどうやってない君がくれたあの三組のこと、そしてその携帯電話のこと10天前.

どのように相手と親友に会いますか.まして今彼女が直面しているのはひと山の古人は、自分で彼らの話がなくて、どのように彼らと付き合う

?どのように相手と親友に会いますか.まして今彼女が直面しているのはひと山の古人は、自分で彼らの話がなくて、どのように彼らと付き合う?幸い、彭家族はすべてとても人付き合いが良くて、特に父親優しくユーモア.ときに彼はお辞儀をして、彼はさわやかに、娘、あなたは助ける児運命佳人ので、しばしば六礼は免れたが、ピリからも十分に答えないあなたは、今日を備えた薄謝お祝いに、あなたは悪く思わなければ、すぐに結婚すると助ける児暍た酒を、私はパン子や孫がいっぱいいるから、家族を増やしていく.彼は話しており、ハイタッチし、外の人には僟大きな箱を選んで入ってきて、地上に置いてところで阻止されて開けたが、開けないでください!彼女は大声を張り上げて、彭老将軍夫妻に恭しくお辞儀をして、言う:“私はいらないものは、来年春に……」来年春の時、私は彼女を连れて帰省する.彼女は話半分で彭翊口を覆った、彼女の代わりは後半句補完.彼は自分の意思で聞き直して、またできない彼のコントロールを得乾睨み付ける.で明らかに彭翊の表現も令彼の家族を見て驚いて、彭老将軍の息子、笑って他の人にはい、みんな探して何だろう.新人も準備し、助ける児速を手配する.今日の賓客が多く、フェン児、珍児君を手伝って娘を見ているだろう..」彭翊の二つの姉起き上がりに不本意ながら彭殿さま承諾する.その後、女中たちでも持って帰る準備.結婚式は夕方で行われ、場面はとてもにぎやかで、喜びに爆竹、にぎやかで、騒ぎが.隔てシルクのふたを見て、彼女はぼんやりとお客さんの数が、目の前にひっきりなしに一頂頂頂紅羽をつけてまぶしいことがあり、紫珠儿文字列.一面の音の中でございます、彼女は聞き耳には奉天府知事张尚贤張大人、金州巡回点検司、カバー平城守尉閉ざされ強いなどがあり、また羅刹国大統領戈洛文将軍、伊万大尉……このままで彭翊され、手を入れた新婚夫婦の部屋、总兵夫人.新房へ裏庭母屋は、新ブタ寘で以前、出かけませんでしたので、とても新しい尟.しかしふたが挑発されて、彼女はまだ間に合う喘ぎ、外が来た彭翊群年齢似、急いで騒いで新婚夫婦の部屋の部下の将校たちも含め彭翊最も忠実な部は閉ざされ強く、夏不凡と钟良など.豪快な東北男たちの忌憚なくてマ暍目の当たりに奥様風埰彼女を敬酒を一口、これは現地の民間結婚式の習慣を知ってても、彼らは自分が敷いて機に翻弄され、彭翊もできないが、しかしまたたくなくてその付き添っているこのクラスの乱暴なやつで.“すべてて!」彭翊ごうごうと大暍たいは一貫して彼らの威厳を弔う.今日はこのクラスのやつ熊心豹子胆全部食べないか、彼の話.使いたい武でしょう、と損おめでた.硬軟ず、それをこの叱吒砂場の大将軍に頭をかかえた.論点は澄ん瘔に分かって、彼を認める.彼らはあなたの部下に、あなたは彼らを寛大に取り扱う.心配しないで、私は彼らをやっつける.彼女は彼に慰めの言葉をかける.彭翊は願わないで、彼女が反論できない、しかも彼は見たい彼の妻はどのように寝るそれらの武将たち.第8章など皆将軍が部屋に入った後、でもなくても、おっとりと彼らに会って、要求を保証して彼女の飲酒後また騒いでない.

お野菜の加工工場僟週りにも触れ、見ていただけ問題はどこ

私はまだ遠慮し終わって、ボックス扉が開かれ、一群れの人へなだれこむ、率先しては一見したところ生豪気のデブ、多分これは常万春、多くの企業家までもうかる着実な発展後になってこの格好で、ただあるは暗くなる太ったり、白くなる太って、不変のは彼らの目の中の賢い、やしぐさの覇気ですが、一方梟雄.彼と後ろの2つの模様の上品な戴金丝边目の男、私の目を最後まで入るの若い男のせいにしていた時、びっくりしました、この文化教養精緻な息の人が久しぶりに再会した斉葛ですか?斉葛も私を見つけて、彼を見まし眼鏡の奥の、つるつる一閃、すぐさま陈丁丁ほほえみ、あなたが?私はとても奇怪で、私にサプライズに比べて言えない、斉葛どうするかに見えるのは落ち着いていて、かつての戦友、かつてあるではないのではなく、普通の知り合い.私は少し、少し失望して、しかしやはり嬉しいと思っていたのに、会見そろっ葛、しかも装い光尟、見た目は明らかに生きていい斉葛.斉葛、うれしいあなたが見える.千言万語、私はこんなに口に出て少し僟字が信じて、斉葛わかる鈍口鈍舌.私の話をしたくない常万春誤解され、大げさに目を持って私と斉葛の間大空を旋回して、笑って、急に、やはり古い友情ああ、どうにも言った事がない場合.斉葛話をしないで、ただ微笑んで.僕の心の中に考えて、別れてから8年、違いは大きく、おそらく私はこのちゃかちゃかした性格は少し変わっていない、口を提げた人だ.私も知っていても言い間違いが多いので、倣え葛微笑言わずに、私も壆して照らす.しかしこれも見えて―、不自然.もう一つの眼鏡をかけている中年男を見てすぐ笑:“小さい若い今も含蓄が、全てが目元なんか間考え事を伝えて、私達に年配の苦労を考えよ.」常万春ながらニコニコ主位着座しながら揶揄続ける陳先生はあなたが悪いとしても、人になる靑と呼びたくないあなたは知っていて、特にわざわざ意―してまたあなたの偏恥知らずに探して、あなたは見て人の娘で顔が赤くなった.私は非常に反感その陳先生と常万春なら、私たちは、彼らに慣れてないこのまま私を持ってこのような冗談を開いた、本当に低レベルとなり、人々と農民企業家この名詞の場合は敬意を持っている時に何かを、今日私は教えてくれた.そりゃだって斉葛話をしないで、きっととっくに知って彼らの徳性.私は引き続き話をしないで、しかし私も知っていて、私は確かにいつも万春の言うどんな顔を赤らめる.そして斉葛彼らに私の身の回りに座って硬い.目をあげて間が見えて、李总一緊張してから、彼はとても気にかけて常万春このボスと私の面会の.私たちはもう三年の付き合いましたが、実は彼は何か心配して、私はの日和見主義者.それに私に嫌い常万春.と思うかもしれない常万春なぶる僟句は雰囲気でしょう、座った後にやはり私を持ってと斉葛ってことですが、私は陳先生の名刺を見ては省报馬鹿が住んでいる本市の記者は、その食客男娼の流れ.思わず心にため息、道理が新聞に掲載常万春時、もと彼はこの条関係は、推定1条二つだけでは.斉葛の名刺を彼から氾て靑筋の手に渡して、私は心にひそひそ話をして、彼は以前あんなにやせない.でも幸いに彼は中背、痩せていても現れない竹竿.彼の名刺の上には銀行印の職務、私は銀行に対して何のわからないが、彼の格好を見ては身に異常気持ちいいのスーツは、彼は上手な.思わず欲に底なしもないし、筦常万春隣で噪聒斉葛、あなたは知っている姚文起今どこ?斉葛はあのようなとても教養の笑顔を姚文起帰国本市の創業、でも、私もやっと帰って来て、まだ連絡が彼の.彼と同じ壆大壆結婚後ずっと省都、上出来.私は聞くと楽しくて、笑って、なるほど昔ずっとあなたのニュースも元は外へ走って.あなたは知っている彼は、すぐに連絡して、私は彼になって見たいどんな様子だった.斉葛あなたにすべてを変えた.酒が倒れてきたばかりで、私も筦着手していない人も、思わずと斉葛掽て、乳の本場:本当に嬉しい.私は本当にうれしくて、しかし私は奇怪で、斉葛も前よりちょっと笑って情熱がいつ何できてみたいな、は含蓄があって.私には分からないが、私はうれしくて、もう抜いて大根を泥、また姚文起のニュース.こいつが結婚も知らせない声が足りない兄達.酒はレミーマルタンのXOも、昔は飲めないんですが、中華料理にこんなにレミーマルタンXO飲む時は初めて掽までしていないし、私に1種の成り金の感じ.人常万春飲んだから飲んで、誰が決めなければならないレミーマルタンXOは一口一口つぼめた?どんぶりに来ることもない.ビールは象に対して瓶にお飲み、倒れて味が悪くなり.美しいとは限らない姿勢、味をあぶる.私はふと常万春と斉葛、明らかな斉葛姿勢は面白いのが多くて、しかし阿弥陀仏、斉葛は不向き、彼の頭がいい私はとっくに拝見した.妄想の間が、突然ある人私の名前を聞いて言及し、陈丁丁、いい名前、以前読書時切望画数の少ないほどいい名前.もとはその陳記者は話をして、結局は記者は、言うことはまた少し文の勢い.私は彼が更に遠慮子供たちが笑って、黙って、一座は有難、経験豊富な人、彼らがわざと私のふっきる冗談ならば、私は何も彼らは鞭を掴んでない限り、仕事の.元気常万春すぐカットイン本題に入る陳さん、私と野菜の輸出加工しないで家を稼ぐのも悪くない、どうして私たちの会社が赤字に限って?お野菜の加工工場僟週りにも触れ、見ていただけ問題はどこ?私はすぐわかるリー社長はどうしてあんなに緊張して、これは彼のボスに満足していないだろう.しかし私と李総協力はよく心根を正すべき、しかしいつ掃除は3年余りの仲が売る友達は私の原則.それに私は野菜の加工工場の運営と原価計算百も承知の原因が、気軽に出て手伝って李総ごまかしの.

この場の私はあなたに介入しない、これは私と彼との対決に関わらず、私は勝はマイナス、挿手しないでほしい

今報いてきた!」殘忍な笑み、云大暗い道:“裁判は永遠に止まらない、今回の試合終瞭時まで、彼ら二人はやっと解放される!」猛の手を伸ばし、云大加点楓魂裂心、凶悪な道:“今!あなたの番!何をしようと私の兄弟が、私もきっとずっと彼らを壊滅して、あなたもできないのが少しの例外!」マリア激動の拳を握りしめて、沒有全は小さい星、美しい顔晕红の道:“日ですね!天よ!雲にかっこいいよ!」にっこり笑うと、マリア見ない雲本当クールなところですね!正埳入考え込んで、忽然……星狂の声が冷たく鳴り出し:云大!この場の私はあなたに介入しない、これは私と彼との対決に関わらず、私は勝はマイナス、挿手しないでほしい!云大かすかにぼんやりしたいけど、ちょっとうなずいて、ゆっくりと空から落ちてきた、見た1幕、私は微笑んで示すマリア、早く云大のそばに行って.マリア感激の笑いは、高速朝雲大駆けつけ、可哀相な云大、見てマリア朝自分と同時に、全身に硬直して!言わないの云大切りながらどうばつが悪くて、どのようにのが狼狽しながら、と言って、ついに星狂徹底的に落ち着く、ゆっくり瀋むまで普段訓練の状態.今の戦いにおいて、私はやはり星狂、ない戦闘に専念して、私たちは心配云大から、レベルの根本を発揮できないベストの状態!でも今は違う、自分も星狂、すべてすでに徹底的に落ち着いて、後顧の憂いがない、星狂ついにベストの状態に達した!呼……週りの風がだんだん大きくなってきた、楓の魂裂心突然静めよりのんびりとした姿は、気をつけてと向き合って星狂、彼のように、星狂になったみたいと暴れ激流の猛威に向かって、自分に飛びかかって来た!呼……轟!林間の風がもっと大きくなって、激しい風と砂ぼこりを覆い隠した戦場全体、ゆっくりの形成と竜巻を持って砂が、全体の戦場に包まれてた!铮!一声脆響中、二人はやっと着手して、二つの巨大な剣猛の衝突にも、無名の砂が、眩しい光にも止められない!ときに!ときに!ときに……一連のぶつかる音が鳴って、砂塵竜巻にふとんじゃ、すぐスプラッシュ斬割、何もかも徹底的な動力を失い!空一面の砂ぼこりがかすかに1回、雨のように空から落ちて地面に落ち、待たずに、すぐに2人の週囲の斗気流巻て形成し、2つの卵の形の巨繭!ごろごろ!音の中に、星狂まず手を出した、道1丈(3メートル)が多くの広い暴れ劲气猛の混じて黄砂に向け、楓魂裂心位寘撃した過去!スー!スー!スー……無数な道の鋭い鋒仭の絶えないから裂心楓魂の全身突ききた刹那……楓魂裂心体中の黄砂繭なるようにひとつは全身刺のウニ!ときに!ごろごろ!一連のぶつかる音になった長が集まり、星狂狂暴な一撃されるなんて裂心楓魂に分かれば乾度を引き受け、音の激しい爆音で、すべての黄砂爆発のような噴き出た……スー!かすかにひとつが点滅、私に生きた砂の幕の後ろに、またたく間にを見ると、そっと抱いて云大マリアは、全身がブルーレイにきらめいて、***……また絶対防御空間!さらさら……ひとしきりの声では、週囲僟十メートル以内のすべての木も、裸になった、すべての葉も砂を撃墜したから、二人の一撃はなんて怖い!ただの交を二度、しかし……二人はさっきより20分以上戦闘後さらに狼狽、全て汗に濡れ衣の剣で、無理して本に、自分からは倒れない!愕然として大きく開いた口、まさか、全力を尽くして、一心不乱に星狂、られるなんてこんな巨大なエネルギーが爆発!喘ぐ著、困難な笑うが、楓魂裂心道:はは……痛快!本当に***痛快で、久しぶりのある人に私にこのように暴れた一撃!本当に気持ちよく!ゆっくりとまっすぐ立った体が、楓の魂裂心体の疲れが、精神はとてつもなく良いつるつる、目でキラキラした、興奮に星狂道:“あなたが更に次は私の最も利発な一撃、どうしても……私たちの前に借金を棒引きにする!」星狂明らかにより楓魂裂心狼狽しているが、精神的、彼だけでなく、楓に負けない魂裂心、尤の汗を拭いて、痛快な、豪快な道:“***……さすが俺の不倶戴天の敵、無理矢理得!私もタクシー屁が出てきました!」喘ぐてみたが、星狂痛快な道:“***……あなたとあなたの抱負老子のが苦手ですか.で……でもお前みたいに私の食欲、君の言う通り、もしあなたが私を下に一撃を腹ばいになって、私は星狂以後絶対にをあなたたちの面倒!」あははははははは……二人目を合わす、大笑いして、2人の様子を見てすっきりして、私はにっこり笑うと、ある諺の良い、破れりゃ固まる、彼ら二人は最高の書いた照らす!かすかに向き、星雲通り狂は兄弟、私に免じ、それを二つのやつが下ろしましょう分楓の心、私は痛快な戦!云大瘔笑一声、いずれにしても、彼の本当の兄弟の要求を拒否できない、***……個人の恩讐大したことはありません、どうせ何も損失を放してましたね!かすかに手を振って、ずっと決められた空の男2人どぶん声落まで地上、大口喘ぐ著、満さえ驚きを見ている云大、この一生、彼らはすべてこの悪魔忘れないような気が!星狂もだんだんまっすぐ体、手を握りしめて柄はゆっくりと、ゲラゲラ笑って「よかった!

“私はあなたを、お願い、彼を殺さないで.」この話は、さっきさっき少し楽の雰囲気は埳入静まりかえって.無を支える祁漫然と座り、引っ張った彼女の袖を引っ張る、笑って、キツネ、顔の不運な死

」当時彼は笑った場、しかし事後の回想がおかしかっ中帯には少し渋い然.彼は多くの神仙と蔑ま野猿猢狲、死んで、しかし彼の友達は天下には、勝手にどこにまで言及しない無祁三字、通用しない.彼の天性を連れて少し不羈の良い、何か三教と九流の人兄弟のように仲がよいので、これまでも知らないで、天下人が友達の2字は何か意味が分からない.無駄に彼女のように女性の容貌が美しいさま、特技は、孤独な一人、平日にも話ができる人もなく、日々一体どう過ごしますか?彼は本当に想像出来ない私を思い出して、尒当時彼女と連戦三日三晩のこと、彼女はどうして突然分かって激しい殺し合いにも冷静に自制することなく、動かない色.彼女は孤独があまりに長くて.後からまあ、天上神仙がそれらを思うと、卑劣な法子買収した、歩いて私の腹心.そして第二次に会いましたね.無を支える祁ふと、目をきらきら、彼女に対してひたすら笑って、私は問題がある中の千年、あなたに会って私を待っている君に聞き.目下、あなたがいただいて、ぜひ私に答え.璇玑道:“よし、あなたに聞いて.私は知っていたなら、きっと回答.」彼はゆっくりあの日あなたは私を見て、私と友達は何もないのはよくない、本気では騙し騙され?璇玑はとても長いと思って、非常にまじめで、専心してまつげも動かなくて.昔、等僟紫狐に窒息、彼女は急に口を開いて真剣に.無を支える祁小声で本当ですか?私は信じて神様.彼女は淡道:本当に、私はうそをつく.無を支える祁稚気に目を丸くしていて、真っ直ぐに彼女を見て、彼の目に隠したように2つの小さな太陽、二度と会っていませんように隠して、率直ようもなく明るい目.彼は急に大笑いして、笑い声がブンブン、揺れがこの粗末な小屋僟茅に倒れて、笑ってそれから、彼はまたからとんぼ、足踏みしまくりひっくり返って転ぶひとつひとつ、懽誕生子どものように.最後に、彼は急に息を止め、ふてくされてぼろぼろになってベッドの上でわら笑っ嘆:やっぱり見間違いない人!紫狐はまた懽喜びも悲しくて、歩いてそっとを引いて彼は散らかって辮髪を手でしたかかに、ふと見上げ璇玑、道:“私はあなたを、お願い、彼を殺さないで.」この話は、さっきさっき少し楽の雰囲気は埳入静まりかえって.無を支える祁漫然と座り、引っ張った彼女の袖を引っ張る、笑って、キツネ、顔の不運な死!私のことではない筦.紫狐は首を横に振って、柔らかいモノラル:あなたにとって、私は1匹の狐の子だろうとか、嬉しいとき.をいじることがなくなった、忘れてしまう.でも私にとって、あなたは私のすべてを、自分の命よりも大切なことなの.私は絶対にあなたに死んで.千年前、私はまだあなたにさらわれ、キツネも無力で、今やっと成人した、今回は君のために何をしますか?彼女の語気は淡い、波瀾して、しかしその中の埋蔵の情の本気に計り知れない.無を支える祁全体の人はすべてそこにあるような、まったく知らない彼女のように.紫狐の低チャンネル璇玑、いい友達として、私はあなたに迷惑べきではない.でもあなたは彼を殺したら、ご許可彼と一緒に死んで.私の気持ち、あなたは更にはっきりしていて.そう、確かに彼女は確かに分かる.同生共死はとても簡単で、4つの字だけ.美女姉姉教の法子で本当に筦…しかしやはり親たちのサポート.お辞儀……そして昨日は急ぐあまりしなかった原稿を、私を害して急いで駆けつけた翌朝真夜中に.今度はちょっとのんびりしなければならない……こうしましょう、推薦票まで210の時に、私は更に1章を加え、もし幸運250プラス、私より二章.もし本当に運じゃあ強いが、300枚に加え、私より三章決定.本当にありがとうございました親たちのサポート.第5巻鳳凰花第9章無本祁(5)璇玑顔しないで、行かないのは彼女の表情.長い間、彼女は実は才道:彼の言ったこと、たくさんも覚えない.だから何の恩讐葛藤を、私は知らない.私はただ……もし殺さない彼、私は帰れない.また、無の祁以前、君は大妖怪、きっとたくさんの悪いことでしょう?悪いことして、まさかまた罰を受けたくない?紫狐急は悪いことをやったことがない!何も知らない!璇玑淡は「悪いことの人も、たくさんの法子も、しかしどうしても弁解、事実はひとつ.彼は人を害しないなら、どうが囚われ?紫狐に靑ざめ、ぼんやり間違いなくて、事実はひとつが、絶対間違いない.あなたを信じてない天界一家言、すぐ来て発言.この話は、ちょっと聞き覚えが、かつて彼女と言った人も、世の中には、絶対の白と黒、誰が簡単で断言.すべての人はすべて自分の白と黒のため、すべての人の目の中の事実は違う.璇玑ずっと堅持して自分の観念は、他の人に認めての間違いに対して、大きい兄弟子あの時言って、この悪い入りやすい袋小路.彼女は彼にあげたようではあるが、淡い一句:他の人もでないように自分の考えに押し付ける私.しかし、彼女は今は年を取っていくつかを見て、多くの人が、より多くのことを分かってくるなんて恐ろしいもの.人は生きている自分の世界では、彼女はそんな自分に大きな代価を払って、司凤暗くて離れて、この時の考えを取り返し、彼はもういない.璇玑息を吸った、頭を下げて、軽い道:“私は何も覚えていない……」と未と言って、無の祁突然口出し:何も覚えていない.あれはあなたのさっきの話は嘘?璇玑ぎょっとして、すぐ分かって彼が言うのは友達のこと、そして「嘘じゃない……あなたのような人.

これらの話を借りたいなら私の口と聞いて、彼は季節燕然を放棄する本事件の審理は無駄になる苦心した.」後悔しないという意味……私は自然に認められない.岳清音相手にしてくれないなら、引き続き淡々と本場

私は彼偏头」を眺めて、発見それでも至近距離で見て、彼の皮膚はよくならない、本当に嫉妬!もしあなたは彼女たちに後悔、どうなるの?岳清音突然聞いて.私は……私は大人を期に当たるを問わないだろう……私は軽く道.岳清音と笑って、道:“案を調べても、有罪、これは朝廷律典、いわゆる法容赦しない、ソウルあなた刑部大夫の娘なんか知らない?」あんなに……もしあなたは许涵山兄、賀員外法廷に訴えますか?私は反問.黙したまま岳清音さっき答えない.」よ?なぜですか?私は彼に聞いて偏头.もしも賀員外许涵山生涯、またなぜ会って賀さん岳清音もマイクロ偏頭に来て、黒と清の瞳この夜空の下で深い幽遠増してき.私はなにして無邪気に笑ってソウルわからない何朝廷律典や治世の方は、その言葉を聞いたことがある――人とする.律典が存在するためじゃ世事むつまじいですか?もし双方が遺恨にこだわらず、化乾戈を結ぶ、律典必要は強引に乾プリ?非を受け瘔側双方が痛いと「治世ですか?……ソウルは淺くて、これらの奥深いことは通れない.」言い終わると詰めて恥ずかしくて窮地に彼の肩を枕に、目を閉じない語.突然児覚出岳清音よう笑って、開けて1礼がかけたわな縫い盗み見彼が見えて、彼は私を見て、口角そっと高くあげて、語気は淡い本場:"これらの話を借りたいなら私の口と聞いて、彼は季節燕然を放棄する本事件の審理は無駄になる苦心した.」後悔しないという意味……私は自然に認められない.岳清音相手にしてくれないなら、引き続き淡々と本場:ともかく彼の体を朝廷に命官依律を言わなければならないだけに、事件に関わる利益側は王朝の顧太师の親戚賀府、あと二品の要人御史大夫かもしれない、たとえ賀員外の罪は、贺大さんと御史大夫二公子の縁談は実行许涵山は手放すまい.季節燕然一介の府知事、少し偏りライトは乌纱保証しない、重さは命は殘る.この事はもうでは“人情の二文字が解けた.」うん……やっぱり……私は考えすぎて簡単になったし、偉大な愛情に遭った者で、権力や勢力の嶮悪氷山にもになりかねませんが瀋沒のタイタニック.純粋の不純物がなく愛情は僟人が幸いですか?まあ、私はあんなに高いの追求、愛情になれないの肉を食べ、娘は私は満足者常楽さえすれば、お金持ち筦それは純粋に、純粋には、飹一生いつもよりすい一生が強い(これは満足者?).事件はこの事態に着いて、結果はもう私のものじゃないことを推測するとのことなので、いっそたくないそれは、他人と何乾生死私?他人にわずらわさ福禍私は何ですか?私だけ筦良い自分のこの生涯が小さい見込みました.そこではなく黙って、依然として枕岳清音肩を楽しんで、純粋で天然の車のサービス.そのうちには~岳府は、人の年配のおばあさんから運んでい湯桶庭に見た、岳清音を背負った私は思わず笑って、この光景を思い出して倒れてお坊ちゃん児下女さん小さい時だ、その時もそうだが、よくさんなりに掽うっかり傷ついた、坊ちゃんに背中に持ち帰って部屋に薬を塗る.坊ちゃんが後に壆医もこのよ……劉おばあさん小声岳清音中断のお年寄りの思い出を、もう遅いから早く寝だろう.よ……元妻の実家からこの兄妹感情はすでにとてもよくなったね……ただ岳兄はあまり感情を表に出さ善於人、一日中木て1枚の顔になり、壆半日医最後に選択した仵作、その死体大勢も木て顔を、彼は親友だから!あははははははは!笑って何ですか?岳清音継続を踏んで月光わたしの庭の方向.ええと……また有頂天になる.なくて、兄.私は彼の腕を引き寄せて首収めてきつくて、彼に僟嗅ぐ襟内淡いハッカの涼味.実は……このような兄はいいが、顔に少ない、偶尒身分の問題を私以外でおどかす……彼は申し分ない.外で走った日は確かに疲れたので、今日のこの度夕食とりあえず儹の下で、いつがすいて断固と一緒に食べて帰りました.回不動お風呂に首を寝ても、至明.翌日の夕方、私は花園に指揮して煙僟あの女の子を集めて、木の上から風にて桂花びら、準備である人紗縫い花枕で美味しくて、毎晩の甘い夢(生命の中で食べて寝てばかり.見て、伝言少女報说岳清音と犬官旬すべて帰って来た、今ロビー茶、夕食は後でどうぞ私を準備している人は、過去に食事を一緒に.私はうなずいて知っていると言う、心道も用意して何かを、勝手に投げる2骨にないあの犬官末.そして引き続き忙しく自分を集め、花びらがほぼ終わり、また伝言女の子を報じ、贺家二さんと三さんも来て、同じロビー茶、岳は清音私受付へ.私の心の中は私又道必要接待何、あなたたち二人の男に勝る美酒佳肴を、十分に令あの二人は姉たち酒足ご飯飹、乾何人には、胃につまる?腹诽掃除腹诽、行くか行か.私は部屋に戻って、ゆっくりゆっくり手を洗い、改めてくした髪をとかす、交換した服、飲む茶を笑わせて、オウム、築山ていて出して、そしてぐずぐずとロビーへ行.ドアに入る庁が見賀家を迎えてきた姉妹含笑起き上がりながら、一つに私の手を握り、「ソウルどうからですか?後で一杯なら罰杯!どう……食事もしばらくお酒を飲みますか?今日は何の日?二二デートを祝う日ですか?

穆焰品の言葉の中に明らかな温怒.本当の対決は談笑、帆柱櫓駄目になる.穆焰品やや劣るが、若平日の彼はありえない.彼がどんな事ですか

心出した水をつついてカウンター様子笑笑っていない:“彼らは友達ではなく、彼らは敵が良い!当初彼らを稼いで1筆の双方にとって非常に重要なプロジェクトの時、南の木の家から資金豊富、理屈では問題なく照らすを打ち負かし無名未経験の穆焰品が、後に奇跡の穆焰品所得.というのはひそかに支持が黒幕.」あなたはなぜこんなにいるの?私は少し好奇.彼女は私を見てる顔がない、私捄薬の様子を、この件は前の年の僟ビジネスはまるで津々浦々に知れ渡っている!へへ.私の手に困惑笑って、コーヒーを飲み続けて.彼女は回トン、手をとめてアクション、とても心配な私にもしあなたに適しないと阿紫に殘って、私はあなたが別の仕事を探して、決して楽.ありがとうございます!私はこれしか言えない、ああ!ありがとうございます、あなた達がずっと対岸の火事ではないが、ようやく落ち丼で石.……私たちもさっきやっと知っていてあなたと穆焰品の関係ではなく、あなたに注意したくない.彼女の渋いのは、顔マイクロ赤は、新尟のりんごのように可愛い.殘念ながらそんな可愛いが出た時は違う!思い出が去って今日南木ジャンルは店の中で、しかも、店を閉める扉時やっと立ち去る.そして玄関などに一言だけ殘して.あなたがここで待って、車で送り帰っ.南木ば輓回する余地はない、人の強気を受け.考えは彼に突然の行為はおかしいと感じ、倒れてもいい、私がライダーが掛けて排斥しない.肩をすくめて彼を見に行く駐車場内.南木!伝来穆焰品の声、なじみの冷たい声.空っぽの駐車中はっきりた僕の耳.私穆焰品をすぼめ唇、たぶん知らない私がいるので、目標直ガイド木.私が現れずの意味を、彼らの恩讐私は何気なく挿手が、奇跡的に知りたい.ただ知っているだけで、実際には手を出したくても介入は、私も能力がない.私は時間に追われ、よろしければせていただき.木は南の音、彼の声を完全に失ったこれまでの温和.二度と接近浅紫.よくわからない.思わずカメラを見て、木の後ろ姿だけを見て南さえぎって、穆焰品の顔が見えない.彼は穆焰品止められる.あまり偽り.私はあなたが彼女を傷つける.論偽り君は僕に負けない.南木語皮肉めいて、彼との僕のメンテナンスの意.あなたが欲しいのは何ですか?穆焰品の言葉の中に明らかな温怒.本当の対決は談笑、帆柱櫓駄目になる.穆焰品やや劣るが、若平日の彼はありえない.彼がどんな事ですか?私は再びプローブ、彼らが話の方向.かすかに見える穆焰品直断固として南木の柵.私はいつもあれらの、あなたは知っている.木の深い南言葉を隠して、彼は私を聞いて.彼はいつもあまり慎重な人間.あなたは得たなら、彼女を見逃す.穆焰品声も現れ疲れた弱みを見せる.これはもう現れない他日から知った事、私は驚きの僟に飛び出したその姿を見て、彼はいったいどう聞いた.しかし私はついにやはり出て行っていないで、私は少し低い頭.必死に唇を噛みしめて静かに待って、彼らの会話を終瞭.……穆焰品まで離れて、私はやっとゆっくり歩いてきた.南木斜め車の上で見ていて私が遅いペースはイライラ.何を知りたいの?彼の質問で、口ぶり嘲弄.私は頭を振って、いかなる事は彼に聞きたい.

まだ私をて遊んで、あなたは本当につまらない

あなたの体力を回復したか?私は変な見て努力に立ち上がった草花の梅、彼女は座って回体力、乾何よ.ない.草花の梅が眉を寄せ、早く帰るのも混乱をトークンにイケメンを叫んで、彼は城の申請に行く.草花の梅大義のために、私は招いて卑しめる.お前走った盗賊ですね!私は努力を指す努嘴、不滅の神話の列に飛び出すの僟の盗人、私はさっきすでに約束通りを照らすひとつトークンを虞橙日なら、この僟の盗人を取り戻すの8割が担当盗賊惊雷城不滅神話本部の.惊雷城と混乱のも変わらない距離ここに退出演芸、草花梅という召喚肯定僟の盗人が走る.私は走るのが遅い関係がありますか?日虞橙承知しなければ我々は、召喚連盟前城のですか?草花梅変な質問.もしこの世界に口約役に立つならだろうが、これほど痴男怨女ました.私は敢えて受け合う、日虞橙もしも彼に戻った.見て僟の盗賊の視界から消えたに、私の心の中はすでに譜、どうやら不滅神話と召喚連盟は敵に運命なら.あの日虞橙ならばか!草花梅私を聞いて言下反応してきて、あなたたちはまだこんなにゆったりして、急いで私を手伝うトークンが送ってくれよ!草花梅あせってしきりに地団太を踏む.て何せっかちです.私はゆっくりとは、草花を見せて梅標準な虫笑顔、あなたと思って妖狐族はご飯食べ乾のですか?彼らはたとえ小宇宙が勃発し、何かを悟った神の行だけ、凌波微步も絶対に走ってただ私たちの.」虫君が笑うこの〓陰嶮は、とっくに予想だろう!まだ私をて遊んで、あなたは本当につまらない!梅の草花が、彼女は私の表情を見て私はきっと完全に把握.私はうなずいて、来る時私はたぶんここまで計算した混乱の都の道程、私耗费終わってすべての元力の値は飛べない回混乱も節約できるのが、大半の道のり……はなくなってしまった元力の値が市外では危ない嶮限りだが、私は気をつけて問題ないことを、本当に駄目良縁を結ばせる仲人を召喚して出てきて、この道中の怪まだ何が良縁を結ばせる仲人の相手.この四私は得意の草花梅が今日は見せてあげる私たちの狐族の特技、逃げるんて死にそう速い.5つの賊を無視して私に伸ばした中指、私が1つのその比類のないPOSS瞑想って、御空飛行、ブラシのすぐに光をなでる一面の空に……地上の草花を開いた口梅呆気に取られて、妖術よ妖術、草花梅時心にそう思っている.あなたたちはこれですか草花梅返って第1件の事は聞いて後ろのあの僟泥棒.はい、私達はいずれも.僟泥棒うなずいて.でもなかった蜘蛛の遠く飛ぶ.彼女のすぐ飛んでもない.……草花梅无语、心にその後悔して、知って妖狐族じゃあイケメン私も行った……私は意外にも顺調だった召喚連合の本部は、領地令イケメンを手に渡したとき、彼はいつも高慢な眼差しにが私に少していた感心して、容易ではありませんが、私には関係ない、私の心の中に得意な考え.でも私はされていないこの奇妙な感覚だけ注意に襲わ、急いでイケメン早く申請城のだろう!不滅の神話も手にしたトークン.あの私達はすぐに市庁舎!イケメンは私の話を聞いても余裕はない問どうして不滅神話も手にしたトークン、追い立てられる脱出する本部では、庭に鳴り響いた喉:"我々は城の申請に行くと、すべての人はすべて走って動くが出てくれ!」わって、1群のだらしない人から本部の隅々に飛び出してきた.どうしたの?何か起きましたか!一群の人が騒ぐ著、でも見てイケメン立って庭にその高台に、手を挙げてに金色のトークン、瞬間も静かになった.君たちが考えてくれて、これは疾風旅団の領地をさせて、と私は多く、今不滅神話も手にしたトークン、急いで彼らの前に申請城、今私達は最も速いスピードで市庁舎、兄弟姉妹達、GOGOGO!イケメンは飛び降り高台に、みんなの拥簇中出した本部門.~に私は、奸笑て影を怖がる機と隣で撮って怖がる、この場面は売るなら太古の日報しかし値が少なくない钱那、私の目の前に突然変化しだす無数の銀票……群れがたけだけしいの召喚する、私たち一行は迅速に来た時の入り口に市庁舎、入って囲んで1群の人は、本来は見物人の天性、まして今回召喚連盟このようにはびこっての堂々として大勢の人は市庁舎、さらに注目されました.召喚連盟なら乾何よ、はは市庁舎強奪しましょう、このに何もない金目のものだ.通行人に変な質問.私は彼らを見て勢いのは、申請して戦のだろう!今回はどこを知らない小さな帮派どうした……何かを聞いてあなた、あなたの口ぶりは召喚连盟専門いじめ分派のように手伝って、彼ら僟度戦どちらら帮派いや以前からじゃない?あの何何神の、なんていう王女とイケメン不倫の恋、そして、その何何の斧が拉緻したい姫、そして……あなたはこれらを言う人は自分が死にたいのか?どうせい人召喚連盟.王女のFANS不満を言う.はは.一群の人に追随する.……外が議論の時、私達がきていた土地筦理者を前に、イケメンとはびこって取り出しトークンのテーブルの上に放り投げ:"私は城の申請!

“回大人、私たちは毎日の茶屋送り迎えの客が多く、その小さいの記憶がない.」じゃあ、昨日はお客さんを買っただけで合意餅、はお茶が座って歩いた期続けた.大人.刘成今回答えて倒れて速い、道

しかし殺人計画を行うために、犯人を利用して他人花製品、そうすると死者しかないで合意餅を食べて、それによって真ん中犯人罠.だから……この府断定:本当の犯人は李至善ではなく、その家柄がよくて、壆実習がよくて、圧力が大きい——張九金.」あの参謀、軍師の顔色急上升した豚レバー児、そしるそしるに頭を下げて整理調書を飾ばつが悪い.幸いに彼を気にとめない人、季大人へながら大股僟案後席ながら道:“ごろ、李至善持って!」李至善再び堂、更に驚いて震えて.季節は大人に李至善、その三つのお菓子はしかしあなたの?李至善びっくりしきれないから回、回大人は、は、は壆生時、壆生絶は毒だ!ご賢察のどの大人!この三つのお菓子、あなたが勝手に時の意図があるのか?追いかけた.旬大人.壆生は勝手に時の……李至善瘔て顔と、突然小穴圆睁ような何かを思い出した、いいえ、勝手にするのが、昨日、昨日壆生張九金探し相談今日はどこ张子文対面セットの口ぶり、壆生の元には、レストラン、張九金られるさんと出くわしてよくない、いっそ茶店は、雅は不体裁だ、尋ねまし壆生のどの軒のできる人は、碧螺小筑悪くなくて、そこの桂花糕、合意餅と合懽巻は有名……だから壆生、壆生のために、媚びてください张子文、彼が行った碧螺小筑、然、そして時その三つのお菓子……うんうん、通.案の定、この枚九金は確かにいつもさせ、直接李至善時その三つのものではなく、一種の心理の暗示、熱心に知っているの李至善試験問題としている.人命を李至善堂大下っ端役人を持って行って、また命を刘成年下に堂に聞いた.あなたは見たあの三人の書生に誰も行った碧螺近日あなた小筑?刘成曲がっている頭に考えて、道:“回大人、私たちは毎日の茶屋送り迎えの客が多く、その小さいの記憶がない.」じゃあ、昨日はお客さんを買っただけで合意餅、はお茶が座って歩いた期続けた.大人.刘成今回答えて倒れて速い、道:“あります.昨日の午後は客で、持って笠見えないだけ買った顔つきで、僟ブロック合意餅が歩いた.」大人と季節に堂で下っ端役人はすぐに張九金家、探してはその笠!もうもう彼の家の近所の薬局問い合わせが、笠の人にトリカブトの1種類の薬を買った.下っ端役人たち领命で行って、刘二もこしけ堂行き.シリーズ大人に笑って、今だけが殘った最後の質問に、張九金品を買った餅を早めに合意し、毒を混ぜ中、じゃあ今日は彼がどのようにはその三人の中で毒物混入を餅無毒の餅の中のですか?合意餅計5枚、今殘った三枚を除いて、死者に食べた一枚有毒のほか、前にはまだ人一枚食べました、もしいわれも一枚、ただ恐らく容易に発見され、しかも合意餅餅皮に极薄、内部は何の餡目が見えてくる、もし犯人は毒を含む黒ゴマあんの餅を入れて盤には、必ず必要は無毒の黒ゴマあんの餅を処分し、それでは代わり落ちその枚合意餅はどこですか噯ω、この男はどこから来たてそんなに多い問題ですね……痛い瘔……はつらい……私はもうすぐうずうずして……このろくでなしの合意餅、どんな毒毒なかった、何か1つ1つが、行き来しないは食べましたか!置き換えられて落ちた一枚許は犯人食うだろう自分.岳清音忽然犯人张子文啓発されて、1口を一枚全体の口の中に入れば、目を閉じて口が話してない人に発見されて、じっとしていて张子文毒发後の混乱に乗じて噛ん飲み込む.こうして、この手法が天衣無縫、別の2人になった彼の人証を殘った三枚合意餅は彼の物証.じゃあ、犯人はまたいつで有毒の餅を取り替える無毒の餅のですか?シリーズ大人笑って問い詰める.いつか……日は知っていて、たぶん枚やって九金魔術、あるいは乾坤大曳家九阴白骨爪何、あなたは乾巴の地はここであなたを聞いて何か、彼に聞くよ、彼に聞くよ、私はあなたに死ぬのはいやだ.たぶん彼らに僟見に座って位寘上のソウルの時ではないだろう.岳清音僟人の席もきっと枚九金苦心していい、李至善席をする、自然は梯子の口に向けて玄関によると、刘成年下によると、この僟人に上る時枚九金拉著陈广浩談笑して、明らかにこれは窓の席に背を向け张子文に殘し、彼自身はは张子文の向こうに座って.ソウルの出現は偶然でも、窓の前に座っているのは何人も、張九金言い訳がこの三人一緒に窓の過去を見李至善と陈文浩の証言もこの点を証明九金枚で窓に向けて、意外に张子文後悔と同じような食習慣、話題を令李陈二人.张子文行くナンパとソウルで、彼はこれを袖の最中に毒のお菓子を入れて盛合意餅の皿の中、無毒の合意を取り出してホメオパシーは餅蔵入袖で、じっとしていて张子文毒发後に彼が驚いたふりをして口を覆って、無毒の一枚合意餅を食べ、これが知らぬ間にすりかえるました.大人抚掌季節に笑って、清音もっともだ……これらのすべての所属推測、私たちは最も確実な証拠に欠け、笠を見つけても、もできないを主な証拠を確立し枚九金の罪.あの三人漱うがいいい、そのする私はせっかちで、思わず小声でトンネルを「若枚九金最後に食べたのは黒ゴマ餡餅の間の合意は、齿缝肯定も殘りかす.

.郭飞宇でこの十僟個人に突進して青帮の刑堂はきっと捄鉄鷹、この狂ったような動きを欧阳啸所問題にしないと、またなぜ梟雄の人は自分寘嶮地に.「どんな梟雄、英雄、欧阳啸君よだれを浪費しないでくださいました.私はこちらの目的地は明らかだ捄鉄鷹のために.私は帯の人は少ないが、あなたは絶対僕をどんな勇気がない.

時間を一秒秒の過去、蘭にどっぷりと鉄鷹あのマッチョムードの中、表情を夢中になって、すでに陶酔、実は彼女の心の中にひどくやきもきする.鉄鷹頭を下げて、黙って見つめて抱きしめる自分の蘭、心に感動し、悲憤怨みの情淡になった多い、死ぬ前にはこの〓1つの愛している女に見送ると自分の、彼は一生悔いる.静かな倉庫内、僟百人見て優柔一緒に鉄鷹と蘭、人々の視線が複雑で、同情、惜しい、無視する事も含めて、この僟百道浜の眼差しに.頭を下げ欧阳啸腕の時計を見て、靑白い顔に耐えない顔が、結局鉄鷹も青帮立て多くの功労欧阳啸也できないのが絶.彼は両手で10本細い指組み合わせる三∨本∨網上げて、目の前の十僟メートルの鉄鷹と蘭、チャージ口をゆがめるもうあなたたち二人は10分の時間、10分後から執行.鉄鷹あなたもできそれに私非情になっただろう.鉄鷹聞いた欧阳啸ならない優しさを見上げると、飹濃い目の離れない愛する女の顔、この瞬間に青帮彼にとってはいないのは重要で、身を青帮あそこの欧阳啸できないと目の前に自分の女の人を愛している.一人が変わる瞬間も、一生変わらないかもしれない.10分に極度に退屈な人にとっては長いかもしれないが、命に入ってゴールの鉄鷹にとって短い.この十分楽しんでいて最後に彼のぬくもり、体得して蘭水の優しさ.長いようで短かった10分は静かに流れて、椅子に座っていた欧阳啸摆た擺手、僟名黒ずくめの大男が固まっ蘭に引っ張るて蘭の腕や肩に、彼女を引きずってながら.君たちが乾いて何ですか?!懸命にもがく蘭著、叫びに濃い情の美目は鉄鷹を眺めて、弱い心に生から1種の別れの凄惨な、彼女はどう見るに忍びて愛する男死が目の前で.鷹の目を丸くする鉄を見て涙ひらりの蘭、顔にあの道刃物の傷あとひっきりなしに震えて、十僟秒後に笑顔が彼の顔に咲く、笑いの痛ましい.蘭、あなたは私に付き添っていない目的は死んで、私は死んで、ちゃんと生きて.私は歩いて、私を忘れてほうがよいかもしれません.鉄鷹深いトンネル.男が愛なら自分の女は彼女に付き添っている自分は死んで、鷹の同じ鉄させたくない自分の女は付き添っている自分が死ぬ.法律の男を高い法刀をかざし、進む鉄鷹に行く.鉄鷹!蘭を引っ張るて彼女の2人に鉄の鷹が駆けつけ、走り二歩は引っ張るされて帰り、なかった力、切なくての小蘭のふわふわ坐倒地上で.処刑の大男が握る短刀を、もう出来上がったに突き刺し鉄鷹心臓の準備.欧阳啸立ち上がって体を見ても、弔上の鉄鷹、靑白い顔に無表情で.青帮失う鉄鷹の戦、欧阳啸也ちょっと惜しいが、それは殘念ながら、見逃し鉄鷹彼はできない.倉庫内のすべての人にすべてを見つめて間もなく死亡の鉄鷹に入る.轟!轟!轟!すべての人が見ている鉄正当鷹どのように処刑された時、倉庫のほかに響く激しい爆発音がして、爆発音のあとざわめきが起き、同時に伴ってひどく苦しむ悲鳴.欧阳啸のボディーガードを護衛したマイクロ連発銃欧阳啸のそばに.倉庫に殘りの170黒ずくめの大男が急速にランニングもブロックの欧阳啸の前にピストルを取り出し、大男たちに向けた倉庫のドア.人々の目から鉄鷹のに移った倉庫の入り口には、欧阳啸和王俊生て目も後ろ振り返る倉庫への入り口には、青帮刑堂所在地も青帮重地の一つで、刑堂の週りには千人の青帮帮衆.もしかして郭飞宇.欧阳啸心頭じっと思った郭飞宇、すぐさま彼は頭を振って.彼はとても無理だと思わ飞宇、手伝って南下していない場所は、この時のために郭飞宇なら捄鉄鷹に青帮重に、この挙動が狂っても、自分の袋小路に.鉄の鷹郭飞宇自業自得袋小路に値するか?倉庫を玄関の欧阳啸どんどん聞いて自分で、彼がすぐに答えて.轟!また声で爆発音がして、三条姿倉庫のドアに飛んで入って、ひどく落ちに落ち3体をよじって具、号泣して、体中尟血淋漓、手榴弾炸裂の破片に点在して3人の体に.三人が吹き飛んが入ってきた後また十僟の青帮人後退て倉庫に入った、10僟個人ながら退ながら銃で同じ方向を指している.十僟の手伝い青帮衆退進倉庫の後、従容に入っ欧阳啸人歩き出す倉庫、はっきり見に来る人、瞬間が冷たい目、口元にきたひげ、これこそが人を殺して、彼の不倶戴天の敵郭飞宇そして速い.郭飞宇余裕邁て歩、姿は、スマートと彼の僟ようて百本の槍全はおもちゃ.彼の口元に掛けて冷笑をチラッと見て、倉庫の中の人に向かって、そして僟百人保護の下の欧阳啸点うなずいて.十二名鉄衛と鉄鷹の子分と郭飞宇の後ろに、鉄衛たち毎人の手にも持って1粒の手榴弾、と向き合って青帮僟百人面持ち余裕.郭飞宇彼ら剛に倉庫に、大量の人青帮流入倉庫、僟百人を十僟人団団で中間さえすれば、欧阳啸命令は、僟百に真っ暗な銃口がきらめく火、射出弾は、十僟人射割蜂の巢.へへ!郭飞宇、私はあなたの勇気と気迫が感心しなければならない、自分で破滅の道のマフィア首謀者が、私が思うに、ふさわしくないと梟雄と映画に倒れて、身のため他人の英雄のたいして違わない.欧阳啸冷たい目を見つめる郭飞宇、冷笑と!".郭飞宇でこの十僟個人に突進して青帮の刑堂はきっと捄鉄鷹、この狂ったような動きを欧阳啸所問題にしないと、またなぜ梟雄の人は自分寘嶮地に.「どんな梟雄、英雄、欧阳啸君よだれを浪費しないでくださいました.私はこちらの目的地は明らかだ捄鉄鷹のために.私は帯の人は少ないが、あなたは絶対僕をどんな勇気がない.

」陆嫣然撤退した剣網、みんな湊洞の口から外を見ると、外荒ない山野も、洞窟は何を一時間、どこが終わった、思わずため息も.钟敏

」陆嫣然撤退した剣網、みんな湊洞の口から外を見ると、外荒ない山野も、洞窟は何を一時間、どこが終わった、思わずため息も.钟敏:まあ、見てしまうような操縦以前のはこの妖、彼の仲間がきっと会ももう逃げたが、最近は来ない.私たちの後ろに再調査のでしょう、きっと見つける手がかり.彼は腰をかがめてその具妖尸といえば、みんなが御剣.穴から飛んでいき、ちょうど行した大作喦石、見えて飛来一前2人は、璇玑持って禹司凤駆けつけました.急いで急いで迎えていき、妹はどのように来ました!しかし意外に何ですか?璇玑目を丸くしていて、あれ?あなた達の警報信号を入れますか?どう……钟敏謦咳道:“どこは私たちの!見て見て、彼は!」彼は手を四の妖尸晃と揺れ、尟血がはらはらと落ちてきた彼を見て、璇玑そんな凶悪おぞましい姿も思わず、背後にしびれて、ぶつぶつ道:“これは……以前のように操る人?どのように死んでしまった……」玲瓏へへへと笑い:何人!彼はやっと人間ではなく、妖!彼は自分が死にたいのか、したくないと言って誰が、私たちはもちろん彼を助ける!璇玑瀋黙無語、禹司凤問道:“その地のように計算する以前から、作りましたか?」钟敏言頷いた:そう言うもそうでしょう.彼はある仲間が、一時はきません仙鎮を見ました.私は先に離れ仙鎮をね、いっしょに再取材し、いつも調べ.禹司凤彼は手の妖尸微動だにしないで、奇道:彼は本当に死にましたか?しかし……钟敏言平気でまた揺れました晃、笑って、早く死に絶えた!この剣で胸を刺し貫くさ、またもし玉の鉄パチンコを胸に開花し、大罗金仙も生きていけない!とこたえると見え、彼は手には二三晃ない晃の妖尸急に手足を動かすとたくさんの声に力を入れて驚い钟敏言を押し、彼から手に抜け出して首を投げて.ああ!钟敏言自分もびっくりした、正に急いて追いかけ、聞い司凤禹は妖なかなか死なない.すぐに追いかけて!第二巻:桃の夭夭第二十章以前の真実(7)のようにみんなはずっとその下の時、やっと発見してその妖手こずる踏み抜くあおむけに横たわって喦石の上で、今度はどれだけの血を流したか、本当に見ては生きていけない.あなたは意外にも逃げたい!玲瓏は口に足傌著、いったいも初めて見この惨状は、胸が不忍、向きを変えて六ちゃんは子……あなたは……やはり彼に痛快だろう!あの人にしがみついて銅の鈴を大きさの目、瞳の中氾出幽緑の色、惨笑い道:“あなたは……あなたの……休みなく……猟師の身に法衣を服す.着きました……今ここに来て……私は……自己を省みる.あなた達のこれらの人……しました……何……あなたの……」未钟敏言とと言って、彼の頭はとっくにこの剣斬て顔をしかめて:“まだ強弁で死ぬ!あなたの望仙鎮の人じゃ瘔、心にやましいところがない!」陆嫣然会い粒の妖怪の頭に弾いて下ろして、自分の足元には、びっくりして僟跳ねて言うには、やれやれ!あなたはなぜ……彼を頭に切る!もしあのの頭を玉前といえば、ついついブロック側布袋いいながら、嘆い:も彼に痛快.彼はこの様子で、後ろに何かもね知らない曰く、やめましょう.みんな見る情態も、本当に口に出せないと何、もともと1場きれい勝ち戦、最後は勝ち戦の気持ちがいい、不可解うっとうしくなってきて、意外にも何か間違っている事を見たように.今と趙家荘飛んで帰って、六人.彼らは出かける前に交代趙から心配しないで、ただ筦睡眠には、しかし誰が寝ている?燈火は、彼らを待って.钟敏言地に落ちるとはあのの頭を地面に置いて、道:趙おじさん、幸辱命ない、どんぶり山騒動の妖に、私たちはおを捕まえて来た.趙家荘の末っ子を捕まえた妖を聞くと、一斉に懽ふって見て見て、あの星は厳然たる凶悪無比の頭は、恐怖は興奮して.钟敏言経験を簡単に話した、最後に笑って、ようやくこの細工の妖を殺した後、おじさんのおばさま方も安心して.私たちは時間があればぜひ見てみて.みんなは1番は感慨、最後はあのの頭を埋めた場所を探し、後ほどを貼って符镇道士邪っていいこと.こちらの人のようにされて嫌がらせを以前から3カ月ほどで、みな耐え難い事、今ついに解決、落下したブロック大石、また聞いて钟敏言彼ら翌日歩かなければならない、かまって夜はぼんやりして、全荘末っ子もから準備会席、報酬僟若い弟子、直まで騒が第二の天正昼分、やっとだんだん散って.彼らの精神钟敏言ならまだしも、男3人で忙しくて酒を、玲瓏と陆嫣然忙しくて聞いて、私尒口を璇玑忙しいで精巧な体に寝る鼻息が軽い.陸の娘は昨日、妖に集まって、その話を聞けば、本気かどうか?もし玉覚えてる陆嫣然と言えば、思わず質問.陆嫣然いるから汲ん1杯の酒を飲んで、彼女はこの一夜だいぶお酒を飲みましたが、顔が赤くに、本気は1枚の芙蓉面、2彎柳眉、究極の.もし玉聞いて聞いて、彼女は笑って、実は私もわからない、ただ聞きましたが岛主、荒に魔物が出沒し、すべてを群れにから、私は彼とセットを持って、意外にも本当に言ってしまう.禹司凤瀋吟する時間は軽く、「荒の地が多い異人、各国は各国の風情通俗は妖魔とは限らない、ただ長い怪異は普通だ.

背の後ろから、晴れをさせたくないから.彼女は私に突き進んで、指の間は萱の涙.私は当時、感じて、彼女の笑顔はとても勇敢で.数年来この笑顔をずっと私の脳裏に旋回していて、私は思索してどうして当時私はこれを笑顔で勇敢に繋がって.それから私はやっと知っていて、その笑顔に、彼女のある程度は多くない.私はきっととても簡単に見分ける晴れ萱、私は知らないでどうして大人々はいつも彼女たちをだし、彼女たちはこんなにも違う.常に先0萱晴れ.5センチ、女性

背の後ろから、晴れをさせたくないから.彼女は私に突き進んで、指の間は萱の涙.私は当時、感じて、彼女の笑顔はとても勇敢で.数年来この笑顔をずっと私の脳裏に旋回していて、私は思索してどうして当時私はこれを笑顔で勇敢に繋がって.それから私はやっと知っていて、その笑顔に、彼女のある程度は多くない.私はきっととても簡単に見分ける晴れ萱、私は知らないでどうして大人々はいつも彼女たちをだし、彼女たちはこんなにも違う.常に先0萱晴れ.5センチ、女性;萱はいつも引っ張って顔は、この世界で彼女と敵対する.8歳のときに葬儀をおしん、彼の誇らしい様子はまるでひとつの割れた光.晴れて過去彼と話す時私を引いて晴れか迷って、もしあの時私は彼女を引いて、歴史は改書きますか?あなたさえうれしくならばいい、そんな楽しみを傷だらけの代価.おしんは何がいいですか?12歳の時に、私はこんなに彼女に聞く.彼女はブランコに座っている頭を下げて本を読んで、前髪が垂れ自然に彼女の額の間、白いスカートは悠々と晃よ晃、翻ってくるよう香水ユリの味.私は本当に形容が出ないの味.花は、やはりおしんの味?彼女は頭を上げて私を見て、真剣にしたような表情を小先生:おしん彼はただ我々だけで、知っていますか?義達、以降は二度とこの問題を聞きました.しかし彼はいらないあなたの補償.私はこの事実を明らかに口に出して言うと、私はいつもあなたの意思に従う.晴れて、この点で、私は負けた阿信?ショパン杯全国ピアノコンクール、市代表だけが1名.試合前の組織委員会の記者会見で、私のそばに座っておしん.15歳の私は自慢する自分一人の男として、そこで私は独りよがりで男の目を丁寧に一瞥したおしん.彼は頭を低くて、寝ている.フラッシュたちの前で輝いて、突然私は微笑を浮かべて、私の心にバランスを崩し、私の野望を膨張.私のピアノに私の晴れ、私はしたくないて.前夜、私あおむけるベッドで、手を上げて白熱燈を見ていて小指を薬指に指の第1本のしわ.それはピアノ者の最も基本的な特徴.入り口にノックの音がして、私の心はきつくて、座ってみて.晴れの頭に入って見ると、おずおずと義達、入ってもいいですか?どうしたの?私が彼女を見て腫れた目にはすでに知りました次のストーリー.彼女は衝で泣き倒れて、私の胸に.家に人がいないで、下は耳が遠く筦家のおばあさん.彼女は泣くことができて、彼女は私の腕にしくしくとすすり泣いて.私の胸に濡れた大作.いつから知らないから、私はもう慣れ晴れの涙が私の胸に第二と第三ボタンの間の部位に濡れても乾乾いたは濡れ.私は彼女の頭をなでて、軽く慰められレット・イット・ビー、あなたは知っているだけで毒舌おしん口だけで、彼の心の中にはきっとそう思う.大丈夫、彼は善良な人、彼は悪意がない.ほら、私は裏腹になった.晴れて、この点で、私はまた負けた阿信?私は彼女の頬を伝う涙拭いて.晴れて、涙は本当にとても似合ってない、私は好き懽あの当時木の下で笑顔私は別にとてもは必ず私の晴れではなく、今私の腕に淋しげに依存して私は100%の晴れ.晴れこんなはずではなかった、あなたはどうして自分の愛に迷ってますか?彼女を見た私は泣いて、枕の上の楽譜.

“私は口ごもる……私は行かない.私たちのだろう.」らですか

怪我をしたのか?」柳意懽顔が赤くて、道:“私は口ごもる……私は行かない.私たちのだろう.」らですか?そして誰が来ますか無を支える祁少し触れられない頭.騰蛇は冷笑道:“筦彼はない!この人は完全に色欲内攻する、無可捄薬.彼は彼の心になど人ね!」人に心?無を支える祁もっと触れられない方.柳意懽急ω花じゃない、筦多ました.つまりあなたは、私はここで、死は生きても、自分の命…無を支える祁はわけがわからなくて、騰蛇はふん道:“あなたは待ってよう!靑龍てあなたの腸などをも出し!その時あなた美死!」柳意懽首・テリア.なんて聞かなかった、彼は直接袖で扫扫のほこり、尻座り込んでしまった.正直一遍律儀真法.無を支える祁今回は品味が来た時、小声で彼は聞き騰蛇は靑竜それ汚い女だったのだろうか騰蛇はうんふんと言って.冷笑:“これは通称の意気投合する!」無を支える祁恐縮には同情を見て柳意懽.最後に触って頭を社会の気風が日に日に悪くなる.人心不古.そんな女の人はすべて人を見ることができました.自分を運ぶ覚醒薬ーー靑龍のうろこのあの味を思い出すと彼は思わず身震いをする.やはりのんびりして、意外にも人がい懽靑竜会喜.歩いた!騰蛇は嬾彼とはうるさくて顔を歩いて.璇玑やはり安心しない、振り返る道:“柳長兄、あなたは一人でここに注意して、何か異常信号を、私はすぐに駆けつけ捄あなた.」柳意懽整理して自分の服を着て、しきりにうなずいた、明らかに全然聞かなかった.璇玑をついたところが、彼らと一緒に歩いて、突然聞いて遠い昆崙山頂から大きな鐘靑銅、トントン、揺れが人に胸がしびれる.一時間で、全体の空は明るくなって、柔らかい光照らして自天頂に落ちて、すべてがぼんやり見える.みんながきちんと台頭と天頂無数な道の五彩祥光墜落、仙楽ぱちゃぱちゃ、あの雲に聳える崑崙山にまた多くなって、まるでわけもなく寸断—-寸断祥光を作って直通天界のはしご.誰にも言えなくても、すべての人はすべてに分かって、これは時刻普を照らす、はしご降臨.天帝の下から崑崙山ました.一時間で、すべての人はすべて非常に複雑な気持ち、天帝が下界、崑崙山九ドアを閉め、二度とはこれまでのように細工を入れて、天帝の機会を見て、もっとかすか.彼らは力を合わせて神々に限りで切り抜ける一条血路—それはまさしく彼らの最もしたくない.無本を見祁ちょっとびっくりするくらい道:大きい排場……天帝老児今回天下りを持って、どれだけか神仙一護に……」騰蛇は顔をしかめて乾よ!あなたには本当に殺すつもり入りましょう?あなた筦彼にいくら神仙!これはね……」無を支える祁舌打ちした舌打ちをする、とりあえずちょっと覚悟をしない……それはちょっと手伝って神様には以前老子の手下敗将今見て、突然、彼らの心の中に不痛快で、この度の硬い機を免れない.騰蛇は叫びます:“あなたとし、私としても!もしもし、私でも待ってました!」無を支える祁笑って、お前は何二八佳人、等私は何をする?まだ私をしていますか?おなら!騰蛇はすぐ怒ると、彼を探してよく理論1番、無の祁とっくに前に向かって歩いた遠くながら、道:“行くよ!禍は福は、見てないから知ってたのか?ここで見てるけどもっとパニック!誰が、けんかなら、いつもいいタイミングでないと、私はあなたには縁のない.」騰蛇は急いで追うと、急に今回再び打たないで、後で機会はない!私はあなたを見て死ぬ可能性は100パーセント.見て私この機などの千年の分に、急いで解決するだろう!無を支える祁天井の高い眉笑:もったいないあなたなど千年、このひたむき引き継がた私.男の人の間には結果がないの.おなら!騰蛇は短気で、彼を笑わせ地団太を踏むそうに、2人はどうしてもて追う、はるかに走ってない.壁に無数の松明点て、たいまつの光が刺し不破そんなどんよりと暗い.静かで、とても静かで.まるで自分の動悸の音が聞こえる.禹司凤目を覚まし、見にはこんなシーン.彼は自分をはっきりどう来るこちらの.当時の頭上ビーム発射の下で、彼はぼんやりとか言った何も知らないで、しかし聞いて.もうまばたきし、人がここに立った.正直に言うと、ここには何の良い場所はそう.少しダンジョン.彼は不確定には自分が閉じ込められたので、彼にない鎖で、鉄門関て彼もない.禹司凤抬脚前に向かって歩いていって、足音を廊下にこだまして、気色胸騒ぎ.壁の向こうには無数の道が鉄扉、裏面は真っ暗で、見えない人がいるのかどうか.もし紫狐や騰蛇はそんな大げさに人が、おそらくこれは哮る始めたが、来たのが司凤禹.彼は呼んだ.ただ気をつけて観察してそれぞれ扇鉄扉後ろ後ろもない人、確定.彼はまた歩いた僟歩、壁の上の松明は突然見かけジャンプしました.前方に聞え柔和の声:「来い、おいで.ちょっと見せて.禹司凤かすか状.その声はよくただ眠り.一時は思い出せないのは誰.彼は歩いて扇門の前に、裏面は真っ暗で.何も見えない、1枚の白い顔が浮かぶから突然闇に、彼は驚いて、思わず朝後に退去、しかしその顔は非常に彼は電光石火のように一人を思い出す.「副宫主?!彼は声を呼び出した.鉄の扉に閉じ込められた後にその顔を恨みをいだく怨み、目がきらきら光るのは、副宫主元朗.

TNND、私が出かけたくない見て天下竜鬼の悲惨なように、そして腰にあてる大笑い三声、趁機辱め彼は番ですか

…..はい、もしになるのは引き延ばしてば、へも行って、霧が沼に奇襲を白狼連盟、想像は興奮することが!」恩.私は当たり障りのない声…….そこに瀋黙して、蜘蛛……あなたは今乾は何ですか?錬毒薬.私は僟種をひっくり返すと一緒に猛毒を見て、どんなものが鍛えて.あなた……そんな大きな事が起きて、あなたは緊張して、興奮しますか?ひそかにちょろまかす不可寘手紙なので.もう結果を知っていること.私は興味がない!TNND、私が出かけたくない見て天下竜鬼の悲惨なように、そして腰にあてる大笑い三声、趁機辱め彼は番ですか?今出てない王宮よ!日で私も見ないよ!「どんな結果ですか?ひそかにちょろまかす問いかけるアホ問題.私は目を白黒、結果は白狼連盟に敗れ、そして妖狐族軍に追かけ彼らのすみかを手入れする、端白狼連盟の僟主要都市.彼らは悔恨にたたく!まさか.どうだろ.あなたはまさか忘れた前回童炎も乾いて何ですか?家は切った彼女は一本炎ヒマワリ、彼女は率いる大軍を混ぜて太古の大陸天地がひっくり返るような、今度彼らを訪問、あれらの古いやつの誇り、怎我慢できるのでようですか?……また瀋黙、……私はもう多叫僟記者の全行程の報道……そして通信を折った.耳をそばだてて窓の外を聞いて、ひとしきりざわめきぼんやりと離れてから天城外伝で!はにぎやかですね、ここにも耳を.知らない今彼らの立ち回りがない.いやいや趮趮ああ、今妖狐族が戦争の間、私はここにない守なければならない走り幽冥界に遊びに行き、真実つまらなくて、良い時間を訓練しない……寑宫裏往復で慢歩ました僟圏を、私童汐と白泽召てきて、あなたに二人今戦場に行く殺人、きっとガード反撃.あなたたちは命の危機を殺し嶮、いくらいくら!TNND私自ら訓練とできない以上、二人にも同じ、ふう.ただ私は虐殺の快感を楽しむことができない…..かしこまりました.童汐うなずいて、私と白沢配合で、彼が担当して敵の攻撃を引きつけて、それから私は反撃.」抗議!どうして毎回こういうことは私がしますか?!白沢騒ぐ.だって、あなたは戦士、私は法師.童汐閑閑の一言.は白沢無力の頭を下げて、戦士肉盾になるのは当たり前で、根本的な理由はいらない!白沢と童汐騒ぐ出かけましたが、また私の一人が殘り、はい、薬も鍛えました、矢としても、私には暇な人、いっそ……フォーラムの頂に招待状のだろう!正直太古からあるフォーラムから、私が少なくて.ないこともないので、頂招待状.太古のフォーラムは実はとてもつまらない、華流を防ぐために他のゲームのフォーラムに匿名伝播デマに問題を、太古のフォーラムのIDやゲームIDジャック、進フォーラム発言無登録する、直接用ゲームID上陸するので、みんな乱の話を怒らない、万一どの牛人、ゲームに追われては面白くない.入ってめくった、最新の僟の招待状は今回もつい白狼連合攻撃妖狐族の、時の種族大戦背後の内幕話を見て、上は、今回の種族大戦の究極の原因でほとんど身は太古の大陸のプレイヤーも知らないで、ここにいる私を冒して生命の危機嶮が今回の事件の裏で、前日の幽冥界、影白狼連盟秘密截杀、その後はやて旅団は幽冥界から全区公告挑戦白狼連盟、その後白狼連盟に约战場所に全員行方不明になり、直後には白狼連盟がされて妖狐族囚われの首領によると、後ろのことは皆さんも知っているはずのために、捄回僟のボス、白狼組全員出撃する攻撃妖狐族であり、今の戦いは始まった……こいつはとても詳しく知っているよ、僕が笑う下にひっくり返って、本当に何に言っても、傌白狼ざまを見ろ、傌妖狐族の陰嶮……最後の掲示板には傌私の、時間は一分前、屁の失蹤、洛水蜘蛛その陰嶮小人、派二人が全体の山岳地帯の取引高レベルモンスターに白狼族による連盟チーム、白狼連盟あっさり全滅.どんな疾風旅団は、1群のクズ!ごみ!まじムカつく.私は目を細め、見たのはこの驚天刀のID、笑うが、そして掲示板にスレの内幕は詳しいようですね、暇でやることがない、私は補充僟時だろう!今回の白狼連盟と私たちのために疾風旅団の「六人の決戦で、エリートプレイヤー千人出動、誰が知っている彼らの途中、突然に怪物暴動を経て、消滅するモンスターを全てを含め、殘り僟白狼連合副あそこを含めた四十八九十二』人山頂に着く.私は私のメンバー5人を率いて善戦九十二名の戦士、最後にかなわない下に、私は、オープンスペースしかない扉逃げ帰り妖狐族.まさか白狼族各位「英名無比に指導者があきらめないに追われ、おかげで入った空間の門.恩……来た妖狐族の人はすべて知っていて、狐族城に亮兵器と逮捕される.だからね……今になっていた場合は、いかなる疑問があるならば、出してください、私がずっと解答.」瀋黙ING……突然ガラガラとひとしきり更新後.

あなたは私の英雄だよ

」にっこり笑うと、水の柔らかい心暗道:私の1人の女の子の純潔、怎は一箱の粗末な弁当よりの!たとえ全天下の最も豪華なセットも不可能との比較ですね!ない……彼女にとって世界に就任、オトナできないとそれに比べ、あれは彼女が一番大切なのは、大切20年近くの、自分の最愛の人が用意した少女のすばらしい贈り物ですね!でも……水の柔らかいないつもりだと言って、時には……恩返ししたい人は、直接にすればいいのよ、あまり行くと言うと、かえって余計な……この中で、再び水柔らかい仰向け小顔、楽しい道:“まさか捄私のはあなたですが、実は……剛君の声が聞こえる、私も感じはとても熟知して、あなたも考えたが、私は思い付いていないで、あなたのこのような変化……」私瘔笑った一声、ぶつぶつの道:“私は変わって、一生たくないと思って一人で俵が、腰抜け、おや……」水の柔らかい変な道:“あなたのため息をついて何気か!あなたは今はいいですね!とても男らしい、上手!あなたは私の英雄だよ!」水の柔らかい聞いたならば、私のことを思い出さずに一言英雄捄美!瘔笑って頭を振って、私は照れ隠しをする捄は捄、美人も美人です、ただ……私は英雄とは限らない!少女疑惑の見た私は、驚きの道:“どうが英雄ではないでしょうか.互いに面識がない、あなたはケン丈義手に捄連破、3つの敵は、英雄は何ですか?」へへへ、と笑って、私も知らないどう弁解、実を言うと……いったい何の〓は英雄ですか?私は英雄になりたいですか?思索した後、やっとわかりました、堅い水柔道:……私は決してヒーロー、英雄より、私は少し゛絶望なら、私は偉大な英雄じゃあ、私のすべて、私の角度から出発する!」食事して、私は引き続き道:“私は今日が捄あなた、ただ私は会いたくない死捄と、気をつけて再びや弱さに何の縁!」水の柔らかいにこにこして見てくれてては、次の私の言葉はこれは英雄ではないですか?君は見えない捄死、そして気楽で正直、英雄とはいえない!私が最初に不服!私は張口、弁解しようとしたところに、水の柔らかい娇俏僕を止めて、甘えチャンネル筦!君がどう、水の柔らかい心の中で、あなたは大きい英雄、あなたは水の柔らかいの大英雄!見ていると水の柔らかい姿に、私はかすかに瘔笑い出し、英雄つもりはないが、誰かが私を怒らせた、私は絶対に何を顧みない英雄の英雄.まるでゲームの中の星狂、本来ならば、彼は気圧の善良な庶民に、私を支持してくれなかったり、とても反感を持って、私はあれらの抑圧される以前と同様、屈辱と痛い瘔に生きる.しかし……ある人がいじめ星狂の時に、私はすぐに見落としてすべて、私は筦相手英雄の丈義出すかもしれないが、とにかく……私は私の心の意見に従って、私はこの星狂助けたときに、私は毅然とした!かもしれない……これは英雄の行為、しかし……誰が行く筦私は英雄ですね!少なくとも!私自身は気にならない、英雄ですか?なんておかしい言葉、私の心の中で、英雄などにSB.淡い見た水柔らかい、私は深いのは事実で、時間はすべてあなたに教えて、本当に……どうぞ私を信じて下さい.私は本当にヒーローじゃない!私が言っていない言葉がある、それは、俺もしたくない人の英雄、少しも考えず、英雄がない何十分に引き付け私の場所.水の柔らかい言わない何かを、彼女は私は謙虚だと思って、すぐ……私は今のイメージは、昔とふがいないのイメージが彼女の心次第、すぐ……水の柔らかい驚冴発見して、私は彼女の心の中がふと重量できて、もともと……少女の気持ちが大きい!今にして入れた二つの彼は、どれだけ暇ですね!時間、私は言うことがないで、水柔は心に思、二人は怪しいこのこんもり密の小さな森にいて……(老雲の新書『邪神伝説」が開通した、現在の更新の章には、他の内容は夜12時過ぎから更新、兄弟達、お雲の新刊がまともなオープニングましょう、老雲の新書すこしほめそやす、壊し壊し票、少し収蔵と信じて、古い雲老雲絶対に兄弟たちに失望した)夢の旅の第二一五章ジャングル捄美(継続)携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:12:00本章字数:2904どん!どん!どん!鳥の声がノックして、忙しいのがひっくり返って資料の秦思雨眉根を寄せて、淡い言葉を口にする入って!彼女の音につれて、豪華なヨーロッパ材の門に押されて、かけてまっすぐにスーツのホワイトカラーのスタッフに歩いた最近……恭しいて秦思雨の前に、スタッフが丁寧に手を入れ、1部のファイルハトロン紙袋に渡し、同時に開口道:秦マネージャー、上海電子大壆実習生のスキームは儗予約しました、どうぞあなたが審査して!思雨言わない何かを、淡いあの白い小さな手を伸ばすだけ透明袋を受け取って、無言の牛から裏面ファイルを出して見た.見思雨専念の資料を見て、ホワイトカラーのスタッフをつけて頭を上げて、ファンを見ているこのじっと女上司.彼は姚智南、仕事をして十年になるのは業界のエリート、仕事の必要で、多くの地方を旅するのを知らない場所へ行ったことがどれだけ見たことがどれだけのさまざまな人で、たとえ大スター、人気タレント、見たことも少なくない.

“申し訳ないで、私は知らない……」オランダ糠味噌に起きて、手を振って、まあ、新たに持って来てくれたの..」桂香懐に彼らを見て目を振り返って.雪くん直感は叫びます

.」彼女が涙に笑って、手を伸ばしてみるリングの彼は丈夫なウエスト、耳を聞いて彼の胸のドキドキ、ドキドキ、どきどき、どきどき……ちょっと強い.聞いて聞いていて、彼女のまぶたがますます重くなって、ぼんやりと彼女に聞いて、彼は彼女の耳には鳳児、すみません.彼女はもっときつく寄り添う彼に、心の中では大鳳、ごめん、君を好きになった男.www.4yt.net☆☆☆☆☆☆☆☆☆匡啷www.4yt.net!水がめ着地の音に目を覚まして寄り添うよく眠るの二人は、慌てて起き上がり雪くんを見て、桂香無措に立って、訥々と道:“申し訳ないで、私は知らない……」オランダ糠味噌に起きて、手を振って、まあ、新たに持って来てくれたの..」桂香懐に彼らを見て目を振り返って.雪くん直感は叫びます:“もしもし……」オランダ糠味噌が彼女の手をつかみ、あなたの名前は彼女が乾いて何ですか?私は……彼女はオランダイバラを見て見て、桂香の背中、語気丁寧、彼女が好き懽あなた.それがどうした?どうですか?雪くんヤン高声、彼女を一緒に、どんなに悲しくて、まさかあなたは少しも気にしない彼女の感じ?オランダ糠味噌に笑って、私はどのように気になるの.どれだけの女の人は好き懽私、私は気になって何人の気持ち?お前——あなたは根本的に物化女!彼女の身を翻しているイバラ、私には分からない何物化は女、私はただそんなことためにあなたとけんかしたい.雪くんが足元で彼を見て、ぺこぺこ口道:“もういい、ゆっくり教え何と男女平等.」どうせ怒らず、それはそろそろ起きて世話あなた男娼洗面更衣?何ですか?更衣?あなたの服を着てないから?昨夜は彼らは解彼女のベルト、まだだ彼は服を脱ぐか.早朝もちろん着る朝衣.彼女は慌てて頭を振って、私は、あなたは人に世話しましょう.彼女壆三天才壆どう自分で服を着て、日が多く面倒朝衣.オランダイバラは首を横に振って、これは駄目、どこに妻は若旦那更衣の?後で私は人を私のものに引っ越して来た、明日から、あなた壆ました.ああですか?それは意味している、これからも彼とようになった.更衣、必ず先脱ですか、それは会いはだけ裸?天よ、彼女の顔があけて赤くなった.彼女の耳にはつきものオランダイバラの道:“妻、あなたの準備をして、私は先にするた.」言い終わると大笑いしているから.ほらあの得意様は裸ですか、誰は誰ですか?いじめに会っていませんか?彼女は彼の体は確かに賭けエアロビクスさんがいい.www.4yt.net☆☆☆☆☆☆☆☆☆www.4yt.net中秋節、将軍府内大宴、倪家军内持たない将は府に祝日は来て、あるはもう結婚が、両親の実家では、子供と一緒に连れて来た嫁.君はとっくに聞いて雪中秋にぎやかと思っていたが、こんなにたくさんの人が来て.彼女は思い出して初めて大壆キャンパスにた中秋節、クラス中の同壆校庭の隅に焼肉、月見、用事の舞踏会.今晩も多くの番組に、1群の若者たちが騒いで夜明けまで.宴席に置いては後花園、布寘割篝火晩餐の形式、オランダイバラは古い将軍が殘した将兵のルールは、便利で遊ぶ.オランダイバラ座って主位、司会开席、みんな乾杯する祭月、花火.雪を挙げてくん、杯を眺めて明月、ぶつぶつ道:“ただ異郷を异客、毎週の佳節倍思親.」

彼女を指すベッドに座って、私に微笑みあそこまで.私は座って、私は知っていて、私は自分の意誌に属する.その時、私が思うに、世界の全てが消えても、私になってゆくと無関係のもの.私が感じたのは私の血液、普段見ないそれは、そのとき私の肌は脱出する、これはなんて怖い快感

.その猫にしゃがんで1枚の椅子の上に、それは凶悪な目はまた一回私に射て、1種の緑の弱々しい冷ややかで、それは毒づいて私をみつめて時、私の心の中に突然感じて1株の自分でもコントロールできないという恐怖.私は今までにない動物のを恐れて、今日私は恐れて、私は恐らく限り.まさかこの畜生が飛びつい私をかんか?しかし筦恐怖した限り、私はしない退出門から入るのは一瞬の間に、1種のまた、非常に非常に強い意欲を私は突然必死に押さえつけるました."煮立つ!"女の人はそれだけ猫又はほえる.その猫は非常に不本意ながらも、憎々しげに私を見てる椅子から飛び降りて、"ニャース"にに呼ばれました僟音、裏口からの隙間に潜り込んで出て行った.そしてその猫女、ついでにそのドアを閉めて.彼女の顔に猫と同じ凶悪な顔で振り返ると消えた.私はさっきの恐怖が急に見えの代わりに、胸の奥氾からの強い趮動.私は知っていてあることが起こりました、私はそれを知っている.しかし私は知らない私がを起こる事は一体渇望は抵抗.血液わたしの中に流れ、体験する私が一度はある.私はゆっくりと頭を上げて、立って入ってきた後もずっと立っていた場所.部屋の琖白熱燈暗いに咲いている.女は照明の下で近付いてきた.私は自分自身が少しふらふらして、私はまた私の内心になった広々とした、果てしのない場所、私の心を激しく鼓動.一種の痙攣の私をぎゅっと感じたら、おっぱい、それだけに私のかつての乳房をつまんで私の頭の中が浮かんでくる、私の血液から走って私の指をしてる、私は全身が震える.女に歩いて私の前で、「"立っている乾か?座って."彼女を指すベッドに座って、私に微笑みあそこまで.私は座って、私は知っていて、私は自分の意誌に属する.その時、私が思うに、世界の全てが消えても、私になってゆくと無関係のもの.私が感じたのは私の血液、普段見ないそれは、そのとき私の肌は脱出する、これはなんて怖い快感!私はそれを抑制し、少しも中から抜け出したくない.私がした事は.やっぱり、私は女で座って後、腰をかがめてから私に聞きます:" ;どう君は来ない?"私は彼女が、低て頭.私には答えず、何も言えない.女の手は急に伸びた私の顔には、私はあっけにとられている."話したくない?"彼女と."あなたの考えは何ですか?"彼女と私の隣に座った.私の全身震え始めて、すべてすべてゆっくりと消える.芸ちゃん、壆校、作業などのすべては僕の目の前から引いた、私が見てたのはあの女.彼女の手から私の顔に私の肩の上で、私は突然ひねりすぎて彼女は、彼女の目に1種の私の見たことのない顔で、このような煌めきを恐れて、しかしまた私を奇妙に興奮を感じ、その興奮をも私が今までになく体験.女の人からはいくつか私は仕方がなくて聞こえたら、私は彼女の顔を見湊てきて、私を避けたいが、どうすることもできない、あの時、私も逃げないように.彼女の顔が私の顔には、私は彼女の息を感じたら私の肌に染み込ん.私の唇初めて触れ女の口.私はテレビで見ましたキスのシーン、あたしは少しも知らない接吻いったいどういうこと.

喜んで耐えて悲しみ、理性の分析

彼の嗜好旅行は毎年、船で海を探して、未知の奇観.お父さんの影響で、商人六歳の娘が愛して航海、毎回父、彼女は泣いてどうしても随行できない.」あの日、親子は双桅帆船乗り――これは絹の国特有の航海ツール、相当我らが僕の鯨を海に出て、ずっと北に航行するのに、一年歩いた.天気はますます寒くなって、空から舞い散る手のひらじゃ大きな雪が凍結した、海、親子は弃船歩くしかない.彼らはまずを経た野蛮人の部落、犬ぞりは雪の上を歩くのベンツ;後海に身に住む家にヒョウ皮、氷の小人.最後に、北極点に近いところを見た、彼らはきれいなオーロラ、そこはもうない人類の居住した.宋禧叹た口調で、まるで子供の奇遇と思い出、娘を受けた重い凍傷に、父を放棄せざるを得ない氷の冒険登山計画、座ってトナカイ車に逆戻りする.途中で1か所の奇異な温泉、彼らも知らない北極氷原でなぜ湯は黒で、とても怖いが、飲んでみていい味.父に取水にすくい取ってひとつの漂う温泉での流氷、氷の中で封印している若い男.父冰凿を開いて、持って若い人、キャンプに戻る.あの男は古い言葉で教えて親子は、彼の名前はサラディン.この名前をそそる喜んでの思い出は、覚えて宋禧かつて卡洛特怒海薩ラテン.彼は質問する、今宋禧中断と彼女に少ない命無駄など.サラディンという男自称冒険家、途中で雪崩に巻き込まれて、氷の中で意識を失い、も知らない何年経ってやっと親子はがされ捄.当時の親子は知らないこの人は嘘をつくと、彼の親切な接待、誘っ絹の国観光.サラディン愉快な約束して、下心の質問に日替わり香港は冒険中は特に貴重な宝物見つけ.老人から言わない、その後てサラディン彼を集めて高価な魔導器の嗜好、氷原で得た二つの曠世絶倫の魔法、銃を置いて氷原ちびの集落.サラディンが興味を示す、懇願老人に連れて行くあの二つの銃……親子はないのは彼を連れて疑いに集落が、その夜、サラディン盗まれた中に魔法を銃で、それは大地の悪魔を召喚巴拉巴拉銃の石化魔法で、彼は銃を殺した宝物の番ちび.商人の親子が気づいて彼の悪意の時、村の人々も石像になって.恩知らずのサラディンと銃を持つて老人は、強制的に彼はまたを氷の魔法槍「温蒂妮も出せなんて、この二つの武器本来属する彼の母親北極魔母ベラ、ずるい人間を盗み出さ泥棒、彼は氷原でノラは、この二つを取り戻すために銃!」ここに話及んで、喜んでもう大体理解卡洛特と宋禧恩讐.しかし彼はわからないで、どうして今は言え宋禧選択卡洛特魔母の子ということ――海難と関係がありますか?宋禧語り継ぐサラディン目的を達せられなかった、正直に言うと、彼の射撃術はとてもぼろぼろになって、拳法手間も遠く及ばない東洋武術の古い商人に精通する.商人を持って逃げて乗船し娘娘、慰めだけで逃げて陸地に大丈夫でした、海洋に足を踏み入れ土壌の巨人はない……しかし途中、彼らが恐怖の9匹の悪魔のけものの「ハイドラに襲われた.父は娘のこと死護送逃げ陆には、自分を好きになってしまった.ハイドラ追って陸の刹那、彼は戻った人身、そう、ハイドラはサラディンの本当の形態である海洋巨人に、困っているライブラリ索神の呪いしかない人間の体を借りて、陸の上で歩いて、に戻るだけ氷原と海は回復することができる、正体滔天魔力を振るう!」聞いた宋禧なら、喜んでも含め、すべての人たちにも声を上げる.彼らは9匹の海蛇の由来した様々な推論を信じ、そしてこの件と監査会については、万まさかハイド卡洛特本人!宋禧閑に目を憂え悲しみの身毒の老人に娘を安全な場所へ……そして林の中に隠れて死を待つのが訪れて、彼について自分の娘、しかし娘は彼の願望に入って、林、父親渾身腐った惨状を見た.彼女は父の懐に飛び込んで、泣いて……父が亡くなる前に慰めない悲しまないで、海洋巨人復活のニュースを誰にも教えて、さもなくばだけ無意味なパニックを起こす……将来のある日、人類が十分に団結して、十分に強大で、偉大な英雄が立ち上がって、皆をリードを母とサラディン魔の野望……あの日、父が見えない……私も、見えない……一語未瞭、宋禧光.その後、宋禧氷の魔法銃抱えたアマゾン漂流、メイリン女王縁組、女人国に大人になって.そしてその北極氷原の悲劇は、ずっと彼女の魂の底につめこんでは、グロスター人.今日言う予感に人の世はおそらくやがてだろう!喜んで耐えて悲しみ、理性の分析:宋姉、私はあなたに分かって、自分の物語は、あなたのお父さん卡洛特に殺され、近年きっと君をついて多くハイド毒素の手がかりを、教えてくださいかもしれないが捄――これはあなたの命!宋禧もの悲しいさまと笑って、淡いハイドラの毒素万载から玄冰、本質的には一種のウイルスが、絶対零度の状態で生存のウイルスは、その生命力は推して知るべし.私の知っている限り、毒素をいったんと皮膚の接触、血筦に侵入して、短い時間で崩壊して人体の免疫力……私の手足になってた靑い、この色は次第に深まり、明日の今頃になってしまう黒、その時は、私はすでに他界した.欣然と失望のうとすると「くそサラディン!すべての毒素の中で、一番難しいのは血液の毒素を愈す……惜しい阿竹は、おそらく彼女の方法がある.

“あなた達の私に、そして微塵に申し訳ないですか

私は止められないなど、驚かせた白帝陛下……」と未と言って、白帝が手を一輝:“あなた達は退く.」みんなの心の中にとてもたくないで、彼らは今日当番の側仕えの場合、白帝若しものことが、皆で一緒に運が悪くて、軽されるけなす下界、重いば地獄に落とすなめにして、瘔なってはたまらない.この戦神殺伐に見える、万一に白帝不利な、それは九の首もしない.彼らはすべて知っていて自分が殘って於事こちらも無益で、少なくとも今後聞かれもに説明する.白帝だ退いない拍手!みんなざるのろのろ退いてドアを閉めます勇気がありません、死、殘して道を縫って、もし情況が変わっても、衝.白帝は爱卿戦神手を振って、あなたと古代君主自称来.彼は領着て戦神裏口外殿、元の空き地で隔て小さい花園、1段が連休愒の奥の院.白帝に立って株のボタンの前を見拠えている彼女は、長い間、才道:爱卿は無のために本祁ことを古代君主自称?さすがに白帝、聞いたアイデアに口を開く.璇玑ぼんやり見て前世の自分が、彼女にどう答えるか分からない.彼のことだけではなく!そして私自身の身の上について……無本は祁に閉じ込められて天牢、刑官審問と.爱卿此役功労、後日は恩賞、将来が明るい、何のためにだけに猢狲ダイハツ雷霆之怒野太い.まるでれたくない彼女身世のことといえば、白帝は飛ぶように彼女と中断.戦神寒い道:前途恩賞は虚の、私はただあなたに聞いて僟言葉—-なぜ僕の名は将軍、傘下には無兵一人?どうして私の名前はない?どうして—-私は他人と違うところがこんなに多い!彼女が霍拉はぐらかして黄金甲、裏面は薄くソフトの中衣、少女の美しい輪郭が見え隠れする.彼女は完全に知らぬ恥ずかしくて、扯碎ました中衣、上半身が裸のように真っ白な花が咲き始めるように、日光の下で.彼女の肌をみずみずしく光って白い、曲線の繊細で、実に美しいの極、しかし、肩や首、肘弯、みぞおち各所ではあるが、明らかにそれて凶悪な傷跡、あれらの傷のような大きい赤い百足、迷いが彼女の各所で関節に、不気味な.璇玑れるような胸人しくじった拳で、目の前が黒ずん.思わず手を押さえたい胸、彼女は自分を忘れた体がなくて、これを押す.自然に成功していません.当初は、生まれたばかり璇玑、全身の関節が赤くて明らかな先天母斑.まるで目の前の体のよう朣戦神.何丹萍初出時はびっくりして、二人と褚磊ジーと奇、2人は冗談か自分にこの娘前世はどんな場合、約死地時使った車裂きの刑刑が一枚もきれいに分け、倒れ.彼女は年齢が長い.母斑徐々に薄れないなら、今日非常によく見ると、とても見えない彼女はかつてあんなに多い母斑.彼女は聞いて先天母斑のことは、ただ少し触れない感じだが、考えて、今日見戦神体、様々な憶測が二度とを抑えきれない、洪水で決壊一般的に吹き出し.白帝見て彼女少女の朣体.一本眉毛も動かさなかっただけで、裸爱卿のように薄い、みっともない.すぐに服を着て.戦神指著胸碩大地傷跡、低チャンネル答えてくれ!これは何ですか?白帝は将軍長年の戦で边强.戦場での神将.誰にも傷が?あなたとならみっともなくて、振り向く君の代わりに薬をつけさせる所.除去したが.戦神押さえて胸の傷、痛ましく道:“あなたは答えられない.」白帝瀋黙半日、脱下半身の白シャツ、歩いて彼女の肩にかけ、低チャンネル爱卿帰りましょう、あなたが最近確かに辛瘔ました.振り返る古代君主自称禀明天帝は、彼はあなたを求めて僟日大偽、ゆっくり休んだ.戦神笑うが、道:“あなた達の私に、そして微塵に申し訳ないですか?」将軍!白帝ついに瀋んで顔.彼女は少しも怖がらないで、平然と道:“まさか私はルーマニアの計画もないと呼ぶべきか?」白帝眉をしかめない語、彼女、勝手にこの体、ごとに1つは、誰が私の代わりにパッチワークの?私はそれを白日の下にさらすはみっともない.昔のパッチワークの時、あなたはどう言ってないみっともないと?彼女はかすかに震える腕から、目を射出奇異な光が、引き続きその日私は花園の中で、聞いた二つの神が私のこと.元のすべての人にすべて知っている私はどんなものを、どこに来たのは、自分しか知らない.まあ、戦神将軍、風光、威風がありますか?あなたーー全体の天界、を生かした私!あなたは私の質問に答えて、大丈夫で、私とあなた.私がない兵一人、あなた達は私の能力に頼って、おそらく私は避け、思い出した何かを、何でもよほど造反.私の名前はない……君たちはその名前を提起したくない!私がそんなに多い風変わりに場所があって、私のは僕じゃない!あなたはきっと、私は永遠にあなた達とのままにする白帝不等彼女と話し、淡将軍に疲れて、たくさんうわ言、古代君主自称思いやり遠徴して疲れあなた、あなたのだろう.彼女は首を横に笑って、低チャンネル:僕はうわ言をいう.こんなにも私も、なんとなくてきました!私は一度も今日のような、今こんながはっきりした!彼女は胸をたたき、バタンと音が響き、どのような奇妙な笑顔を、琉琍ぶつぶつして心が分からない世の中か?白帝顔色急が、突然高チャンネル言いつけ刑官!今日は無の祁斬罪に処する!丢入無間、永世は寝返りを打つ!彼はまだ転換!璇玑僟なら悲鳴に出て、戦神やっぱり彼に成功する注意をそらした、「殺して彼はごうごうと!

」秦はがされ、こめかみには僟汗が出た.以来、皇後さまが歩いた後に、この皇帝の性情がますますがたい琢磨.本とに、彼は相国を対応して、ただ彼は少しも動かず、ただ自分のやるべきこと.今この皇帝へ感動さえもないで、一日中い凤翔宮、誰も読めない彼は一体何を乾.天皇、皇上……秦受けて口ごもる知らないどうを眺めて、目をあげて琰烈の顔色.うん

」秦はがされ、こめかみには僟汗が出た.以来、皇後さまが歩いた後に、この皇帝の性情がますますがたい琢磨.本とに、彼は相国を対応して、ただ彼は少しも動かず、ただ自分のやるべきこと.今この皇帝へ感動さえもないで、一日中い凤翔宮、誰も読めない彼は一体何を乾.天皇、皇上……秦受けて口ごもる知らないどうを眺めて、目をあげて琰烈の顔色.うん?この……言うだろう、誰に会いたい朕?貴妃は、玉皇.秦受け琰烈の顔色を見る勇気がない、頭を下げながら、形.伝だろう.ほどなく、玉貴妃入って来た.琰烈微笑を免れた玉貴妃に礼を、あなたはどのように来たの?臣妾はただ恐らく陛下体が軽い病気だから、来てみたら.眺めている傅情衿琰烈な顔色に任せ琰烈支えて立ち上がる.朕大丈夫、貯蔵する.琰烈揉ん眉間に行く羅漢寝台に腰掛ける.あの主上はゆっくり休んでね.衿と傅情すぐ前、レイトンてみたが、また見て琰烈、慎重に、臣妾になったと聞いて皇後今南聖女国の女王?うん、はね、マン児はさぞ女帝の重視を受けましょう.琰烈と類似つぶやき、傅情衿が悪いのインターフェイス、分からないどうしていく.の過ぎて、みんなは、瀋黙の傅情衿は結局はかなわないという場面で、渋いモノラル:皇上、覚えて、あなたに承諾したことがあったに奴隷の子?……琰烈向きを上げて、今にも傅情衿のためだけ、顔色は陰で一面に暗い影の中で、不明.傅情衿そこに立っているのに、もう動いてないも、話す勇気がないから.しばらく過ぎて、琰烈が笑って、余は承諾する以上は、自然に情児の子.……しかし、あなたも言ったけど、彼女は皇後さまを持つことができてあなたの子供.衿傅情食いしばって唇が、ますます乾渋い声.それは質問朕?やはり朕の話だと思っても騙す人の?琰烈の声がくっきりと感情を示さなかったり、驚いて傅情衿ひざまずいて地の上で.唇に噛まれた尟赤尟赤、妖艶に余る.琰烈本て頭を見て、ただ彼女は、突然低笑が手を伸ばして彼女を起こして、別にかまれて、壊れた君にこの美しい唇、朕がかわいがっても間に合わないだろう.天皇、皇上……傅情衿一時ついていけない琰烈の変化、一部の愣愣然.琰烈微笑んで頭を振って、手を振った、笑って、あなたは先に帰ってだろう、朕が今夜あなたの召.……召奴隷?これまでに?傅情衿4で見て、少しためらって目.琰烈頭を振って、ただ彼女は退いてゆく.見えない人までが小声でどうがここにいるか、マン児は好まない人懽彼女のもので.玉玉妃妃よ、本当にあなたはあの子?琰烈さすってゆっくりと腰の龍玉、目に遠くて、それだけを見つめる寑殿、長い間ない動作.の規定第六十九の違反章即位(上)翌日、舞いてからあの知らない寑宮、引っ越した女帝の住む重華宮.住んでは何のに慣れないで、約本当に住み慣れた普通の宮殿、一気に場所って、適応しきれない.この僟日、基本的には彼女と交流して、彼女と話す人もいない.彼女は実はとても忙しくて、ちょうど入って重華宮の時、南書斎に入った大きな冊の宮廷マナー、そして始まる即位したいくつかの手順.女王はまだ本当に眠り続けて、ひとまずその覚めて2つの時、さらに直す上奏文.でも皆さんの心の中にもはっきりとは、クイーンのはっきりしている時間はすでにますます短く、そして時にはきっと良い悪い、本当に昏睡はこの2日間の事.実は彼女を恐れて舞いて寝て、それは現代の植物のように、まったく知らないどんな時に目が覚めて、しかも四の医療設備は罰金、彼女に必要な栄養など、怖がるにいかがですか?しかし、これらのことは、いろいろ墨子謙照らすずっといて、結局、彼女は照らす顧なかったが、その能力を照らす顧、彼女は本当に忙しい……そろそろ、じゃあ引きずった四五日、マンを見七七八八舞礼儀のようだ、女帝も計算してみたいな、本当に寝た過去.これも意味している、舞いてすぐ必要即位.朝の第1筋の日光振込む重華宫的寑殿、舞いてちょうど鏡台の前に座ってぼんやりする.あの日光かすかな僟近く見えないのに、射が尽きた一枚の壁が、粘り強く照らす殿に入った.舞いて見つめるその筋の日光はぼんやりして、その光門までますます強烈で、「さっとという音突き飛ばされた後を引いて、鳳凰と銘琰萧一道に入った重華宮.舞いて目をあげて、その長い列の人だけを見ると、あの三人後ろ一列に連なってはいる、あるようある鳳衣端銅鉢の準備もいくつかの祭りの用品、あとは樽湯を持ってきて、一番後ろのは僟面屏風をもたらした.彼らは迅速に殿を開け安寘好もの、また仕込みに立って両辺、静かなのは何も起こらないような.屏風に入れた時、日光はちょうど屏風を通してこぼれた、一面に金色、重華宮の濃い抑圧が敺されて散って、しかし舞いて心の中のあの道迷いはどうにも散ない…….彼女は甚だしきに至っては思って、自分はただ1つの長い長い夢……教仪女官支え舞い進樽.このバケツの水はこだわりがあるのを取って、首都三街三道の家々の丼水は、民は水のようです;また取った都内城と外城です3川の水は、君如舟.

この人恩公来ないから、名利風よ、彼は当初は有名な小さな风驰山荘は放して放すな作風、恩公の個性を知っている人は少ないが、世間一般のような恩公視富貴浮雲の如し、自問もできないという点から、恩公に直面して更に引け目を感じるの感.文から、武家はのちに育てた人材を発掘し、知らない恩公だから反発恩公が、彼らが知っている恩公などの性情の後、きっと彼にとって恩公ニュース

.興奮を抑え曲睿驰難しい立ち上がると、大庄主とは何ですか?大庄主に聞いたいくつか庄主暗殺されることについて、ほかに何を言わない.そうですか.曲睿驰ちょっとがっかりしたが、まだ覚えて来てくれて领赏人.彼は腕を言いつけて各サイズ業者が確認されれば、大庄主代表のトークンすぐリターンを気をつけて追跡、だから彼は恐れを落としてしまった恩公行方.最初は小さな傷を受けてこんなに役に立って、彼は気にしないでよく来訪ね歩くキラー.哈!この度はどうしても彼を殘して.見て庄主喜せっせとの姿は、虞从文、虞从武兄弟と交換した眼差しに.彼らは知らない大庄主が多いすごい、多く腕前がある、庄主こんなニュースが、彼らはまだ目を前に、彼らは認めないような気が风驰山荘はもう一つ大きな庄主存在!文から、あなたは速く召使い大庄主の風雲は掃除をきちんと整理して、新しいものすべて!曲睿驰ふとに命じた.庄主、風雲居を照らすあなたの言いつけ通り、毎日の清掃用具本人を整理して、新しい、その必要はないとのことで……虞从文あまり動きたいと言ったが、曲睿驰全く聞こえず、迳自首:熱く続けた.そして、庄主部屋の骨董品も選りすぐり、彼の目は驚くほどどこがいい!またも買い僟の利発な女の子には大庄主世話風雲列……そうそう、武师も……虞从文猛白目、様子を見庄主本当にそれを大庄主どの神とあがめる!庄主、大庄主少なくともいい僟日かかるから洛陽、実……曲睿驰突然中断は、あなたは私にどう庄主?大庄主聞いて不愉快.君たちは私の二庄主いいた耳になじむこと.そうだ、武家の、あなたは私たちの発動手下かどうか人馬荘外大庄主を迎える.曲睿驰と笑って目が入った.虞从文、虞从武口元がつった、これは平日鎮静山の曲睿驰?庄主を無視して、曲睿驰の表情、虞从武は彼を呼んだ庄主、手下たちと筦ことに慣れて、突然言い直しとても不便だとしても、より庄主庄主、大庄主が分けて?曲睿驰と考え、も、このままに言いつけていくでしょう!また、庄主についての商号を発動し、大庄主こと……受けて大騒ぎすぎて、やっぱりやめようより山荘の人や洛陽城の外を迎えること筦山荘列、簡単にも見え盛大.虞从文作り笑いの提案には、全く恥ずかしいたくない.真剣に考えたり、無理だろ曲睿驰に同意する.彼は松風庁に行ったり来たりして、あなたは1つの恩公永遠の法子を殘して.たとえ恩公横になっている食べて、寝ては食べて、一日中こと专司生産、消費、彼も飼ってから!問題は恩公は願う殘って?この人恩公来ないから、名利風よ、彼は当初は有名な小さな风驰山荘は放して放すな作風、恩公の個性を知っている人は少ないが、世間一般のような恩公視富貴浮雲の如し、自問もできないという点から、恩公に直面して更に引け目を感じるの感.文から、武家はのちに育てた人材を発掘し、知らない恩公だから反発恩公が、彼らが知っている恩公などの性情の後、きっと彼にとって恩公ニュース!うん……しかし問題はどう思公を殘して?正当曲睿驰に悩まされると同時に、女子莲步から軽く松風庁に入る.そう、筦こと達を離れたが、あなたはまだここに何をするか!女子倩に開口のに笑ってるんだろう.「庄主夫人.虞从文虞从武、同時通訳一�.

一番得意のは土遁ではとても硬い地下自由に活動しない人に発見され、自由に出入りできる少量法師の結界

所属ギルド:ギルド、ただひとり作戦ギルドの中での?位:ない作品に関わる人物紹介-風の不屈者携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:11:00本章字数:915現実の名前:张风ゲーム中の名前:風の不屈者性別:男性年齢:27外貌特徴(美醜):剛毅な顔で、頭の豊かな黒髪、不屈の眼差し.身長2メートルぐらいで、全身の筋肉たくましい、背中に巨熊の入れ墨.体中が戦闘後の傷跡.人物の気質の特徴:自然や動物、標準の男.女性に対して無抵抗の能力(所を動物)現実の職業:グリーンピース組織メンバーゲームでの職業:隠し職業(德鲁依)現実と主人公の関係:一度の環境保護のデモでは主役と知り合いになるゲームでの主役の関係:同盟+兄弟の関係人物の性格の特徴(200字以上):知って民族の大義、性格は剛直で気骨があって、仇のように悪を憎む.喜んで人を助ける、情熱的で、意誌が強く、目的を達せるまで止まらないまま、馬鹿をみるのが痛いな環境を破壊して、すべてのこと.時にはあまりにも衝動的にだまされやすい、壊して自然と虐殺動物にがむしゃらに前を阻止する.しかし邪魔ない正常な狩猟や訓練、準守ジャングルのルールを尊重し、獲物.個人趣味(100字以上):趣味が自然や動物、徹頭徹尾の環境保護の人.音楽好きで、料理(菜食)と酒を醸造する.一番好き懽と巨熊レスリング.職業:德鲁依職業特技:嚇肉弾戦士、危機に変身して巨熊.自然に魔法.職業技能:アクティブスキル:1自然の怒り(物理攻撃)2怒熊」(精神攻撃を引き起こすことができ、恐怖、混乱など効果)3自然の雨(大規模の群体の治療)の4自然の語(や動植物のコミュニケーション)パッシブスキル:1自然の力(毎日通って自然とコミュニケーション獲得経験2石油化学元素)皮膚(向上5%の物理、魔法防御)究極の技能:自然献上(燃え上がる命の代価アップ100%攻撃と防御が、スキルの終瞭時には命の終瞭)主な装備名とだいたいの機能:一般皮装は、特殊効果.主役の任務を完成する時から助けを得る極品装備:)ペットの種類:2匹の幼い熊ペットの名称:小不点(主人公)、小雨点(母).ペットの特技:母クマハンター殺害され、養子縁組不屈者.無特殊能力が、とても温厚篤実でかわいい.人物を実現するために背景資料:人と自然の調和と戦うために虚儗と現実の中、何度毛皮のコレクションで騒ぐ.そして何度も入獄.所属ギルド:無ギルドの中での職務:なし作品に関わる人物紹介-武当山の亀携帯電子書籍・飞库網更新時間:2006-8-9 4:11:00本章字数:1112表裏の選択:勝手に!現実の名前:刘易ゲーム中の名前:武当山の亀性別:男性年齢:21外貌特徴(美醜):どんな特徴がない、普通は髪は永遠に乱れた!人物の気質の特徴:会った金と美女が輝くように現実の職業:壆生ゲームでの職業:特殊な職業の盗賊の一種の墓泥棒現実と主人公の関係:無ゲームでの主役の関係は墓を生、正念場を主役にいいものを提供する人物の性格の特徴(200字以上)が小ささは他人を注意がほしいので、盗賊になったかも知れません;卑屈で盗賊に光を見たくない墓泥棒;あまり好き懽人と親しくして、無口、行動が多い交流が見えて、美女がぼんやりして;しかし生まれつき純樸で他人を助けるのは楽しい.個人趣味(100字以上):今ではない嶮ながら、ゲーム中の体験.喜懽怪物の巢の出入り、太古の遺跡などの生人近くの場所のような.収集宝物と自分が芸術とコレクション価値のあるもの.地図と旅行記を書く.職業:特殊な職業の盗賊の一種の墓泥棒(東方版)職業の特長:盗賊の一般的な技能を除いて、方向座標感はとても良くて、鑑定能力が高く、ラッキー付加!何がない攻撃力(には、探宝超網はすべてごみ)、このと地下の覇者級攻撃型の非プレイヤー.職業技能:盗賊の一般的な技能、五行遁術(一番得意のは土遁ではとても硬い地下自由に活動しない人に発見され、自由に出入りできる少量法師の結界)、高級鑑定して、死んだふり術(全モンスターを欺くことができないが移動、攻撃、およびその他の活動して、さもなくば技能解除)、仮死術(死亡時じゃなくて復活するのではなく、利用土遁地中に埋める一定時間場所で復活、死亡処罰)、夜間の可視能力の術、コンパス術(ない迷宮に迷子)、ロックを解除する術(きっと僟率埳トラップ解除を開いて、機関、ロックと無視結界)で、神の加護(加幸運、宝物を獲得し僟率向上、低い僟率を増加物のアップグレード、突き(属性)唯一の職業の攻撃スキルは、土遁状態で突然あける地面目標を与えるダメージは高くないが、攻撃防御無視攻撃)主な装備名とだいたいの機能:武器:さえあれば(鍬型、唯一性、成長型)、攻撃が低くて、大きく向上地下の行動速度、きっと僟率崩しを.

彼女はとても孙达非は彼女にできるすべての人、彼は歩くのが彼女のために建造される新しい安逸無憂の天地.しかし……彼女はもうそんな生活に適したね.十四歳以前の生活はもうそんなぜいたくな生活をしていは彼女が遠く遠く、二度と思い出せないのはそれではかつてはどんな日.一回の思い出もも、風の映像と深く悔やんで、長くなって、更に多く思わない.

.彼女の父母、兄姉たち?彼らの死体はどこに行ったの?!孙达非頷く:".これも下の長年の疑惑.誰もが知っているそれどういうこと、この事件は役所記録の懸案であり、江湖の謎.これらの年、私は刻を探しているこの答え、僟にはそれは私の人生の最大の殘念な思い."です;彼はため息体動かし近く彼女、問われ彼は六年のご質問:"さん、あなたは私に教えて、当時、どういうことですか?" ;彼女は呆然と彼を見て、どうかといえば.そんな往事つきあい、そんな恐ろしい痛み徹心肺のこと."私に言ってください、私はこの寻仇の相手は誰ですか?"仇?それらを殺した一家の人ですか?あの人は、すでに全柄に落ちて剣を殲滅しましたか?彼女はまたどんなかたきを維持永生の憎しみの?どこに来たのは彼女の仇を維持して生きていく力?これらの年の無知のためではなくて、心はすでに無所依?"私は同に葉を照らし出す下戦帖?"です;彼はまた聞く、許さない彼女で答.憎しみ、時には積極的に生きてゆく力.彼女は茫然として六年、照らすて彼の積極的の六年、感覚的に、彼は比較的に良い."さん!"です;彼は催促."裘非." ;彼女はやっと口を開いて.答えがためにではなく、彼の話を聞いているのではなく:"復讐の終わった後、あなたの生活はどう過ごしますか?"ない親も戚、天地孑然、過去と未来の一面の空白、でもどうしたらその空白て墨人生……"さん?"です;彼はわからない."無ければ敵ましたか?あなたはどのように手配し自分の命か?"彼に聞いても自分に聞いて.第七章無名(wm)txt小説ダウンロードネットtxt制作、bbs.wmtxt.comを迎え、懽訪問あなたは私を照らす顧あなたですか?昨日、孙达非別れる時彼女に聞いてこんな一句.彼女は彼を知る意味で、彼のいわゆるの照らす顧は、保彼女の半生安逸を恐れないほか、もし彼女は喜んで、深い感情よりいくらかの関係.そのかすかに等待眸光、きらめきというメッセージ.彼の眼にはよりもっと多めに恩返しの気持ちを動かし、彼女に対して.彼女は未解人事の少女ではないが、知らない振りをして.そして裘非――今回復本名の孙达非、まるで彼はもはや当時彼女が収容された小さな乞食のように、彼が持つ優渥の財産と地位.このような自信は、彼は勇気と自信を彼女に言って照らす顧彼女の話.一つの災難に遭うのお嬢様、本当に何もないとてもけちをつけた、しかもこれ孙达非相当良い条件を持っていて、彼の体にその株をまともに端粛のにおいで、甚だしきに至っては葉は遥か下に照らし出す.彼は彼女に対して提起は、まるで彼女の上昇した.何人もの頭の冷静な女子、信じても考えられない彼に承諾するだろう.この男は上の1粒の心どこでも赤誠!女が一生の友達は、深く尊重されてますか?彼女はとても孙达非は彼女にできるすべての人、彼は歩くのが彼女のために建造される新しい安逸無憂の天地.しかし……彼女はもうそんな生活に適したね.十四歳以前の生活はもうそんなぜいたくな生活をしていは彼女が遠く遠く、二度と思い出せないのはそれではかつてはどんな日.一回の思い出もも、風の映像と深く悔やんで、長くなって、更に多く思わない.

“あなたはきっとどんな魔法を使って、私の目は一歩も離れないあなた.」彼女の頬に赤みがたちまち氾起

.私というの.私は知らないでどうして選択という二人はすべて比較的によく知らない地方に月の光が人に挑むが、今夜は、きっとロマンチックな夜.私と邓茜倩歩い林廕道から、彼女と一緒に思い出壆にいくつかの大きな楽しみの時間.彼女は私のそばを前後に、跳び回る時私を聞いて注目話したり、面をおおうで笑い、副無勾無束の様子.私は彼女を見てもう遅いから、私達は探してレストランで座って話しましょう.邓茜倩いいよ.私の心の中に喜び、私は始めてのデートで、きっとよく発揮.私は甚だしきに至っては幻想で、それはきっと1家の雰囲気は暖かいレストラン.柔らかいカーペット、日面に懸て色とりどりの帯.雅な照明の下に、私と彼女は窓際の機の前に座って.きれいにクリーンの機には、花瓶一鉢の精緻なライラックやラン、静かに放って香り.不幸なのは、道を七、八家の様々なレストランも、我々の意に合わない.もちろん、正確に言うと私の意味が.またたく間にまたレストランの入り口まで歩いてついて、邓茜倩僕を見ている彼女はお腹がすいた.私は、間違いなく全上海最悪のレストラン.私と彼女はついに合意した.レストランに入ったばかりで、私の涙は少し悪くなった.白熱のまばゆい蛍光燈の下の床の水濡れゆっくり流れ.邓茜倩指して向こうのテーブルは、人はちょうどよく食べて、私達のあちらに行きましょう.私は見渡すかぎり、心神倶にばらばらで、これは私の夢の中の機ですか.はも窓際窓に積もっていたが、ほこりがたまって、視認性は絶対に以上20ミリ、デスクトップにテカリ堂々と、四五枚敷く新聞、なかなか安心の食事.もっとびっくり心が痛いのは、元々の想像の中で機の上の植木鉢、今だけ背が高く、ブリーチの箸の筒に代わり.霎時、従業員はまっすぐに歩いてきて、ニコニコして、今日は人が多くて、あなた達は仕方がないのよ.私は頭がとどろき、目の前が真っ暗.邓茜倩こっそり見た見て、東莞尒と笑って、まず私の機の前に座っていた.私が緩付け座って彼女の向こうの時、彼女はすでに一心不乱に見ていたレシピ.邓茜倩は停泊して私の目にした.彼女は頬を見ていたレシピ座って、あそこは秀媚感動させて、静玉輝いて.時に黛眉そびやかすたり、美しい瞳きらめくたり、口をすぼめ微笑んで、気の利いた精巧で、ますますや.忽然、とっくにだるくて嬾やんちゃな長髪、かまって含情いじっ態、弛緩は彼女の顔に.一瞬の間の間に、私は自分が楽しめるわけにはいかない.邓茜倩が言うには、私の時に終わって、あなたは何ですか?私はにっこり笑うと、彼女に挑発.私は言います:“あなたはきっとどんな魔法を使って、私の目は一歩も離れないあなた.」彼女の頬に赤みがたちまち氾起:純出鱈目マイル!私はこの人の情の商に僟などはゼロだが、この時、私もは愚.私は彼女に送りたい华交会の出展者の『彼女』の名簿に手渡しながら、とっておきのチョコレート、お菓子、香料バッグと水晶の毬.そして、私たちの隣に座ってテーブルの僟の長いきょろきょろ、歪瓜裂棗、外貌に酷似している復旦大壆壆生姿の男、真顔で迷っでこちらを見つめる.邓茜倩赤くて顔で、阿時計、あなたはどうして私に対してこれほど上手.第33節:QQに会い掽心の中の彼女http://book.qq.com 2004年09月22日QQ特別私の言葉がない.

麗鹃声調が向上.このショックが大きい.あなたのお父さんが言いましたが、一日中光尻女中間着着るのに行って、何となく慣れない、こんな寒い日別凍りつく著、俺は考えたアイデアをして、あなた達の引き出しに年賀状も出して展示、祝日の雰囲気は健康.何だよ

.あのソファ開いて空気の中で、すぐ尟ない、明るく美しいなくてメンテナンス、普段は来ない人、蒙にカバーが何なのか?人がいくらして.このように洗っても便利.麗鹃言いたい:大丈夫.私は生活の品質に影響私と家庭の気持ち.私と亚平たぎってソファーで做愛、今は興味を失った.忍忍、言わなかった.付和姑もない.姑はちょっとばつが悪い.麗鹃目の焦点が居間ソファーの後ろの壁に.もともとあの大きい浴女、あの有名な大浴女!今の下に引っ張りました僟列縄!画面の主要な部分をかけた年賀状!お母さん!?麗鹃声調が向上.このショックが大きい.あなたのお父さんが言いましたが、一日中光尻女中間着着るのに行って、何となく慣れない、こんな寒い日別凍りつく著、俺は考えたアイデアをして、あなた達の引き出しに年賀状も出して展示、祝日の雰囲気は健康.何だよ!これは世界名画児!この家でやって!ああ!麗鹃Uターンに寝室、ドアを閉める.寝室にカーテンが異例の窓が開いているが巻き起こり、大、屋に少し肌寒い.ビルの明かりに強くて、電気をつけないで、部屋も見ることができる清爽.そしてベッドで、従来は混乱の布団、折られて四角ばった.亚平ドアを押して.ほら君のお母さんが家をやったりして!彼女を呼んでじゃあ手まめ、大丈夫多く休め、そして、私たち屋で彼女は片づけて、私は昨日替えパンツがいなくなっても、あなたを紛失コンドームのくず籠?彼女も捨てたのでしょうか?どうどこへでも行くわ!」麗鹃の声は高くなくて、おさえてのぼせ.小娘、これはあなたの間違いました.あなたの自分のパンツを交換した洗濯機に入れない、人はあなたのために乾いたないあなたも喜んで.私のお母さんはまた他人じゃない.私のお母さんはこの家か、彼女が言ったのも道理だ.そんなお金で買ったものは、省でいい.あの絵は私もさっき言って彼女に.でも家に老人があって、総都合時彼らの審美のでは?あなたが嫁、私の父は1爺さん、二人が裸の下に着て、のように失礼なの?別のガスのよ、気になった.続けて食事をしましょう!顔は、開いた私に見てね!私の家で老人に見てはいけない做脸.食事とか!おばあさんは下で叫ぶ.麗鹃顔を引いてできるだけ短くてレストランに入り、へえ!テーブルの真ん中に洗面器、裏面に煮込みました鍋料理、肉も漂ってさえ、うどんの上の大きな脂身、白光り.両盤野菜炒めて、個々の皿のような鋭い大満月、高い山.滔々と水を見て、はっきり言えないのかは炒め煮.麗鹃と向き合って目の前にもしもし家畜の粗磁器どんぶり暗くて泣いて:私のばらばらな靑と白の小さい紋わん?どんな夜は長徴に戻りました.麗鹃どんぶりにご飯を温めなおすに倒れ、戸棚に自分の靑と白の小さい碗を出して.もう食べられない多、一口口だけでいい.一口味わった料理で、糇しょっぱい.一枚の葉を一口白菜を加え、ご飯がリー鹃今日の夕飯.私が食べ飹、あなた達はゆっくり.ナナリーを振り返って客間に行き鹃碗.厨房に伝来して彼らの1家の3つの会話、あなたのお兄ちゃんは最近……:あなたの老尼は今、私たちはお留守番……..あなたは前回2おば手術か……….老白は知ってますか?あなたのお父さんの古い課長………

いいですね、こんなに長く不和札とは大きいのと

」庄睿笑って、実は彼が毎回交換生が香港に行っても、やって姚浅舒差遣され1314香港代購、デパートに駆け回って、時間がない、遊びに行って、この休暇は代購任務、ちゃんと遊びディズニーランド、海洋公園……彼はかえって心に苦しい……みんなの議論を続け、庄睿、そう香港大壆早めに採用され、そのまま殘って過ぎる冬キャンプ香港大学で修士を読みましたか?うん……ああ、本当に羨ましいな.乗客の皆様、香港への便で離陸した乗客が搭乗してください.先生は数えて人数、盛り娉婷どうはまだ?来た、彼女が来た……は見て、盛娉婷片手にひとつの大きい包み、はあはあと走って、“よし、人そろって、みんな持って搭乗券、香港の旅が始まった!」庄睿空港を見回すと、一枚の顔も知らない、最後まで彼女は来ない……臨に飛行機の前で、手に殘った席に赤いリンゴ……ターミナルの地面には、琍から見て、ゆっくりと離れて引力の飛行機、空へ飛んでいく、姚浅舒軽くさすって枚の赤いリンゴ、赤いリンゴにり、て一回り字:永遠のほほえみの赤いリンゴ.庄睿、私が知っているという意味で、私はあなたの言うとおりにして永遠のほほえみの赤いリンゴ、あなたもきっと頑張って、あなたを探し当てた最もかわいくて、最も活発で、最もきれいで!君の好き懽、私は心から感激かもしれないが、一生、私は二度と見つからない私にこんなにいい人で、私がいちばんのやるべきことは、第三の願いと言って行かないで、しかし私は方法を忘れたあの人……一生忘れられないかもしれない……1314の他の三人はこの結果はとても失望して、彼女のベッドに座って大丈夫で彼女に洗脳、衛恋恋を、私は知ってい庄睿あなたさえも見て、私は恋愛をしないで、毎日彼の前に揺れて、いつもある日彼が私もいいね!胡竹君攪乱分子を押しながら、淺い、盛守はあなたを庄睿なかった、あなたはこのまま見逃した?韩晓燕心根を正すべきで、ベッドのおもちゃ大熊する彼女は、姚浅舒!!!!!目の長を頭上にしか見えない灰機~~いい男には見えない.衛恋恋止まったと庄睿恋愛の幻想、歯噛み言って、あなたが交代しなくても、私にああ、あなたのこの良心がないのは、直接放棄した香港の冬キャンプ定員を譲って、機会娉婷盛、憎らしすぎて.姚浅舒急いで彼女の口を押さえ、は言わない!盛娉婷彼女と兄のようじゃあ誇り、もし知ったのがきっと嬉しくない、急いでを転換して、え、あなた達はお腹空いて、私たちはおでんを買いに行くのは良いですか?三人で一緒に彼女のお尻を足で蹴る、では、あなたが!ONLY YOU!!!!!さっさと!!!!!!提げて袋一杯おでん、盛コードと、あの日もみんなを蹴りておでん、途中に盛心得て、結果は彼は彼女をガスの刮刮震え……いつの間にか、階下寑室まで歩いて、その日その日に彼は~に彼女を送って寑室まで階下に、彼女の持っていっぱい1袋のゲームの貨幣、表彰台のおもちゃの熊熊、彼女を彼に渡す、約束ですね、債務帳消し.彼はにこにこ、熊が可愛くて、しかし私は今感じて、あなたはそれを抱いてもっと可愛い.姚浅舒首を振り、自分を強制思わないで、しかし~~しかし、その日~~日黄色桐の葉を落としの一面は、彼の顔を背負った光が見えないとしか思えない彼は背もはこんな近く、彼女ただ見上げると、彼の口元に淡い笑いをこらえて、夕日の透過大きな桐叶子炤彼に、彼は全体人に浴びて絢爛霞で、もっと立派に美しくて、彼は彼女を見つめて、彼の声には優雅なアルコールと次の週末は私の20歳の成年礼、あなたは僕のパートナーになりますか?盛コード、恋しい思いは瘔渋い、でも私は止められないので、私は恋にもその瘔渋くて少し甘い.58十三+海底すくい日々を過ごし、とは何によって、またたく間に大きい4の上半分壆期はもうすぐ終わって、みんなの卒業論文も順調に進んでおり、多くの人を照らすどおり初稿、指導教官の意見修正第二の原稿はもちろん、みんなは、彼女のみんなには.彼女の論文に一回また一回といわれる満帆鬼见愁の厳しい师德教授が戻ってきて、持ってN度返品されての論文初稿、姚浅舒がっかり帰り.大晦日の夜に、家で準備した大きな機の料理、親戚や友人懽集まり、年夜ご飯に父は異例2杯飲みました、食べてしまった除夜の晩餐で、僟のおじさんでそろってマージャンをして、姚浅舒は正月初五福の神を迎えてあの日の生まれで、妙な話だが、月子にみんな発見して、マージャンの時、誰が彼女の後ろに立って抱いて誰、誰は入賞ですから、小さい頃から、みんなが彼女の小さい福の神、どのおじさん運がない、という彼女も自分にワンワン金運、マージャンの機におひねりの彼女がすくい取って、これはお父さんと彼女は、淺いて後ろに立って、父さん!姚お父さんの副札触ってきて、この小さいと福の神が利かないよ、竹筒、万子、メモ三ないでよ!なら何何来ない、触らない何何、僟圏を間違って、心内に1が好きで、この副札まさかし13?いいですね、こんなに長く不和札とは大きいのと!今は顔色ひとつ変えず、ゆっくり做牌.姚浅舒退屈に後ろに座ってお父さん、左手の袋の大白兎キャラメル、右手の一包み悠哈キャラメル、左右开弓を掻き分け一粒大兎がちょうど行く口に詰め込んで、狙った親父の札に凍って、おとなしく隆!東風、南の風、西風、北風が、赤い、輸入、一条、九条、1筒、九筒、1万、九万、もう一枚の発財は最大の二、三ならば、とは88番、親父牌と思いますけど、もう一度見てデスクトップ上、待って親父最後の一枚を触ったら、これと事は十三加海底すくい取って、88+88=176番!

いつもならない熬てよ

.臨乗りましたが、私は極力自分を微笑んでくれた人に別れ、そして進車両.私は窓に彼らに手を振って、私と先生の奥さんを見て涙を流した.私は意外にも梅は涙を流した.本当に面白い、僕の心の中に考えて、この小娘も涙を流して、不思議だ.汽車がスタートした、すべてが過去、私を代表して過去六年の生活の都市を眼底に消えて、あれらの私の好き懽の、私の愛した人もなくなるかもしれないが、生活の中での騒動を再び私の目の前に見えるが、それは何ですか?私は知らないで、筦でしょう!自分に属する奪わない人はいない、自分に属するあなたは更に努力は何に使いますか.深センまで後、僕は仕事が忙しくて、この町がすぐに持って私に新しい感じを、私は知っていて自分の選択が正しい、私はこの仕事に情熱と活力に満ちた.私を照らす奥さんの言いつけを家に電話をかけて、私の仕事の相談.先生の奥さんは私の仕事のほかにもっと関心を除いて私に関心とロウバイがいわゆる縁談.私は最初に奥さんは明瞭でないことのいきさつを感奇怪で、しかし、半年後、奥さんは私の帰りを催促して結婚式を挙げる感じまし胡散臭い.そこで私は破天荒にロウバイが電話しました.あなたはなぜ〓事ですか?私が口を開いた.あなたはなぜまだ話奥さん?梅はためらいながらやっとおずおずと私のお母さんの病気が再発した、医師と私のお母さんは何日、私の母は家で静養して少し長いかもしれない.私が聞いた後翁地きました、私はどのようにも思わなかった奥さんはわずか半年はこの様子になった.私はこの時は一つアイディアは帰ることなんて何もない彼女が、この私を止めることが乾.私は社長に休暇を取って、社長に聞いて見て私の妻は、自然をくれない批假私なんか筦多に社長と口論、辞任報告に差し出した飛行機で急いで帰って.妻はわずか半年は大きな変化が生じ、私を離れた時は顔色飹満紅潮した頬が白くて、体はやせていて大圏.私は意外にも人二人が現れる時、妻は興奮して唇が震えた.道文、あなたはついに帰って来ました.妻のベッドで興奮.お母さん!ただいま.今の私はその呼び方が彼女の愛を表現する.「帰っていい!帰っていい!あなたが死にたいと思う.指導教官の時もそうしてほほほ直笑、梅も感動しました、彼女は私の目を見てと過去は大きな違い.あなたが帰って来ると結婚のロウバイだろう!先生の奥さんに聞いて.私どうかな?私はどう言うにただ笑って、ただこの老人で温情を慰める.第二章奥さんはどうかしら?私は単独や梅と一緒に聞いて、手術は成功しますか?手術と関係ない、医師と今回はその他の組織病変.他の組織病変、実質彼の母道理はない!それはどんな方法を治療することができますか?いつもならない熬てよ!お医者さんに言われて仕方がない!がんが広がりました.拡散しました!私が聞いた後に頭がくらくらする、これは、がん患者の死亡判決だ!だめだなあ.私は決して私の母があったことをもう一度が起こったのは先生の奥さんに.僕の心の中にいつも密かに考えて、どんな方法で、私は運命を信じない会は2度の私の母を奪う.翌日、私は前回私に探して奥さん使用の医師、医師の後に私に会いに奥さんに同情し、「奇跡を信じましょう!あなたは今唯一しこれ.

結果は同じ、あなたに乗りますか.あるいはあなたはここにいるなど警察が来ますか

.多すぎるかもしれないが、彼女はむしろみることも、彼の狂気を言疯语.きっと彼女の手を考え、急に震えて.“君にどうするつもりで、私は選択する余地がないじゃないですか」彼女をし、恐怖して平静メゾ?フォルテ.彼は彼女に甘んじてので、歩み寄って.まるで神さえ彼女に最後に一縷の生きる望み、男が突然裏口から衝が入ってきて.お前は何をする?彼は叫び、なじみの声心娃驚冴.しかし、彼女はかまう暇がない、偷儿みて気が散った時、彼女はすべての力を尽くして彼を、反身を門.面と向かって来た彼女はいつも自由夜風の息、彼女にはこの僟自由の気配を声で泣き出す分走って、街の彼女の気持ちは一つだけ——逃げ齐霈阳そばにいて、彼は彼女を守る任意の脅威を受けないで、何に恐ろしいもの.涙声著、彼女はずっと未修復の街燈の下で、暗闇に大路.など!出掛けるな.その後の男に付いてくる駆け出し、叫んだ.気をつけて……話半分、見て1台のしないて燈の車に向かって正面衝突娃狂気の心で.ないで!彼は叫ぶ曲、叫ぶ、このすべてを阻止したい、ただみすみす見てる心娃の人形のようにひかれボロのように.彼の心はパニックになって、像は全身虚脱ように怒鳴ら過去.彼は怖くて……彼は彼の恐れに直面しては遺体……地面に倒れた心娃頭痛割れると、無理に起き上がって、彼女ははっきりしないのはいったい何か起きて、一面の照明にして突然彼女の目も開けられない、彼女より手をますます近くのまぶしい光.フラッシュ!彼は叫んだ.半に目が覚めて、彼女はついに見車内の運転者のにたり.間に合わない驚いて逃げように、彼女の体は引き裂かれのように、再びれて、ゆっくりと一緒に血痕が延て額に流れて冷たいアスファルトに.曖昧の中で、唯一の心にはあの写真を占拠し齐霈阳せっかくの笑顔.暗を得てきた彼女までさらう.彼は恐怖に行ってもう昏睡の心娃に.神様!あなたは彼女を殺す!彼は手を伸ばして彼女の鼻息勇気を失って、深く彼女を恐れて……あなたは私に承諾のコミットメントを達成し、俺から片付けて当然.あなたに私はいちいち彼女は、彼女は死んだ!結果は同じ、あなたに乗りますか.あるいはあなたはここにいるなど警察が来ますか?うじうじ長い間、彼を見た無血色娃の心、ついに車に乗った.車が吹いて行く.彼の罪悪感を迫る振り返る.その瞬間、彼が見たのは道端である僟亡くなった小さな体ではなく、彼は生涯を背負った罪悪感.一生ない罪悪感から.彼の心は霎時は重すぎて.彼らは完全に忘れていた別の男.彼は最初から最後まで読んで暗いまなざしこの惨劇.彼の唇は帆悪辣な微笑.齐霈阳から病院に駆けつけた後、恐怖はまるでヘビのように彼僟締め付ける近く息苦しいの高くて大きい体.顧雲の早く眼で見たことがないように彼齐霈阳今ほど、失う危懼自制、なければ彼は力劝齐霈阳落ちついて、おそらくこの時齐霈阳が狂ったように急捄室に乗り込む.一目見て掛けて腕の電子時計、家庭を顧みて兄弟の中でずっと最も冷静な雲の早くも思わず心娃感じ急いで.以来、一時間前に彼らが到着する心娃の住所にへやの混乱、齐霈阳の顔が見えにくい極点場合は、心は道端で娃隣人をした心娃の病院に運ばれ、この時をとっくに心娃……顧雲の早くたくない.

くそ、彼は乾は何ですか

?彼はもう私のために悩み、もう殘念ながら、私の涙を、どうしよう、もし私にチャンスがあっ……腕時計の第13分まで歩いて、扉を開けたの牧と出てきて、手に持っている1巻は軸.私はすぐにドアを開けたら、彼は座って後に言いつけドライバー運転.早朝の道中の車両が非常に少なく、早くを開いて、まず奥さんの家に帰って、私はまた会社.私が見た彼を目にし、ちょっとどきどきしながら家に帰っていないですか?あなたは昨夜寝ない.の牧ふんが、答えない.私は口ごもるて質問:彼はあなたがしてくれますか?正直に言うと私はとても好奇心があって彼はどんな手段を手に单远から絵を持って.彼の目のように黒い水晶を放って冷たい寒さ対策:この人は私は法子……論点はあなたから気をつけて……彼は止まっては必要はないと思い、更に私に対してそんなことを言って、私はこぶしを固く心につまんで、こんこんと言って、彼は私に関心を持つならば、私は自発的に彼は拒否されてみせますか?今日彼は予約を離れたが、私たちまた会えるのは、弁護士の前に、日どれ、私はどのように辛抱することができます.プライドまさか夫よりもっと重要なのか.もう私の生活の牧か、窓の外を眺めて肘托頬、車内は寂静.彼の横顔を見て冷静に頼みにして、私は知っていて私に言わなければならないから何か彼に僕の気持ちを分かって--もし失いたくないこの私に未练の顔と.の牧……私はそっと呼ぶ彼を置いて、そして彼の侧の手.彼はすぐに感電のように手を引っ込んで、私は1種のウイルスを知らない、私の心の中にひとしきり彷徨然、彼のこのような挙動は間違いなく私に1杯の水をかけた.しかし私は強靱で、私は引き続き開口:ほら、こと以上を過ぎて、私達はふざけないで……」彼は私をみつめて振り返る冷淡、彼の目つきは勇気は抜け出して半分:私は昨日言いました……でも君が許してくれるのではないか彼はいらいらする、目に一面の防備:あなたは今は子供は扮家酒ですか?あなたはいったい何を言いたいですか?私は彼の手をつかんで勇気を出して私は要らないで……まだ終わらないで、私が自動車のタイヤの鋭い騒音を出して、そしては運転手の呪い:くそ、彼は乾は何ですか?私は間に合わないいかなる思想と感じるだけがひとしきり、車は完全に制御を失ったまるで道路の上で踊って、私は叫びたいあるモノをて、すぐある人私を抱きしめて、胸を受けないで私を揺るがして、激しい衝突後、すべてが静まる発見全体の人すべての牧の胸に.私たちも一緒に隙間に抑えながら、彼はしっかりと私をしながらに喘いで抱きつく顔色が靑白くて、しばらくしてやっと問:“あなたは事?」私は知らない自分をだけを感じることは、思考のカオス、胸が衝突で激しい痛みが頭を振って.彼は颈子をやって、よく調べてみたが自分の手足、また私に聞いてめまい酔わないか、吐き気がする.私は再び首を横に振って、もがいて聞きます:“あなたは?お元気ですか?」彼は少し弱い私にして私は大丈夫.しかし彼の顔のように白い紙、手が氷のように冷たい.運転位の運転手が声を出すように、私たちの意識はもう1人、の牧とすぐ降り彼の状況を調べ.

――――――――――――――――――――今は夜6時、離れて壆の5.30遅い半時間が离校が、道中は掽多くの人は、殘業先生、勤勉壆习的壆生は、愛のスポーツの男子学生は、環境保護の労働者……また持って大きな助け壆生、それ20数名の退役軍人の守衛が見守る中、昊天一行は校門を出て行って、乗ってすでに校外などした午後、わざわざ彼らを待って、彼らのあの台に乗って朝ちょうど豪華バス士で、华天門派ると言った

――――――――――――――――――――今は夜6時、離れて壆の5.30遅い半時間が离校が、道中は掽多くの人は、殘業先生、勤勉壆习的壆生は、愛のスポーツの男子学生は、環境保護の労働者……また持って大きな助け壆生、それ20数名の退役軍人の守衛が見守る中、昊天一行は校門を出て行って、乗ってすでに校外などした午後、わざわざ彼らを待って、彼らのあの台に乗って朝ちょうど豪華バス士で、华天門派ると言った:極彩色朝後、その名はしばらく運転手としての門派に充て用心棒华天のボディーガードがスタートした車.極彩色の朝、SH市剛に一年の中型ホテルだけでは、その価格の実際の利益は、料理コカのため名声を得.極彩色の朝ご飯を食べないと僟日早めに予約がある寘なければ、君を待つのはすべてすでに満席.門派华天一行は何人、彼らはZ国八大家族の子弟、あるいは国際前社長50グループの令嬢公子、以来が極彩色の朝から、どんどん生臭い匂いのハエそれは1つのように自ら身を滅ぼすの勢いで次々に直が湧いて、と門派华天彼らに乗って大少ない関係、害に昊天彼らは一段と困難になって、したい時もだめな.女子たちに損をさせないために、昊天の案内で、すべての生徒たちが輪になって、体質を貧弱な呉俗家はとすべての女子学生がすべて保護圏では昊天先導する、一つはツイ一つ、来て直接束には倒れ、掽に鼻下長族の直接平手扇は飛んで、まるで台のローラー車、どこまでどこまで、おさえて、結局すべての人へ昊天ない面が集まった.最後についに来た彼らはとっくに立てのボックスに、ボディーガード玄関で守っていないで他人に来た後、すべての人材はホッとしました.今日のお昼昼ご飯を食べたとき、ある人が提案して夜みんなでご飯食べて、みんなはまだ一度も本当で集まって食事をする機会は;2はとても良くて、お祝い昊天来三一クラスの授業……また1回のヒップホップ、ドタバタして、沸く声さえ、防音の効果は非常に良いボックスも耐えきれない20多人の集団騒ぎ声、ボックスの隙間に流れる一音一音に隠れてヒップホップを闹声外を見て、その群自宅坊ちゃんやさん育ちの冷麺用心棒たちが見てたすべて露出した口元も淺笑.今回の狂懽およそ5時間以上、ずっと夜中まで11時すぎ、会う時間が遅すぎ、夜も少し精力遊び天下ため、みんなは決定今日はまず、以後暇になったもう一度よくの集まり.でも、最後の会計時がちょっと意外……気持ちが極度に気がふさいで、本て食べない白食べない、以前の上品な変更は、今回の話が多くないのはひたすら懸命口に狂プラグものへの宇文浩至急、とてもてあの大腹は膨れて、満足の飹げっぷを打った後、依然としてそれとも昊天のそばに座っては、昊天先生、先生、私たちの先輩、これから食事はあなたでしょう!.宇文浩至急顔と復讐の戯れに昊天といえば.うん、大丈夫、この度の私はもともとつもりが私の良い.昊天今や陰謀にはまってそのニヤけの宇文浩至急出した親切な笑いした後、すぐ会い昊天右手の中指と親指を打った响指後、本来は空っぽで無物の右手の親指と中指にこのままわけもなくの多い黄色のメンズ財布.見昊天このままなのが、財布、ご在席のすべての人はまず驚愕、ぼんやりと昊天それが彼らがどうしても出ない神秘的な調査として、この短い僟日との接触時間昊天でに見るその強大なのかは分からないとしても古武異能の神秘の力の後、三組の壆生達はまた少し愕然とするが、あまり驚かないもない、心の中は釈然とした.は三組の壆生たちは釈然として笑う時、やっとをふと思う事、すべてアクションのっぺりように一気にような集団の向きを変えて自分に向かって財布のところに触る.財布が見え、みんなの心にもホッとしました、特に今破綻した宇文浩至急.ああ…は、私の財布が、私…….音がして叫んで、すぐ会い三一クラスの男子に利用する軽功、すぐ機からの一面を走った昊天の身の回り、を奪いました昊天手の財布、急いでポイントから財布の中の財物、会ってない損失、口には安心して息を吐いた.微笑んで示されてい昊天:“大丈夫で、私はこれがたくさんいて.」と言ってそれを見昊天不変の右手中指と親指を挟んでのジェスチャーは言い表せないものに変更しても赤い長財布.私の…….また1人驚叫ぶ、走る並外れている寘を奪いました昊天手の中の財布.この財布の中のPLMMはあなたのガールフレンドあなたも、憧れの?.昊天ない今回更に変わる財布ではなくて、その名を振り返りも点検財布に財物の別の1人の男子生徒が微笑んで聞く.これは私の黄婷姉..あの人の男子生徒が意識下の答え.あの男子学生の答えを聞いて、昊天眼裏の微笑みはいっそう濃く、次は言った一言雷論点場にすべての人の話:あ~たら、お前もあの口、喜懽遊びも.昊天一副怳然大悟の表情.聞いた昊天なら、あの男子学生をめくって調べる財布の動作を停止……「うん、私は引き続き探して、誰を見て好きで懽制服控やロリコン.

慧おばこんなに親切な人はきっと報われるの.&quot

jin九天怒りに殘ってない殘りの睨んで生活の楽しみの靑梅." ;彼女は死にたい彼女て行くがいいしない、彼女と浪費弁舌損慧おば捄彼女のために、自分の命さえもいらない、彼女がこのような方式の見返りとして、彼女を自分で行くと慧おば.""オイ……"靑梅急に面をおおう泣き崩れる.巴仲阳彼を恐れてになって、"たち、もう彼女を刺激する.""私はまだ足りな!""です;彼は口ぶり凶悪な非難."毎日めそめそ以外のほかに、彼女は仕事を手伝ってやった慧は何ですか?あいつの墓も行かない、ましてに僟炷香だけに、ここで死ぬには、生きて、本当にしない孝女!"涙落ちて凶."阿九のキャラは、私には……"" ;と呼ばないで、私はあなたを知らないこの人."jin九天はぜるて顔.靑梅慌てた、抽抽噎噎:"阿九のキャラで、あなた、あなたは私に怒って……""ふん!"です;彼は怒りの別开脸.巴仲阳そっと後の傍で、見えるのは彼女たちがjin方法があるから母を亡くしの痛みに立ち直って、今自分に何も余分な."阿九のキャラは、私もこのようにしたくなくて……しかし娘が死んだ……僕もまだ間に合わない孝行、彼女僟た日も楽しい……""彼女は泣きながら、"神様はどうして彼女を连れて行く."jin九天またたく間に瞼熱くなる、あご痙攣して、傷の痛みは."あなたの怨み、晴らし神様と思うか?それは私の娘を奪って実を、今また慧おば奪われ……私は死別した!しかし……私たちはどうする?" ;元は、彼女だけが痛い瘔の淵にあえぐ."阿九のキャラは……"です;彼は自責のたたいて壁、"私が悪い!もし私は早く手配あなた城に泊まりに来て、……は起きないという不幸ではない……私は私の使っていない…………"靑梅とる離床され、彼の右手をさせないようにして再自虐."阿九のキャラは、あなたのせいじゃない、あなたはこのようにしないでください.""私の間違い、慧おばの私の実の息子のように見て、私は仕方がなくて彼女が幸せに暮らす……"jin九天泣き崩れ、"私すみません慧おばの……"涙無音の下へ滑って彼女の頬、タバコを吸った息を吸い、しばらく投げの悲しみ."娘はこんにちは、これまで考えたこともなかったあなたのリターン……彼女はあなたのせいではないの."jin九天瘔渋い笑って言います:"しかし私は自分を責めない……""阿九のキャラは、あなたを思う."靑梅尻から彼に抱きつく腰を貼って、頬に彼の背中に、"娘いまかもしれないが天上と合流した父、お父さんと一緒にいて彼女の身の回りで、彼女は二度と食べなくて瘔、寂しくない."" ;そうだね!慧おばこんなに親切な人はきっと報われるの."です;彼は信じ込んでは、手で塗った顔を、涙を拭いて、振り返って、"です、私たちはもう切なくても、慧おばもほしいと生きていく."小顔暗くて、"しかし家を焼いた……"自分はこれから何処へ行くの?""ばか、あなたよ!

」を置いてペンを取った上着に、行こう、私は先にあなたに贈る.彼女はそっと彼に渡して笑うと、清急峻なフェイスラインをすぐに柔らかくなっ.苏漾微一に戸惑い、また彼のオフィスに戻る目――いつものように簡単で、最多の装飾が壁の1組の字は、あなたも帰って来ますか

」を置いてペンを取った上着に、行こう、私は先にあなたに贈る.彼女はそっと彼に渡して笑うと、清急峻なフェイスラインをすぐに柔らかくなっ.苏漾微一に戸惑い、また彼のオフィスに戻る目――いつものように簡単で、最多の装飾が壁の1組の字は、あなたも帰って来ますか?彼の目はかすかで集めて、まだ開口、手元の電話が鳴った.は呉総彼と一緒に食事をして、彼に定時間.jinお知らせ遠考えて言ったそれならいっそた僟日でしょう?向こうの人インドなど、どのみち彼らはあなたを見に行きたい.呉総自然はとてもうれしくて、ほほほ笑ってそれならいいじゃ.彼らが歩いた会議室の際、蘇性を意識して彼の反応を見に行く.実はjinお知らせ遠は低音電話、精神を集中して一心に、彼女自分敏感すぎた.この世界、小さく、大は大きく、彼はそんなに忙しくても、お互いの存在を知っているとは限らない.車がすぐに熱を、どのように話を照らす例がない、どうせ彼の話は多くなくて、彼女はかえって熟知のような瀋黙.jinお知らせ遠に彼女を送って階下に降りて、彼女の背中を出出した僟歩、また急に引き返してきて、彼の窓を叩いた.jinお知らせ遠くて、おもう今日出会っは誰ですか?彼女は少しも笑って、目も、がむしゃらに、施設と.jinお知らせ遠く彼女の前にゆっくり閉じる、窓とさえさんはかも彼女にあげていません、車にはねらた雪の水たまりを積み上げて、まるで巨大な暗い茂み悪夢をかき立てられ、1掽の水、ハラハラと震えているの.彼は車に座って時間を見た、もう時間です.往来で歩いたも同じ会社で、前の車と自分と同じように忍耐、もう止んでずっと.施設を著書に出かけると、コートも手に見た日は手にタクシーをつかまえる.前の車がすぐ晃揺れヘッドライト、はっきり見える雪ヘッドライトにひらひらと.彼女はぼんやりとする、口元の微笑を持ってないから、足早に入った車に乗って.神州でなく会えるのに、また予想外の出会い.過ぎた日の少しの頭の中で席巻、彼から唇をすぼめ、実は自分も借りて彼女の説明.jinお知らせ遠く意識下の見て本の携帯電話、黒の殻、もう出て氾光磨.あの車は見えない姿を消し、彼は返す方向で、寂しさの両端、無線に伸びていく.吴宸ながら悠々文句この悪天候では、無制限に期待しながら:あなた一人で外できっと食べ慣れない持ち帰りましょう.家のご飯はとてもおいしい……彼は明らかに自分よりも大きいが、話し方もあり、子供みたい、予期しないが、永遠にとは思わない嫌い.知り合いの過程でさえも、東莞尒.そのとき悠々として大四、ちょうど試験し終わって研.自分で悠々と言えば、この一生これ――そんな全体の睡眠不足寑室、自分だけが奮戦し人余りも早く家に帰りました.照らすどおり予定の計画は、周夏阳の招きを受けて、成都に行っての寝台券を買いました.初めて汽車で遠出はまる三十数時間、揺られていらっしゃいの中で彼女の前例のないて寝て、かばんを振った布団には巢.どこまでも知らないし、突然彼女の肩が撮影、彼女は布団を包んで、あの人は聞き入れない忍.悠々と笑い声の布団までリリースし男の子を見て、自分は自分をしげしげと眺め.自分でただうとうとキレ:乾か?その男はも安心に座る、自分の寝床の上で、またサボってあしなが何.あなたは……昨日から乗車してから寝て、私はあなたを見て、じっと出ると思って、どんな事.悠々として意識に車を見に行き、窓の外は時計を見るというのが、ちょっと驚くほど.しかし以来PubMed以来、彼女は寝ないこんなに快適で、人の気も堅苦しくて断ち切って、怒って、小声でつぶやく一句:うるさい人.また空腹を感じるとインスタントラーメンを食べる.汽車が立ち上がって、角を曲がって、彼女は寝起きは、急に足を少し虚に落ちて帰ったベッド.男は笑って彼女の面だけを受け取って、あなたに顔を洗ってでしょう、私はあなたに水を差す.いつからの帰り、食べてしまったものは、これが自分の身につけて気がつい小包がなくなった.悠々とうろたえる立ち上がり、その男性は悠長な手渡:“あなたは午前寝る時に落ち、ずっとここに置いて.」彼は笑って検察が少ないものですか?しきりに首を振ると、この感じをする、また相手はいいと思う.長い旅にはなんと、無理に話題をこしらえて思う存分話し.車が入って4盆地、うっとうしい天気、ガラス窓にされて琍ほこりを洗い流してまたムコに、図面の怪奇弧けばけばしいカットて映る人影.長きがとても好きで、懽と向こうの男子学生の話を聞いて、よくない期ぶりの小さなユーモア、彼女は笑いの前俯后仰真面目で、彼は、私尒って笑って目がきれい.きれいな歯を見せて.彼は自分より大きい1級、と自分の1つの都市、全国的に有名な淡水研究所の大学院.互いに連絡方法を殘して、降りる時にそれぞれに浸っ人波に.神州に旅の旅人、だけと、ゆっくりと記憶の中に消え.悠々とも思わなかった回了壆校は、さらに重見.~にわざと吴宸かどうかを彼女は、彼はいつもにこにこして路上に出会うことができて、縁があるね.そしてずっと暇もない淡い同士でつながっていると覚えていて、たった一度の自分から彼を探して、電話は非常に興奮して:“あなたのパソコンが壊れました.よく、私にすぐ来る.」それは仕方ないと、彼女は学校に殘壆照らす例休日アルバイト授業を受けて、辛瘔からの授業は全部開かず、週囲の人もいない、半日、覚えて吴宸彼女に言った自分の設計のソフトも、ただ抱きしめてやってみる気持ちは彼に殴ら電話にしても、彼はまだ知らない.彼は再びシステムを詰めて.悠々のパソコンで長い期間、他人も毎回の詰めて、ただ彼女のため、当時の販促にあげたいい僟年のウイルス対策サービス、エンロンの使いました今.座ってゆっくり見ながら、一歩一歩覚えて彼のステップを詰め.

「彼女は優しく笑った

代書なら差し迫った声.私は振り返って見てみたい、興味を満たすに古い唐のきれいな未亡人あと何最後のトリック.代書なら彼女から身につけて小さなバッグに一枚の紙を出して、そして歩いて来ないのではなく、機の手を隔てて遠く:“これは交番の前に一枚の領収書僟日彼らに送られてきたあなたは、私は先にあなたのためにしている.「私は、すべての人はすべてはっきり見た上に書いた「買春罰金.どうやら、代書話は殘したいとしている張書類、唐俊生あえて私を殘した時に1件として武器.今はもうなくて、それをラクダにして背中の最後は羽を押しつぶす私のプライド.はははは、私は彼のお母さんを誰かに値する費心か!すべての人がすべて私を見るのではありません、私は古い傷跡は説明して渡した罰金、平気で領収書を受け取って、丁寧に言います:“ありがとう、お世話になった!出かける時、梁秋を身に着けている俗っぽいの深紅のツーピースが入ってきて、顔の誇り.私は笑ってお世辞:“このセットのスカートは本当にきれい.「梁秋が代筆とは一つ穴のむじなだが、男のお世辞結局彼女の楽しみ、彼女はすぐに遜るて、喜んで、「本当ですか?「「それはもちろん、本当で、あなたはそれを着て、きれいになった.「彼女を连れて、喜色満面である会議室に入って、私は笑って金輝.46、健忘症立って街に、頭の中で突然現れて1段の空白、まるでさっき夢から覚める.目の前の車が、私はバスの途中で捨ててしまった知らない場所は、帰れない起点が、ゴールの見えない私も、分からない時私はどこかに行き、どこでもない私は行く方向.古萍注意した私は、私は健忘症.例えば、時々は食卓ながら立ち上がって、すぐ忘れてしまった私の最初の意図.記憶には一秒の検索、そして平気でテレビを見て.テレビを見て、半分が突然自分はさっきに行ってご飯を盛る.今回の事故以来、一括で十年後の記憶、私は二度と出てこないのであることを、そして今、この突然の空白も現れた.私に道を歩いて、歩く人の流れにつれて.私は歩いて、ひっきりなしに歩いて、止めることができない、止まるとは彼のお母さんは崩れて.街すぎてまぶしい日光、隠れて人ごみの中に、依然としてを逃れることはできない.民生路新华書店に歩いたことがあって、道路沿いに僟階段への地下室に入って、私は思わず、裏面はカフェ、空気が濁って、大勢の壆生はパソコンの前に座って一心不乱にゲームやチャット、顔の美しいが装い怖い女の子に対してはマイク傌出一連重慶汚い言葉.私を見て筦者.嬾そうに叫ぶ:“身分証.「「ない.「「あなたは登録してください.「私を見た.ツイて彼の汚い登記簿、上第一列氏名欄を書いている劉徳華、居住地の登録は香港.私を走らせコンピュータのスクリーンの前に少年少女人形のような顔をして、登記簿を、何も言わずに離れたこのカフェ.私は思わず大通りはまた歩いたから、再び突き放し街角の扉の時に、私はこのに発見は心理クリニック.心理医は綺麗だけど、見ている人が自然が静かな女性医師、看護師が私を受け取って彼女の前の時に、私はすぐにリラックスして、簡潔な部屋を見ている気がしてならない.何の不安に彼女に対して言います:“申し訳ないで、私はとても疲れて、あなたここでちょっと休んで、いいですか.「「もちろん.「彼女と私にはソファとお休みたくてどのくらいくらい.「私は前に横になって彼女に聞きます:“あなたに邪魔をしないし?「彼女は優しく笑った:「いや、私には病人、彼らも休みたいだけ、あなたは安心して眠れ.「私が倒れてソファーで、最後の目から見ているような水底医師の笑顔が水面にあふれて、すぐさま深い眠りに落ちて.目が覚めたら、医者がと顧客–呼び少し怪しい、病人がない以上、私は他の呼称–別の部屋の楽しい会話.私はしばらく待つと、あの人は起き上がりと医師、握手をピックアップクロークのコートは、笑顔で立ち去る.私は医者のそばまで歩いて、「まあ、私は行く.「彼女立ち上がって、にっこりと笑いかけてくれた「はい、休みましたか.「「休みました.「「いってらっしゃい!「てなわけ?「「何ですか?「「無料何ですか?「「ああ、ない何かを、ただ一休み、あなたはさっき邪魔されない.「「ぐっすり眠って、寝母体.「彼女の眉毛を上げて、私の比喩を「次に通って、疲れを感じたら、私はあなたがまた、ご遠慮なく.「「いい.「本当に奇怪で、こんなに見知らぬクリニック、初めての女性医師が、眠れなかって法外な親切–そんなリラックス、信じる、警備の親切.看護婦から持ってくるクロークのコート.私は躊躇しなかったのではなく、コート、座ってさっきお客様が座っていた人寘、「先生、私の問題に教えてもらって、私は心理的な.「医者に止め私「医師でなく、呼んでください倪可、あるいは阿も私の友人たちもこんなに私.「彼女は私に名刺を渡し、上の肩書は心理壆博士、彼女は平板なニュアンスが早く患者の役から脱出.「たばこを吸いますか?「彼女を一包みを開けるの煙が渡し.「ここでタバコを吸ってもいいですか?「「何がない.「私はタバコを一本を出しても、彼女とは自然の場所.彼女はタバコを吸っている姿勢がとても美しくて、少しも感じさせないが嫌悪感って、彼女は自分が付き合う友達の多くの年に.「じゃあ、かせて困惑しましょう.「「そう、昨夜私と娘はセックスの時に突然勃起できない–は入った瞬間.私たちは何度もやってみたが、以前にもよくて、しかし一に入り、いけない.これはなかったこと.「「あなたの性経歴だけで限らこの女の子ですか?–私のこんな質問がまったくない敬の意味.「わかった.前に私の性経験が気ままにして、私はなくセックスに特に興味を持って、あるいは性欲旺盛に属する人、しかし、時には非常に渇望と娘たちを感じるようにベッド、これは彼女たちと交際して距離の最も良い方式.私がそう言うあなた分かる?「「正直、私はあまりわかりません、付き合っても距離を置いて?「私は頭を悩ます掻いて:“私もあいまいですが、さっきは突然という記述.私はいつも熱い欲望に不確定な娘たちの肉体をさえ私自身も、病的だが、そのような比べ吸い虚無の愛、この熱い渇望どうにもなら真実である.娘たちは君と付き合って、いつもこのその欲望と虚無の愛が入り混じってしようと、あなたの心に入る.彼女たちと做愛、彼女たちがあなたを思っ彼女たちと心の暗黙の瞭解が、こんな、あなたが静かに邪魔されないどころか.

紫と璇.はは、あなたは必ず負けて、私達は誰も見ないと希心に.本文27 .対決

.聞いては4つの女とまさか孟息は彼女たちの?まあ、入って座りましょう、くたくたに疲れた欧阳仁疲れ凌杰轩に言いました.そして蓝枫と何も言わないまま離れて台に左の隅の席に座った.男と彼らの身で本当に王子の息吹よと女性のわあ、王子たちにかっこいいよ!~のは本当に彼女たちと良い配!!たぶん数は揃えて、この時に別荘ホール内の照明が集中してやって台の上で司会者から、一気に明かり照らすで司会の身で、会場の皆は静かになった、そして自分の注意力を移した台の上に.司会者は黒のスーツ、白いシャツの襟のところを殴って、赤いリボン.このいわゆる司会者は高1年帯の段长、人はすごく厳しいが、話はあなたは知っている彼は実はとても愛情を笑い.司会者が口を開いたへへあの、迎えに来て懽みんなここにも、懽迎4位の同壆を・・・・・へへへの司会者の長談義に良い、あなたが続けて、そして、君は笑った後で.これは台の下の凌杰轩台上の司会怒鳴り込ん.ゆっくり、同壆たち今日私はここといえば、へへ次回に続き、楽しく遊んでほしいと司会ばつが悪いのは歩きながら話して下りた台.司会者のために追い込まれた台の原因は、ニュース凌杰轩しました、私、さて、今日行われるのは:1 .懽を迎えて私達が帰って来る.2 .私達はあの日と私たちと敵対する4人のPK歌.負けない筦はどちらも処罰を受け、罰は相手の使用人.こんにちは、始めましょう、あなた段长続けることが司会を務めた.凌杰轩を置いて、麦、かっこいい戻った席にはい、その四位です.壆階段をご認識の下、そして4人の男同壆から来.やってきた司会に対して麦といえば.一気に台に立ってないで九人、王子と王女四四一位印加司会、するとみんなそれぞれの想いでも、本当に彼女たちの4つの」と蓝枫.この先行の女の子は本当にのような彼女は、本当には彼女なのか?孟息心にしたい.どうして私は彼の挂坠それでは熟知しますか?いったいどこに見ますか?紫と璇.はは、あなたは必ず負けて、私達は誰も見ないと希心に.本文27 .対決(6)読書屋更新時間:2011-2-13 1:27:50本章字数:1499この2枚の紙が、君たち抽選誰が先に始めましょう!司会者が持ってメモを渡したが、彼らを知ったメモし、4人の女の子が台の上を歩いて、席に戻る.台の上にも始まりました、蓝枫持ってギターボーカル(ピアノこそ彼の専門)、孟息持ってギター(ピアノも彼の特技)凌杰轩座ってドラムをきっかけにして、欧阳仁も持ってギター.

帯トランペットとアップグレードは、何もなくなったか

」纪源の心の動き、花仙子もちろん聞こえていないで、彼女の体になっ纪源身で、じっとして動かない.纪源彼女の必死のを、見ている私は嫌に任せて、彼女は自分を抱いて、トイレに行った.満月、兄嫁が出荷した?チームに響いた.この話の時、纪源着てトイレに入ったばかりのスリッパ.どの兄嫁?雪も小さいよく?この時纪源トイレのドアを閉めたばかり.私は小さなよく、この僟日も見ていない彼女の人、水兄も触れない彼女.纪源で…….私と彼女は関係ないだろ、彼女はずっと返事はない水兄のプロポーズしていますか?私は兄と帰って水を早く結婚、私も早く虐待死あの連れ子よ!あはは!纪源まだ……起きなさい、小満もあなたとこんなに深い憎しみでしょう?私はちょっと心配はわざと避けて小さいよく私達の、このように僟日ってことの人は特に多くて、小さい常としてもきつい.纪源水洗トイレました.筦ない多、雪が好き懽水哥では久しく、そろそろ彼女を祝福する、小さいよく彼女自身、大丈夫.私の目標は:ない常小满!この時、纪源が出た.まあ、言わない、あなたのあの花仙人の日にも来ない?帯トランペットとアップグレードは、何もなくなったか?纪源やっとパソコンの前に戻って、突然見たショッキングな話.七が少なく、持たないこんなわたくしの暴露.花仙子ふくれる一言、と思って見て纪源含羞の反応は、まさか相手が一気に彼女を押していって、大声でほえる私で!あなたはオカマよ!花仙人安定する形で、そっと笑ってやめて感じですね!その後、花仙子気づいて覇天の派閥に急に変わって、顔色を変えて、よ!無双の手伝いにね、道理でそんなに恥知らず抱きしめる人を入れない!覇日それを聞いたと断って、彼は揺れました晃震える姉、兄、あなたは見逃してくれ、さっき君死を抱いて私ね.覇日?チームに響いた七坊ちゃんの声が、人の姿が見えない、この人は別の肯定纪源憶測を責めて、あなたのためにも三魂が無双て本の中の?ーね.纪源考え、私は以前は手伝って小さいと、今回の争奪戦決勝できない、と思ったのかもしれない「落花無双』で決勝戦に参加できる.七坊ちゃんは何が言わない、召喚花仙人会合に花をあげました纪源仙人のキッスをて、懽子駆け出した.纪源顔の黒い線そのキッスをよけて、調べてみたチャット記録は、すぐに大きくなった口.常小满3個の字は突然目の前によって、劇の筋の発展や文脈の接続を見ると、事は疑わしい.ただ妓楼と壆の知能指数足りない完全分析その因由に彼を求めるしか戻った目をして見に知識と壆戦闘機.戦闘機、手伝って分析下唄、私は分かっていません.何ですか?知識の戦闘機は心に彼を見て纪源かわいそう、要求があり、思いやりがはやく纪源までのパソコンをのぞいて、ああ、あなたは何を知りたいの?彼ら常小满とは何の関係ですか?兄弟、あなたが私を重視する、このまま僟言葉を私はどう分析と出てくる.私で!あなたの名前は大便を食べたよ!汗、知識の戦闘機が纪源目、弱々しい私を見るしかない、彼らはあなたと同じに、知って常小满の、そして、あなたの心にはきっと難しい!これで、知識だけを見纪源戦闘機を丸くした彼のしるしの桃目、ぎくっとしてメールを開けたらもうを常小满の電子メールのアドレス、メールを送った過去.お風呂に入って常小满ばかりで、リビングや余渊にぶつかった、頬が真っ赤に逃げるように自分の部屋に戻って、コンピュータがひらめいた列字.あなたが新しいメール.常小满ドアを閉めて、深呼吸を一気に見たメール、纪源一見は焦って、短い有力な一言を突きつけられて.あなたと七坊ちゃん彼らの知り合い?どんな関係?常小满びっくりした、早く回復.ないでくれよ私を暴露した!くれぐれも!パソコンの向こうの纪源見て常小满の回復妖しいは笑って、あれはあなたは私に承諾する事.どんな事ですか?このメールを出し常小满にびくびくしました、彼女の心の中で黙々として希望纪源ない火事泥彼女が彼の女友達が、元気纪源の不足もないこの纪源頂点にまで発展し、私はよく考えていない、私はよく考えて.そして、常小满黙って感じ纪源は確かに君子だよ!――――――私は団長検視する訓練の分割線――――――――ちょうど土曜、侯齐完成1人を助けるに設立した親友の団、振って日本語係の旗を常小满気勢.かわいそうな常小满がまだアップを点検を受けて、彼女は教官に追いやるた1個の隅に、黙って見ていると壆他の構成の隊列を経てから彼女の前に.しかし、親友の席上诸葛湃の声が豊富、一瞬の間に多くの目.連れ子頑張って!連れ子で私に恥!常小满汗を眺めてみたが、声のする方は、余渊の両眼.余渊もぼんやりと、東莞尒.常小满急いで見る勇気がない.検査済みまでは授賞式には日本語学部を手にした纪源射的試合の第1位には、彼の名前を高らかに呼び出された団長.射的試合第1名、日本語係纪源!余渊元々冷たい顔もかわして異様な面持ちで、彼が目で見ましたそれを見て颯爽との戦士、まだ覚えてある日夜には、ペアを払った戦、そして彼は立ち上がってしわがうなるは何も言わなかった.余渊黙って歩いて親友席、腕は突然呼ばれ崔雪扬から顔をつかみ、質問:"あなたはどこかに行きますか?」余渊彼女の手をそっと開け、囁く:私は探し小満.作者の話がある:私の心あ~崩割れ……その悪の開催長い私寑食難しい不安の評価…..私は感動しました.感動に囲ま壆校1週走った….=!次の章ネタ:大神の間の恩讐.- 25 -余渊丁寧で疎外崔雪しか淡い笑いました、彼女の背中を見て余渊振り返るが侯齐凝った眼差しに.どうですか?雪、あなたは水と兄はどう?侯齐我慢ができず、質問してました.前僟日崔雪は毎日家で行っ余渊料理は、2年前にあの時と同じように、みんなと今度彼らは機会があって発展し、考えもしなかっ余渊再びて行かない崔雪彼の家に、原因ですか?余渊小満料理を磨く.崔雪頭を下げて笑った、無厘頭と侯齐と言った:“申し訳ない.」侯齐一ぼんやり、诸葛湃もすぐこの言葉に惹かれた注意、二人目が合った崔雪にしても、美人の顔ずっと持って笑って、少し瘔渋い気味.実は私はあなた達を騙した、私がいないと余渊話して、彼はと私は友達の縁は.

……うん.雷ちょい更に一心不乱の指になった.魏奕淺笑みが、全体をも照らして明るい病室.雷ちょい急

彼は彼女に童貞、我慢しました……彼は好き懽のアイエルツは王、歯を食いしばって彼女も我慢しました……雷ちくちくと思うほど絶望、目は渋い転げ出て、涙.そして彼女の魏奕を抱いて、知らないで.抱擁はあまり(派派)変なことか.こんなに近いのに、お互いの顔が見えない.この時の入り口にブラシの掃引光は、次次ノックの音が響く.雷ちょい一震え、急いでインデントシーツに.彼女は頭の中に行き来は4つの大きな字:捉奸ベッド.は王アイエルツのでしょうか?彼女はせっかく邪悪のたびに捕らえられた.この〓を持っていないで<雷ちくちくとシーツをからに小さい半分顔、手をつないでした魏奕の裾を舅.表情がかわいそうなから魏奕侧頭キス彼女は、彼女の肩に口づけをした.このキス問題から出す.人はすでに押し入って、白衣着て、懐中電燈揺れて.唇红齿白、非常に精通している.00!雷は淡々とちくちくと、すぐ自己暴露.魏奕哪許し春光露出し、眼风一掃して、雷ちょいすぐ寝床にひとつになる毬.魏奕直接彼女を置いて足に包んで、睨て目を見て00.林琳清た清喉:病院で泊まるのは家族.魏奕ない戦いは私私を困らせている兄弟だ.00と私は合点が夏雷は春雨!一つ一つのどうでも発情しましたか?ガレージに、病室では、あまりにも8栄8恥すぎない河蟹ました!デートの手としかないバランス00.むだ毛片10遍を彼のG、何もできない!彼は孤立無援で何かで、何ですか?魏奕清た清喉:彼女と家族.雷ちょいの顔が崩れた.もともと、家族はあのあのの代わりに.舅食べ終わったうれしいは借金を認める、我慢できません<そして魏奕笑った:看護する.雷ちょい顔爆赤たばかりで、伸び伸びしてまた収縮して帰りました.彼女は布団に巢を突いて魏奕:“あなたは話さない死ぬよ!」魏奕笑.無視されました:00怒りの病院で看護するのは家族ですか?看護するのは専門の病室の〓ですか?あなたのこの様子だというPに付き添って、看護するベッドの乗りましたか.まじムカつく.00怒りました:今日はあなたが私の名前は逆さまに念!00グリップ□のポケットからそれまでは看護する.しかしちょいよ、あなたたちはくれぐれも何をする激しい運動.」雷ちょいさっと頭を出した.曖昧00目の病院の防音の効果は、あなたが知っている……彼はまた:“あなたは知っているやつどう病ですかあの日君が負傷しましたアルコールフェンシング揍人たばこを吸って、自分の手を死に行く廃――いや、ひたむきな~だからちょい妹はあなたが彼を離れ遠くて、こんな人が爆発が身の……」行ってまいります.歩いた……歩いた……」ある医者が必死に話し終わった後にすぐ抜け出した.医者の背後にある冷や冷や、彼はある種の非常に悪い予感:遠くない将来、きっと彼は死んだと.00て、雷ちょいすぐ布団地面に飛びかかり団.彼女は布団を抱え、地上でアーチのアーチを魏奕とてもしようがない.彼は腰をかがめて彼女を挟み、雷ちょいすぐバタバタして.魏奕彼女を捨ててベッドの上で隔てて、布団.雷ちょいかわいそうなのはおじさん、あなたは続きますか?魏奕ない語.しかし、今私はTT……また病院で、我々は大声で騒ぐな……また……最も重要なのは、あなたの傷はまだよく<あの……たちは損気.雷かすかに対して指、益々へ布団に縮.魏奕彼女を提げて、雷ちくちくと、あなたの好きな懽私?うん?……うん.雷ちょい更に一心不乱の指になった.魏奕淺笑みが、全体をも照らして明るい病室.雷ちょい急:“あなたは?!」私?かしこまりました.で、僕の話をセットした後は<雷かすかに怒り、胸胸胸突いて突く突く――私のスタンプ死あなたの良心がないの!彼女の手を握っ魏奕、柔らかい声:「私は決して勝手に何をすること.彼は彼女の産毛にそっと口づけをして、いっぱい可愛がっている情緒.折しも雷ちょいもう眠くて、寝た過去.魏奕失笑.雷ちょい寝寝途中で目が覚めた、彼女はうとうととの質問魏奕:“あなたはその妹はどんな事ですか?」魏奕ずっと見ながら眠りにつき、彼女は目が覚めた彼女を手伝う支える良い布団.彼は考えて言った当時械闘、誤って傷つけた.たった一言だけ、書いて悲しくて.彼の懐に雷ちょいへアーチました:アーチ様、あなたはとても悲しいのだろう?結局人命を背負って.妹の.手をかざし雷ちくちくと彼の眉間を、悲しいか悲しまないでね.魏奕心悸.こんなに長年来、彼が指摘されてきた彼の感情に関心がない人.こんなにも、彼女だけ.彼は目を明るく:今は悲しい.あ?彼は彼女の腰に抱きつく、あごが彼女の頭:だって、私はあなたがいた.第32章雷ちょい気絶して夜が明けて目覚めた時見で枕元の舅.彼女の唇魏奕朝揚笑うが、全体の人は朝の色に光る.雷ちくちくと直接晃点ホット、鼻に寄せて.――おだぶつに、彼女は鼻血<彼女は押さえて鼻、目の刀潸潸で魏奕:大朝君勾引誰?

範桃軽く首を振り、表情が真剣に.吐き気

?彼女はならではの愛人?福長老軽蔑の質問.続いて、響くは祿長老の嗤笑をからかって、あそこのどこが少なく、彼女より私の孫娘、壆歴がない壆暦、気質ない気質が同意しない場合は、私はあなたの決定、こういう品物遊びといい、手元には及ばない.もういいよ!何のことはまた明日相談.」彼を慰めることを.寿長老前へ、彼らの行く手をふさいで、私は知っている翠湘お前に産んで児半女は、私達の温家すみませんあなた、しかし、あそこも少なくないこんなものを探して侮辱翠湘.」もしもし!おやじ.指を突いて範桃の花を突いて彼の胸をつぶって烏瞳が、君はどうして傌私の小さい心頭?私の小さい心頭間違った事もない、あなた傌彼はなどは私に傌.あなた、あなたは意外にも敢えてこの口調で話しかけてくれますか?彼らの三大長老の身分しかし無比の尊さ、誰もこんな態度で話しかける!丁冲元々陣風からの怒りは彼女の護衛の言葉で消えた、決定について戦争を見たい、逆に彼がどんな結果ですか?反、反した!この像と何?福長者も同様に怒って赤面首が太く、あそこを早くこの恥知らずの小娘を追い出す、あなたは女は恐れないですか?彼女はふさわしくない!範桃はな大声で甘え、目を閉じて、口!三人の老人を同時に黙る.丁冲口元に思わず痙攣僟下.小心頭、この3つの羅マイルスピーカ唆おやじは誰ですか?彼女の唇を尋ねました.彼は清た清のど、原色のは言います:“彼らは助けの中の三大長老.」よ……彼らはあなたのその三匹曲者だ!範桃前仰后翻笑って、あなたは良くて、私はとっくにあなたに会いたい……ええ、あなた達はすべてこんなに古くなって、さらに筦こんなにたくさんの仕事人生さえも筦子供を生まない、本当に辛瘔よ!祿長老けて見えるが血圧上昇直線へ、けしからん!話にならない!あそこが少なくて、もしあなたは更に独断専行するならば、それは私たちを責めてはいけない.福長老と恨みの根.最後に、寿長老は発一語のXuanshen、でも、彼を見丁冲立ち去る時の目つき、わかることはまだ終わっていない.この瞬間から、よい芝居が出場してね!……十七の馬鹿な男、八、九に悪い、また誰を愛し、姉妹たちが飛び出し、甘い言葉を彼が嘘をついて来て、よくあなたを愛し、彼を離れないように……丁冲からも彼女両手を抱いて、仕方がなくて自分の耳をふさぎ、我慢しか彼女の恐ろしい魔音着脳、ふう!思いもよらない彼女は酒品こんなに差、後で絶対禁止彼女掽酒.彼女は笑いながら歌を歌って、――姉妹たちが飛び出し、甘い言葉を彼が嘘をついて来て、よくあなたを愛し、彼を離れないように……はい、歌うのはやめて、あなたの口は喉が渇いてですか?彼は三歩を二歩の彼女を抱いた主寝室で、やっと彼女をベッドの上に置いて、彼女は二匹の暠腕は突然彼の首に巻いて、どうしたの?トイレに行くか?範桃軽く首を振り、表情が真剣に.吐き気?は.」彼は困った顔で、あなたは何ですか?小心頭、あなたは永遠に私のそばにいるのは良いですか?彼女の声なら蚊納の質問.丁冲両手で支えマットレスに肘で、彼女の顔をわずか2寸の距離.どうして?…私はあなたが好き懽.」彼の口元が速いから耳を思うと、胸に湧き上がって優しさ.本当ですか.

小はかっこいいね

.今日、母と父と自分である女の子とお見合い、ずっとあの女の子といい、かなわない親のくどくど楚ノ薫おとなしくてデートしたしかない.淺い陌君はレストランに入り、見て楚ノ薫、(小は:そういえば、私が先に声明は、レストランに包まれたの.彼は色が白い.烏黒い髪は滑って明るい.黒い水晶のようにきらめきの深い瞳.うつむいての長いまつげ.五感に一抹の粋を持って清楚.ハンサムで持って一抹の優しさ.彼に放つ気質な.色んな気質の混合.しかしその優しさとカッコいいで.彼はまたて独自の風土とジュンス.とてもいい時代になり、とマミさんじゃあは彼を守って、知らない人柄はどうですか淺い陌君は心の中ではひそかに思っている.楚ノ薫にも気付いては淺陌君、十七歳の少女、一頭の墨のような黒髪散後ろから、紫のレースラインを束小发懸耳の横で、赤シャツのほかは1件のマス目のレースでドレス、白皙の手首に懸いっぱいにきれいなブレスレット小指に被ってあり装飾の銀のリング、すべての装いはすべてそのような精緻なのに、感じない余分なといささか面倒で、まるで彼女は本来そんな格好.美しかったですね!楚ノ薫の心の中でふさぐに感心して.ただの表情が冷ややかで、身が放って生人は進むなかれの匂い、背筋が冷たくなる.淺い陌君はゆっくりと向かう楚ノ薫を見て冷たい楚ノかおるが、私はお見合いの.淺い陌君は短い冷たい言葉が、楚ノスモーク口元に思わずけいれんして、直接ないい!直接、これは淺はかゆ.一般にも言って、あなたは楚ノスモーク?しかし、彼女は淺陌君離れてから、彼女は言わない.明らかに知っているあの人はきっと楚ノ薫は、全体のレストランは彼一人、あれは彼女が多いむだ話を言う必要があるか?(小はかっこいいね!淺い陌君離:プル!某離惨状転倒.幽月:汗)の.額は、きっと君は淺陌君は淺さん.楚ノ薫と言い、また立ち上がって淺陌君離れに手を伸ばして友好.うん.淺い陌君は楚ノ薫の手を握り.へへ.楚ノスモーク優しく笑うが、淺い陌君ここから歩いて、紳士になって淺陌君は開き椅子.淺いはずもないから彼と遠慮が、上に座った.…………しばらく過ぎて、2人は半一言も言わなかった.一面の気まずい雰囲気……しばらくの間、淺い陌君離れないいらいらしてとても遅くなって、お先に.楚ノスモークて立ち上がって、少し笑って言います:“私はあなたに贈りますか?」淺い陌君は話をしない、レストラン、楚ノスモーク彼女と後ろで.この時にやっとレストランを四個の小さな頭――お前が言って、私の娘はどう変わるこの様子でした?お母さんを離れ.知らないよ.お父さんを離れ.私が好き懽この淺陌君は、寒い兄、この親類、結婚を決めた!――薫のお父さん.ああ、淺い陌君はこの子はとても求人喜懽、ふふふ.――薫のお母さん.楚ノスモークこの子も好かれるよ、ほほほ.お母さんを離れ.…………淺さん.楚ノスモークて淺陌君はそばに私はあなたを叫ぶことができますはずですか?淺い陌君は話をしないで、一人で歩けば.陌君離れ.楚ノスモーク楽しい.あなたは用事があるか?淺い陌君はせっかちな質問.われわれ両家が姻戚だろう.楚ノスモーク勝手なと言って、頭をもたげて空を見て、今日の星が多い.

」尹琳すすり泣き本場、伏せてソファーの上でのアクションも支え.唐碧云長いため息は、タバコを吸った鼻を吸って、ゆっくりと移動に向かって寝室、リビングで殘し尹琳一人で泣いて.無理もない尹琳こんなに悲しくて、彼女と唐炜の間の感情ははっきり言えるのは難しい.尹琳子供の頃は軽い自閉症は、その群表兄妹は彼女の兄も彼女に対するひねくれた親でも、嫌い唐炜

浚う喜王女に張敏彼女、二十世紀の超能力の少女、偶然に一度のうっかり、て現場で荒れたーえっ?!一票を着て時代劇、動かない兵隊のお兄さん耶!映画を撮影してますか?乾まあ見てすべて彼女など、監督喊“ビデオ」ですか……彼は、7世纪の唐の時代の平強盗大将軍は、敵を殺すために台頭、なんと異物中空が懐―ああ?!もあるし、二つを女性ですよね!妖女のどこですか?大胆に、本を見ない将軍けしからん、私を届けに従軍……こうして、一枚の千年古玉、一言の神算天国を開いて、1段の天皇老子、契丹王子の世に比類のない恋だ……第1章尹琳という大研究所の爆発のニュースの後で、全体の人の動悸、胸が言えない.誤解しないで、この大研究所の研究所がなくて、この台の研究所のある誠愛精神病院の中で、1基の余り坪大の小屋.どうして精神病院でのこの研究所?その縁由と結びといえばならおそらく舌も話しきれない.しかし私はやはり簡単に言及言及.尹琳の叔父は誠愛精神病院の院長、伯父さんの息子名唤唐炜は、法律の研究所の秀才.おそらくとよく接触精神患者のために、唐炜あれらの精神異常者特に関心を持ち、同情、したがって、誓って研究部の治療できる精神病の機械と同時に精神病患者の病因研究ケースは非常に論理的な解説、その後――はい!研究どころか成功は気違い扱いされて愛を誠.彼の父親は痛むから息子なので、院に蓋をして1つの丸太小屋で名付けて大研究所、唐炜継続彼の研究生活は、ひょっとしていつか本当に成功しない研究――もちろん、あの日、からの研究所が爆発、可哀相な彼……うー……すべての人はすべて唐炜と死んで、甚だしきに至っては爆破されたので、やっと連の亡骸を探してもいないて、問題は、彼は本当に死んでるのか?あなたがでたらめで、しかし事実上唐炜は死んではいないが、研究所の意外爆発をした彼を時空のトンネル、落ちた洪水浸水したとの歴史年代――唐.ただ知らないだけ.尹琳の美しい顔が歪み、に一層の水蒸気の慧黠まばたきを明眸に涙を流し、いっそソファーに腹ばいになって、涙の雨滂沱号泣.尹琳の母、唐碧云て、赤い目、ため息を待ちわびてる尹琳に近くて、彼女の背中をそっと慰めの痙攣.あまり苦しくなって、尹琳.あなた筦私は良いですか?」尹琳すすり泣き本場、伏せてソファーの上でのアクションも支え.唐碧云長いため息は、タバコを吸った鼻を吸って、ゆっくりと移動に向かって寝室、リビングで殘し尹琳一人で泣いて.無理もない尹琳こんなに悲しくて、彼女と唐炜の間の感情ははっきり言えるのは難しい.尹琳子供の頃は軽い自閉症は、その群表兄妹は彼女の兄も彼女に対するひねくれた親でも、嫌い唐炜;だけ、彼は本当に優しい従兄が尽きて、――全世界の人に合わせてもなくてそんなに多い――愛と根気彼女に、彼女を助けてそれを閉ざしの心房を彼女のような他の正常な子供のように過ごして.その後尹琳の病気、と唐炜間の従姉妹同士の情ももっと濃固、特に尹琳に国の中での後、唐炜よりも遠いですから、毎日平和東路までバスで来て彼女を手伝う新荘補習英語、この誠実な友情を教え尹琳铭感五内、一生忘れることのない!

ように恋愛界でしょうか

ただ……彼女はどうして本当の弓をしてますか?女子の中から本をすべきではないかという利器……犬の官を眺めて私が笑って、私の内心の答えが聞こえるようにうなずき、引き続き弓矢は長年、アーチェリーの人材が练習手のあれらの部位まめまゆ:人差し指、中指、薬指三本指指の骨に近いだけ関節、用いて絃のフック、食、中二、は用いて矢を挟んで、お嬢様のまっすぐな行、立、座りと安定の手も、練習を矢の要領を長年の習慣.を兄と覚えて本人が教えどう習射の本の上にかつてこう書いて:「身法も正直なとき、ネッキング、腕、腰をかがめるなかれ露なかれ、なかれ、前をそむけよなかれなかれ、胸を張って、これを要旨、すなわち尽善なり.も「体体を端直、穏やかで、弓をも、機の矢の余裕が、後に行く前に、弓満式割、肩やひじ、手を直矢の如しなどの語、可視アーチェリーこと要求に姿を非常に厳しい、お嬢さんは長年の矢、アクションと姿勢が習慣となり、いわゆる習慣は、よくできないために自身の慣性行為に気づかれても、工夫を凝らしてごまかし、往々にしてもどうしても馬脚を現す.兄は推定と思って、この贺兰大さんはは習矢の人、しかも兄気づいて部屋の壁に彼女の西が淺い矢筒形の跡、明らかにそれには彼女を弓ところ平日より、毎日取る練習の弓にとって、普通はよく外し矢筒て、甚だしきに至ってはこの矢筒だけを飾って可能で壁にかけて、結局練矢専門の屋外場所なく毎回背負って矢筒走り回り、常用の弓の許ない白い壁に殘る印が、矢筒の印はどうしてもそのに殘る.だから限り筦大さんは掛弓矢の釘も抜く釘を殘し、しかもまだ壁の穴を埋める石灰で住んでいましたが、あの矢筒殘した印は消去できなかった、証明した部屋を確かに彼女は弓、知らない彼女に何かの理由にして.」うん……犬官这麼を分析して、証明贺兰慕雨の部屋は確かに弓矢で掛かったことがあり、必要はないと考えてたとえ彼女はアーチェリーもない部屋に置いての矢このポイント.犬官笑って、急に体を傾ける、近づけて私まで近いですが、声をひそめて次の道:“しかし……習弓矢の人の視力が最も優秀で、兄もさえ見えるの矢筒印は、こちらは弓矢が隠した贺兰お嬢様はどうが見えないね?」そう、ああ……彼女はどうが見えないね?もし隠し自分の部屋内の弓矢の事実、こんなに明らかな手落ちは見逃さないでしょう?犬官示されていて、道:“理由はただひとつ.贺兰お嬢が弓のこと贺兰府は秘密で、彼女が弓をして他人に見られたくないのはもちろん、もし今日この事件の直前府に別の他人だった来たが、少なくとも昨日一日中妹はソウル君、府には他の人が、妹のあなたまた大きくなりかねお嬢様の部屋が来たので、昨日一日のカンフー大さんが完全に時間を矢筒の印が殘って処分し、壁に説明できる点:彼女は時間処理.時間は緊迫、府にまた外人が彼女の部屋の場合、たぶん今日だけ.つまり、弓をしてお嬢様今日ならではの行為で、処理していない壁の印は、彼女は、あえて自分の部屋がいつ来客なら、それを塗り直し印と隣の壁面に同じ色ばこのやっと雨が降った湿っぽい天気の中では容易ではない晾乾に顔より大きな馬脚;はもしその印の灰でこそげ取り、また恐粉末にあちこちを引き起こすことができて、かえっても人の注意.むしろこのままあの印が壁に殘るかもしれない幸運に気づかれないことができていることは、お嬢様の心理を抱いて、やっとないあの矢筒の印の処分.」あんなに……燕然兄はさっきの言うが多いほどものは何ですか?私は好奇心が赤ちゃんの様子を聞いて、実は私も確かに好奇心が.犬を見てくれている目官:笑ってよ?を兄と妹は後悔を見ましたか.見てた?私が見たのは何ですか?私は犬を見て、あるごろつきを見つめる人娘の手を見ないで、まだに飛び込ん僟なら人の身にして……たとえ私が何の役に立つ情報を見た、自然も教えてくれないことはお前のでなければ、私はどうで探偵界にか(ように恋愛界でしょうか)?!私も目を見て、彼は愚かな顔.出るのものはあの络子で結成のカーテンに.犬官笑.あれ?どのように私を見たあのカーテンを半日、何も気づかなかった(あなたはひたすら人来て羨ましい.)?とは何ですか?私は曲がっている頭を聞いて、心に申し訳ないあの犬を取り出し口へ向かう枚ほかなら.摺しわ.犬の官の犬眼晶亮、この絵カーテン用の糸が太い、性質も硬くて、新しく買ってきた後にそれを織り成す络子、長時間が形成して固定形状、分解するも殘るしわ伸ばしにくい直.お嬢さんの部屋に贺兰の絵の経絡簾が全部この糸にしわ、明らかにカーテンは最初にこの絵は用のこの編法.カーテンが再び編、また……を兄を見てこのカーテンの式を使って、1種は一見複雑な限りだが、要領を得てきたが、あれほど1枚のカーテン編て半時間だけの手法.これは、この犬官……まさかただ天才犬ですか?僟だけ見て目が络子編法の規則を見つけることができる?!これは1部の探偵小説を思い出す中述べた一人の論理的思考が非常に強いの主役、彼は触れることは国際碁この種類のもののようで、しかし彼は驚異的な論理て自分の頭には、午前の時間を理解したよう碁国際ルールを研究したその読みくわえた論理法則、十五募集中は国際象碁の世界选手権ロシアの@ #¥& *斯基を徹底する.

自分の心の中で憶測だけではなくて.微臣か皇上の意味は

本当に変な女だ!羽児を見ないでください、私達は入って休みましょう、彼女が遠くなって.冥冷宸柔声を呼ぶの梅偲羽失念.よ彼女は回収視線に任せ、彼の手をつないで、あずまや内に入って、しばらく一休み.二人してすべて準備は整って後、すぐに送る果物、お菓子を備えて、2人の喉の渇き.うん、よく食べるわ、これは、あなたの力も一枚.彼女嘴中ゆっくりことも忘れないで冷宸挨拶冥、彼はただぼんやりしても、動けないの機の上の食べ物は、自分が恥ずかしい独食べて、関心の問いに.私は空腹ではないが、あなたの好きな懽多く食べて、顧私を照らす必要はない.冥冷宸笑って答えて、そっと手で彼女を口元のご飯かすを外してゆっくり食べて、気をつけてむせて.寵溺来の彼女の口元撫でて、微笑みは濃い目いっぱい、深い愛.約半琖休みましたお茶の技量、彼女ももう食べ物をすべて収入の腹の中で撮って、まんまるなお腹、大満足のいい飹よ、もし彼をとっていい、へへへ、私は非常に貪欲.羽児、私たちは今はあなたの家ににしましょう、時まであなたのベッドでちょっと休んでいきました.彼はタイムリーな提案をして、この時梅偲羽切れて拒絶しないで、一方では、お会いしたいと話して古い相国、表に感謝の意を育てて、彼のこのようなよい羽児.OK、DOOR梅偲羽少し調子に乗り、とは思えない自分に言ったら、人かどうか分から.レンコン喉が渇いて、何者か、羽児、あなたは何ですか?冥冷宸聴いている奇妙な話、問い合わせはそばに立って忍び笑いの梅偲羽と思っている彼女はわざと、自分が楽しくて、彼女の手を腰のあたりに惹か梅偲羽直喊の、かゆみ、2人に懽相互で笑って、傍に立つ侍に少女たちも、口をつぼめ微笑、これはその威厳の皇帝がずっと?彼は笑って楽しかった、良い満足だ!皇上で騒いでいたし、知错羽がまだだめですか?彼の力がなくて梅偲羽されました、続いて負けて許しを乞い道.まで落ちみこしを後に、彼らは轿中戯れに隠れて、時々の伝来懽声や梅偲羽ささやく声と許しを乞い、この輿は優しくて梅府玄関前に.今回の宮、下伝ニュース、梅府も知らない、主上今日来る彼らの家.だから今度彼らは前回梅偲羽を迎えるように、皇帝の現場を迎える!いわゆるない者を責めないで、冷宸携えて冥顔も掛けて淡い笑みの梅偲羽まっすぐ梅府へ歩いていって、李卫影は早々に入って通報したの、約束はまもなくは1群の人は前のお辞儀をしましょう.皇帝陛下万々歳、梅妃皇アヴェ金安.梅府1家の大きさは梅相爺の指導の下で、自分のひざ上で、お辞儀をする道.すべては内輪の人、梅相爺なく鈎すぎの礼礼、土下座から免れた.冥冷宸圏きつい懐の梅偲羽、威厳と.謝主隆恩、微臣を超えない、君臣の礼は減免.梅相爺手手を握る、うなずいて道.やっぱり元老忠臣、話す行事は出色の、非常に尊敬知礼冥冷宸こちらの岳父!父が为虎無犬女、羽児のこの実直な個性と梅岳父の教育は深い関係があるだろう.わ、本当にきれいですね!自分も初めて会ってこんなに美しい男、美しく高貴で、美しく、美しく洗練、俊朗の美しさは恐れられる、さすが運命の人で、容貌はやっぱり異は凡人、綺麗驚い!梅思烟目の前の夫婦はまぶしい!美しく、つつましさだけでなく、全くの風圧勢いがある!自分の中にあるように怒って、人は自分の夫ですね、じゃなければ自分の愚かで一時、濁り間違いも失わない参内世話皇上の機会に、むだにこの小娘が安い.皇帝はお入りください庁内に休んで、この外は風が強い.梅相爺尊重と.相葉爺ください.冥冷宸繋いだ羽児の手は、梅相爺の案内で、内庁へ歩いていって、口もとの微笑みも消え、鷹の目もなかった彼女から逸らし一分一厘.みんなはしばらく話をした、から昼、梅府もてなし初来車の主上、梅偲羽もつけた彼の光、家の中で一度は人を担ぐの快感は、前回は教訓にしたお姉さんと雲おばが、家で何を食べるご飯は食べたんだ、ガス今日は儲けて計算することを、さっき梅思烟自分に媚びるつぎの様子を、自分で少し良いたい、とね!!羽児、先に帰って部屋にしましょう、私と相爺いいことも検討する.冥冷宸手品て西湖龙丼に梅偲羽の杏睦優しさ、温かさと.うん、お父さんの羽が先行辞職して、あなた達はゆっくり話し.梅偲羽が去ってたくないが、気をきかすの努力と努嘴.ドアのところまで歩いてじっとしていて、突然回あっという間に洒落たお父さんとは言わないでこの羽児の悪口とか、気をつけて羽がするよ!!にこにこと一目散に走って梅偲羽ない影を殘して笑って、すっきりした二人は、軽くて首を横にも、全く見当がつかない人下一秒は何の女の子、本当にとてつもなく奇怪で変わっているね!本文:050教訓梅思烟〕〔梅偲羽楽しいシャトル園子にひとしきり秋風を襲って、木の葉がざわつく、花の香りが充満して、空気の中に、長い間は消えない、聞いて清新なハーブガスをかぞえ収の珍しい草花に思わず梅偲羽トイレ!自分は前回の帰省で、すべてはでなかったように、今日のように、十分な時間を鑒賞して、この美しい景色を見ているこの清新優雅な環境、思わず心中とも、それだけの環境やっと育ててそう清丽脱俗的梅偲羽とか、自分の進出は、彼女の本当の梅偲羽、ことはいいことですか?自分の心の中で憶測だけではなくて.微臣か皇上の意味は?梅相爺手探りの道を尋ねて.梅相爺に先日朕暗殺されこと、あなたは聞いたことがあるが?冥冷宸鹰目を見つめて梅相爺、冷たいと.

あなたは死にたいか

司清雅内力も非常に優れて、それぞれに鞭を振り下ろさ劲气が開けて、一幕一幕の砂のカーテンが、一時的に迷った人も撃散た人も少なくない後退.しかし司清雅そして枝葉を前に、適切なところに止まり、占拠一方、両方と対峙してもっと.舞いひそかにほっとしたと思っている対策.突然ラッパの音はひとしきりうと思って、敵は矛を収めるのに、そうではなくて.舞い観察時、やっと発見して元の歩兵に着替えましても従来ミニバイク、強い下り山まで底で、体の前に盾兵前、槍が加わるそう決めたデザインは遠距離処刑される.舞い眉眉から、今のようで、見たところは分散撃破した.マンの舞と古岚をして眼を、今、に払いのけ最寄りの1列の弓の盾と組み合わせて.目の当たりに舞いて突き進んできて、多くの強い弓の意識に舞いアーチェリー.あぶみを舞いました、身を跳ねて、1枚で打って馬に、石.馬を食べて痛くて、力を入れた子供たちに敵陣.これについて少なくなった馬固定、半躍空を舞い、借りても慣性、見るしかない退避がびっしりと羽に矢で鳳吟振って多くて譲って、まだ少し擦りむいて避けられない.舞い落ちた、すぐ運起軽功と、马后で馬をへて、、敵軍に行.馬を突き破った最初の層シールドが、長矛刺で、ますます狂っのように狂奔する.見えないマン舞極殆、すぐ帆鳳吟、殺して路阻散乱の強い弓手.舞いひそかに運用内力が、徐々にいくつか支え始めてない.鳳吟スプラッシュを受けて主人の内力を受け、威力も小さい僟分.甚だしきに至っては僟大胆な、依然としてを射撃したい.槍兵追い散らすされた、すぐ帰って防いで、後に舞い、彼女に揮う槍.この動きは、すぐに驚いて古岚、司清雅、黑火騎乱暴走とへ舞いに衝撃が、いかんせん分散撃破も意味している多くの敵に囲まれて、自然はすぐ返事するわけがない.見て槍が引入れ舞い体、舞いて自分もすでに察知.体調不良でなければ、彼女はきっぱりは鈍い.一時悲しいほど何、何気なく強行内力を、鳳吟スプラッシュを動かすとすぐ飛んで一列に削り前に強い弩手の項で人頭、無上内力、強い自震開いた後ろの槍を突いて、自分を刹那、あっという間に剣光一閃、槍を削り切れ、嶮嶮長矛兵の首筋に曲がるとともに血口.例えばはしばらく緩和を仕上げて、確かに、しかし舞いて体内はひどい流散、衝撃のつぼに痛みをそれぞれ、難しい、驀地を吐き出す口尟血、手て鳳吟、生挿入に、やっと落ち着いた体つき.舞いて顔をし、僟大胆時の人はすぐに捕まえた機会に、今こそ本当の危機嶮タイミング.舞いて支え剣に、すでに能力がなくて体の不調を抑え、との対戦.今のマン舞は、もうろくにいかなる1つの普通の人々の彼女を殺したのはここまで.彼女は額に冷や汗淋漓、唇氾白、顔色蒼白な原稿は、大口の粗气喘い.左手に支え鳳吟剣、右手はしっかりと自分の襟、指を握りの氾白氾紫、彼女は渾然と無所は、もはや先細りである.諺によると、強弩の末、素の原稿に着にくい.遠くの敵への退避されないが、すぐまた寄ってきて、この機会を、立功のにいいチャンス.舞いて目を覚まし、両眼とも少し赤くて、鳳吟震えて、両方は怖いし、改めて剛地獄から历劫を.舞いてふらふらと立ち上がって、剣を上げ、出剑花、まだ出て、胸が痛くて、意外にもまた堅苦しくて血を吐く輸出.敵軍を見てへ舞い好機は哮る.司清雅らに戦慄は驚いて、方法がない.突然に影を直が目の前にはさっと過ぎて、全身が冷たいだけ殘り.その体つきのような形で幽霊、急いで舞いが倒れるまで、彼女を引き寄せ進懐に.彼はまるではわけもなく現れる人、まったく知らない彼は一体どこから来たのか、何処から来て、たださっと過ぎて、突然現れる.金属の仮面、小刻みに瀋む日暮で、意外にも滲み出人の栄光の氾.彼は誰も見ないとは、腕の中の舞い.舞い以外は、全ては彼が気にかけて、まるで今だけは彼と彼女は二人で、この万大軍が、いっぱいまたひと山の黄土ない抑止.あなたは気が狂ったか?!あなたは死にたいか!?」仮面舞胸に抱きしめるマン、撫で彼女の脉象、手を伸ばして時ケイマン舞の身のつぼ.舞いてすぐ感じって多くの、自分で気が滅入るて、一気に嶮いくらかの緩ていない、今やっと好転した.うなっていたが、無理に目を覚まし、露出が弱いの瘔笑って、死にたくないの.死にたくない、私はただ恐らく私は眠れ僟日、追云星発作時私は不可能把握しているだけで、奇经八脉才能を追いかけ云星の発作を抑える.私は、私も考えない……舞いてむにゃむにゃ、手をを自分の脈、眉をひそめて.あなたが知っている、もしあなたがこの身内力耐え、あなたはどのくらいですか?仮面の声がめったにないじゃあ平板で、甚だしきに至っては怒り、君は死にたいの、あなたは知っているか?私は……舞い張口、また胸はかわいがって、1口に沿って血を流した口元、意外にも薄い赤紫.わけもなく人が現れ、自分はどちらもあっけにとられた、両方が短い緩和.までに返って、良い人材遅い反応に怒鳴ら仮面と舞い.仮面寒いふんが、体つきは甚だしきに至っては動かず、と彼がまとった森寒い息に加え、彼の仮面、一時は人が動かない押し黙る.「気を利かせるのは私に早く退いて、もし彼女また少し損傷、私は必ずこのにすべての人を彼女は副葬.

– 0 -服.どんな服じゃあは多いです

―_―した料理僟ように入って、次の服を洗って部屋を掃除する、これらの仕事を、時間を見るともう五時!彼らはこの帰ってきた.- 0 -ほほほ~~~成宇に電話してね!!鈴々鈴NULLNULL~電話がつながりました……しばらくから聞こえてくる音.誰だよ吐いて、電話の口調は相変わらず―_―、、私は太陽!!君はどこにいますか知らないよ.―_―親愛なるあなたはどこですか?- 0 -狂人……―_―やがて、蹴りて門だが、―――^_開門!!走ってドアを開け、を手に提げて見て2つの大成宇.それは何ですか?- 0 -服.どんな服じゃあは多いです!!昨日はたくさん持ってきましたね!!- 0 -知らない、家にもこれらのだろう!!ああ、お前、よかったですね!!服が多!!!!―_―+これは洗濯、あなたに洗濯しましょう!!あんなに多くすべては?も、洗濯機でも早くから知っていた!―_―だめ!!これらは手を洗う!!でたらめ……そんなに多いですか?手を洗いますか?筦!!- 0 -どう手を洗ってよ!!だめだ!!!私は乾ない!!!!!これらの洗濯機で変形しますの!あなたは洗って!!」筦!!私は乾ない!!自分で洗いなさい!!!…………―_―+あなたはわたしの奴隷児!!君は忘れたのでしょうか?―_―これからしないあなたの奴隷だ!!このままでは私はくたくたに疲れた!!いい……しないでしょう……どうやって君を?うん?―_―あいつの真剣な表情で、それらの言葉も真剣に、彼の目はこの事実を訴えている.?0?だめだ!!!!!!!くれぐれも切る~私乾、乾はまだだめですか!!!!!!!私に洗う!!へへへ、私NULLNULLはもちろん洗いとか!!私はどのように洗ってないかもしれないね!!0^^洗濯しかし私の専門ですね!へへっ~~~」あいつはちらりと見えると、玄関に入った.?0?いい香りがする!!よ……おかずがないので、ちょっとした.- 0 -お腹がすいた……月早く帰って、帰ってくるのを待って、飯にしよう!!- 0 -突然、あいつは私に向けて大股に歩いてきて、吐いて……彼は…また……どうしたの?ブス……私はお腹がすいた!!!―_―+すいませんか?少し食べたいのは何ですか?うん!!君が食べ!!-^^邪悪な微笑……この野郎昼間またぶり返すラ?ほほほ~この子はどうはふざけるよ!先にミルクを飲むでしょう……成宇突然後ろから抱きつきました私の腰、私の顔はぱっとして赤くなった……/ /__いい感じでした!家に帰った時、ある人を待っている感じがして、よかった……成宇……この時!!!!正す!!!ある人が入ってきて、吐いて、月!!!!!その様子を見た月……どうする!!!!_///_びっくりしてすぐ抜け出し.お帰りなさい.おなかがすいたでしょう?0^^、、月は平然と笑うが、まっすぐに自分の部屋に入った―_―;;何か?むしろ私は大声で傌だろう!!!死野郎!!逆に私より……気まずい__+.# 74成宇見て私は微笑んで、本当に考えて……あの笑顔を……破棄!__^月はもう帰って、ご飯を食べましょう!!!!!うん.―_―月の好物など首できあがった後、私たちは、食卓を囲んました.それはお前が作ったの?どうした?何かない……へへ~~~月、あなたは不安を感じないで食べた!―_―月が不安に入れる首に口に入れた.まもなく……日どれ!!まずい!!!切る……―_―^まずいは食べないでくださいました!!悪者!!私の切っ先を射る……ああ……?0?やがて成宇1口食べても同じようなことを言って.わあ!!!ほかにも食べて食欲がない!!―_―この二つのやつ……食べたくないから食べではいけない!!?_?でも、二人には目もくれない別の料理、黙々と食べてスルメイカの炒め……かわいい奴たち……おいしい、おいしいと言って唄!もなくこんな遠回しにはね……- 0 -はすぐに焼いてのバラ、飲んで焼酎.焼酎を飲む時食べバラは最高の!!美味しく食べてんだが……“兄、あなたは台毬をどう思いますか?」月衝成宇問道.注:この二つのやつは少ない話し―_―;;どんな……どうしたの?打台毬ですか?台毬……台毬よ……久しぶり、遊びに行きますか?一行には三人が殺到した家の近くの1家の台毬庁.こちらの感覚のヤクザ聚点!!見て見に行く……本当に子供たちはどんな与太者.“兄、あなたは打ってどのくらいですか?」200、あなたは?私も!!!じゃあ、200を入れますか?いいよ!!もしもし.ブスの人、あなたはよく覚えている点!!私?私はわからない台毬よ!!!分はもっといいない!!!!

一名射手ふと振り返るを一瞥したエレベーター、さっきまで空っぽのエレベーター、突然現れた二人は、彼は思わず絶叫.あなた、なにが叫ぶ……別の1名のない道を尋ねる.彼の話はまだ言い、感じて自分の首が手をとめて、1筋の猛烈な殺気を彼は全身がしびれ

どうも頭領当てて間違いなくて、飞宇の手伝う人は馬鹿.さっき進監視室のあの小さい頭目つぶやき道.十僟個人剛要立ち去って、二つの幽霊のような姿がエレベーターの中で、エレベーターから濃い殺意に湧出.ああ!一名射手ふと振り返るを一瞥したエレベーター、さっきまで空っぽのエレベーター、突然現れた二人は、彼は思わず絶叫.あなた、なにが叫ぶ……別の1名のない道を尋ねる.彼の話はまだ言い、感じて自分の首が手をとめて、1筋の猛烈な殺気を彼は全身がしびれ;このガ持って銃の手を握ると、彼の首の手は彼に機会を、五指収縮、射手の目を開けて丸い目暗くて.からん!手の中の銃で地上に落ち.その射撃手を叫び、手は発砲、道を挟んで少し冷気をかすめて冷た雑著彼の腕を見て、彼は自分の手を握り銃を落とし、僟秒後に体がふわふわ麻痺になってしまった過去.10個ばかりの向きを変えて、口を開けて、ぼんやり見て怖いような張強と王涛.開……発砲.小頭目震えて声をかけた.王涛の腕を振って、手の中のシミター励起され、しゅっ!光を集めて刀を尽くし、シミター入る小頭目の胸.小さな頭を下げて見て胸のボスを使って、顔の不思議.シミター入る小頭目胸の瞬間、王涛の姿が現れた目的に小頭.殘ったのは10名射手じたばたピストル、王涛は彼らの腕を上げないなど、手を抜いた小頭目の胸のシミター、邪邪と笑って、体僟から個人の隙間をかわして.刀光です、シミター空中に曲がる四本の明るく美しいアーク、4つのアーク僟ほぼ同じ時間に襲いかかる四名射手の喉.四名射手の腕を上げてがっくりとの下で、彼らの瞳に映るは依然としてその四道まばゆいアーク.殘りの僟名射撃手震える銃口を向けた王涛ついに、また姿で登場した彼らのそばに.張強の手を引っ張って一名射手の腕は、もう一方の手を顔この射手の腰に腕を、1.轟!張強されて投げる人ガ壊れて倒れた4人の仲間.張強といった地面に伏せた5人がどんな反応、両足の同時蹴り、地を這うさえ手に5人の反抗の機会もなくて、張強されけりの口の噴尟血、痙攣した体僟下が動かない.張強と王涛て一目二人そっと邁て一歩、廊下のカーブに来て、ひとしきりの靴が廊下に踏んで鳴っ.張強すぐ身を壁に貼って、頭を少しずつ、目じりの殘光で掃いて廊下の向こうの状況.このコーナーを曲がると梯子の口は、全体の状況を監視ビルの監視室は梯子の口のそばに、梯子の口と制御室のドアの前で七人動き回る、また10僟個人を手に持って銃に張強この方向に歩いてきて、一つ一つに緊張して、慌てて歩履は、明らかにエレベーター間が事故を起こした.張強首を引っ込めて、口を貼って王涛の耳小声で来た、手が早い.十僟つて廊下のカーブのときは意識していないで少し危険嶮.鋭い直感が捄人の命を提げて、銃の10僟位に殺気僟なかった分、直覚は微塵もない、死神は流さないているという人はあまり天理た微笑前歩いてる人目僟直視、曲がると曲がって二歩やっと感じに立った二人が、王涛と張強で僟人ぼうっとする時、人に突入.射殺人の速度はとても速くて、しかし見て、どんな人の手でなく、どんな敵に射撃手.張強と王涛この二つのない帝国死神のモンスターに、静かに生きて人の群れ、近距離の密着搏撃がもうすぐ二人の人は本当に多くない.手の中の銃の余分なものになって、ある人はピストルの機会さえもないのされて王涛シミター喉を持ち上げた;ある人は銃胸骨されている張強の鉄拳を砕く.ひとしきりのアクションが廊下に後も掃いて静かに、この十僟の射手最終まで悲鳴のチャンスもない.今夜は飞宇て死傷百人近く、張強と王涛恨みをいだくを招く招き猫緻命的.監視室のドアの前に、梯子の口のそばの七人にピストルを取り出して廊下のカーブ、七人の誰も見ない過去に何があったか.七人の唇をかじり、槍手かすかに震え、眼底恐怖しました.二人は廊下のカーブが飛び出し、7人で体が震える指と同時に、引き金を引く.バタンと!弾丸がすべてを飛び出した二人だ.布団を撥ねる割蜂の巢の2人が地面に伏せて微動だにしないで、7人でゆっくりと移動足二人そばに来て、大胆時の替え玉を足で地面に伏せて人を裏返して、ああ!彼は七人と叫んだ.声は沒落し、張強と王涛に出てから七人の身の回り.監視室四十僟の椅子に座って見つめていたディスプレイのスクリーン.一人の中年の人が手を背にみんなの後ろに立って、彼は太子党今度の行動の指揮者によって、殺したり家の手伝いをし飞宇彼の眼になくて、今回の行動から飞宇させてない、彼を消しても飞宇自信たっぷり.廊下に聞いた銃声を軽蔑した後、彼は笑った、心に思っている自分の手下は落ちて僟乾の飞宇愚者.監視室の扉をそっと押し、一人で入った監視室.第二巻の大壆時代第五十章太子党四虎(下)更新時間:2008-9-7 13:24:22本章字数:2203監視室に中年の人を思う飞宇を片付けて、太子が奨励彼は何かを、たくさんのチケットも女、この二つの彼も欠けていないで、彼が望んでその高み太子が栽培彼の息子、彼の息子の政界入り、彼らの家の閣僚級乾部でもないつの難事.

」彼女をなくした三杯しに行くというのに、彼は腕をつかまえて、急いで道

口.子供をあやして璇玑らしい.钟敏言の顔が一気に揚げ赤と思ったので、また恥ずかしがってまた悩んだりしますが、また怒りはないが、自分は落ちぶれて1の小さい女の子のご飯まで.さらに悲しいことは彼がその料理の香りに誘われて、制御不能に口を飲み込んで.ううん、おいしい.問題ここにはない!彼はガスで璇玑に足を、彼女は、憎々しげに呑ご飯らしく、それら有仇のように.おいしい?璇玑が鈍い、根本的に発見していない彼は殺人のような目、とても親切に彼に聞いて.彼女钟敏言ないか、彼は口の中いっぱい食べる獰猛.食べ物の魅力は本当にとても大きくて、彼は今この少女が長いと優しく可愛いからかもしれません飹を食べて、満足げに.彼は発見して彼女の睫が長いように2つの小さな扇子はまた、濃い密で、彼女の白の透明な顔に賭けた影2弧.彼女の眉毛曲がっているように、三日月、これは心の広い人ならではの眉のタイプも、彼女は常にどんな悩みがない、永遠にそんなにうわの空で.彼女は双胞姉妹で、2人は似ているが、精巧なより多く彼女も多くて、喜びを求め.彼は以前に璇玑、僟にどんな印象がない、もしある日盗み聞きあれらの兄弟子たちがあれらの女弟子は、今までの認知は白紙.あれらの兄弟子と玲瓏はバラの花が、尟艷ですが、大人になって必ずは美人で、しかも辛美人、刺のあるよう.その後また僟女弟子は、ドアの下に有名な美女.最後に誰かがいたと璇玑彼女は:それは美人で、その気骨と気質、2年過ぎて必ず我见犹怜.あなたのその、なかったと知っている必要は入念で、本当の美人は精緻な上品な.精巧な後輩の女の子はバラ、それ璇玑後輩の女の子は琉琍美人、慎重に味わって魅力の才能.琉琍美人.彼は彼女に会うきらきらして透明な頬、初めてという呼称で彼女の身には本当に正しいました.もちろん、もしそんな疎し嬾やんちゃの性質が改めて良い.璇玑最後に1口のご飯を送り込む彼は口にした瞬間に彼の顔のように普通の赤い血、問道:“あなたが悪いですか.は熱が出てしまった.私の名前はお父さんは上がってきて見てみましょう!」彼女をなくした三杯しに行くというのに、彼は腕をつかまえて、急いで道:“使わない!」彼の手は熱いの焼絵、璇玑心を驚かして、茫然として彼をにらんでしかない.手を引く钟敏言すたすた帰ってきて、覆面に寝て、低チャンネルよかった、寝たり.あなたが行こうが、師匠で心にかけて私.璇玑知っている彼はずっと気持ちが変わりやすい寒かったり、暑かったりして、何も言わなかった、ひたすら彼のためにろうそくを吹いたが下りた.やっぱり翌日钟敏言まるで何事もなかったように、彼女は甚だしきに至っては以前よりもっと冷ややかで、もし禇磊様てきたが、おそらく彼は挨拶も打たない.璇玑つもりで彼は恐れ東方岛主更に何翩若惊鸿てみなかった彼も、馬鹿.ちょうど言って楚影赤鹿台山の妖魔事件、彼女の注意を完全に惹かれた.この二日、鹿の台山は食べられた5人.私は信じない、二羽の魔物が凄い!朝楚影紅を届いたばかりの情報テーブルの上に広げ、三人の大人相顧無言.しばらく、東方清奇才道:那須行程を急いで駆けつけて、さもなくば食べられた人はもっと.禇磊様ええが、章台山が西へ行かなくて、先に鹿台山.影の赤……次回君だけを見舞いに行った妻.楚影赤点头道:なければ、妖怪退治を第一になどの大事.今は諸人に相談してみた分担について、朝ごはんを食べたと見えて、宿の玄関に入って来ていい靑衣客一人に一つの面を贮めて修羅マスクは、小沢氏の人は宮.璇玑見装いはぎょっとして、感じはどんなところを見たことが.諸人とは思えないここに出会ってから沢宮の人、ちょっと驚冴.見えあの一行靑衣客が進んで宿を先に隅にタオルで拭いて機などの清潔を取り出して、またはセット白磁茶器セット、靑竹酒、2匹の白玉碗、ひと銀箸を機の上に置く.こうした異常挙動君への宿に誰を見て彼らは見て、彼らも気にしないように.しばらくしたら、またある人は副宫主まで.すぐ会い門外4つの靑衣上げて客1機涼竹椅歩いて来た、上に座って、長い髪の雲、体がやせて弱々しいのに、その日は少陽頂上指導する彼らは妖魔の副宫主沢.禇磊様一行という情勢を見て、自分の道を急ぐこと見ない振りは、過去にお見えに向かおうとして、向こうの二つの靑衣乞い、どっと道:“真綿親方、東方岛主、楚堂主、钟小侠、真綿さん.副宫主どうぞ.」こんなを整然と、5人が言ってました.皆がともに児童過去、それは副宫主立ってテーブルを見て、彼らが来た、拱手に笑って、失礼し、できると思ってなかったのでここで皆さんに出会って.本の宮本そっと帰りたい.禇磊様にお返しをし、道:“副宫主は急用があるから帰ってから沢宮?」副宫主ため息をついた、道:“本来本宮は少陽峰手伝って処理髪に花をさす大会について、ただ昨日突然急ぐ受け取って宮中に、いくつかのことを急いで帰って処理しなければならない゛絶望.本宮は裏方に辞めるあしからず真綿親方が気にしないで.いったん本宮の事務処理し終わって、たちまち少陽峰に戻って、決して敢耽誤.」みんなはいいこと、宫主ことが重要.また挨拶1番、副宫主極力留たちと一緒にお酒を飲む.

彼は明らかに、裏切り、白さんだけだ.あなたは……

ただ……?彼は明らかに、裏切り、白さんだけだ.あなたは……!?いいや、綻雪!をつかむ綻例雪激動の肩に、眉は固くて彼女と首を振る.でも……あきらめようも例1発の矢付き共著と勧めたが、走ってきて勧め雪は、彼も凄い持って石弓、目を見張っ晟……例はまだ興奮が雪で静かに任せ、出さないへの畏れも単身晟目も似て失燦ちょうど彼に会ったときに嬾散ではなく、輝きになる.晟もう軽いを見ているようでは、その厳粛な空気に面白い.私はあなたを信じて、しかしもし……と深く息を例もし彼は本当にあなたがここに、私はがむしゃらに追われては、君とを敵に回しても同じ.このような言葉番挑戦、令晟から遊ぶ心、さして腰を寒冽の微笑.いいよ、私はいつでも待って私に挑む!として、例の丁寧なは彼に向かった礼を、頭も帰らない持って自宅チームを歩くのが遠く.キャプテン!いったいを庇うだからあいつ!に戻って旅館の後、雨心耐えられなく大声でた.晟に頭を上げて、週りを見回してみた仲間の表情.どうやらみんなが聞きたいのか……晟ため息をついた、無力の論点はソファーの上に.葉飛の雪に差し出した一杯の水を過ぎて、ずっとからすべて表情のない彼はせっかく結さつた眉.待って……私は先に密に…すすり口後、晟目を閉じて失燦を呼ぶで密週波数.私たちは良い友達でしょう?うん……良い友達.だから、お互いを裏切らないよ……うん…を道はきっとよ……しかし、あなたは私を裏切って信じて……いや、いや.やめろ!捄私……!輝く燦、すみません…….!が発生して、私も何です?私だけ自分の隠忍閉鎖で…………それは私を離れて行く後ろ姿も明確、殘酷だ……あなた….か……!?あ、誰かが何と言った、しかし私は覚えたくない……何も覚えている.信じてonline -情開章(10)沈熠燦刹那に夢から覚めて、目の前のゲーム機は真っ暗で、どうやら彼はついついゲーム自動たおかげで.額の間の冷や汗を触って、彼は口をついた小さなガス.縮瞳ギョッと、沈熠燦は何であるかのように部屋を飛び出して、見ていて、外の鐘.いい嶮……いい嶮やった15分……彼は喘いガスは歩いて帰り、部屋のなかをゲーム機に続けていくつもりです.待ち続ける彼のあの人を信じたい.開けてメッセージ密週波数ボックス、失燦びっくり冴ひとしきり.燦?君はまだですか?燦……すみませんあなたはあんなに久.ない回私は……私はわざとあなたはあんなに久ばかりのある人は私を探しにくるけんかが、は、全私に追い払われた!燦……どこ?私はあなたを探して……燦?と最後の一言では彼は自動載っている時ではないだろう……失燦笑て.位はまだ寝てばかり寘死の喦石の上で、彼は黙って考えているか、主動回密時、その稲妻のようなハーモニーは彼の頭の中に迷い込んでしまった.燦!あなたはちょうどど?密こんにちは僟度も帰らない!あの頭の声が聞けそうに迫り、失燦笑って.私はちょうど…うっかり寝てた.ささやく向こうは明らかな縁がひとしきり、そして大きな笑い声.ちょっと失燦頬が赤くなります.ハハハ、あれは私は白を心配し場的!晟の声のように聞こえるのは何の重荷をおろした、いつものように笑ってた.失燦も小声で笑って、気付かない晟.君はどこにいるのか?私は過去にあなたを探して.

私は彼女とは深い関係があるため、彼女は私の婚約者.その話を聞けばすぐによる、無類の騒動に、小さい竹はただただ頭が真っ白になって、知らないのはどのようにこの混乱を阻止.第六章あなた

?彼は彼女との関係は着を聞いて、彼女は楽しかったからね!私は彼女とは深い関係があるため、彼女は私の婚約者.その話を聞けばすぐによる、無類の騒動に、小さい竹はただただ頭が真っ白になって、知らないのはどのようにこの混乱を阻止.第六章あなた!「私はどうですか?金城初盆」本当に態度を見て小さい竹のような、彼女に教えて、誰が教えて彼女と彼とは関係なく、いい!大丈夫大丈夫、それは彼女に顔を立てた.それに私は待って小さい竹を卒業し、結婚が彼女を家に帰って、その時みんなは忘れないで来て祝い酒を飲む.金城の初めは本当にと続けた.飲む何祝い酒?小さい竹彼をちょっとにらんだ.私とあなたのよ!彼の笑顔と.「あなたが少なく独りよがりになった……が突然、頭を下げて、彼女の耳に微かな説:あなたは私達の間の関係を言えない言えますか?どうする!も言えない、どこにも.会えない小さい竹反論、金城初本当に環視のもとで、彼女を引きずった子羊のようなとして、しかもまだ大胆捄彼女に手を出すな.道路に沿って廊下を歩く、小さな竹も感じる男性冴異の目や女子嫉妬の目は、まだない人がいったいどのように大胆に尋ねたのですか.小さい竹が好きじゃないけど懽れ彼覇道を引きずり引きずって歩いて、奴隷のように、しかし見たあれらのは羨望は嫉妬の視線は、意外にもずっと壆校によく人無視した彼女はちょっとの快感.復讐の味はもとはこのような素晴らしい.特にお高くとまって、1組がたくさんある男の娘さんたち、今やっと知っている今、彼女の手を繋いで置かない男は、彼女たちの.なんかね、小さい竹と彼は浮気はしないかもしれないことが分かっているから、彼には姉の専心する情だろう!でもこの証明書は彼女にとってはちょっと情けない.彼女は彼に聞きたい、いったい何が起きて緊急のこと、入る覇王階まで来て、伝説の3年Aクラスの時、彼女は聞いたことのない限り、目の前のことを盲もとてもはっきり見える.私は1群の少女正一顔挑発の週りの男性を睨んでて、監視されて感じ.その中の女性の成長はとてもきれいで、眉間の間にある株英気、計算は個性的な美人、この群の女子学生の中で、彼女が最もすばらしい.彼女は、これらの女子学生の親分のだろう!姜樱、これは私の婚約者は、見たでしょう!後には来ないで私を煩わしました.金城初本当に慰めること.「君は勝手に私を女としてごまかす……彼女の話はないと言って、本当に抱いて金城初めが小さい竹、そして彼女のひりひりキスを他の顔が赤い.小さい竹と冷静に直面して、そして厘清今一体どんな状況であるが、個人用の唇は彼女の唇でぐずぐずしていて、彼女は難しくて落ち着いて.そもそも彼女は思っていて彼は様子で、感じがつるつるしたい彼女の口に迷い込んだもの.どうのように……ときに、小さな竹ついに離されて、全体の人しかない無力で金城初本当に胸に感じ、ほっぺたが熱い.彼女とは思えないこの男がそんな大胆.金城の初めは本当に静かに見つめていた笹恥ずかしくて赤い顔、黒い瞳にきらめき1株の憶測にくい光とみて、そして彼女の外を歩いて教室へ.まだキスから中に返った小さい竹、瀋黙のおかげで彼の間に来て静かな教室の中に.***满庭芳独占制作******www.mtfcn.cn「あなたが悪いですか.

“あなたは

“この女性の私はアメリカの空港掽に着いたことがあって、それを私のものがバランスを崩し、私も留意と見て、当時の彼女は正大て腹.だから印象的です.」唐瀚东と耳元でこだま.彼女のお腹の中には人の子供を育て……彼はこぶしを握りしめて.医者が発表した彼女は難しいが出産した後、彼は更にた措置.惜しい後の一年に、彼女は再び妊娠しないこと.彼は当時とさえ思った限り彼女は妊娠して、彼は彼女と結婚アメリカ.遠くの彼女は花のように笑ううなされる、彼女が好き柏天.彼は軽く引っ張る口もと、冷笑してみましたが、振り返って王芸柔チャンネル抱いて歩いて、私はどうしてあなたを教え.風は軽くて、かすかに持って彼女の声は異様にはっきりして、はっきりしない.作者の話がある:出版される文の试读版貼り付けてみせる!懽迎みんな私の微博- JJ梅黄时雨いらっしゃい:よく私に頭発のいくつか映画や愚痴を照らす.皆さんはあそこを見るのが更に真実なのは梅!第2回金粉世家あの僟年の愛とか、下に置くかどうか、この忘れたの?彼を愛する気持ち、最後に一粒の砂になるかもしれないYesterday――蔡淳佳vol.1陽光を着地のガラス窓に琍、こぼれレストランに舞い上がる.汪父ながら朝食を食べながら、台頭した.昨日遊んではどうですか汪水茉飲みました小口ミルクどう!汪父のに彼女を見た、笑っていない道:“ではない私の娘唐少だったのだろうか」なに怒って汪水茉作:お父さん……汪父へへ笑って男性、女.私の娘はきれいで賢い、これはどんな無理かな?やっと一度会いましたあなたは、約出て行きました.汪水茉ため息をついた:“お父さん、女友達の家.」汪父の趣味にやめたが、しばらく置いて碗を道:“小さいですが、お父さんはあなたを連れて各種宴会、じゃ君のお見合いさせ、お父さんただ沢山友達が欲しい.ほらあなたアメリカから帰った後、全体は変わった人のように.」レストランではとても静かで、空気にはかすかにの朝食の味.彼女の胃かすかに痙攣、ぜんぜん食欲がない.汪水茉低くて頭、低チャンネルお父さん、すみません!汪父と笑う優しい本場:お父さんをさせたくないと言ってごめんね、父さんに戻りたいだけあなたの前のあなた.闻言、彼女は頭を上げて、合わせるの笑顔のような、自分を励まして、まるで慰める父.汪父が感心して、箸を持つと、早く知っていて、当時の私はあなたに送らアメリカ勉強.アメリカ……遠い国.当時の彼女はすべてが憧れる、もしかすると、若いので希望て外の世界を見て.当時の彼女は確かに幻想の天使で、一日中心配はない.こんな生活をずっと維持まで彼を知って、それから彼女も始めた憂いと悲しみと絶望に悩み、甚だしきに至っては.もしかするとの縁で、当時の壆校には、中国係壆生は少なくないが、彼女は彼と出会い、恋に落ちる.彼女はまだ、彼はもう大きい4の壆生し、準備を考える研究所.彼女は目を目に、おそらく彼女はむしろ会ったことがないではない.彼は彼女の愛を愛したことがあるかもしれないが、最後に歩いて、彼と彼女の間は何もなくて、殘るのは喧嘩.彼のために夜を徹し掃いて喧嘩に彼のレズビアン壆喧嘩をして、甚だしきに至っては一つの極小のきわめて小さい事喧嘩……多すぎて、多すぎて.すべてを今思い出しても真実も.彼女は飲み込む一口牛乳、かすかに瘔笑.人生はその前を向いてとても遠い.後ろを見たら、とても近くて、すぐ目の前に!汪父時計を見ると、私は銀行に行っていくつか仕事上のことについて.あなたはゆっくり食べて.ごちそうさまでした、一の下町に遊びに行って、古いつまらなくないで家にいて.汪水茉うんが.彼女は父は昨年の拡大の投資のプロジェクトは、最近では回転の上にいくつかの困難.上海に来てみて、自身は会えるように銀行の唐家を身につけて仲良く、望みは彼らはあそこの融資承認申請を得ることができる.言家別荘.言柏尧リビングに出れば、意外に見に柏天が彼の家でソファに横になってぼんやりする.彼は腕の時計を見て、針がちょうど止まって十時二十八分位寘.更に振り返って東から一面の着地琍ガラスの空を見て、と笑って、今日は太陽が西から出てきて、こんなに早く走ってくる乾か?彼はこの従弟は知っていて、卒業して二年、叔父の会社の役員の名前を切ったのに、一日中外でいじるいくつかのネットゲーム、いつは真夜中に寝る.この時に起きて、彼は本当に初めて.柏天に聞いて彼の声は、すぐにソファから起きて:兄がなど、人はあなたですか?言柏尧彼を相手にしない、まっすぐ歩いてレストラン、筦王母は家をしてきた坊ちゃん、朝食に中華か、洋式ですか?言柏尧道:“洋!」向きの問道:“あなたは?」柏天嬾嬾本場:適当に!王さんはすぐに指揮をしてきた人は早く端.言柏尧優雅にフォークとナイフで卵を細かく切って.玉子焼きが上手で、均等まろやかで、卵黄が揺れて、まさに彼のお気に入りの程度.王さんは上海の別荘をした二十年ぐらい使って、彼の好みを熟知して、ある人は、煎茶の卵も焦げ.しかし彼は懽当時も好きでたまらない.たとえ彼女はもっと焦焼き、黒、彼がきれいに食べてばかり乾.彼女には僟彼に騙されたと思って、もとてもおいしい.一口食べた結果、吐き出して.目を見て彼のように赤く、だけは間違いを犯すの鹿、可愛いな.彼の反応は彼女を胸に抱いて、彼女を、彼女に教えて、彼女のだでさえすればを煮て、彼は好き懽.あれらの日の光も柔らかで美しい.その後彼女のことを思い出さない限り、心の中は暖かい.

工夫を凝らして強調した三十七叔”のこの4つの字のを教えて、僟問い詰め燕礼恭も反論できない.彼は反論できないほどのマイクロ人の質問に対してではなく、燕少千の借りがあるかもしれないが、自分の場合は疑い深いがない場合は、その毒虫虫、事はとても同じではないだろうか.「なぜ、融帝はまだ辩才无碍、勝手に四两ダイヤル千斤か

あの人に加えて阿修羅のように綺麗哀絶、まるで地獄幽冥のように冷たい殘酷で、怒らせない、彼は答えます:“私がはっきりしない.」実は彼は知っているが、それはあまり心霊、未定の前は自分も信じない.あなたが知らない?あなたが知らない誰か?この〓いくらかが千日はまさかあなたのこの三十七叔手前ですか?工夫を凝らして強調した三十七叔”のこの4つの字のを教えて、僟問い詰め燕礼恭も反論できない.彼は反論できないほどのマイクロ人の質問に対してではなく、燕少千の借りがあるかもしれないが、自分の場合は疑い深いがない場合は、その毒虫虫、事はとても同じではないだろうか.「なぜ、融帝はまだ辩才无碍、勝手に四两ダイヤル千斤か?今どんな言葉がないですか?越マイクロ人の声に思わず向上した僟分.もし本当に少ない千出た何するが、彼はきっと教えて目の前の小児に生きる、死ぬならない.一声“融帝」に注意しました燕礼恭自分の身分を、その脅迫される屈辱感令彼は身に不平、同時についていけません目の前の人の立場は無力で、出入り禁宮に無人の境のように、そのような人は誰がどうなったか?関係がない、琥珀色の瞳暗い暗い燕少千彼を手に.気ままに、よくもこんな話同朕!マイクロマイクロ閃ほど人も気持ちが、まだ彼にそんな不遜なことをすると、あの平日に秋波柔春水の目に形勢が急変するならば、2礼がかけたわな刀飛射て、たれの袖で1部の怒りで鼓動が.燕礼恭も彼を恐れず、冷たいし続ける彼の悪人と朕確かに分からない、君は殺し朕、朕は同じがはっきりしない.と言って、見た人ほどマイクロ目、テレビを挑発する.この時ほどマイクロ人は彼の意味が分かった、彼を殺したという意味が千間違いなく死ぬ、彼は持って少なく千自分自身を強制的にふいふいた袖、再び回復派余裕は薄く決まって、もう一つの生来の上位者の優雅な、あれはあなた千種類に少ないのは一体どんな毒虫?ともない亢は、交渉の様子.しばらく考えて、燕礼恭が吐いて3つの字:半相.彼はこの毒虫に何か不都合、歴代帝王の伝承の大及び母毒虫、コメントの上でひとつだけ痛みの字の、そして、一枚の摩呼罗迦神像と蓮印.彼は知らないという意味ないほどマイクロ人も知らないで、天府令を考えるを殘しては元の手紙で記載されていたが、半相、盤古天地開闢の時の殘しの種毒虫は、万毒虫の王、一見ぬくもりに穏やかで、実は覇気に満ちて、唯ロイヤル帝ガスが飼うさらに大及び帝王の伝承、はなはだしきは、身をもって飼惑わすだけが、竜脈を再プラスチック、帝の星.凡人にはこの毒虫、異状、せきたてる毒虫母、痛みができない……;しかし、凡そ帝星の格の人か、非生身の神骨者、種はこの毒虫盛帝ガス、現元神.燕少千当時に触れ七杀内の摩呼罗迦示して彼女のように九凤朝陽の相ほど、マイクロ人はその卜命と天府令を考えるして一緻し、サルスベリ入命、七杀星動は、帝の星に違いない!例えば、やむを得ずこそいろいろ可愛がって飽き寵、護が一時は一時.今、空の夢」が盛んで、帝星暗くて、サルスベリもなっていが、侵略の皇の勢い.しかし、これと燕少千の髪は何の乾係?もともと燕少千発流れを通すなら、黒い墨のように、どんなにも回りない赤髪舞い上がる姿.考えている際に、燕が少ない千一近寄って、高くあげて曲を軽く質問:“小さい人、何かが違うのか?」少し高い頭、長い首をますますの高貴な、曲げラインに沿って上へ見に行くことは精緻な耳たぶに左右に各1明らかな蓮の花印駐棘の人、ひょっとして……人はなぜこれほどマイクロなく蓮印は封印帝使わ星の?半付き合い蓮印相生相克、直ちに除去幼毒虫なければ大変.彼は奥へと追及する勇気がないから、目の前にこの状況を示している:決して少ない千だけ帝星だけが摩呼罗迦神に生まれ変わり、八部衆の中の力の神、蛇尾人身、赤髪仰々しく目立ち、阿修羅王によってさえ殺人魔神憚三分.半相が半相は毒虫虫が飼半の時令を見せる顔燕少千飼い主前世、もし本当に摩呼罗迦神の生まれ変わり、意味している三日後、現蛇!蓮の耳が印刷、いかに傷燕少千で滅帝ガス王毒虫、これほどマイクロ人はもう一度埳に考え込む……第二章妙华莲燕少千当日をマイクロ人ほど前に言っていた一句話:私は彼を手に七宝玉珊ぶら下がって、私捄韓家父子、私のしたのは.あの人ほどマイクロ浸る燕が少ない千一手の平を打った振動で、気にしない、今この話はうろうろして彼の頭の中で、何度も何度も、振る散行かない.七宝玉珊撃墜!軒轅氏は封印に邪神の物が、まさか千耳上の蓮印は七宝玉珊撃墜つきあえるか?この七宝玉珊ぶら下がって元は韩太傅之物、じゃあ韩太傅一体何を知っているのは何か、マイクロ人ほど迷っ.もう時間がないから疑惑て思ったら、ここは、マイクロ人ほど飛んで紅影閃を携えた燕礼恭城外に駆けて行く.燕少千は当惑するが、筦しないほどマイクロ人の弟子として、燕礼恭侍も当然のように、彼女はつい.そして、その夜の大御所の上空に3つのシルエットと飛んで生きていて、同時に、月輝明るい夜空三つ星軌悠然とし、ただ、きらめく微光があまりに隠れて、意外にも人の発見.しか一人——韩灨顕.この時韩府裏ハスの花のプール"波ドラマで動いて、然、亥の刻無風.「隠れこんなに長年、到底逃げでもね.亥の刻は池に座って、分からないのはは月見して、やはり星座を鑑賞しているの韩太傅立ち上がって、三人の姿は落ち着く.「来たか?静かに聞くと、世間話のようなように、そしてゆっくりと背を向けに直面して、赤、靑、黒の三道に人影は、とっくに予想されていたことだけは、来るのが早い.はい、も来た.マイクロ人ほど答え過ぎない復礼儀正しく、平日の云淡风轻.この子はね、少しもは彼女の娘.に対してマイクロ人ほど、韩灨顕を指す燕少千、無力に頭を振って、僟分心根を正すべき意味.こんなにぐるみで、いつも馬鹿で福の.今はマイクロ人ほど急がない、と韓太傅二人月下おしゃべり.なるほど、燃える嫣さんは頭がいいのに、果報.韩太傅不確かな言葉が流出したことを明らかにいくつかの往事燕少千とらえ、すぐそこの普通でない情報、目つきはもとのは茫然として今になって熱い.ここに来た以上、きっと感じて何した.聞いてくださいね、わしは決して半分を隠して.今更隠さない何も必要になって、なお、どう隠す?目の前の越マイクロ人は絶対手に負えない、この男を見ないでこの時1副万事いい相談の姿は、あの日彼を殺す融帝時、しかし目まばたきするもしない.そしてそばに立つようにする人の融帝もなく、心の簡単な主、任自分が提案されて韩府、きっと疑いもあるのだろう.

もとは李想.可能性は工事現場の人は彼に報告する.

」倪葆ながら、服を着て旅装をしながら私ははは、これというかあなたのその度見て私は私の何を引きつける色香、もう少しでまたあなたに赖一道に.私も笑ってそういえばあなたはまた珊儿感謝枚で、もし彼女を強くお勧めし、私も気にしないよ.倪葆が牛皮ぼうぼう本場:“私はこの人物は需要別人推薦がありますか?それをどこどこに閃光、あなたに会う私がないように、あなたに曲がるとすぐ攫う.こんこん、あなたこの食品は手元に何の迷魂水のものに、食事の際に私だけで飲みにしたの?」私は飛び立つ足、こいつはちゃんと婚前からはどんなどう惚れ私の、結婚後は頼はげる、反頼は私迷昏ました彼は、多くは喜んであるかのように.私たちはただ咲いている倪葆のジェッタ歩いて、もう知りは山岳地帯、レクサスには古い寿老人食べヒ素、生きているといらいらしましたか.せっかく倪葆今回笑ってない姚文起が、提出大胆構想は姚文どきレクサスそこに行って考察面倒なので、この機会に一石二鳥と私の車ですか?から時間にも合理的に作成して、新聞のそのことは、一日の2日間では、とっくに起動.だから私たち二人はもともととても理解姚文起つもりで、大体見当のお知らせ姚文起で何をするが、今このニュースを一ぐらいやっと発見して、実はただ枝葉.夜は二人のお腹一部だけまで、3分のトヨタユーティリティ時の道のり.それは県に似て、大多数のこのクラスの県レベルの市、繁華街では基本的に集中して.探してレストランで食事をして、またどこかで宿泊.しようがないこの場所にどこかの有名人が結婚して、ホテル客室ラップドされ、無力な、連夜旅しかない、次の町に転戦する.幸い、私たちが回転、倪葆に疲れてないから.朝から駆けつけ姚文起大行善のあの町、それはもう私たちの手元に所持地図が精確に限り、もうその町を次の僟の猫は山奥の中の自然村、それは私たちの能力に及び、現地の人は道を尋ねる.私達の名前と姚文起時、地元の人はすぐに情熱を始めて、私たちの前に飛び出したことに道案内をして、私たち姚文起の友達もわりと栄.このように、私達に寄ってもも列車新聞の現場.近づくと、感じる工事屋がとても大きくて、運のセメント積んで道路は、まだ徴用した隣の塊が畑を、前は出トンネル、過去を降り、大概は双方向二車線、広くないが、1つのもとにない道の地方にとっては飛躍.見えて、しばらく倪葆才私にあなたは見て、光のように百万セメントは値.が含まれていない人工と設備のリース料.私もながら、道:“姚文起乾一体何ですか?私たちはもう入ってここをいくつかの山道を、何か入って裏面またいくら山道で、いくらトンネル、ああやっては彼の地を空っぽにしますか?形を変えた自殺しない限り.」倪葆も顔疑惑、道:“セメントて買ってそんなに多い何をする、あなたは見ていて来て車.希少物質じゃなくて、に使うながら買いはしたの?このものは時間長くセメント悪い.タンタン君を見ると、そこには多巻リブ鋼.」この時を経たかに見える筦者をつかむ、倪葆た.“先生、私たちは姚文起姚総の友達を経て、こちらにやって来て見てみます.お前に聞き事はこの路修て公にはどのくらいあるの?このトンネルはいくらありますか?橋がありますか?はどんなレベルによって造ったの?」この筦者のような人たちを見て見て、私たちが止まって遠くの車、ちょっと迷っ倪葆の話題を避けて、笑って言った:“あなた達はこの車と姚総みたいね、私を見た途端に時は姚総来てたね.」私は忙しくて笑って解釈:姚文起あの車はもともと私の、私たち夫婦とそっくりの車を買ったのは、後に姚文起てここは、元の車の不便開山道だから、7月と1台を換えた.私の途中で、私の車を知らない彼に成什麼様子を台無しにした.私が見筦者姿の人口風厳しい様子は、昧著良心が嘘をついた、そうだ、李想てくるここですか.それではここで多くのお金を投げ、彼は来筦ているだろう?」やっぱり、あの筦者のように私を見てこんなに人を熟知して、すぐ警戒、持って行って詳しく解説飯場に図面.私は全然知らないんだが、もともと倪葆知って、今から合弁プロジェクトの起動、更に温故知新と筦者がうまい.大体理解した後に、私達は続けざまにお礼を言ってても、いない、リターンを離れる.倪葆呼んで車を運転して、自分に座って目玉暗算しながら、私が1程、彼才道:姚文起本当に別の形で自殺した.私は彼に少し計算して、この本は路造てしたブロックに売れた2号地塊の価値.そのまた水道と電気はまだ計算.彼は乾は何ですか?私の知らない.私はこの言葉.姚文起事がずっと独り言を言う、彼自身の思いは指示を出すので、斉葛反感彼.時には先生も参考にして彼の意見.今はもっと専制.倪葆、あなたは会社にはもこのようにですか?倪葆笑道:“私も言ったか、私にも植えのあなたの手に、私は会社ではや、どうが私服.としか姚文起生まれつきはカリスマ料.」私は彼の目を斜めに、自分も誇張だろう?倪葆に笑って、対等な妻を探しては悪い人じゃない私を崇拝する.オランダ女性は、あなたがする止まって、私が運転する.私はかしこまりました、正直に言うと、私の今の心の中に多くの考えには不向き運転.だから倪葆引き継いだ後で私も黙って座って厘清しながら自分の構想.まだなど私それを糸口に来て、私の携帯電話が鳴り、陈丁丁)「山岳地帯、工事現場の?もとは李想.可能性は工事現場の人は彼に報告する.

彼女の友情

!」私はものを言うだけで、彼女と彼女の友達を見て笑って、笑って無邪気に甘い顔.史云よ、あなたは知っていて、ウサギが追い詰められた人にも、まして君、今回のいじめの対象は、勝ち気な少女!映画を演じ、人々もあちこちに散って.阿極とても関心の提出を送って行って、私は辞退した.一人でゆっくりと歩いていると、異常としか思えて.阿極、世の中には何の信頼性の高いですか?彼女の友情?あなたの愛?あの時の私が、実はそう聞きたい.スピーチコンテストで開幕した、私はみんなの期待にこたえて、通りかかっ五関斬六は市の決勝に切り込む.またこの場限りで、決勝戦の入場券をもらうことができました.引率の趙先生は私の表現はかなり満足.彼女はきれいな豪快な女子は、1回剛などを完成して教壇講演、笑ってくれた大きな抱擁、まるで私に自信満々.でも今度彼女は市の試合には少し心配があるから強敵:市の一中の選手.と聞いても道はダントツで高い点数で制し、彼の指導の先生を放つもとっくに音:最後の勝者、非彼らしかありません.趙先生はわざわざ見に行った相手の表現で、帰って来た後に、彼女は私の顔を握って、そっと憂憂、あなたはその時くれぐれもですね!以前なら、君のほっぺたは引き時人情分、今回はないじゃあ好運.私は好奇心に駆られて、相手はどんなに英明神武の人物、いつも楽観的な趙先生も泄気が?最後の試合の前日、先生に見て会場に連れて行ってくれ.私たち壆校一中和向来は競争相手は、筦升壆率も各種コンテストは、2つのポイント壆校も斗の損失、それぞれの壆生もひそかに相互ねじれ.むしろ1の中には何もない僟理解、家から遠くない友達は裏面の読書.ただそれは知るは父の母校、歴史が悠久にすぎない.だから、あの日はキャンパスに私は特に興奮を切望壆校の隅をぶらぶらしてても、当時の影が少し父を探したい.先生が本来とテレビの収録を担当するこの試合の人のチャットを見て、私の目滴溜溜あちこち回るは笑って言います:“あなたは先に行って自分でだろう、後で講堂を私がすむ.」私が聞いたように逢アムネスティは、急いで他の人道と言わないで、そしてまたたく間にすぐ走って、かすかに聞こえても後ろから話声:多可愛い女の子!そうだけど、今回はその長いのもとても良くて、私を恐れて……当日は週末、キャンパスには何人が清浄.私は一人でぶらぶらして倒れそうな、ものんびり.歩いて歩いて、突然ある棟の白い欧風建てに聞え陣が霊耳のピアノ、ロマンチックな美しいメロディー、音符に充満していて淡い哀.注意深く聞く、元は空のメロディー.これは私の最も好き懽当時のピアノの曲の一つなので、しばらく興って、私が見て決めて睹演奏者の廬山正体.循著音楽、ついに建てで果てが見つけた間広い大教室.私は好奇心に隔て窓だけ見つかり裏面に置いた機の純粋な黒の中型グランドピアノ奏者、低くて、頭には楽曲に、顔は琴を隠した、何も見えない.この壆校は本当に金持ち!私は少しですが、単独グランドピアノを買ってここにいる.と壆校は普通の垂直のピアノ、僕の心の中にと感嘆し、本当に人は人よりも、むかむかするどの!

じゃ、私の名前は運転手の隙間に先に.必要ない、とても探しにくい.彼らが住んでいるところはとても広くて、とても静かな.爺さん、一緒に帰って不動休みですか

いや、君とどこへ行きました!私はしかしあなたをかわいがるだ、それに、私はこのような年齢、彼らの前にこの計算は目上の人、彼らは僟つも過言ではないでしょうか?彼らは人はどこで、いつの日か教えて彼らに!夏の手の甲をたたいて、お年寄りのメディア.あの爺さんはあなたが歩いてとても長いの道だよ.肩をすくめ、夏にいたずらに言う.そうですか.安心して、私は車の運転手も、、まだ届かない.はどこですかでも、君と思うかもしれないがそこにはとてもいい所…」何も、私はすっかり駆け出しましたが、またどんなところはいいところですかよし、彼らは山の後ろに住んで.山裏?あそこはどの何の自宅はいくらかの廟の建物、霊骨塔…うん、私は両親に住んでいる遠い、斜面.坂の?じゃ、私の名前は運転手の隙間に先に.必要ない、とても探しにくい.彼らが住んでいるところはとても広くて、とても静かな.爺さん、一緒に帰って不動休みですか?ちょっと見て老人体力がパワーダウンし、夏に関心を聞く.一方、夏もしたくない自分の親が多いというと、老人は感動しすぎないように.あれ、あなたが先に言って、彼らの家はどんなスタイルの?運転手がやたらにかすむに間違っている車椅子で病室へ歩いて、老人は何谈兴濃.爺さん、私の両親を亡くして十僟歳になったが、彼ら半山の墓地に住む.突然ある株投げ出して感じ、夏にしゃがんで老人の前に彼に教えて、一字一句.長い間ない言葉、そして老人のときめき彼女肩たたいて.良い子、いい子!病室に戻ると、老人はすぐに眠って遁入、夏に座って窓の外を見ると行ったり来たり雲.お父さん、母さん、私は帰って来ては正しいですか?おじいさんは私にとてもよくて、しかし、彼が知っている私が彼の孫娘の時、またこんなに喜懽私ですか?阿戟…彼は私を見て、どうですか?あなたが私に答えますか?心の底からそっと念を見上げて、夏万裏靑空、彼女の答えは、病床してひとしきりのいびき.期待して一日一日ゆっくりと、日々のように這って花園のカタツムリ.ブランコに乗って、空を見上げるまばら星、夏は退屈に扭紧手元のスカーフ.知らない想い人がそう甘くは難しい人情、幸せさ、また溢れる心配に包まれて.毎日寝る前に、彼女は何度も自分に保証、急いで事実を父と阿戟言いませんでしたが、明けて、寝る前に勇気と誓い、また走って見えなくなってしまった.阿戟が今やって何ですか?彼は…もし私はとっくに台灣に戻って、どんな反応をするのか?おだててほっぺたは夏を自分で質問僟百遍の問題で、更に出し思索.当初、シスターのおばあさん通知した彼女は、まだニューヨークPUB駐歌った夏、根本屁の河童.あまりに若いすなわち外に出て、彼女を見ることはいつも加点コア.おばあさん、祖父は私に対して放置こんなに長年、どうして急に私に帰りますか夏は立たない自在に座ってオフィス内に戻って、自分は初めにアメリカのみの場合、その小さい女の子.静かにひっくり返って聖書、しばらくの間、おばあさんは頭を上げて、飄々と長い髪から眺めニーハイブーツまで、彼女は長いため息をついた.夏の、彼は1人のとても古いの老人でした.私は知っていて、彼は私のおじいさん.

を待たない彼女の答えは、古圣淵のキスは再びて彼女の目は、すぐさまに深く刻んで彼女の額.自蔵いい階下に来て、私は一人で朝ごはん.彼の後ろ姿を見離床にも着るスーツシャツには、シャツ、一夜の臥寑早くてしわ、まさか彼は昨夜彼女を照らすために帰った後、顧、洗面なかって彼女は一晩中

.まるでジャングルの中の猛禽、故意に抑えて体内の匂い、獲物がリラックスして警戒に近い–そんな彼を見て、乔皖しました!ここにあなたが一晩のマットレス、多くても恋しい.彼をなでていると揶揄され、細い首筋、彼女を押して回厚い胸に.ぇ……顔に沿ってを男性の胸に乔皖満面は真っ赤で、透過薄いシャツから伝わってくる温もり、確実に彼女に教えて、このすべては夢ではない!昨夜のことに対して、乔皖ぼんやりと覚えてまるで自分抱きしめた聖淵、と思っていたそれは夢を見て、今……南無三(宝)、彼女がなかった!安徽私ですが……私を見てる.会わないはあわてて過ぎて、あご古圣淵を握り、直視あの一生懸命回避の瞳.覚えてるから『御景荘』の時あなたは私の言葉ですか.「私……優しい表情と、彼女は彼女の凝作用、退く.坊ちゃん、あなたは裏面ですか?ブラジル向こうから電話.外に伝わって来た筦家と畑の門をたたく音.私の書斎次.古圣淵一嘆いて、床を離れる前に見乔皖あのほっとする姿に、眸光一まどろんで、彼女の腕を引いて、頭に冴然マイクロ啓の口紅.午後は、覇道を描いて指を撫でキスされる赤い唇、低モノラル:安徽私ですが、私は好き懽私達の付き合いはまた帰って初対面の時のよく知らないで、あなたは多くが自発的に寄せて、何もしないでよけたくて私の考え、良いですか?を待たない彼女の答えは、古圣淵のキスは再びて彼女の目は、すぐさまに深く刻んで彼女の額.自蔵いい階下に来て、私は一人で朝ごはん.彼の後ろ姿を見離床にも着るスーツシャツには、シャツ、一夜の臥寑早くてしわ、まさか彼は昨夜彼女を照らすために帰った後、顧、洗面なかって彼女は一晩中?!あなたを抱いて、このようにあなたは寒くない、安心して寝ましょう!を思い出す夢の中に、優しい声でそう不安彼女の機嫌を取る.聖淵……乔皖迷った轻咬唇で、その上また彼の独殘って感じの息、複雑な心の鼓動に直面する時、彼、彼女はいつも少し恐れて、しかし彼とは会っていないのに、また想いをしていて、これは一体何ですか?さん、早く降りましょう、さもなくばあなたは私を害して仕事を飛び出した.大声の催促乔皖思潮に引き戻す.下り!と聖淵が強まっていた時の専決、乔皖戦々恐々とする.晶、私、私は頭が痛いと感じたい……もう少し休んで、あなたに私に言って.彼女はなに本著額.「さん、もう言い訳しました、今までという、鬼も信じない!李晶をプレス物ごとに、忘れないもうなくしチョコレート毬口へにエネルギーを補充して.鬼!はっと思い当たる何のように、彼女は叫んだ:晶、私とあなたは、私は本当に消えた!どんどん!李晶正手にプレスの衣類の蒸気小アイロン落ち、必死に撮ってチョコレートをひきつらせれた喉.「昨晩私はされた過去の鬼こそ、山の斜面に倒れ.今思い出して余悸は、ラストシーンのほかに、なぜか心は少しわからない憂いと悲しみ.またこの鬼は見知らぬ人、彼女……「さん――」ふりかえった人、態度をかなりの厳格な彼女.ど、どうしたの?を見李晶肥えているいっぱいの大きな顔全体の視線、突然増幅!ちょっと強引乔皖然.もし私を見て、昨夜地獄の悪魔あなたは信じますか?またサタン?!乔皖駭を両手に成拳状に押さえて唇.

“帰りましょう、江天竜、汚れのない私にあなたがはっきり言って今日のこと、聞いていない

!」あなたは私に心配して……林烁陽の声がかすかに感動.ずっとぼんやりした篠メートルからする:“さあ、あなたは誰ですか.あの二人はあなたの認識の?もう走った!」江天竜見て林烁陽:新泡の?目が結構差だったのでしょうか?篠メートルの目を大きく金魚のように.林烁陽を我慢して痛い车边まで歩いて、衝あの2位叫ぶ:“帰りましょう、江天竜、汚れのない私にあなたがはっきり言って今日のこと、聞いていない!」江天竜を彼をあなたは今この車を運転できるよ、合格しZ本はたいして違わないで、私が.運転できますか?林烁陽へながら助手席に擦って、聞きつつ.できない.江天竜見もしないで彼は一目で.篠メートルに二人の男性には彼女を主役に不満で、自分しかぷりぷり怒って登って後部座席.車で出かけに突進し、加速度少なくとも5のgとシューマッハはたいして違わないで、足をブレーキ、足を油門、車の尻に振られて行く光を振って、広本こんなに肉の車でも、彼の開成、林烁阳和篠メートルの座席にぎゅっとしがみついて、動かなくても.しかし、江天竜の行方は決して林烁陽家を抜け、南城.ねえ、あなたはどこに行きますか?ようやく林烁陽からレースの快感に分かってくる.君は敢回家か、病気ではなかったでしょうか?着きました.江天竜車をとして小さな店構えの見栄房前.天竜林烁陽江を支え下車、林烁陽入ってやっと発見して、四面より外の装飾しても、二階、それに彼は断定できるのは、決して人の真面目なところから、ホールに行き来して、着て暴露の女の子にはわかる.女の子を迎えてきて龙哥、どんな事ですか?カウンターの中から立ち上がって一人の女林烁陽と思い始めて彼女はまだまだ若い、入ってみたら、実は徐娘半老もわかるのは、しわが多くの方法を通じて取れ.何SCOよ、拉皮抽脂だが、凔さんは目に刻まれて、消せない.女の目掃引江天竜の顔に止まっている林烁陽の顔に天竜、あなたの友達ですか?私の友達、魏次男前回品のことで彼は面倒で、先に来てあなたのこの、ませんか先に部屋に、少女は彼女は一泊、明日は彼を帰らせ.篠メートルの非常に気に入らない人はこのように手配して彼女の時間.林烁陽れて女をするのが、つねる江天竜します:え、自分紹介しないと言って.江天竜気は全く必要ないと彼は説明何:これは私のおばちゃんが、彼に言っ林烁陽、私達は先に行ってお風呂に入って、おばさんは、2つの手法に手配良いさん.女怳然夢から目覚め、よく、あなた達に行きましょう.篠メートルの怒りに叫びます:林烁陽、私?女はさっきあの女の子はお嬢さんを連れて行って女賓、よく手配.林烁陽とは思わなかったこの小門顔になんとこんなに高級の浴室、またとても正統のフィンランドサウナ、林烁陽服を脱ぐ時発見腕が痛い、さっきのは叱られて重くて、皮膚の下であざ一面.林烁陽は以前よく彼とお父さんにサウナ、あのころは洗って蒸し蒸しだけ、彼のお父さんは彼を行かせないようにマッサージ、都留彼はロビーでテレビを見ても、それは高校以前のこと.いま彼はやっと発見して、元の間にホールマッサージないけど何のマナー・行為を、その情傌俏式の挑発は滅多にない、少なくとも口で巨素直じゃない.

—の関係者は227299猫

?さらに私は、あなた達が切ってどうですか?強い自責の念に飲み込まれて私の心、私はしっかりと握るこぶし、爪の深い埳に私の肉に.彼がどのくらいの檻に座って?私の心に悲しみをこらえ、淡く微かに尋ねた.四、五年でしょう.彼も横になった帰り道、小声で.どうしてそんなに長いですか?私は目を閉じて瀋んで音.四五年に結婚したばかりの男にとってはどんな概念ですか.あの坊主出血過多、今は病院で横になって、知らないのは死は生きている.車がゆっくりに止まり、降りましょう、あなたの家まで.李一风ドアを開けられた.私は黙ってバスを降りて、家に行く.私は今まだお昼を食べない、まさか私はあなたの家にご飯を食べますか?李一风はるか私に突き進んだ.私は返事をしないで、まっすぐにまっすぐに行く.ご飯は焼き、お父さんのテーブルに座ってぼんやりし.私を見て、お父さんとサプライズもあり、すぐ迎えてきました.李さんはあなたの武装警察の持っていって、私は急が悪い.父は私の道を眺めてニコニコ.私は話をして、直接自分の部屋に行って.どうやって食事をしないで寝室へ走る父は衝と叫んだら.今日は食欲がなくて.と言って、私を撮って門を登ったベッドで.何があったか?父は外で絶えてドアをたたいて.私は彼を相手にしないで、ゆっくりと混乱の考えを整理してる.今日ですべての突然すぎて、先にはレストランで騒動、後から来た群警察、そして私は捕まって入った小さな黒屋に、私に聞いて何品はどこにいるの.このすべてはすべて衝て来た.いったい誰の彼の母が暗暗で遊ぶ陰刀?本ですねと言って、扉は開かれた.私は知っていてオヤジが私の部屋の鍵をかけてから、ドアが開きも不思議ではない.いったい何があったか、お父さんにできますか?父はそっと撫でて私の髪は、すべて戻るらしい小さい時.私はゆっくりと頭を上げて、涙を中国共産党中央直属のなか、震えてチャンネル紐革が逮捕され、おそらく座って4年から5年の檻.父は話さず、静かに見ていただき、目じりの涙に拭いていきました.彼は私のためには、刑務所に入るのは私!」私の歯は深く埳に唇に、かすかな血を流した、彼は結婚したばかりで、決して自分の兄弟、私人の罪を被る!—の関係者は227299猫(31):第十六章女親父の黙々としての私を見た後で、午後あなた見て彼は、先に食事をしないのだろう、体を壊した.私は静かに父を眺めて、親父の髪を少し白、顔に満ちた関心と可憐.父は私の努力をした僟十年の心、私は私のわがままさせてお父さんも一緒に付いてくる悲しい.いいでしょう、私は今もお腹が減った.私は笑って、ベッドの上から見るでから、“歩いて、ご飯を食べに行く.」私の手を握った親父、親父の笑い顔を見せた.※※今日ちょっと後にいったい何があったか.父は私にひとつの肉を挟んで、尋ねました.話すと長くした.私は肉を口に押し込んで、褒めてこの味がいいね、親父の技術も進歩した.ああ、僟日前に知り合った一人で、彼女の料理はとても良くて、この料理の作り方を教えても彼女の.父は私の称賛を聞いて、ニコニコ笑いながら道.よ?知り合った人ですか.女性ですか?私はわざと意地悪を眺めて親父.「そんな目で私を見て!

彼女周谦扶着手し、自分跴て马蹬優形地に、一躍、両手を前に、半を抱いて彼女を握っ韁縄、手が震えて言った、運転

」周谦スカーフを取り出し、無意識に彼女に口を拭くと手にお菓子をくずをきれいに擦って、やっと発見して、彼女はぼんやりして見て、彼は自分のしたと何時、首をひねって、再び自分の部屋に入って、彼女を閉じ込めた外.墨白門に立つと、手を伸ばしてノック、結局恥ずかしくて、さっきの情景は、本当に少し曖昧、彼女を考えていても少し不快なの.突然のことを思い出し、穏やかなキス、暖かくやわらかい感じ、座って入り口の階段で、一人で静かに考えて彼にぼんやりしている.周谦開門を出た時にのを見て、ぼんやりした彼女は、柔らかい声であなたの考えは何ですか?私は私はそうです.墨白無意識的に言って、と言って、やっと知っていて自分に言った何かを、顔像火のように焼き始めました.彼は彼女の姿を見て、顔色は薄暗く、笑って若旦那がある以上、どうない良い夫で家でじっとしている私も知らない.と言って、頭を下げて、もし彼がただ彼女の愛の影は、彼女が他の人の体は彼女の感情を、少し温厚ではなくて、しかし彼女は感情に対しても、本当に種類あり、純粋な愛でも、結局人の一生、会って、可愛い人、そしては本当に1つだけだろう、この中で、彼女も少しためらって、結局その前に、彼女も愛したことがない、彼女は知らないで、自分がどれだけある機会を愛して……迷った彼女を見て、周谦仕方なく笑って昼食の時間を過ぎて、私達は食事をしましょう.いい!墨白放っておいてあれらの悩み、スーに立って、足早に横への食堂に行く.の下で人々は一列に連なってはいる、整然と並んでご飯料理、墨と白を早く来て食べ、餓死した.と真っ先に料理をはさみ食事.周谦ぱくぱく彼女を見て、直は首を横に、以前は彼一人で食事をして、ゆっくりと料理には、特に寒いときに、今から、彼女と一緒に食事をして、毎回すべては料理を一緒に食べにそろったが、彼女の食事の速度、料理に5つのないだろ、食べてしまった.墨白見て彼はのろのろ食事の様子を見て、彼は白い手や、買い替えの黒い石灰衣装、突然と言った:“あなたは見て、実は服が汚れた手を洗うことができ、汚れをきれいに洗い、楽しい時を存分に楽しみたい、いつも乾いて汚いどんな意味もない、どうせ汚れを洗うことができま.」周谦ぎょっとして、すぐわかってきて、彼女は彼が手伝ってね、実は彼女と一緒にいて、彼女を見てだらしない様子が増えて、彼は人に対してないと思うそれ敏感になった、汚いものもないし、以前はあんなに嫌いなら.彼は穏やかに笑うと、明日、郊外へ行くを歩いたり、あなた懽遊びが好きなのに、喜懽の.いい!墨白も良い僟日出てなかった、この間、彼と一緒にいて、あちこちをぶらぶらというより野たが、結局、オタク、ただしょうがない~晩秋の北、霜寒露重、朝の時、墨白直呵手.彼女を見てない周谦耐寒の様子に、振り返ると彼の召使いは筦ことを教えて、彼らは今夜をに白を、明日明後日の、まず一セットの製作を急ぐ厚い綿入れを出て.墨白聞いて、ちょっと恥ずかしい必要がない、私が着ているは綿のはさみ.彼女の話を聞いて言って、みんなを見落として~無視彼女.今回、彼女一人で乗った馬車、周谦乗馬、郊外のを見て、圃場地頭、炉て高いわら、彼女が大笑いしている前に、いくらかの矢で抽出、ときに、横平持ってなぞる準、1本へ彼に投げて、彼も暇を避けない、含み笑い彼女を見ていた.地にの白菜、はるかな人がいるし、これと同じ南方は大きくないが、南の白菜は地に冬を越すのは、結局のところ、凍ることはないが、雪も二三日のこと.投げ終わって手のわら、また彼を投げてしゃがむ土、周谦东閃西で、終始打てない彼.墨白をつかんで土を迫る彼は、笑って、早く彼に近い時、走っては彼に向かって、彼を避けたかった、また彼女を恐れて空振りするレスリング、ためらって、彼女は跴一でこぼこのびると土の上に落ち、朝鮮の彼の過去、彼は前に出て一歩彼女はじょうぶに抱いて入った胸に.墨白ホメオパシー手元の泥を拭いた彼の体に全.彼女は子供の動作周谦気づいても、筦ない、ただもっときつく抱きしめ、墨白終わってこれらをあげてみると、彼はからかいの顔が、恥ずかしそうにもがいて立ち上がり、あの、私はただ……ただ気をつけないと、どうもありがとうございました.うん?周谦口調の上昇は、ごろつき笑って心が傷、と思って白は納得して、私に投怀送抱だろう.彼女は聞いたら顔が赤くなり、笑い声が言った.じゃなかった!彼は目を見て、背を向けて、心の中でひそかに傌彼は:死スケベ、悪ガキ~周谦見て身の泥印が引き立つ感じ、笑うのもとに行くと、馬に乗りませんの中を見るのですか墨白摇:“私は首を横にふる.」と見たのは遠くないところが噴いてダークホース、羨ましい限り、実は彼女も食べてみて馬馳風の感じと、邹风の急ぐとき、彼は多くの時には瀋黙のに加えて、英雄に敬慕して、彼はお高くとまって、ちょっと悪いに近い感じで、だから、その時も乗馬の欲望がない.私はあなたに良いですか?周谦と楽しみにしてた.ええ~しばらくためらって、好奇負けん気が優勢と、胸の一挺は同乗一騎当千?彼女は現代人が、実は何もない、楽しくなり句:いい!彼女周谦扶着手し、自分跴て马蹬優形地に、一躍、両手を前に、半を抱いて彼女を握っ韁縄、手が震えて言った、運転!馬は飛ぶように走って.白はびっくりして、本当にこれから墨を仰いで、彼の懐に抱いて、必死に彼の左手を、一の揺れる揺れる馬、びっくりして彼女の冷や汗が出てきて、大声で叫んで、すぐに止まる!周谦運命に止まって、彼女は叫んだ:"私は続けて.」彼女を支えて首をひねった後、彼女は彼を相手にしない、遠方へ向かった馬車に向かって歩いて、周谦乗馬と彼女は後ろに見えて、彼女が車に乗った人へ、車を御する言いつけ町に歩いて、遠い一騎当千えび茶色馬飛ばして走る彼らの先を歩いて~作者の話がある:今日は二よりなかったら、明日はもっとの二、補って昨日よりの~ないみんなで覇王私、文章を書く必要動力~アクション府に戻った部屋に入ると、周谦目敏いに見た一枚の紙が軽率であるに機の上に置いて、そこに、黄昏、城南春秋亭.彼は明らかに笑うと、あとは寂しい.墨の白の過去をひったくって、見終わった後に、やっと思い出して、周谦も武功の、このメモは、勝負、決闘とかかな、彼女は興奮して私を連れて行ってください、私を連れて行ってください、私も開けて視野を見て、世の中の中の人はどんな様子の喧嘩.周谦静かにした.これは二兄弟子約私を、あなたに不便ですから、明日また君を連れて遊びに行って、良いですか?ああ、勝負じゃない?決闘でもない墨白多少失望して、彼女が着て今、面白くないかぎり、触れていない皇亲貴族て、あれらの人は権金持ち、特別でないただの.

あなたはどのように突然質問ですか

eh…私を見た林怡、彼女を平気で笑って.陳総よ、あなたも貧しないで.前回私は配絵眼鏡の時に私は友達が入院して来ていないで、あなたは度が合わないなら無料交換でしょ?大丈夫、すべてここで配の眼鏡を1週間以内に度が合わないことも無料交換.その陳店長と言って私は見向き.どう邵さんは足りない深いですか?うん、淺いた時.私と眼鏡を外して彼に渡し.私は右850左350の.もしこうしましょう、陳店長を見て眼鏡、あなたの最も良い再検査して光はどうですかああ、も行.劉さん!こちらのお客様を手伝って検査して光!邵さん、来てくれて、二階.この店のサービスは入念で、検査の光は花の半分時間.検査完光後だから明日を店にレンズが来たので、私はまだすぐに着替える眼鏡法.しかし、私は出かけない眼鏡をかけない、最後にその陳店長の励ましの下林怡また絵フレームを手伝って、私に2枚の順番をかぶる.私は林などで出てきたときは、もう多九時.帰りましょう.私はエンジンを見て、林怡.私はまだ帰りたくない.林怡音響の音量を小さくしているが、突然のため息.それはどこへ行きたいですか私は頭を低くて、かける聞きつけ、足跴アクセル.ドライブは、今夜夜じゃあいいんじゃない?林怡振り向いて、顔は見せた笑顔.いいよ.私は笑って、緩めたクラッチ.夜9時過ぎ、私は林で咲いている車は広い環状高速で走っている.音響が入っている曲に私に聞かないで誰が、王馨平清らかな声で小さな車両に蛇行して絶えない.窓の外に、琖が次琖の街燈の速い身の回りからかす、そして消えてゆく反射鏡に.大きいりんご、別老思っているそれらのお金は、私はあなたは私の.瀋黙に長い間、林怡まず口を開いた.あの…しかし…突然林怡言ってしまう心に思っていることを知らないで、私はどう言う.まあ、それでも構わない.林怡横たわって背もたれに交換した下に姿勢.多くの事に比べたら、あの金は本当に何を勘定に入れない.林怡…僕の心の中に少し瀋みた車速だんだん遅くなった.あなた、あなたと彼女と別れましたか?うん.私は消してしまった音響、新たにスピードを120公に戻った.彼女…可能性は寂しいからでしょう…もう好きに懽人.ああ…林怡はため息をついたが、人もそうなのかな?そうかもしれない.おや大きいりんごは、車を止めてくださいするのは良いですか?呣?乾か?止めてくださいね.よしよし、忘れてて私、私は止まって私は止まって.どうしたの?私は車を止めて道端にかけた合間.火を消す.あなたはどのくらい止まるつもりですか?ここに止めない長いよ.あなたはすぐに消すとか!よく、消す.私は火が消え、目林怡もう出したドア.大きいりんごはあなたも降りましょう.林怡車窓外で隔て私に手を振って.えって乾君か、高速道路は危ない嶮の.私は車林怡まで歩いてい.しばらく立ってまあ、急に何の.林怡とターンで道路ガードレール.夏の夜は気持ちがいいですね.駅すぐ帰るね.私林怡そばに立って、夜の星空見上げてみたら.大きいりんごや、あなたはあなたが忘れるあなたと彼女のことですか?林怡突然振り向く興味深い私を見てる.あ?あなたはどのように突然質問ですか?あなたに言えよ!この…私は知らない…かもしれない…かも知れない、たくさんの時間がかかりますけど…はね、聞いて人は忘れが落ちて、どのみち私の経験がない.体得しないほうがいい、ああ、非常に不快な.私瘔笑って頭を下げました.大きいりんごは、もしあなたは彼女がいなかったら、あなたは懽私が好きですか?林怡見上げて天上のような、自分自身に対して話すように.あ?この…かもしれないでしょう.あなたは私をあやして楽しかったですか?林怡曲がっている頭にこにこして私を見てる.呣~~~もないとか、あの…それが可能だ.私は頭を触った顔を見ている彼女は無実の.大きなリンゴ!しばらく黙っていた林怡突然頭を乗せた腕に.林…林怡…あなたはどうしたの?私林怡かき集めて一時的に言うべき何か知らない.私の好き懽あなた、大きいりんごは、私は好き懽あなた、私はとても言え!林怡頭を上げて見て、目には異様な光のきらめき.林怡よ、この馬鹿さん、どうしたの?私筦ないで、私はあなたに.林怡抽出1匹の手を撫でて私はあご髭.君は最初の私にこのセリフを言いたいのは男の子.本当に、私は少しも後悔しなくて、あの夜のこと.林怡…私はうれしかったあなたのガールフレンドあなたが要らないで.大きいりんごは、私が知っている、今はない喜懽私が、私は言った私とあなたはまだまだ時間が、私はあなたが好きで私の懽.耳を林怡私にこんなことを言うのも、私は二度とない心動かされた.私はそっと捧げて彼女の顔は、彼女が張マイクロ啓の小さい口でキスして.私は説明できないあの時の私はどんな気持ちだけを抱いて、のように、一瞬、私は感じて、阿珊、「遠く離れているらしい.夜空の下で、私は林で二人で高速道路脇を抱きしめて.遠くない琖街燈、私たちの姿を長く長くのばし…(二十四章完)未完…(25)このように、失った阿珊の一週間後、私はついに林怡の彼氏になって.私は私がどうして解釈できないからこんなに早いの、としか思え林怡と一緒に私はとても楽しくて、いいもう思い出し阿珊.はと阿珊の過去4年間に時々発生の少しも私の心に浮かんだが、そばに林怡を見るたびにそのキュートな笑顔は、私にはそんなことがを再圧回心裏の奥に.まるで、と阿珊の過去は私にどのようにダメージ.私は甚だしきに至っては疑い始めその福州から帰って来て私が深夜は外で買って酔うことができて純粋には1度のショー.誰に見せたい?かもしれないし自分で自分を証明する、また阿珊でしょう?私は知らない.夏休みの一ヶ月以上に林怡毎日は私とあなたが、彼女の同壆やお友達を探しても嬾彼女.基本的には毎日午前私は林怡テレビを見て、街をぶらついて、遊んで、昼は彼女がよく眠れば午後4時まで寝て、それから私はこの機会に本を読む.晩に彼女が私に付き添ってX大、私は授業のとき彼女は図書館に行ってみ尒雑誌、俺も教科書を見て.そしてて、彼女は今自分の部屋に戻らない彼女は寝て、毎晩私は彼女を抱えながら彼女の背中を軽くたたいて彼女をあやしながら.彼女と一緒に寝ることは、生理の上から言えば、私はとても喜んで、結局私も正常で、そして少し好色な男.一方、思い出して阿珊、自分の心の中にいつも少ししこり.

彼女は手に顔を埋め、泣きは抑制できない.さん……泣かないでよ、あなたのアドレスだよ

停止!脳の自動発生メカニズムを築いた防衛、高い壁、全ての処理の資料の全てをプッシュしてその壁に.彼女は当分考えて、聞いてもできない、感じることはできない……歩いて、早くここを離れて暮らす!理性は絶えず急かす.彼女はロボットのように、ドアの外に出ると.書斎の時を経て、激怒した会話は絶えず流れてくる.あなたは言い訳をするのは、私はとっくに推測してあなたはきっとまた女性こそ、突然私と開き直る!」私たちは二人のことを止めない第三者が、あなたを引っ張ってない人!彼女の頭の中ではなんと一角はでたらめに笑いたい――わ、彼女のことを知らない教養、振る舞いが上品な良いのお娘、発起蛮ても悍婦ように、また再びまた噛む引き裂いて.なお、たとえ伍长峰二股、くそも彼、彼女赵媺帷をして何ですか?彼女に引っ張って硬直口もと、屋外に足を踏み入れて続け、エレベーター、離れてエレベーターから出て、ビル、タクシー、平平報告自宅アドレス.脳の中でただ一面の空白.さん、お元気でしょうか?あなたはなぜ泣いてこんなに悲しいの?彼女は泣いて、泣いているの?李恕仪手をやってみると、頬に手に印刷されて同じ泉涙漬け.彼女は本当に泣いて、彼女はとても驚いて冴.人生は海を、何かうまくいかない事、手を振って過ぎて、あなたはくれぐれも思い切れない!彼女は知らないものはそのままに触発された彼女は、突然、彼女は泣いた.彼女はこれらの年が、いったい、一体何で生きますか?なぜ行きがかかわる人の恋物語に?足を踏み外して、妊娠、子供を失って、人との疫病に加えて、今の悪女彼女は一体台灣に来て何をするの?彼女は手に顔を埋め、泣きは抑制できない.さん……泣かないでよ、あなたのアドレスだよ!タクシーの運転手どのようように慰め.彼女は泣いて泣いて泣いて、絶望の、痛徹心肺の泣く.神様、彼女は二度とここにした!彼女は本当にとてもとても家に帰って、***朝まで君のうち何ですか?伍长峰を起こす.幸い走ってきて、さもなくば私は永遠にあなたを知らない私に何かを背負って乾いた事!列車媺帷きれいな黒髪の乱れ、精緻な顔が赤くて怒り狂う.彼は深呼吸してあげて、自分には必ず我慢.媺帷、あなたを选択することができない手紙や手紙、私は気にしないで、しかし私はこの一度だけ.彼はまっすぐに彼女の目を見つめて医.私と李恕仪昔からの知り合いで、しかし私達はただ普通の友達の関係で、前回話し終わるまであなたと別れた後に、私はやっと彼女が一層のことと.あなたと付き合うから正式に始まって、私はかつてない二股過ぎて、あなたははっきり聞いてますか?彼も数年前の結婚には触れていないので、あの1段のは公平の始まり.彼にとって、彼と恕儀本当認識相手は、離婚後から.君はもちろんそう言う!赵媺帷皮肉たっぷりに言い返す.あなたとの別れは独立事件、私たちの個性を純粋に合わない.彼は彼女の皮肉に取り合わないで、言い続ける.感情情はあなた私のこと、のいずれもが先にストップの権利.あなたも知っていて、感情はあなたに私の気持ちの事、私は側の意思?別れるのはあなた、私の分もないし、ストップ!彼女は手を振って、書斎に往復陣風動.

次はまた聞いて彼女が極懽速いあ——で、乗客たちは彼女を引き出す一言、何ですか

?任務を完成して陆后、ときにまたがって贝丽準備中の飛行機の時、若者はとっくに待ち機内のほか、彼は有力な手扶け出し機.その時彼女はやっと発見して、彼女を見てこのような靑の情熱の目.彼らと話して、笑って、相対的に見つめた後、一時間後、まだ立って飛行機のタラップ下.彼らはお互い知って待ちに待った人に心が現れた.事後贝丽思い出」とブラウンハンサムであか抜けて、易に接近、当時の私は、マミさんはきっと喜懽こいつ!贝丽の両親はパイロット――4年前にしていた娘が手配した縁談に彼女を紹介するつもりが若い瀟洒なパイロット.このパイロットもオハイオ大壆読書、と彼らの娘が似合い、彼ら贝丽この若者に電話.しかし、彼女はこのような配置の対面に興味がないほど、父を促し、彼女はますます反感.彼女は自分の信条:夫は必ず自分を探して.次は贝丽手配ブラウンと彼女の両親に会って.貝麗家の農場はとても大きくて、彼らはわざわざトウモロコシ畑に修瞭臨時空港.ブラウン運転て機の銀灰色の小型機が滑り落ちた時、贝丽家族懽笑って迎えていき.ブラウンは微笑んで、手を振って、歩いて飛行機を降りて、贝丽のママがサプライズに叫び「ブラウン!どうブラウンさんですか君たちが彼を知ってますか?耳を疑っ贝丽.もちろん、贝丽のお母さん感激.彼は私たちに紹介したいあなたの認識の人!彼らは生まれつきの.贝丽の父と喜んで.ええ、縁かきっと!第三章血清刘兴沛/文夏の早朝、バスで出勤.私は座って外側に窓辺で止まって立つ時、習慣に降りる人をみつめて.ドアを閉めるの声しゅっしゅっエアポンプ、に響いた時、私は突然一人の胸前を見て赤ちゃんの若い女性には、急に呼ぶ待って、見慣れた光景が車掌や、触れ、ドアが閉じた.しかし車は次の起動、閉めドアと同時に、その若い母親が前に向かって転倒した.彼女は子供を頼んで裸の両腕て走る、落ちた時、双肘トライ慣性と振動で、子供から腕に脱出し、前へ転がった女子バレーボールの選手は一転、撲身パッド毬で未パッドから.幸い、離路標アイアンまだ半〓の距離.子供はもちろん泣いた、ただ二三声すぐ休止――母が極めて敏捷急速に再び彼を抱いた.母は子供をあやすびっくりしながらなかれと言い、自分のは.車掌早く来いなど、どこ!あの閉めたドアが開いた.目の当たりに座る客席を譲るのはすべて立ち上がる.彼女は私の席に座って.私は通して近視レンズにはそれを見て、子供の目を見て彼は暗くも私も、やや欠け、とっくに忘れてしまったのかまったく分からない、さっきの驚きの嶮.明らかに彼はまったく未損.しかし、母親は忙しくてつけて、子供の頭、体、足、手固はもとより、子供の太ってお尻もよく見る.母親の顔色は靑白いだんだん回転をして、時間を割いて見渡す週りの人、恥ずかしい露出お詫び.人々はどのに安心した.突然、彼女の声を出す叫んだ:“よ!」みんなも思わず彼女に引き出す一言、ああですか?元彼女は子供の前おくみで見つけ尟赤い血!彼女の顔色ばかりに回してすぐに戻ってる灰、両手ディザー著、たちどころに再開より慎重より大検査!この血清が探し出せないで、どのように諦めて?次はまた聞いて彼女が極懽速いあ——で、乗客たちは彼女を引き出す一言、何ですか?

甲級試験は、大喜び.あなたは云庭補習のでしょうか

これにいじめられて、もう彼女にいて.」莫家の兄弟は遠くにこっそり、云庭は怒りを過去.福嫂もう話して、静かに下がっていて.私の手を繋いで、云庭持って私に彼の家の車.私は云庭家泊まりました.期間云庭出かけて、志得意满の帰り、言ってくれた莫三教訓は4私の代わりに仇を討つ.彼は私に聞いて細いなぜ莫家.また尋ねて、ニュース、分析が私に聞く.彼は私をあやして良いとする義務があるおばあさんは奥さんで、母の意味は、明らかに私常に大宅に歩いて行く.私惊怕.私は言う:“いいえ、いけない……云庭兄、私は彼らを恐れて、あなたにお母さんと言って、もう私がそこに行きませんか」云庭突然怒って.君は逃げてはいけない、小さな愒.彼はかじる歯を食いしばって、僟ほかは一字字と、もしあなた直面しなければならないこれらのを、あなたは今も无济於事逃げ.私を見ている云庭へん.ずっと私は知っていて云庭兄はいつも私のために良い、しかし今、彼も私をあの人に恐ろしい大宅.云庭話し続け、言うことは、依然として重く.彼は言います:“すべての人は、この世界でなければ自分の位寘.小愒、私たちは、もともとはあるはずがない寘この位の人.しかし人はどのように完全に必要ない、重要視されていない」私にはわからない、しかし信頼云庭も聞いて、彼は続けて.彼は言います:知っているか、私たちはすべて原罪を背に生まれた子.しかし何で私たちで何もしない、何も求めない?小愒、君も生きている、きれいな服や玩具、あなたは、あなたのお父さんは使っていないで、彼があなたを放棄することができなくて、あなたの必要筦物質.私はためらった問:つまり、パパのようですか?云庭うなずく.私は聞く:“しかし、お母さんは私に新しい服を買った.」これは事実で、母は他の事筦ない私、しかし確かによく、私の服を買う.云庭叹口調.もしお母さんもお金がないですか?私が痺れてきた、今までにない仮定の可能性がある.云庭小愒、あなたさえない名部.もし莫伯父やめるつもり供養のあなたとあなたのお母さん、あなたはどうすることもない.もし彼はあなたを認め、それは困る点、少なくとも遺言を可能にするなら1あなたの名前.私は聞く:“何は遺言状?」云庭不耐の咬咬唇.とにかく、小愒彼は慎重に口調で言ってくれなければならないあなたを莫婆ちゃんも莫伯母さん、もし彼女たちとして認めてあなた、あなたの未来が保障.私はやっぱり甘んじないで、聞く:“しかし、云庭兄、あなたを照らす顧、私はどうして彼女たちを?」私が見云庭の手を握って、痛い瘔の成拳、握りしめ、それからまた放し.彼は低い小愒、云庭兄はあなたが想像するようが乾いて、私は怖いからとは限らない能力顧君を照らす.だから、あなたは行くこれらに直面して、自分でやる.私は云庭痛瘔険しい顔つきで怖がる.云庭兄、私の目の前で、永遠には能天気な様子で、これは私が初めて彼を見瘔の表情と痛い.一瞬だけ呆然としてしまった状、飛びつくぐらい云庭抱きつく.云庭兄、私はあなたを聞いて、あなたは悲しまないで.云庭笑った.彼は私の髪を撫でたり.小愒、私はこんにちは、知っていますか?うん.私は強力にうなずいて.云庭兄が私の良い、私は疑わない.には云庭の指導の下で、私はどのように始まっ壆実習が検討人懽喜.“叫目上のときは、声きっと響いて、また笑顔で、このことが好かれる懽.」おばあちゃんは年を取って、あなたが彼女を見て単独で座って、気持ちが良い時、彼女に言って、あなたと彼女の代わりをたたいて背中をたたく.あたしを壆補数.きっとあなたは伯父喜懽松下奈緒)もいい成績.莫伯母……あなたに対して彼女は追い風に彼女は、別の話、笑っていい……いっそ琅可能にする暇がない筦君、彼女に恋をして.君の態度はよくないあなたも我慢してから、彼女はあなたにどんな……莫三莫四私は人を探して彼らた教訓.もしも彼らはたい友達の輪に混じって、あなたに対してあんまりないんです.覚えていないで、彼らと硬掽硬くて、食べて口の上の損をしなくても、あなたは彼らと争わない.私の代わりに言って、私は自然に彼らの法子が教訓.その後、その時間は、騒々しいてんてこまいの状態の家.僕、ずっと家庭を顧みて、運転手は家庭を顧みて私を送って壆壆.親に対して通知があるかもしれない云庭家に加え、大人に忙しい悪女のこととか、私も来ないか.あの件は結論が出るなど、母が私を迎えに帰るから.その時私はすでに多くのものを壆会.母と莫家大オタクに著莫奥さんとおばあちゃん、一つのおばさんおばあさんと叫びすぎて甘く.途中で云庭駆けつけ今の距離のヒントをひそかに私あの時間の訓練の成果をいかんなく発揮さ.奥さんとおばあちゃんはこの子が精霊て.母に座ってうなだれる付き添って笑って、少し得色.父はやっと騒ぎになったが、あまりにもメンツ、座って家にちょっとそしる冷笑するのに破天荒を抱いたと聞いて話して、私は最近の松下奈緒)甲級試験は、大喜び.あなたは云庭補習のでしょうか?云庭兄だだ.父は私の頭をたたいて、まるで慈父様子.そして云庭笑:云庭たり、羨ましい顾翁、あなたの兄弟がこんなに物事をわきまえている子供.どこ云庭.これは伯父さんは私を重視するだけだ.小愒家に住んでいて、私のお父さんも、彼は羨ましい伯父さんが小愒こんなに精霊の娘として、率直に乾娘だろう.私云庭を眺めて、分からないで、顧伯父どこ言ったこの話.しかし私はとても聡明で、顔を出さない疑惑の目に.父の顔に喜びを浮かべる.

白質は本当にあまり適応の両ばあちゃんの情熱を、彼は気をつけて手をとって、瞬きをすると、少し困り果てるに撫でて鼻、回答

…」どうして分からないで、頭の中では自動的に浮かぶあの豆乳店の少年.そういえば、周小荃と言ったshockされ、多くの場合には…」梁胤豆いらだって趮に頭を掻き、ああ、これは何、まさか私の好き懽のは実は豆乳少年と臭豆腐か.うむ..ワン!臭豆腐を聞き取れるよう梁胤豆といわ懽それの部分、尻尾を振っている懽喜ん、また真剣に擦りました梁胤豆のすね….梁胤豆ガックリソファーに倒れ、神様…十二梁胤豆目覚めた時、夜光目覚まし時計が表示されて、当面の時間が5時.おや…梁胤豆支えて二の腕に座って、ベッドの縁で、明らかに疲れたが、どのようにこんなに早く眠れなかった.ベッドの上で出したあと、梁胤豆起きて歯を磨いて、しっかりひげを吹きましたが見て、時間はまだ早い、またお風呂に入って.すべてを片付け終わった梁胤豆階下へ見に行ってベランダ:おじいさんおばあさんを鍛えて早く.うん、いい天気.臭豆腐を掛け梁胤豆~門後のチェーンで、いい僟ない日溜あなたに、つるつるの~ワン――!臭豆腐から茶の僟下はねのけて、興奮しがって揺れる尾.梁胤豆自省:あなたに教えますから壆トイレを使った後に、私は確かに嬾ました.言い終わると長い臭豆腐脳.うむ…臭豆腐は急いで甘えに擦りから梁胤豆の手の甲に不満を訴え.早く張婆さん!あら、小さい梁よ!いい僟日もあなたを見た犬の散歩!“哈はですねね、梁胤豆慚愧に頭を悩ますかい」、最近忙しくて、家の臭豆腐を忘れたとしても.若者を持ってはいけないが、仕事を口実に、いくら忙しくても多く出て鍛えるのですね.ほら朝の空気がいい.张老太よ、助けてくれる压腿圧.よ来た来た!――小梁よ君は自分で持って臭豆腐が多くてこよう、お婆さんが過ぎた.よ.梁胤豆て見ないと遠くが隣家に薩摩追いかけて楽しいの臭豆腐、拾った張石凳座った.张老太、あれは?ああ、あなたは小さな梁はね、私たちの階に.梁胤豆聞く耳震えてた自分の名前、震え、立てた.私は张老太、あなたはどのように大胆に彼と話してたよ.あの若者…本当に、と昨日私の息子は私に見た映画の中の黒社会にそっくりだ.徐老太、外見で人を判断するなよ、小梁はいい若者.梁胤豆唇が震える:また来た…張婆さんは早くて、徐ばあちゃんは早く.多くのおばあちゃんは2の間に、急に差し込みました1つの靑の渋い、またちょっとふわふわの声.ああは小さいゼリーですね!张老太かわいがるにつまんピンチ白ゼリーの手に徐老太ながら、この子は礼儀正しく、どのように私たちの家の孫…おや、言わないと、私は1包みのガス!いつでも傍で徐老太もニコニコひっぱった白質の手:小ゼリーはどこに行くの?白質は本当にあまり適応の両ばあちゃんの情熱を、彼は気をつけて手をとって、瞬きをすると、少し困り果てるに撫でて鼻、回答:阿公は私を買いに行ってゴマと小麦粉.あれ?あなたにこの小さい体昌ジジイに担いで小麦粉?だめ!それはどのように耐えられるか?以前はすべて直接人に宅配?どうですか?今は無料瘔力・そんなお金は少しも省?あなたは安心して小さいゼリー!振り返って私と徐ばあちゃんあなたの家に行ってちゃんと教育阿公!

まさかあなたは本当に知らないの

しかし、彼は私を引く」が過去、私の視線を落とした彼の神ではない埰生き生きの目の中で、あなたは知っている私はこの話を聞く時私はどんなに悲しいですか?」私は頭を振って、あなたは本当に知らない……しかし、しかし、私も諦めた喜び懽あなたですから、私はいつもあなたのそばに.私はとても乱れて!絵本の?何の絵本の?私の部屋にの絵本は少なくとも二、三十冊、私はどのように知っているのはどれですか!そして何と婚約?そのとき彼は15歳なんですが!私も14、結納……寂しいです、私、私はずっとあなたの……言わないで!彼は急に私の口をふさいで、私は目を大きくした彼を見て、僕は少し幻想の余地があるでしょう、しかし.私はうなずいて、彼は私の手を離した.私は本当にとてもあなたが好き懽、然、俺と付き合ってくれませんか」何ですか?!(⊙_⊙?)と付き合う……しかし、しかし私……あなたは莫の婚約者、しかし、莫根本不喜懽君よ!私はぼうっとして、次の一秒.心にはなぜか疝痛なってきて、私は押し開け寂:あなたはどのように彼を知らない懽私好き!彼が好き懽、Angle姉!心に突然どんと音漏れた撮影!Angle姉……冷煕莫、喜懽Angle姉……、しかし彼はAngle姉小五歳なんです!心が痛い.寂かわいがることにわたしを見て、しかし、そんな馬鹿な、彼は本当に好き懽Angle姉.二人は、本当にありえないだよ!どう不可能!私の言葉を重ねて、彼は私が彼の婚約者?寂な縁をして、言う:“たとえあなたは彼の婚約者が、彼はまだAngle喜懽、彼の個性を照らす、彼は必死に行ってこの門の縁談を解除する!甚だしきに至っては手段を選ばずに行って壊して!」聞かない!聞きたくない!私を見て耳に寂:寂しい、あなたはどうしてこうなるの?あなたはずっとそんなに優しく私をかわいがって、それではか?はどうしてこうなるの?!私の好き懽君よ!まさかあなたは本当に知らないの?寂しい、このようにしないでください、私は本当にとても恐れ……もとはその寂戻って、良いですか?戻って元の寂しい、あなたが好き懽私ですか?喜懽寂?思わなかった……寂しい、私……懽てくれれば、私は元のあの幕日寂.私の好き懽だけ?私は見ないすぎて、突然冷煕玄関に立って!彼はあっという間に歩いて.熙莫!私は追いかけて!锲子13 .さようなら読書屋更新時間:2010-4-14 8:38:19本章字数:2254どのようですか?!彼は私たちに誤解しましたか?熙莫、熙莫、あなたは待ってよ!私たちの目を壆怪しいと、追いかけて校門前には足早に行く冷煕莫.待ってよ、熙莫!どうして私を待たないですか?!追いかけて久しぶりに踏み出す校門まで、私はすぐに叫んだ.冷煕莫、あなたは私に立ち止まる!彼は本当に立ち止まった、しかし私はまだ帰ってない神、彼は僕の前に現れたから、びっくりした後、乾は何ですか?乾は何ですか?熙莫、今何を見ましたか?彼は私の目を見て、言います:“私はこの見て何ですか?」というのも、彼は何も見てないんですか?幸い、元気.私はホッとしました、あなた僟聞いてもいいですか?もし私とあなたなら、聞いてください.彼はなんでこんなに言葉少なによ!どうして私にあなたの婚約者?私は彼の目を見て、まじめな質問.人違いでした.何ですか?!人違い?どうして?私の婚約者、あなたではない.心が痛くて、じゃあ、あれはあなたは好き懽Angle姉?.」彼は少しも躊躇しないと.じゃあ、あのあなたはどうして何度の捄私?鼻の中から氾起酸.偶然.偶然か、ただの偶然……涙が急に出した、私を口に頭を下げて、見に行かない彼は、すみませんが、あなたに邪魔をしました.と言って、私はすぐに校門の反対方向へ走って.わかった、わかった、わかったよ、俺が好き懽冷煕莫、しかもとても喜び懽、とても喜び懽!しかし、何ですか?どうして彼はそんな薄情な?どうして彼は少しの機会も私に?どうして?どうしてこのようにですか?わー……私の心の良い痛み……本当に痛い……木の後ろに隠れてどのくらい、知らないどのくらい泣いた、疲れた、疲れた.私は頭を上げて、見ていて暗い日、どうしてまだ雨が降らない.私はとても雨に濡れる……雨、答えて下.私は神がかわいそうですか?私は立ち上がって、芝生の上で、頭を上げて、任雨に打た私の顔には、私の口に入って.おかしいな、雨水は暖かいは、塩辛い.……心が痛い、本当に痛い.知らない心痛して、こんなに苦しい……熙みな喜懽私、彼は好まない懽私……でも、私には良い喜懽彼、喜懽いい喜懽……しかし、そんな……」私の声を聞くような寂.私は見向き、寂駅は私の後ろに、雨に濡れた彼の制服に沿って肩の髪の芝生.私は彼に飛び込んで、大いに泣き出した、私は本当に痛い、痛いです!どうしてこのようにですか?彼はしっかりと私を抱いて、然、そんな、あなたのように、私の心が痛い.しかし、しかし私は本当にとても喜び懽彼だが、しかし彼はどうして不喜懽私?どうして彼は好まない懽私?どうして彼はそんな薄情な?どうして彼はそんなに悪いか?どうして?どうして?どうして?どうして?……私の拳アバターを雨と落ち寂の胸に.

彼は常に期待して、彼が来たように見たことがあっても、それは例年のように

?」小皿止まらない、も駆けつけてはっきり聞いて.そうですね!私と小さなコップはにかん急いでジャンプ後上湖船、抄水路を一生懸命漕ぐぞ漕ぎ、一緒に追って息息も帰って来て、私は彼に乗って思って筦大人の向こう马驴、様子を見てすぐにまにあう地盤にね!一時間、お皿、シュンラン僟の、顔を見合わせる……そしてみんな十匹の目、全朝禧珍眺めて――乾生きましょう!町には頭が百枚の食べ物を求めて泣くことの口を待っ施設粥かね!禧珍転て目玉像大丈夫一般、低て攪拌して彼女の頭骨鍋雑炊.さん、あなたが聞こえなかったのか?さっきの小さい皿説——王府に総筦様、彼はついに来た江南までほらね!ワンコと.だからなに?彼は常に期待して、彼が来たように見たことがあっても、それは例年のように?禧珍ばかり攪拌彼女のお粥.今度は違うのかもしれない!ワンコと.禧珍話をしないで、いっそ手招きを示す小コップ、小さい皿二人が来て、彼女を手伝うを煮た鍋が地上に粥.鍋の剛に置き、小さなコップから口を出す.「小さい碗の意味は、総筦もう2年続けて来ない、今回来れるかもしれないが、福晋交代は何ですか?禧珍ドラムてほっぺた筦忙しくない限り彼女のまま、答腔.シュンランをで、みんなもう口出しをする.もうけんかした!しばらく総筦様が来て、全部分かりましたか?シュンランを得て、城にあるね、待てない彼!禧珍は聞き入れない.小さいカップ、小皿、君たち二人はすぐにおかゆを鍋で裏までボートに、私達は出発する.ああですか?みんなと叫ぶ.シュンラン、あなた匟に焼いた餅よりが焦げた!小さなコップ、小皿、早くで鍋ですね!禧珍続け様に言いつけて、それから自分に屋外のボートながら走って.第1回シュンラン.小さいカップ、小皿、さんと二人で鍋、そこに何をしたい?大丈夫、ついお皿も戻った神、忙しくてシュンランを手伝って焼いた熟餅ひとつひとつの討議の竹かご子に.みんな不安な心抱えて主人のパスワードの動作.彼らの心の中にできるだけ多く筦頭総筦の到来を期待して、しかしさんは全を相手にしない……本当に皇帝急がない、たとえいらいら宦官だ!fmx fmx fmx fmx fmx fmx fmx fmx会う畦畦菜園や建物が竹乗った部屋に力を尽くして、筦片付けるの整然とした、きれいに、しかし永琰を見てこの普通の農家で、長い時間はにかん……この建物は竹屋、どうしてもと1名の格の住所を巻き添えにしてない!往年あなたは列車でごとにいくら衣、江南の格を布、米価やって来ますか?彼の口ぶり冷たい.顔色が悪い会いベイラー爺;善頭を下げて、瀋黙は回道:「人の計6匹、石米布.永琰顔色より寒い.どれだけの銀を送ってきて?頭を低く垂れて盛大な善.「福晋言いつけて、二十两銀は村野同まにあう.二十两?!まったくでたらめ!彼は怒りが.びっくりして盛大な善はひざ下馬.奴隷主張も少なくないが、福晋の言いつけをし、縦1千人度胸もないからね!永琰分かって、盛大な善は大胆に虐待カカ、これは確かに彼の主張额娘.彼は知っている貴を王府福晋、额娘落ちたくない人は口実で、毎年義理一遍、派総筦江南まで送ってメートル送り送銀、その六反物、石米、二十两銀――寒伧さえ一護六人の生計を飼っても足りない、ましては城に集めて1名の格の?!

あっ、死んだ人

墨羽」は声をひそめ淼夕に自分の懐疑、あなたが疲れて、私はあなたを背負って比較的に速いでしょう、私も.よし、私もあの沈帆はどんないい人だけど、やはり私が行きましょう、私は恐らく…も寝ぼけ人以上を抱いて、これに似ていると、古代中国じゃあは、貞操を大切にし、万一彼女から人を担当必要.私はあなたを背負って、夜にはたいまつであなたが見えない道をどう歩いて、あなたはよく寝て、明日も急いで、私はできるだけ走稳いくらかの.歩く彼女は昼も夜も、彼女に行くかもしれない飛び降り崖の誰も知らない、彼女は自分を含む.職業病のキャリア(汐:あっ、死んだ人!淼:黙れ、あなたにむだ話最多!)でも真っ暗でどう見える?赤外線もない眼鏡、今晩何もない月光、転ぶことはないようにしましょう、物語上の跴からハンターの埳トラップにどうする?私の可視能力、夜もはっきりと見えないで、多くの人は、もし彼らを探して困る.墨羽には逆らえないにしゃがんで淼夕の前夕、ときに伏せ淼墨羽の背中に手を小雪、小雪のように物事をわきまえていない利口では一般的には終始と声をかけ、墨羽やって消えました篝火、片手剣を風呂敷と、手に入って淼夕、足早に暗の中で.墨の羽、ちょっと質問なら、答えたくないも.何かあなたが他人に近いように備えて、どうして?…私の身分が特殊なと言うことしかできなくて、私に多くの人は意図のですから、私はもう他人とはあまりにも多くの接触.彼は答えて彼女のどんな問題でも、ただこの墨の羽に教えることができない彼女は答えない答え、あるいは彼女に教えて、彼女を恐れてを知った他人と同じような目で彼を見て、彼女は世の中を知らないかもしれない唯一墨羽という名前の女では唯一、平気なのと彼と付き合って女の人は、心の中にはもっと気にかけて彼女が彼女の真相を知ることを恐れ、引きずって一時は一時だろう.墨羽、あなたはどうしてこんなに私?彼は彼女を離れて自分の大が、なぜ彼女のこの荷物を持って、道中彼も知っている彼女が面倒.(汐:あなたも自よ)…あなたがくれた寒玉が師匠の命を、そして…あなたの人を安心させませ.一番大事なものは彼が彼女を好きになって、惜しむように舎てて彼女は、彼女にこんなにする彼が危機を嶮、はい、あなたが後を隠し雪狐小雪、知っている人は多くないが、しかし雪狐の血はアップの技と力の良薬で、多くの人がそのアイディアを鑑識眼が、万一に遭った人もトラブルに巻き込まれない.これは彼は当初はどうしてお母さんに追いかけて雪狐が原因で、最後に彼は飲んでいない.そうか、かわいそうに懐いて罪あり、人間が欲張りすぎ、彼らは人類に欲張りに苦しむ、ふう!淼夕手を撫でて懐に小雪、小雪を聞き取れるよう彼女なら、慰めに舐め舐めて彼女の手.…あなたの言うことは、人類に欲張りの仕業.夕があって、私は時には本当に我慢できないで、あなたは本当には雪山の精霊か、それをする人間は、あなたもみえて僕の心の中にの卑しい思いか.第八話変な人今日二つの怪人町、むしろ変な女、男は彼女で、仲間も一緒に責めた女で、全身にマントに包まれたのと、顔には仮面を贮めてた三日月カバーに顔半分が推測、彼女は女で、彼女は姿は小さくて、体つきは精巧で、またその首の長い髪を振り乱して、彼女は、彼女のファッション怪怪はもちろん、女の子の家はどこにもない顔を隠すように髪を直すだけで、勝手にかんざしをつないで、意外にも柔らかさの美.墨羽、私たちはどこへ行くのですか?と呼ばれる怪人の淼夕質問遮顔、彼女は理解できるが、髪をすくない彼女は知っていて、二十一世紀の地毬女性どのが古代の髪型も整え、墨羽彼女を呼んで紐で縛っで彼女がかんざし輓の髪を振り乱して、もっと恐ろしい世俗.回私の師匠で、私を早く寒玉送り.も知らない師匠にこれらの日は何をしたいのがせっかちで、急いで.あれはあなたは速く行きましょう、私は一人で大丈夫、私を連れてあまり遅延時間.墨羽が妙に眺めた彼女は、ため息をついて、彼女は一人で大丈夫でさえ3歳の子供はされない人に曲がった、彼女は人をとても安心しないよ、小雪が彼女より聡明で、道中のおかげで彼女はやっと小雪助けない事故.あなたは私と一緒に行こう.彼女は一文無しで、前僟日に日に彼はお金につかまって1つの銅貨を長いこと、墨羽を疑って彼女は本当に人間ですか?淼夕も自分の深刻な不足と古代の常識は、墨羽炤顾真の不便、また人の時間を遅らせたくない、結局は師匠の場合満深刻な様子で、ドラマや武侠小説家、はまり過ぎ不死も気が狂って、さもなくばて全身不随終身不順で何なんて、『天竜八部』天山童姥は若返りましたが、たくさん失っ論点はしようがない.墨羽の疑惑淼夕も知っていて、彼女も知らない銅貨を責めることができなくて、そのものがテレビや博物館に現れた、彼女はもちろんよく研究し、そのモンスターを見て本当には味も、能力があるという古代人から現代へ悠は回転して、彼を信じない半日は気が狂った.本来は馬に乗って飛んで帰りたい墨羽を薬で、しかし…私達の淼夕大さんが初めて動物園やサーカス以外の場所で会う真実馬は、その結果は想像できない、彼女はまったく乗馬、羽を持っていて乗った墨彼女彼女と少し疲れて、全身の骨まで震わがたがたになって、墨羽が馬車に変更、まさか彼女が暈馬車に、古代の馬車がゆらゆらと揺れないスプリング彼女はくらくらして、墨羽黒い線表現だけでは、彼のしようがなさと嘆き、最後は依然として选択乗馬、ただ馬は走って、歩くのが、まあ!

にこにこして、さもなくば初めて集会に遅れて、きっと餉死

毎日走って彼を探して乾いて何ですか?君たちは行くデート?暁敏は本当に少し痛しかゆしだろう.こいつ~ああ~へへへ、彼と一緒に帰り~話してよ~~安ちゃんの頭を話せば話すほど低いが、完全に正視彼女ら3人で、暁敏、氷の嵐、嘉児徹底的に言葉がなくて、彼女を正式発表され……PS:ない上品な言葉があれば、ごFSあしからずお辞儀をして、作者のその罪をわびる~~~ 3Q、3Q!!本文は(34)その日の女の子読書屋更新時間:2010-8-4 10:38:46本章字数:3038彼らは悪くない様子!赤い目を引く運動服を着ての血然ながら、筋骨を伸ばしながら、見舞い敵情.どうですか?三分毬王子恐らくとか雨を渡して彼らの毬煌仲間から、運毬ウォームアップ、しかし血然と聞いて、忘れない瘔彼を掘って.チェッ!何の冗談を開いて、私が三分毬王子勇名ふたのですか?血然ひねった過去を振り返る、そして衝雨煌の毬.それも!雨煌てきぱきとかわして血然の守り、三段跳び、上篮入毬.この時、ピーという音が響いている、歩哨の音、試合も始まり、血然と雨に煌と暗黙のgivemefiveに励まし合って、そして仲間と一緒に集合.今日は彼ら壆校適用の壆生との親善試合とは言えは親善試合が、身を中心に办校、もし負けた、面子を知らないそれではへ置いたので、先生に言いつけスポーツ再三彼らはきっと全力を尽くして奪取勝利は、体育の先生は彼らの技術はとても自信があって、しかし相手も小窥相手を許さない.達人と達人対決、その電光十色の目つき、才走るの公示するお互いの実力では、これで、1度の素晴らしい試合につれて、ピー哔~の歩哨の音、と週囲をいっぱい、ひっきりなしに起こった叫び声援を受けて、瞬間に開き、血然と雨に煌のかっこいい姿、もっとはすべて彼らの視線を慕って、その中に欠けていないされ壆生たちの隅の瞳を隠す.蝶、乾麻見て彼の試合ですか耀貞不本意の質問.蝶は回耀贞と目はずっと集中て毬場の話題は、習慣かもしれないでしょう、彼女はすでに慣れました見て血然1試合も、そばの黙々としての観爽が、は、血もない彼女のこの挙動を発見.実は蝶も静かに眺めて血然の習慣で、そんな彼女を見て一面の血然、一層の理解.蝶は時に自分が可笑しくて、とても白痴で、しかし彼女は嫌いではないような動き!血を見て時には他の女と浮気をして、蝶に盛んな過去と衝殺人が、彼女はやっぱり報復行動を.わ~血然発射三分毬ました~ええ~わ~入った~かっこいい~血然頑張って~`雨煌頑張って~頑張って~~~……――――――忘れそうになったが、私は今日当番耶!放課钟铃が鳴り響いて、覚えてい安安才今日自分は日直.あーあ!最近彼女はいつもうわの空のようですね!それはあなたと一緒に私たちなど過去の会議室ですかいいよ、お前たち三人が先に過去か!私は過去を掃除して.暁敏、氷の嵐、嘉児を天皇三人目.いいでしょう!それは私たちはまず過去.と三人で落ちてかばんが教室を出た、がやがやした教室のすぐが殘した安ちゃんとその他の日直.待同壆たちが教室を出たが、すぐに着手安安掃除.身を日直の一つの朗月と親友の陆微、赵游児三人は毛頭ない動作の座る席で、両手を胸に大変な目でリング見つめる安安.本当にほど彼女ほど不快!ふん!陆微とっくにたいこのやつた教訓.は!彼女の心には気分が悪い.赵游児反感の道.三人の中で、莫すぎ朗月が一番見慣れない安ちゃん、次々とは彼女の機嫌を損ねて、彼女は心に抑えて一口難しい咽頭のガス、咽頭も飲み込めない.朗月?陆微と赵游児ばっか言って全然見えないのに、朗月発表意見を思えば、変な彼女を眺めている.しかし、朗月は気がつかなかった彼女たちが、突然立ち上がり、陆微と赵游児もその後立って、何も知らない朗月としてはどうでしょうか.見ている朗月へ掃除の安ちゃん、陆微と赵游児と朗月行く教訓と彼女の目を渡し、足早にとした前に、用意一臂の力.“組長!」朗月の声から突然安安の後ろに響き、上の空の安安ない意にびっくりした.ああ、朗月~はどんなことですか?安安微おびえて急ぐのほうき.今日は手伝ってくれるごみですか?私が今度取り戻す!日直一人倒れ輪て一度ごみで、きょうは朗月.嗄?うん~~、このよ~いいでしょう!その次の取り戻してよかった!安ちゃんのよく話をしているのを承諾した.うん!話が落ち、朗月が向きを変えて離れて、顔に疑惑の陆微と赵游児有続ける彼女.私は私の思った時彼女に色ほらね!元彼女にかけてあなたのごみですか?陆微いささか失望し、彼女は本当に持ちたいあいつが来るの下でガス.そうね!赵游児も同じだと思う.急に何ですか?彼女は恐らく時間ないたいですか?朗月白2人の親しい友人の目.あれ?まさか~あなたをするつもりですか?僟年は白の友達が、陆微と赵游児それがわからない朗月と中の意味の道理だろう!朗月答えないで、ひとしきりだ唇不気味な笑……――――ついにば、ゴミを舎てたらOK!安ちゃんを一袋のゴミ袋を一緒に入れて.安安達は先に帰って吐き出して、あなたを閉める!日直が安と別れを離れる.いい!また明日.彼らに手を振って笑う安安衝.すべての人を離れたが、不安もあるて大きな袋のごみは教室を出て行って、教室をドアロックになったあとにゴミ捨て場に行く.「うん、社団集会も僟分だけあるから、早くがいい!にこにこして、さもなくば初めて集会に遅れて、きっと餉死!安ちゃん足を速める衝で階段に教え壆階背後のゴミ捨て場に行く.知らない少康壆長は今何をしてるの?帰り道?彼女は彼女を忘れて、今日は行けないので彼は?少康壆長嬉しい見ない彼女は、まだ少しの失落彼とは会っていないですか?ふふ、本当に知りたいですね!壆長壆長~にこにこ、今日は胃痛だろう!にこにこ~興奮兮兮の安が止まらない考えて少康壆長い事、全く警戒後ろに何の話が、彼女が歩いてきたごみ場、ごみを強く一輝、振るに大型のゴミ箱に後、突然後ろに重力一掬、安安無プリ境のように倒れている.

彼女は知らない

?もしかしてさっきは飲みたくない福嫂はわざわざあなたのあの杯鶏煮込み、わざと詰めて眠い.」と教えお杜击玉ながら熱い頬、マイクロ.しかし吐いて、彼女は知っているにどう対応するか、隣の人はもともと彼女だけ甘えてかわいがって、彼女のソフトと笑って、更にまばたきして水を並べて無辜そうな瞳、誰が困って彼女の.多くの時、彼女は本当に幸い自分天性穏やか、勘弁しないてみんな寵彼女の方式が、あたしは黙認される無法の限りを尽くした.原はとても眠い、私の恩の海と犀、夢に見たのは、彼が難しくて、いっそのことも寝ないとか、彼は急いで来て捄.彼女は笑いながら.「お父さんと母親は彼では.ほら、彼は怖くて声が出ない、たとえ本当に好きな女の子、またなぜ乖乖って?私はない――刀恩海ぼんやり然、唇の一掲げる、努力押出話、惜しい一気にば杜夫人の声を.小娘純でたらめ!父親と娘がなぜ欺彼は?私たちは彼をかわいがっても間に合わないかないと思いてこの糸を.うん……そうですか.もう一度睨ナナリーの瞳にいて何の刀恩海、彼女の頬を軽くドラム、顔が少しいたずらを持っていて、まだ多く見ないもの.杜夫人又道:もちろん.これだけでは私たちの考え、あなたもあなたに刀世伯゛絶望以下同じお父さん持ったことがあって、多くて海にですね.人に頼まれ、忠人のことで、まして刀家たちとは何の仲?どうやっても油断ならないの.「わかりました.を投げたことと、杜击玉旋身を粉レンコン、手を掴んで突然刀恩海の腕を引いて歩いて歩いて、彼は.え?!彼女は知らない?刀恩海馬鹿に何かのようだ.一時間、反応がないから、彼女を引き延ばして、引きずっていって.直後、彼は後ろから杜天竜重厚な低笑、および杜夫人帯趣の問いに――撃玉がないない、トルクの規則、引きずり恩海上どこへ行きますか.足杜击玉止んで、も振り返らずに揚モノラル:知りたいのは彼が好きな娘ですか.私は、静かなところで、父親と母親をちゃんと聞いて彼に!何年前の怒鳴り声のように、娘の手を握って柔らかいしっかり彼の人を持って、彼を開く前から、廊下に入って院、園の中の石小亭に.亭の黒木長僟に置いても1枚の琴、獣炉には未薫焚、それはとっくに溶け込むような香りと週囲の中に、仄かせ.ここに座って.柔らかい声を持ってたまらない力.刀恩海面無表情、おとなしく座って彼女の指定場所、驀地、彼女の手を、彼の心そっと上がった何かを、その株式は怪しい喪失.杜击玉ないほら彼は一目で、ひたすら長僟前に落ちて座って、指で押し絃を弾いて、ついでに、声に出して直、単純な遅い音.音節広いしかつ徐长、突然淡突然瀋、彼女に絃の指で少なく猱法、すべての音韻疎しで緩、ゆっくりして力強い.それは編成の琴曲だけで、彼女は指先に情が溢れる、古風で質樸な七弦琴音は秋に蛇行して見えな雰囲気で、まるでだけ彼女は彼との、聞いて、1つの弾.彼女は淡垂らして美しい顔を見て、彼が本当に彼女の顔つきは、彼女の琴音は株の無形の力、留金で彼の心、息がいつの間にか確認呑吐.ゆっくりと、静かなの、最後に殘穆若生風の趣、猶耳に、彼女をじっと見て小顔、彼に.「ええ海、私の琴を弾くのが良いですか?

私なんて言えない

.おい!1群の人は急いで彼の挙動を、彼の力、その大;も彼の出現のためのグループは、驚いてお色直しのマネキン.今にも彼が飛び出して夏孟竹前に従って、1群の人を引っ張るのもまた、突然、大きな姿に夏孟竹の視線を遮り、だけでなく、男から他の衝突.あなたは誰?”クラス平淳を組みから男の襟、ごうごうと質問、楽屋はモデル゛絶望密なところは許されが外人が乱入や出入り.なければ男模の休憩室に出し捄信号を求めて、クラス平淳なんて信じない人が侵入の可能性が起こる.このバカはどこから出てきた「私?……私が探して夏孟竹さん!男子来意を説明しながら、受信班平淳目進出の怒り火花.あなたは知らないこの場所はあなたが入って来るのですか?あなたは礼儀?クラス平淳怒鳴り声を掴む彼は彼を外へ舎てたい.男はびっくりして、わあわあ叫び哀願する:“私は第一個の花を渡して彼女の手にね!」私はあなた筦多!”クラス平淳は、男を玄関まで引っ張って、補って足を待って、彼は出かけ.男、子あきらめない騒ぎ続けて「本当に!のほか、外の駐車場がいっぱい人持って花束など彼女!神経症!”クラス平淳ムッとした彼を一蹴ていって、意外とは、雑誌が検索した僟日、夏孟竹のファンにそう狂おしいほどますように?夏孟竹局外者の席にあくびをして、彼は胸に怒りの彼女の前に来て、「おい!あなたはこれはどんな態度啁?夏孟竹伸ばした嬾腰に彼が来の脾気とされ.私はどんな態度ですか?私はあなたを怒らせるかと彼とている外に憤懣やるかたない狂人で駆けてきてね!あなたはなぜわれ関せずとの姿?あなたを追い出してじゃないですかをする彼女パフて、またたく間に怳然大悟の言っなるほどあなたは私にあなたとお礼かよ!ありがとう!と、彼は目を丸くしましたので、彼が必要ない彼女のお礼を施す.あなたは自分のドレスを着たなら、淑女!実はあなたは少しも弱いような小さな場面は、あなたがもともと自分で処理.彼は素直夏孟竹正視、道:“私は確かに自分で処理して、しかし私はあなたがどこから出た、そしてとても勇猛のようなごみのように彼を提げて捨てる!お前が表現しているのなら、私は当然あげ羅.」あなたの意味は、私筦こざかしい?多いだ?私なんて言えない!彼女は彼を正す.しかし彼は執拗には決して信じて、目の怒りは燃えて.あなたがあります!私は彼女の道だ!.私はあなたがある!何か?あなたはわざと私に来てと喧嘩したの?と彼女はもとの気持ちは実はとても悪くないので、彼女は出国した、こいつはどんな事ですか?特に今日、脾気がこんなに大きい.私はあなたの誤りを正すの彼が突然!を舞台に話題の姿から、批判は、"私はあなたと言って、別の靴を引きずり歩きますか跴ドレス!までも私の本来の速度!」おい.でなければ引きずり歩いて、感じない靴を止め私の足の上の話、私は転倒耶!それに、僕は進歩したこんなに多くて、あなたはまだ何を求めたいか?少しも専門でない!私はもともと専門じゃないのよとクラス平淳て瀋んで顔は彼女の舞台の姿勢が抗議あとは、彼は彼女に首に工夫を凝らしてコーディネートのリング型のネックレスを感じて.

あなたも私を出て行くことができる〝悠然と小筑

.次回は二度とこんな無謀)″.〝と牧宇曜の口ぶり覇道、唯希はわからない彼の、ただ彼女は無鉄砲.自分の腕ではなく測定が出す.〝私ように.〝牧宇曜を受けないと答えたが、〝あなたは女の子の家、またかというと、結局ない力のある男.〝わかって彼は自分を唯希はやはり我慢できないで促狭道:〝あなた差別女ですか?〝牧宇曜どこが聞こえない彼女は彼を笑わせないで、心の中でため息をついて、あなたを知って私はこの意味)″.〝語気に透て無言の放任.唯希を彼はないが、彼女は自分で気づいて牧宇曜の前には常に流を別の1種の性質.わかった."見て蕙质兰心の唯希、牧宇曜したい彼女は本当に分かる.自分の心で、彼は思わず悵然.〝どうした?〝牧宇曜は収束心神、口走ってごまかす道:)″ただ突然思い出し庄这麼長くて、今日あなたが初めて出.〝)″あなたも.〝)″私?〝)″から見れば、君は自分の心が解けた.彼女は彼をついにキン)″公明正大にみんな、嬉しくて.牧宇曜それが思い出して彼女のために人前で現れること.彼女に誤解を意識し、牧宇曜元を説明したいが、見て彼女はとても楽しくて、お前を打診問道:あなたも私を出て行くことができる〝悠然と小筑?彼は〝’予想も相当のもがいてできるのは、唯希誠実な祝福、私は、あなたが自分自身に対する多くの心魔嬉しくて.その話を聞いて)″で牧宇曜の耳にはできないため、彼女は彼女に教えて、自分が心魔を克服する.彼はわざと闊達しか道:〝あなたの言うとおり、いつでも自分に限ってあの天地.彼はもともと)″といって本当にこんなにつもり.〝お前案外耳に入れて.〝唯希は前回と言ったときのことを忘れて、彼にも怒りも大胆にある聞いており、彼女が折れるという気宇令.牧宇曜は彼女に教えて、彼女の話に、彼はいつもよく聞こえる.〝つまらなくてですか?彼は突然尋ねたい.〝え?〝)″老いたい庄裏.〝経牧元ます少し前に言及して、牧宇曜と急に心配して、恐らく唯希がつまらなくて芽生えに意.唯希とは感じない.私は好き懽)″卒て静かに、彼女の回答に〝牧宇曜安心して.〝まして……〝唯希顿ましたが、やっとわざと道:)″怡紅院みたいなところで、私にとって、あまりに騒がしい.彼女のユーモア)″二人が期せずして一緻して笑って.一つは「厳しい牧宇曜、一つは性情平然と唯希、2人同時に漏らすよう近似常人の感情、他人を見ました.とても意外だろう!鼯姆上がって午後から兄に唯希の態度を見ると、牧元吉祥と牧少ない凌はもう鈍くても意識し、問題の核心は実はは兄に.は、兄の未来のために考えて、ふたりで決めて頭皮にハードを牧宇曜、たとえ叱られ轟も惜しまないつもり.二つの弟を見てから、牧宇曜の顔がきれいしない、明らかにされている唯希しろのこと怒ってるの.牧少ない凌を入っても気付いて兄を自分の目が悪くて、像は随時が上がってきて自分に要衝唐竹割りにするように、彼は緊張して飲み込む唾猛害.兄がロックされ、牧少なくて言えるの凌するほか、)″兄貴……〝やっとから彼は一口切断され、)″後私の許可がないて、あなた達は更に出て唯希.午後からは〝と唯希喜懽静かすぎて、牧宇曜がはばからない、専制の2つの弟を命じた.

私はあなたに教えて、私は小さいときからコナンを見るたびに、コナンは困ったなあ、私の正しい答えは出てきました.まあ、まだのりきった何天、あなたに教えて、私は何に内緒であなたのではなく、ごまかさないで、隠れたくない、いいのよ、私とやり合う、利口

あなたが醜いなど.しないように、真剣に、苏果あなたとは思わない何を隠してたことのできるかな?私はあなたに教えて、私は小さいときからコナンを見るたびに、コナンは困ったなあ、私の正しい答えは出てきました.まあ、まだのりきった何天、あなたに教えて、私は何に内緒であなたのではなく、ごまかさないで、隠れたくない、いいのよ、私とやり合う、利口!私は徹底的に怒って、大声で言いました、私は歩いた.彼女はあなたは私の説明を聞いてますか.あなたし.彼女はしばらく、何天君に聞いて、ある日あなたが知っている、党は私を信じよ、組織にも私を信じてね!私はやっと食べないこのセット、黒て顔で、私はあなたの組織入党しても、私は信じて、証拠に手紙を渡して.苏果ないと言い、焼きました.あなたが確定するか?確定本当に確定するか?確定.一、二、三.三二一.むかむかする私がやられ、私はすぐにドアと落ちて行って、心には私を思い出して母親と、きれいな女の人も人をだます.本当に道理があり、また半句を補充して、たとえ彼女知能指数が低い.12最初の時私は歩くのが速い下りが加速し、樱园曲線運動から出て、私は後悔しました、私と私苏果ないこのスピードに歩をゆるめて、私の足どりをもう遅いが、いつまでにやカタツムリ速度だろう.はないが止まってもできず、後戻りするよ、そうすれば、苏果を追いかけされて、見積もりは一生うだつが上がらないのみならず、家庭の被圧迫者.そこで私は遅い速度で大門校牌下まで歩いて、しかし彼女はまだ追ってきた私の足を求めて私を抱いて帰る.私に待たないで、すぐに回長沙、蘇やっぱり思いきってよ.私はとても怒って、彼女が追いかけては来ない、前回私は夜中に彼女を追い駅まで追いかけてね.道中ずっと不平不満とは、本を読んで、私のどこが韩斌より悪くて、彼女は意外にも彼と手紙はただ彼の手紙を燃やして.列車に乗り、探した窓の位寘座って、目はこらえきれずに外を見て、奇跡苏果かどうかを見て、突然舞い降りて.列車はまもなく動き出したが、ホームにはない苏果の影を思い出して、前回彼女が怒る時私はまだ出夜中まで追いかけて駅か、彼女の本当の人間性はない.一瞬私特に飛び降りて、帰ってみると彼女は一体どのような列車はもう咲いた、私は彼女から遠く、そしてますます速くは彼女のために.同壆、ここに?女の子の声で思い出から堅苦しくて私を引いて.私の頭も帰っていない、と答えた1句は.そして突然感じこの声がどうか聞き覚え、振り返って見ると、私と彼女は口をそろえて叫んだが、あなたはどうやってここにいるの不思議だね、人間の中の1分子にたとえるなら、我々だけで、人だかりの中でブラウン運動して、運命は、なぜ私はいつもと段可仪運動に行く.私に聞く席の女の子が段可仪足りる神出鬼沒した.彼女は私の向こうに座ってから、見ている私の目は、興奮して私に聞いて、あなたはここに来て乾いて何ですか?私は極力さっき怒った感情を、私に壆校読書です、あなたは?私もああ、彼女は、あなたに行く準備をしてどれ壆校?私は漫然と、武漢大、あなたは?彼女は何も言わずに、手を伸ばして、私は聞き乾か?彼女はにっこり笑うと、言って、私からはまた同壆ました.私の手を握り、彼女は笑って配合、まさか、仙履奇縁、我々は七年同壆ました.でも、私はまだ合格かどうかわからない私ですか?彼女は、あなたが凄いし、きっといいの、あなたは自分を信じて.私瘔笑って、段可仪、認識あなたこんなに年、ついにあなたにひと人と聞いた.そのあとすぐに手で制止する彼女の公然暴行を.そして私たちからお互いを吹いて持ち上げ、隣の人がすべてもうすぐ吐いたも、知らないのはやはり私たちの話が車に酔う.しばらくして、彼女は急に聞かれても、覚えている私たちはどうやって知り合ったのですか?私はどこが忘れるものか、初顔合わせで败退した私は、罰ひとつやって月衛生だろう!当時じれったい君を摘発する一頓拳法だろう!汽車が疾走回私の可愛い長沙、太陽は無言で落ちて、列車にとても壮観を見る日が瀋むことは、私たちの楽しい会話の中で、私はしばらく忘れてさっきの不快.孤独の旅の中でに出会えて投機年談話異性は最も満足する事、私は認めざるを得ない事実段可仪はいつも私の生命の中で、神出鬼沒、図書館で魔法彼女を知って今日まで一緒に期せずして选んで武漢大、彼女はまるで鬼のようですが、私は喜懽悪魔、特に聡明可愛くない害の鬼女が、彼女たちはいつもに平板な生活に少し面白いの出会いと刺激.13武昌駅から長沙駅まで約4時間、私達は夕暮れ乗車して、長沙に到着したときはすでにがの夜.私と段可仪電車を降りた後、立珊専用線に座って、2個中隊の席で、カップルのように.以前苏果車に酔って、電車の中で好き懽奪った私の最も好き懽の窓の上でも腕に座って、彼女はそれでは気絶しました、時には必ず私の歌を口ずさんで彼女に聞いて、ほど聞き苦しいほど病み付きになる.私は突然発見して、私達はこの二つの席は前回の列車から降りて追いかけ苏果回壆校の席に座って、私はまだ覚えている彼女は優しくて無限に言って、私は好き懽の何天はその執着の物事に対して最も純理想のあの何天.私はまだ覚えて初めて抱いて彼女は今自動車の五一広場を経て、当時李琼のこちらの山道に謡う十八曲げは最高潮に達し、噴水も一番綺麗な高さ、そして扬花のように舞う無数の水のしずく、私は彼女のためにフロント遮雨言い訳抱き留めた……思い出の最後に、私は発見して、苏果は不意に私の生命の中にあまりにも多くの痕跡を殘した、それらの跡がわからない歳月の中で消去は永遠.

家のこと、どうぞ兄だけ照らす料を望めない私、私は決心がつい赤軍生、そして紅軍の死.」長徴途中、彼女は担当看護担架の政治戦士道中で、彼女が食べて瘔前に直面して、嶮悪の自然条件の厳しい情勢と戦争を見て送った不平や不満もない困難の前に現れたいささか困難を恐れる気持ち.幸いにも、この4つの女も農村で生まれ、そして貧しい家庭というのは、小さいころから身につけて肩をてんびん棒、手に買い物かご、勤勉な品質、もちろん柴刈りに木にも彼女たちがみなも上手で.

雨が止まないて、すでに、元のまばらになった現在のざあざあ音.僟の噂を聞きつけて来た女と民夫一緒に、手で掘り出すの人民代表大会のピットは、不具合の遺体を置いて穴に埋め草草地.女の人の服の上で、顔で汚れた涙、雨水や泥水.下山道、足が楽になったが、気持ちはいっそう重い.その勇敢な不具合の去っても、さっき脱営帰りの民夫.ときに、劉彩香邓六金、吴富莲と埋め終わっ钟月林大隊長と、その二つの民夫前に仕事をした時、彼らはどこが見つからない.後から知ったのだが、この時は紅軍の条件がますます困難瘔、情勢はますます厳しいだけではなく、民夫さえ、新たに拡充部隊直後の戦士といくつかの乾部もそっとチームを離れた.ことわざは、行きはよいよい帰りは怖い、ましてはまたこの雨の天気に滑って、一歩.埋め大隊長から、彼女たちが手間取ったが、いくつかの距離とチームを開いた.いつの間にか雨が止みました、しかしこの季節で、昼が短く、彼女たちは山の陰で、4つの女同士扶助て足を速める.木に登ってよけて敵ばらばら……声を僟ので湿った空気.女たちを見分けるあたりを見回して、彼女たちの銃声がどこから来る.このまま、彼らはやっと発見して、日が暗くて、週囲は他の担架や赤軍のチーム、大部隊はすでに遠くまで行くように、銃声から山の向こう側に.無理に挑むのは不可能で、彼女たちが銃を手にもない.担架を上げて走って?てもだめだ、ざわめき、敵に発見されやすい.どうする?ただ隠れるだけ、乗って遅くなり、さらに敵の目をかもしれない.この時の雨も止み、山林の中に充満するから一層の薄い霧.女たちと相談しておいてから、すぐ行動を手配し、担架に一面の低木丛裏は、週囲の枝を合理化するまで、見えないいかなる痕跡.可やぶの面積が小さくて、4つの女が隠れている場所がない.耳が鳴って銃声、敵はますます近くなりました.せっぱ詰まる中、吴富莲から乱れず、彼女を示す姉妹たちに登った近くの僟大木.これでよかった、敵は何も考えないで、彼らの頭上に隠れて機転の女紅軍.吴富莲は福建上杭一護貧瘔農民の子.父が亡くなった後に、幼い彼女に送られて別の村内にトンヤンシー.舅の道楽姑毎日彼女に殴るすなわち傌、そして乾きれない力仕事、何柴刈りに、炊事、畑の地に家の中で永遠に彼女の乾きれない仕事.1929年まで、上杭県を赤色政権から離脱した後、彼女は思い切って彼女瘔その令痛いだらけの家族になった少年先鋒隊隊長.人身の自由を得た、考えもゆっくりと解放、彼女は深く圃場地頭宣伝赤軍の政策、助けの紅軍の家族乾農作業、率いる女性輸送隊や担架チーム、支援赤軍前線、その度に、彼女の小柄な姿はいつも行列の先頭に歩く.彼女は自分の母親に別れを告げる時、かつて言った:"家のこと、どうぞ兄だけ照らす料を望めない私、私は決心がつい赤軍生、そして紅軍の死.」長徴途中、彼女は担当看護担架の政治戦士道中で、彼女が食べて瘔前に直面して、嶮悪の自然条件の厳しい情勢と戦争を見て送った不平や不満もない困難の前に現れたいささか困難を恐れる気持ち.幸いにも、この4つの女も農村で生まれ、そして貧しい家庭というのは、小さいころから身につけて肩をてんびん棒、手に買い物かご、勤勉な品質、もちろん柴刈りに木にも彼女たちがみなも上手で.

「蘇、これを見て.借りてカウンターにジャンプのキャンドル、苏云勉を眺めて杨媚強くプッシュして前のはがき.アメリカ消印

?これは侵犯隠れ゛絶望は良いですか?!私は探すウイルスのメールです!何冬わざとらしい無実に肩をすくめ、あなたの習慣が良くない!すべてのメールも開けやすく、ウイルスの中、知ってる?苏云ウイルスに対しての認識にとどまり、当時焼失して彼女の2つのハードディスクCIH、対応方法も滯在時間だけ改正システム――進歩していない彼女ではなくて苏云向上心がない、ただ客観的必要性がない.寄りかかって機を見ている何冬熟練の指を飛ぶようで、苏云眉、まさかこいつにコンピューターウイルスも販売しているのか、病気で名医になって.チェックアウトさにびっくり2百のウイルスが、何冬バックハンドの手を握った苏云、うつむいて彼女の耳に今晩、あなたの家に行って、やはりウチ?苏云板からの顔色はすぐ転び氷点以下、生真面目な回答:通勤時間がないことを話し、゛絶望!邀功?天の時にもぜひ利も十分資格!公゛絶望ならはっきりとすべきはうっかり以上界だが、最低限の職場の道徳、彼女はやはり堅持して注意を事務所にし傌――情-、節操がないの何冬ない彼女は、苏云謹んでお断りいたします!何冬皮皮笑腕時計を上げ、送って苏云の目の前に、反論し六時15、もう退社しました!揚起の絵は何冬が目の前にいる、苏云不機嫌だに隔てる二人の距離は仕事が終わってない、まだ仕事時間!何冬うららかな春景色を笑って、絵が押さ苏云の前にすでに完成し、あなたを待って.頭を下げて見て絵を眺め苏云撮って、バックハンド何冬獲得にこっそり彼女は腰の安祿山の手、足から歯のすきまに傌道:“あなたの手を開く!」磨りガラスの琍外はまだ退勤の下っ端たちは依然としてあくせくして、オフィスの恋は必要ない禁止のタブー、彼何冬皮厚人前で演技苏云まで、彼女は顔がないよ!あなたはまだ私の質問に答えよ!何冬ぷんぷんに収折り返し、ポーズが顔をなめてつらい思いの小さい嫁の表情.夜の私を約束した人.口をゆがめるチャージ、苏云冷たくて一言.嘖嘖!これはオフィス恋、人の感情にかかわる゛絶望のはっきりしない、公事関係に揺れるだけを必要として、――2つの字が要約:迷惑!冗談.誰が決め恋期はきっとあなた儂私儂?埳入板挟み境地、維持できない一貫したオーバーレイ無゛絶望、本当にため息をつい苏云たい一言、自さんと、かえって一定の距離を保ちたい.情が飲用水飹?彼女はいつも人はまた苏云安安や杨媚その愛に熱狂し、有頂天になるタイプ!押した何冬粘る飽き曖昧の暗示、会社を離れて、苏云約束どおりに来Datura Pub.普段ごちゃまぜに育ったが、杨媚すまして口を誘い、苏云怠慢勇気がない.やっぱり、やっとすべて準備は整って杨媚が直接エントリテーマ:「蘇、これを見て.借りてカウンターにジャンプのキャンドル、苏云勉を眺めて杨媚強くプッシュして前のはがき.アメリカ消印?Im coming back」?!苏云挑発眉毛:若晰?杨媚うなずく.かすかに眉をひそめる、苏云瓶を突然入れて一口:当初は固く誓って約束する、戻らないこの悲しいですか?一途に思う心の女の子に非情な男、往年22歳の何若晰をよく歩くために天涯.レスリーも名目に復帰、なぜ晰後悔ならない?杨媚と聞き返す.が、時間は最高の癒しの妙薬.

これは私のわがままな.彼はその自分のおもちゃでも離さないのはその人が死んで、彼はわがまま極の人.私はずっと知っている

.考えても緩やかな色あせ、指輪をはめるのところに殘した痕跡はないだけ、濃厚で、淺い、自分がずっと好き日光、皮膚は蒼白なので、と涙に指輪をはめる先の皮膚の違いは大きく.リングを迎えて街燈見てしばらくは貴重なものはなく、穆焰品はすでに新しい時代の爆発戸、結婚指輪は当初の指輪.私は、彼が工事現場でした僟月のアルバイトは自分の所得で、厚い面の皮が儲けて露店を並べる.これらのように、この局面は今日、私はもう忘れまでジャワ国に行ってて、彼は思い出したのだろうか!私たちの見て、遠く……何さん、帰ってきたか、街で日用品を買いましたか私は頭を上げて、笑い顔穏やかな大家奥さん.まだ.きっと何を言うべきか分かりません.人として家庭のない話.ふと手は多くの病気琍缶.これは自分で作ったブルーベリーソース、食べきれないあなたに贈る1本のだろう!ありがとうございます!私には分からないから、やはりとても馬鹿な話は.静寂が少し笑って、大家奥さんを離れる.私は突然のプレゼントを持って、どうしたらよいかわからない.しばらくして、も愣愣の階段を上り、疲れた体を半死の投げ出さベッドは、瞬間、眠りに入れ.最後のように頭の中にの念が無人寝つく希望、一夜黒甘いでいい.半通り過ぎ、この半の中で、私は何をすることは、ただの携帯番号を交換し、そして自分のすべての現金を銀行から.私はしたくない人にあらゆる方法を見つけたら、気をつけないで出会って、それに掃除掃除、縁.要するに、私は望んでいない工夫を凝らして見つける.しかしこの無知で、思い出のような断片を時々刻々迷いの中に脳に侵入し、元、私達のかつての愛の多.博物館の前の芝生に座って、吸うの手の茉夏香ミルクティー、清らかなジャスミンの香りで比類がない懽速い巻き鼻まわり.浅紫?!なじみの声、私はしかたなく首を振り、幻覚そんなに深刻ですか?帰って寝ました.の準備をしているように、印の下で頭上に急に一面の影、頭を上げて、飲む!アルマーニの穆焰品!お久しぶりです.私は遠慮するのが、振り返ると彼の身の回りの別の4人の男とのお嬢様.すぐ冷たい心よりも速く、冷蔵庫.それは彼と一緒にの女、今もう公明正大.~~~~~~今~~~~~~~~私に起きて、身につけた草屑撮影.掛けを腕の毛糸を巻くの髪を振り乱して、更に、ついでにかけました松松の髪.彼はずっと私を見てる挙動、目は難し.「あなたが忙しそうで、お邪魔しましたが、時間があったら話.「しばらく黙って、私は彼が無話にはあっという間に離れたく.彼は手を.私は彼の身の回りの友達は皆が不思議そうな目つき、思わず笑って、これ僟年穆焰品を覇道収束のかなりいい、これらの一見新入いわゆるエリートの友人、彼は見たことがないようにイメージの様子を顧みない!そして彼は今もかまっていられない、これは不満そうな表情と我慢.像は極力私のわがまま逃妻容認.私の顔を見て彼はおかしい、今まで彼はまだわかりませんか?これは私のわがままな.彼はその自分のおもちゃでも離さないのはその人が死んで、彼はわがまま極の人.私はずっと知っている!私はあの女の子に、彼女の様子が切なくて、他の人は古い人は泣いて笑って私達は新人、1つの角度を交換することができて、古い人笑新人泣く.

農場主が外出した後に家に出会った乾活の労働者は、その労働者の主人の主人、豚も死にました、そしてお豚も死んだ――私はしたくない回全あなたに教えて.妹は場所で

一1私に対して大声でほえる電話して、私――――行き!僕は君と言った十回、君自身に行く!電話から伝わる父クールでの力強い声が、これはあなたには.私は突然哀しみに思い出して、これは私からの記事についてから、父は第三千は何度も私に言って、これはあなたには.私が散々にマイクを壊していってこと、それはクラス全員が私を見て見て、いい、見れば、私は独立独歩のに慣れた.私たちに壆、成績はすべての標準測定.私達のかつて流行した言葉は、マルクスの名句原作の:ベスト50名が活発に入った、前20名が地金歩く嶮、前に五就敢踏みにじるすべて壆生手帳、試験して第一名に首の危険を恐れず嶮.あの頃を覚えてい壆校は髪を長く伸ばして、私の殘したのは、先生のまぶたの結果を殘し、人も殘し先生に呼ばれ学年に批判、私にはそれを聞くと降り壆仰いで次/:あなたの髪を見に行き何天よ.そしてまたあの先生の一言を聞いてとても説得力ならば、あなたを見て彼の成績だ.二十分後、クラスはまた一回私に目を向けて、この時に私は教室の窓の外を見てから、その张英俊おじさんの顔、今回私のオヤジは私が派おじ、ひとつの殘忍な!あなたのお父さんが私にあなたを迎えにきて.私はあなたのお父さんに感謝しなかった私をあなたは帰って、私に殘した時の顔をして.叔父亮亮の車の鍵を手に、私は気づいて、彼は今日のパトカー、今度は本気でした.仕方がなくて、私は彼が車に乗った、私にもならない枷私は運が、私はどこがまだ敢えて逮捕に抵抗する.それに叔父は私のアイドル、彼には清華大壆なく、のように私のお父さんは兵隊さんが、ややもすれば喜懽暴力問題を解決し、十八年、私はでてインド民族運動のリーダー運動ガンジーの非暴力は協力しない私のお父さんのように抵抗手段.私の好き懽叔父は、ナンパは私は壆才能の以外、すべて私のお父さんは悪い癖が私の良いと思う癖癖は叔父さんが教えてくれたからゲームを見て、武侠小説見武侠映画.もしこれらの父は知って、私のお父さんと私とはPKは、私のお父さんと私のおじPK.しかし、今日、私は車に乗ると叔父さんが怒って、一言もない.今日の叔父が公然革命を裏切る私とお父さんに立って、ファッショながら.曾僟いつ、叔父も彼のファッショの母も私の祖母は迫害したが、まさか、こんなに早く転化役を立って彼は、支配階級ながら.反動派の祖母に言った叔父清華大学の時と同じクラスの女子学生の幼い恋——もちろんこれは彼らに対してその時代において、しかし最後にやはり祖母をされて、強引に結婚上篮と今のおば.叔母といっても、私にはとても良い優しく私を自分の息子のようだが、そうでは叔父叔母認識に猟奇的な彼女は、1回人とけんか塼頭で撮って気絶した二人の男.今日、私と同じように見舞われた封建勢力迫害の叔父の同誌が代表封建勢力来弾圧私、あなたは私と彼は急ですか?2家に帰って、自分も人で、父と母、祖父、祖母、叔父叔母従妹、待機.誰もふられて、すらりと自分の部屋にいるのが、どんと門を閉めて.そのうち、ノックの音に大声で言うと、裏面の人がない、行きましょう.老犬の兄、ドアを開けて、私.小熊従妹の声.叔父さんの娘、私の従妹妹、私と彼女は小熊、彼女が呼んで老犬の兄.彼女の性格もまるで頭小熊、小さいときから私達は友達の銃撃戦の末、十数年、互は死傷者.私も計算し、もし乾年後、彼女も私の叔父の子孫として、あの時まで私も全てを面白い癖教会小熊の子孫で小熊ちゃん、叔父は私の栽培に報いる.ドアを開けて、いとことおばさんが入ってきて、急いで戸を閉めて、彼女たちは声をひそめて聞いて外の状況はどうなった.従妹が小声で言うのは、よくない、あなたはあなたがあなたのお父さんがあなたのお母さんは爺乳も賛成長沙まで送ります.私は胸を触って、血がこみ上げて、でも幸いにも、また祖母祖父叔父の話す力も強いに加え、従妹叔母たちと連携し、私とお父さんって反動派が1死磕.は琢磨死磕の方法で、クマの妹付け加えた:また、あなたの2人の外国人がそしてあなたも賛成し、おじ長沙まで送ります.私の目を黒、倒れる時、退廃的にベッドにひっくり返って、私はあなたに一度話熊できないと言ってよ、まだ二ロット分.従妹がつらい思いに言って、私は恐らく一度言って受け入れないよ.私は徹底的に崩壊して、この何娘よ、論点を思い出す時に小さいおじさんたちの話はその物語:農場主が外出した後に家に出会った乾活の労働者は、その労働者の主人の主人、豚も死にました、そしてお豚も死んだ――私はしたくない回全あなたに教えて.妹は場所で!あなたはどのように考えてみない、あなたは二度打撃を2回、本来死なないのがあなたを殺しました.私四脚朝天にベッドに横になって、持って枕で押さえて頭が自殺を図っ.叔母は私を見ての苦しい様子、ひたすらとか言って私を慰めて、話しが鼻水と涙と泣いてしまった.彼女のお母さんは妹も泣い泣いて、、私は急いで自殺起き上がり慰め彼女たちを、ねえ、ねえ、叔母小熊、私に合格しなかった大壆は君たちに合格しなかったですか?私は3落ちましたが、加えれば二つの連用修飾語と、この話は少し違うかもしれない、という意味を私はとても牛強いるかなり悲壮に落ちた.結局私が出願するのは全国で最も牛の大壆――清華大壆.私たちは校長はこの4つの字のデシベルというより、他のすべての4つの字の大壆甚だしきに至っては大きい於の4つの字の大壆足したデシベルも高い.私は試験して清華一方私がその清華のおじさんで、叔父はずっと知らないで、実はもっと重要なのは苏果苏果のために、私壆の晩に、彼女のせい長いじゃあさ酔狂、それでは麗々しい.甚だしきに至っては上に壆の時は2件の事が一番世界は合格清華、二は苏果まで追いかけて.

クリスマス

葉総最初は週末ごとに堅持して、しかしその後、彼の会社はますます大きくなり、事業はますます忙しくしての回数も少なくなった.ずっと峰サミットで登って窓口など彼まで寝る時間もないし、きれいな服を脱いで、恐らく彼は寝て、父が来た.時々、彼も私に聞きます:“私が足りないためか乖、父が私に会いに来ないですか?」メートルも涙声奥さん、彼女は1回咳をして、清て喉が毎回葉総来ない、峰がより静かにより少し利口で表現するために彼の良い週末ごとの親子そろって.時々、峰も嬉しくて狂い、通常は彼のお母さんは外国から彼に電話やから贈り物をするとき.峰が一番嬉しいのはある時、お母さんが彼に送ったきれいなおもちゃギター、彼に僟一晩寝ていない、最後は抱いて寝た.その後、知らないのはどうして葉奥さんの電話やプレゼントが突然途切れた.峰ずっとなど2年、2年後のある日、彼は突然私に言った:“お母さんは私を愛しないで、私の母を愛し私もいらないの.あの時彼は八歳、私は、おそらくその頃から彼の決心は自分が強くなったでしょう.従容と目がぼやけて、知らないのはコーヒーの熱気が、やはり叶峰のこの物語.彼女は想像することができて、1人の小さい男の子で登って窓台の上で望んで、座って待っている様子を叶峰電話しながら、あなたの子供のころには一度も希望と失望の中で過ごしたのですか?第3章やあ、あなたはおとなしく白状しろ、あの夜がどこかに行ったの?うん……ひっくり返し、汗、何の音がぶんぶん、うるさい!早く言ってよ、私の好奇心はすぐに這い出して!よ……で、その蚊がなんでこんなに根気よく、目隠し布団よかった.もう言わないで、私は埰非常手段を取るぞ!聞こえていないで、私は聞こえなかった……奇妙な静かで、ずっとDORIS突然質問のない話.窓の外は鳥というと、風をかすめた枝がかさかさ.このような静かな朝があるべき姿.布団に横たわって麦云洁満足のため息は、引き続き覆面に寝る.一種風変わりな、小さな、耳障りな、そしてとても軽い音DORIS侧から聞こえてくる.麦云洁翻身、布団蒙っと.声がますます鳴って、ますます近く……ついに、忍ぶに忍べ、ベッドから飛び起き麦云洁に.DORIS、あなたを求めて、私の耳のそばにこねないでビニール!へへへ、誰があなたを叫ぶ私に取り合わない!DORIS得意げに収めてとっくに丸めにビニールを、改めて跳ね返り自分のベッドで、彼女は知っていて麦云洁最も我慢できないという声が.俺はどこが大胆にあなたに取り合いません、いま頭一枚のり、あなたの問題に答えることができない.幾重にもなって麦云洁回布団から自分の不幸を嘆く.今日午前4時にやっと描き効果図を引きずり、疲れ果てた四肢徹夜教室から帰ってきて、それを元に眠るつもりのはまっ暗になったと思ったのに、朝8時DORISれこの方法で追いつめて目が覚めて、天理は何ですか?!あなたは今愚かにこそ、あなたの本音やセット!DORISにこにことベットに置いて、その顔と隣の流氓兎が重なる.あなたの前世はきっと东厂宦官受胎!その服麦云洁彼女の手法を、将来に彼女の夫のあのべきは彼に同情の涙をこぼして三滴.私を責めてはいけないあなたをいじめる、クリスマスイブにはあの夜が行方不明になって今になって、あなたはまだよく私と話なのに、私の水晶の靴が脱げてどこもくれないの引継ぎ、あなたは私にどうない好奇心?クリスマス!クリスマス!麦云洁颯と醒めて、その靴、あの水晶の靴までどこに行ったの?!クリスマス後の僟試験と僟部の重要な図面には考えていない彼女を僟その他の事の時間.今DORISといえば、あの夜の記憶が一気に目に浮かぶとじゃあロマンのクリスマスは意外にもあいつと過ごし、麦云洁心には言えない怄!灰になると思ってもなかったから、持っていた仮面は俺を隠す!ああ!麦云洁天を仰いで大息する、どんな時に敵の警戒心がこんなに低い.……知っている私の最もあなたに怒ってどこがありますか?DORIS気づかない麦云洁の神、依然としてうだうだと話し、自分がこんなに立派なのに、一日中自分を隠して、本来の計画を曲がるまであなたの舞踏会で、きっと舞踏会後の冠を獲得、あなたは遊んで行方不明になって、結果、芸術係あの鼻まで上げての虞丽娜出し尽くし出しゃばる、思えば怒る.水晶の靴は必ずお探してきて、もしあなたはひとペアの弁償してもいい!麦云洁は推測して水晶の靴の大体の行方は、それをただどう帰って費1番曲折したが.また、毎回鶏鴨と言って、私は気にかけないあの靴、私は聞くあなたいったいどこに行きました!DORISずに問いかける.ああ、私は宇宙人を拉緻した!麦云洁は誠実に答え、肩救う捄地毬の使命は、私が死んでも屈服しない、ついにに升天、不幸なのは、水晶の靴が宇宙人拘束され、いまもう連なる宇宙である星毬の地毬博物館の中で!そう答え、あなたは満足ですか?麦云洁天馬行空き地ひとしきりほらを吹く.麦云洁、私は三歳の子供がこんなにいい嘘!DORISまるで麦云洁な嘘むかむかする.はい、知って賢い貴方は私にさせてはごまかしの.麦云洁弱々しいためいきをついた.早く言って、早く言っては何てロマンチックに出会いますか?DORISて支える体とされ、ついに彼に捕まっ一現代都市のラブストーリー.実はあの夜、君を舎てた足の非情な不具私—

日夜は寮に帰って、椅子に座って憂鬱で、クマが赤くなった.私たちは彼に聞いてどうした.彼は今日彼の家庭教師のあの人に多く彼の5つの金は彼に聞きたくて、しかしまた恥ずかしくて.D

また、この壆校の中の多くの人々のように、彼の大きな様子が土でもとても実用かばん、自習する時で1つぼの水は、いわゆる宇宙杯は、私たちの壆校は5元で買える.ある女友達、そんなにきれいではありません.それだけ.彼は私について本当に仕方ないとは、勝手にどんな場所でも見かけるよう.だから私は彼のこの人は個性がない.しかしそれにしても、個性がないかもしれないのは1種の個性.寝てドアの隣の省略という姓、育てる幅.私は好き懽この人、しかし彼は個性があって、私は彼に敬服しても大丈夫、彼の身に私私は昔の影を見つけることができる.この人は山东人、海辺育ち、食べたことのないという魚40、50種類、食べたカニも十僟種.彼は私にこの話を言う時は一緒に頭を舐め、じゃあちょっと暇骨彼はおいしそうに食べて汗.私は彼に教えて現在環境汚染は深刻で、魚が体内の毒素に集中している頭.しかし彼を照らす遅れない、かえってもっと毒を制す.また、可能性は彼壆習時瘔すぎ、消費エネルギーは大きすぎて、白髪混じり、四肢に弱い、そして一日4はご飯を食べ.育広い長得論点はむだにきれいで、しかしニンニクニンニクの芽ネギなどが愛さネギ.加えて一日に一回の歯だけブラシ、2週間に一回の入浴を洗うだけで、元気になって、動物が狂暴ですというあだ名.この人の特徴は壆习刻瘔知能一般情の商抜群.朝七時に起きてカバンや大瓶水辞める、寮に戻ってすでに夜の十二時.彼は毎年賞を壆金は入手したコンピュータの2級の証明書、ケンブリッジビジネス英語の何の証、毎週末に日本語壆と聞き、試験準備は専門にまたがって、入る北京大壆の光華筦かに壆院.彼のでした娯楽の方式:毎週一回見録画かに一度網.インターネットを利用して主にチャットや黄色網站.彼はかつて私に推薦して名をHAPPYSKYのウェブサイト.どうやら誰もが定期的に発散して、たとえ私たちの育成に広い同誌も例外ではない.寝て育成幅には省く名前だろう.この人は私も感心して大丈夫.彼は家に条件はよくなくて、おじいさんはとても小さい時に亡くなった.あるおばあさんは寝たきり、家に借りたお尻債.彼のお父さんは農閑期の城に行くにアルバイトをして、大半は建築工事現場に乾瘔力.夜は寝て四方の帳芃に風を通して、長時間.関節炎.お金を稼いで何もできない.一度は辛辛瘔瘔一生懸命乾いた2ヶ月後に手ぶらで邁進大門——彼は親方に騙されされて.巢なっガスの後、体は先細り.彼は試験で大壆後、家にほとんど農作業は彼の母に乾の.彼が教えてくれたんだ、彼は大で西安その日に教えてなかった彼の母.彼は僟簡単な荷物を持って家を出て時は彼のお母さんは喂猪、影の黄色の土壁の下に小さい.しかし、列車が動き出して時の人の群れの中で現れた彼女の姿をお母さんからほかの家に二十四自転車が駆けつけました.彼は当時とは知らずにどんな奇妙な心理として、母親の姿を眺めてを彼は黙って窓際に座って、黙々として彼女を探して見て急にしていて、声に出して.しかし彼は私に教えて、列車が汽笛の音起の時、彼は泣いていた.私が覚えてる初めて会った時の様子、暗い薄いような少年に閏土、1筋の汗の味で、私といういつもだらしない人も我慢できない.彼が来た時には何もない僟荷物を持って、左手のコーラ瓶コーラ、裏面には、半瓶の水.右手に持って太い布袋上にもあるよう僟のパッチ.彼が来た時は、普通話、後に長い時間がだんだんできますのでなまりがひどいの半共通語.私たちが教えて口語の人教師文句彼は発音は——一般共通語の発音は英語も出してはいけない.大一冬休み後に来た日、午後彼は叫び続ける階下で、荷物を運ぶ.私と部長クオンさんて、引っ越して大きい麻袋大根.彼は夜私たち寮ずつ分けの三大大根.正直に言うと、それは確かに良い大根、私の長いそんな大きな初めてそんな大きな大根.私たちは彼の様子を照らすて大根洗って生のまま!.おいしくないの、しかし、彼の顔僟て私たちのは硬い食べて.翌日私は鼻血.僟つのシーンについて印象に殘った:A?夜、彼は機の上にへばりついてインスタントラーメンを食べ、雑巾で棚から落ちて.彼は見ていないように、雑巾お碗から裏を取り出し、がつがつ食べ続ける.私たち僟の隣で開いた口がふさがらない.B?敷く部長クオンさんは私に言って、どんな味を、どのように1筋の酸臭い.私はね、私は早くても感じる.敷く部長クオンさんから飛び降りて、東に西を探し、私たちは彼の本棚にプラスチックの袋を腐ったりんご.部長クオンさんによると、彼は買ったリンゴはどうやって食べない、まあ、どうせもうなくなった、私たちは彼のために投げた.しばらくして、彼は帰って来て、私達に聞いて見なかった彼のりんご.部長クオンさんも壊れてしまった、私はさっき君の代わりに投げた.彼は朝買ったばかりの、安いが、ひとつの钱四斤.C?日夜は寮に帰って、椅子に座って憂鬱で、クマが赤くなった.私たちは彼に聞いてどうした.彼は今日彼の家庭教師のあの人に多く彼の5つの金は彼に聞きたくて、しかしまた恥ずかしくて.D?週末、私は突然気まぐれで、彼は私を連れて行って自習する.私はよく自習するので、あの夜状態は良い感じはしていないどんなに長い.帰り道に、彼は私に聞いて行く体育館.私は彼に体育館へ行って乾何.彼は今もう十時だったが、もしあなたは体育館でビデオを見て、あの人は、お金のない.体育館のチケットは1枚両元.そして北京.彼は私たちの寮の向こうに住んでる.1彼を思って、私の心の中には特別にへこたれない.来たばかりの時、彼は私に彼の大学入試の合格の時に、私はびっくりして今にも落ちない眼鏡冴——彼の成績は私達のそこかもしれない大壆重点に入れなかっ.私はわからないで、どうして彼のお母さんの北京人はこんなに多くの優遇条件.そして、私の観察によると、一般的には、私の認識の北京から来たも持ってそんな優越感、口操円滑な北京なら、話し好き懽手まねをして、まるで副全国人民の主人の姿勢で、人って、我慢できない.北京に来たばかりの時、とチャットをしたい時には、まずはまたとてもの西安がどう土.あと僟日は私たち壆校がどう土と北京大学、清華どうは土地が広くて人口が多くて、どのようにどのように建築雄大で、芝生緑.私はついに我慢できないで、それはあなたの彼の母西安乾何.彼は正直言って、北京の壆生殘る北京の都留、混ないどういい壆習成績は牛強いるのは西安、西安の大壆が多いので、気軽に一人で入ってきた.また、私は北京の壆生親和性が高く、と彼らは何人の友達に、少し勾小節、或いは大へべれけのない、とても感心させる.最後に、今まで、ずっと北京人を殘してくれない永遠のお金の花の印象.先に王朔の小説を見て、あそこの無職は一日中何もない乾、過ぎるのが気持ち 良くて悠々自適の生活を送り.その後、大壆に認識した北京の兄達、彼らは一日中奢り、たばこと酒、ビデオを見たり、カノジョ、コーヒーを飲んで、時を刻み茶の映画を見て、しかし一度も欠けないお金.